スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

はやぶさ

W杯も世界の大きなニュースですが、昨夜地球に無事(?)帰還した「はやぶさ」も私の中では大きなニュースです。
TVのニュースだけでは物足りなくなってネット検索して、色々な公式記事や個人的な記事なども読んで見ました。

なんていうか、「はやぶさ」って健気な感じなんですよね。
予算が無くて、工夫と設計スタッフの愛情はいっぱい込めてもらったけど、けっして頑丈とはいえないボディ。
アメリカやロシアの宇宙ロケットから比べれば、本当に小さな華奢な機体で惑星「イトカワ」まで行ってサンプルを採取して地球に帰ってくる。
それも地球からのコントロールではなくて、「はやぶさ」自体の自動制御で。
それはまるで、「はじめてのお使い」に出た子どものようです。
愛情込めて「はやぶさ」を送り出したスタッフは、あの番組の親御さん達のように見守るだけしかできません。

そして、トラブル続きの宇宙の旅。
「イトカワ」に到着して、サンプル採取の為に打ち出した弾丸は目標を外れ、「はやぶさ」自体の制御体勢を崩して上手くサンプルを採取できなかったり、本当なら3年前に帰還する予定だったのが軌道に乗り損ねたり。
その間に通信断絶やイオンバッテリーの破損や、使用限界に来ているだろうエンジンの停止や劣化などでそれこそ満身創痍の体。
そんな状態なのに、一生懸命地球に帰ってきたんだなぁと思うと、ちょっとうるっときたりします。
「はやぶさ」が投下したカプセルは無事回収され、「はやぶさ」自体は大気圏で燃え尽きました。
カプセルの中にサンプルが採取されていれば、「はやぶさ」の「はじめてで最後のお使い」は大成功なんですね。

この梅雨空では夜、空を見上げても星は見えそうにありません。
でも、この広い宇宙空間を一生懸命地球に帰ってきた「はやぶさ」を思って見上げるのもいいかなぁと思っています。
今はまだ曇り空の昼間ですが、この雲が取れたら久しぶりに夜空を見上げたくなりました。

スポンサーサイト

2010年06月14日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

サンタ代行もなかなか辛い^_^;

一応、今日はクリスマス・イブ。

最近その手のイベント事に目覚めた来た長女のリードで、今年は「手作りっぽいクリスマス」を目指しました。
ケーキは昨日の夜からケーキ生地を焼たのですが…^_^;
シフォンケーキの予定が、随分と久しぶりだったせいもあり、生地を混ぜる時にちょっとした手順違いでメレンゲをかなり潰してしまったせいで、普通のスポンジ生地くらいの柔らかさと高さ。ちょっとイタイ出来でした(汗)

その代わり、家で作った生地なので甘みをかなり抑えられて私的には食べやすかったのですが、子ども達には物足りなかったようでした。
それでもデコレーションは子ども達3人で楽しそうにやっていたので、これもまぁ、良しv と。
それから、散らし寿司と胡瓜と大根とレタスのさっぱり系のサラダとローストチキン&唐揚げ。

家の目の前にケンタがあるのですが、今年のパックのクリスピーがピり辛味だったのでパス!!
今現在、午後の9時過ぎ。家の前の渋滞はほぼ解消されました。お昼の12時前から午後7時くらいまでずっと渋滞していたので。

さてサンタ代行の私は24日になって子ども達のプレゼントを買いに出掛けたんですね。それも3人の子ども連れで。先程も言った渋滞のせいで車を使う帰ってくる時に必要以上の時間が掛かりそうだったので、バスを使いました。
足りない食材を買い足し、目的のプレゼントを求めてその手のコーナーに。

問題はここで起きました。
以前から長女が欲しがっていたセットは手に入ったのですが、次女が欲しがっていたあるカードゲームのスターターセットが売り切れ。
他に欲しい物はなぁい? と聞いても、やはりそれがどうしても欲しいよう。末っ子君にはお菓子のセットをもう持たせていたので、折角のイブなのに、手に何も持ってないのは次女だけ。

こりゃマズイなと思い、帰り道にあるヤマダ電機にも立ち寄ってみましたが、やはりありません。
もう、それは可哀相なぐらいがっかりしてしまって…。

こんな事ならもっと早くに聞き出して用意して置けば良かったなと。
長女はもう2ヶ月も前から、内々の予約みたいな感じで「これ、いいかなv」と打診も出来るような気が利いた子なのですが、次女は中々自分からそう言う事を言うような子ではなく、でも根がどこか頑固なところもあるので、これ! と決めたら、本当にこれな訳なんですね。

今となっては、もう打つ手もありませんから、それじゃそのスターターセットが入った時に、それを遅くなったクリスマス・プレゼントって事で良いかな? と、話をつけました。

ダンナに合わせてイベント事から遠ざかっていたら、この始末です。
来年はもっと手際よく準備しなくちゃですね。

2006年12月24日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

13MBの紙面って… ^_^;

下のスレッドで書いていた週末・週初めの拍手・メール関係のお返事は、今日の委員会から帰って来て入れますね。

出掛ける前に、これだけは一言書いておこうと思いまして^_^;

昨日の夕方、今日の委員会活動の前に編集用の最新データーを貰ったんですね。今回はA4サイズ4Pという小じんまりとした物。

半分ほど編集が進んでいる1・4面はデーター量で400KBくらい。
画像が多い2・3面でも4253KB(…いや、これもちょっと(汗))

そして、別枠で作ってもらっていたその2・3面のA4サイズ3分の2スペースの記事に画像をレイアウトしてもらった紙面の入ったファイルが13MBっっ!!

