FC2ブログ

令和の夜叉姫!!

祝! 続編来た~~~(・∀・)

5年ぶりの投稿がまさかこんな嬉しい情報で、ちょっと舞い上がっております♡
色々書き込みたいこともありますが、スマホからの書き込みに暫くなりそうなので細切れ記事になりそうです(;_;)

4月20日にマイパソコンが起動しなくなって
ヨドバシに持っ行ったところ、このご時世で店頭での故障診断が出来ず、そのままメーカー送りになるとの事。
買ってまだ半年も経ってないのですが…

昨日から溢れている妄想打ち込むには、スマホ打ちはツラい(T ^ T)
14年ぶりに動き出す犬夜叉ワールド!
原作にないアニメオリジナルストーリーてあっても、あの「天下覇道の剣」を送り出したスタッフが集結しての新作。
もう期待が膨らみまくりです!!



2020年05月10日 近況報告 トラックバック:0 コメント:1

恒例のコナン映画と春のアニメあれこれ

 えっと、ご無沙汰しています。ブログへの出没頻度が中々上がらないままですが、オタク濃度はそこそこに濃ゆいかと本人は思っております(^-^;
 さて、今年のコナン映画も初日から早速観てきました! 今回はキッド回でもあり、その動きのキレの良さは目を見張るほど!! 4K映像のクリアさとサラウンドスピーカーからの音声の迫力と相まって、本当に素晴らしいでだしでした。今の時点で映画の内容を詳しく書くのはネタバレになるので控えますが、園子ちゃんは確実に鈴木財閥の時期トップになる子なんだなぁと思ってみたり。蘭ちゃんの映画でのポジションは人間重機なんだなとか。
 そして、そして来年の映画の予告に、思わず キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!

 バーの片隅でグラスの中の氷が静かに音を立て、バーボンとキールと呟くジンの声が ――――

 これはもう、次回作は黒の組織がらみで良いんですよねっっ!! って。 もう、今から来年の新作が楽しみで仕方がありません。

 で、今年の春アニメ。りんねとアルスラーンと俺物語がお勧めv  りんねとアルスラーンは映像や音楽のクオリティが高くて、作品の世界観をとても大事にして制作されてるし、とにかく綺麗な作品だなっていうのが凄くうれしい!! 俺物語は少女漫画の男主人公らしくないのがイイっっ! 少年漫画の柔道部キャラのような「俺」が高校生になって日々展開されていくドタバタ青春グラフティ、的な? ヒロインの大和ちゃんが、月間少女野崎くんの千代ちゃん風味で見ていて微笑ましいんです。この作品、MADの制作なんですけど、そのちょっと前まで寄生獣を見ていて、これこんな古い作品を映像化して凄いなぁと思いながら最終回までドキドキしながら見ていたいたんですね。やっぱ、MADは凄いね! と長女と話しながら、次は何を作るかな? と言っていた矢先だっただけに、思わず、ぶっっ! と。いや、これ、楽しみです♪
 電波教師も原作が好きなのでアニメ化は楽しみだったんですけど、なんというか、その、ちょっとね……。マギも作っていた所なので、作画は大丈夫だろうと期待していたからか、「あれっ?」と感が半端なくて、う~ん、回が進むうちに慣れるかな? です。

 まだ放送は3回目くらいなので、これからのアニメ的展開をどの作品も楽しみにしていますvvv

2015年04月24日 オタヨタ日記 トラックバック:0 コメント:0

丸々12年 (´▽`*)

 ……早いもんですね~、というか気が付けばサイトを開設してから12年。
 今日から13年目に突入です。5~6年前からは更新も停滞気味で、胸を張って12年間運営してきましたとは中々言い切れないのが、なんともはや……、です。

 12年といえば、小学校入学から高校を卒業するまでの時間です。サイト開設当時は「管理人一年生!」という気持ちが確かにありました。サイトの在り様を顧みれば、自由にやりたいことがやれた小学生時代、環境が激変した中学生時代、やりたい事があってもやれない自分に悶々とした高校生時代、みたいだなぁと。
 でもそれならそれである意味、区切りが良いかもしれない13年目。気負うことなく、書きたいと思っていた物事などを書いていけば良いかな? と。今、書きたいものは他ジャンルのものだけど、サイトに収容しようと「月華覇伝」の7章目を読み返していたら、あ~やっぱりこれの続きが書きたい! と思える自分が嬉しくなったり。

 本当にゆっくりゆっくりとですが、楽しみながら書けるような心境になってきました。

 こんな管理人でサイトですが、今まで続けてこれたのも遊びに来て下さる方があってこそ!
 頂いた拍手やコメントが嬉しくて、その嬉しさはサイトを続けようと思う力になっています。これからも、どうぞよろしくお願いします♪



 

 

2015年04月03日 近況報告 トラックバック:0 コメント:2

| 気分は日曜日TOP |

» 次のページ