13MB-4253KB …

ファイルの保存方法と、画像の処理のせい。
見た目小さくても、データー量の大きい無処理画像をそのまま10枚近く一つの記事に貼り込んでました~(大汗)

ファイル、開きませんって。
一応、今使っているPCはメモリー512なんですが、それでもウィンウィン言います。前PCをそのメモリー(このときは256)に見合わない仕事をさせて、過労仮死させた事があるので、その段階でもう家での作業は諦めました。

どっちにしろ、元画像から加工しないとダメだし、それは手元にないし。

でも、このファイル。
聞いた所によると学校の2GBのメモリーを積んでいるPCでもかなり手ごわかったそうです。

…やっぱり、PCでの編集作業講座をどこかで開きたいなぁと、土壇場になっていつも思う私です。と言う事で、いまからちょっと学校に行ってきま~す!!



2006年11月30日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

食育の話

色んな勉強の意味を兼ねて、公民館や区の市民センターや学校関係で開催される講演会などには良く出席する私です。

今日も10時から12時まで、最寄の区市民ホールで「食育」のスペシャリストを講師に招いて、講演会がありました。
なぜこうも「食育」が大きく取り上げられるのか?
国が音頭を取り、学校現場で新たに制度を導入してまで「食」の教育をする必要性…

これは裏を返せば、家庭での教育力の低下の表れですと。
本来なら、家庭でなされなければならない「しつけ」だとか「道徳心」、「知恵」の部分が弱体化しているからと声を大にして言われていました。

詳しい講演内容は追記にて。かなり長いです^_^;

その帰りに、近所のTSUTAYAに寄って犬夜叉47巻と鋼錬15巻を買おうと思ったのに…、まだ入ってませ~ん!!

そっか、そんなにここは離れ小島なのか。
がっくし(-_-;)

明日には入るかなぁ…



続きを読む

2006年11月20日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

いじめの記憶

今 手元に小学校から来た2枚のプリントがあります。

「個人面談のご案内」
…面談の内容は、子ども達が現在抱えている学校等での人間関係によるトラブル・悩みについて

身近な地域で起こった「事件」が発端で、まさに自殺禍とでも呼ぶべき現象が全国に広がっているからでしょう。
「いじめ」と一括りにされている事柄の中には、明らかに犯罪性のある「暴力事件」と「恐喝」なども入っているのですが。
その事件の加害者が低年齢であっても、その違いはきちんと教えるべきだろうと思います。

暗中模索の中で取れる対策をと動いている現場の様子が判るようです。
また加害児童をセーフティネットなしで報道するのも危険でしょう。

「赤信号 皆で渡れば怖くない」的発想で、考えもなしにそれこそ『軽い気持ち』でやった事の結果に、一番怯えているにはその子たちでは無いかと思うのです。


面談を受けるなら、申込書を学校に提出しないといけないのですが、多分 大丈夫でしょう。私の過去の経験から、食事の時にちゃんと食べているか? 学校に行く前に具合の悪そうな様子はないか? 家族と普通に会話しているか? などを、チェックする今日この頃です。

大切なのは言葉の持つ諸刃のような力と、感受性。
想像力や感じる力を鍛えなければ、この状態は改善しないのかもしれません。


私の過去の体験はこちらから

  

続きを読む

2006年11月14日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

さて、何をしようかな?

って気分の金曜の夜です。

夜はどちらかと言えばあまりPCタイムが取れないのですが、たま~に家族それぞれがマイタイム状態になる時があります。
それは特に、TVで面白そうな番組が無い時&ダンナが転寝をしている時など^_^;

今夜は、丁度そんな夜です。
とは言え、すぱっと創作モードになれないのが難点。
すっかり昼間でないと、書けない体質になってしまっているようです。隠し部屋作品でさえ、昼間の方が書けると言う…(大汗)

でも、何かしたくてまたまたサイトのTOP画像を差し替えましたv
季節に合わせてそれに似合いの写真画像を素材屋さんからお借りして。
HP作成ソフトを卒業したら、この手のちょっとした変更や更新が以前に比べてずっと作業しやすくなりました(^^♪
それでついつい…、こう言う時はイラストサイトだと良いだろうなぁと思いますね。

そうそう、スパムメールのその後の経過。
もともと、そう多く来る方ではなかったようなスパム。あのいかにもな感じのメールが来るっ! ってだけで辟易していたので、今回打った手段は本当に劇的な効果を上げました(*^^)v
なんと!! この三日間はただの1通も届いていませんv
プロバイダーで用意した迷惑メールフィルターがかなり高機能に働いているようです。まぁ、もともと今まであまり来なかった迷惑メールが来るようになった原因が、ブロバイダー元から漏洩した個人情報のせいではないかと思うので、この措置は当然かとも。

それプラス、「スパムメール・キラー」でダブル・ブロック。

私の場合は、ブロバイダー側のミスがあったので「迷惑メール・フィルター」は無料なのですが、そうでないブロバイダーもあるかと思います。そう言う向きな方は、ぜひ!! この「スパムメール・キラー」をお試しください。

今日のお昼は、幼稚園の懇親会で焼肉を食べましたv
その後、幼稚園のお迎えまで少し時間があったので近くのTSUTAYAに寄って、PC関係の本をパラパラと。
もう、以前ほどあれこれ欲しいとは思わなくなりました。
初心者向きの本は、そろそろ卒業かな? と。
ブログ関係の本がかなり増えているのが目に付きましたね。

その中で、私も参考にさせて頂いているサイト様の事を紹介されていて、思わず嬉しくなったのでした。「とほほ」さん宅はあまりにも有名なので、もうあえて自サイトのリンク集には載せていないのですが、それとは別にもう1軒、「HTML小技集」さん。このサイト様のウザイページ紹介を特に取り上げていたのが、私的にニンマリした理由です。
私も、このウザイページはサイトをリニュする時にとても参考にした物ですからv


拍手コメント・レスです。

まりもさん、「その後で殺したい」にコメントをありがとうございます。これも私にとってはかなり古い犬創作文です。裏表合わせて3作目に書いたものですね。楽曲のイメージ優先で起こした話なので、かごちゃんがかなりダークなんです。その後、私の中では両刀ありの三角関係で落ち着いてしまい、下手をすると桔×かごvvv な世界に雪崩れ込みそうな状況です。優柔不断な二股は×ですが、腹を括ったどちらも大事だから、どんなに罵られようがお互い傷付く事になろうが、どちらの手も離さない、丸ごと抱え込んでやる!! くらいの意気込みを期待していた私ですから^_^;
あまりダークなかごちゃんは増えませんがアブないかごちゃんなら増えるかもです。また、遊びに来てくださいねv

コメントはありませんでしたが、たくさんの拍手をありがとうございました。

2006年11月10日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

エクスプローラー7っっ!!

前々から噂で聞いていたIE7の話。
2週間ほど前に正式にリリースされて、昨日日本語版がリリースされていたので早速載せ換えましたv

使い勝手の方は、まだ慣れないのでイマイチ良さを実感出来ないのですが、セキュリィテイ面が強化されているのとタブ・ブラウザなのでサイトの更新、特にリンク作業などをしている時には便利だなぁv、と。

イマイチに感じるのは、アイコンのデザインも。
IE6のアイコンは透明感のあるデザインだったのに、7はその上に黄色のラインが入っているんですね。それにお気に入りのページがやたらとファビコン表示されるようになったので、それもなんだかなぁ、な感じ^_^;

ブロバイダーでファビコン登録されてるとそのブロバイダー専用のファビコン、我が家の場合だと【DION】とこう言う感じの物が表示されるんですね。

お気に入りって自分の徘徊しやすい順番みたいな感じで上から並べていたりするので、今まで気にならなかったファビコンの種類が気になって…。つい、同じ種類で纏めてしまいたくなるもんで^_^;
私もファビコン、作ろうかなぁ…

そうそう、ついでにoutlookの方もどうにかならないかとチェックしてみたのですがこちらの方は…、ですね。
ええ、そうなんです。出会い系サイトのスパム・メールですね。
セキュリティ・ソフトのブロック指定で一旦来た事のあるメールは弾けるんですが、相手はそれなりのソフトを使って違う送り先アドレスで送ってくるので、あまり効果がないんです。

それでブロバイダーの「迷惑メールフィルター」を使う事にしました。
ブロバイダーのメール・サーバーにその手のメールが来た段階で迷惑メール診断をして弾いてくれるサービスです。
今日の午前中にその設定をしてから、この半日はスパムが来なくなりました♪ 今のところ、気持ちよく受信フォルダを開けるのが嬉しいです。使えるサービスやソフトは使って見るものですね(^^♪

2006年11月04日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

今朝のニュース

朝食中に見ていた朝のニュース。

漫画家のM氏が、ミュージシャンのM氏を『盗作』で訴えていると言う話なんですが…

確かに漫画家M氏の指摘された、ミュージシャンM氏の歌詞の一部が代表作の作品の主人公に言わせた大事な台詞ととても良く似ている。

漫画家M氏が指摘した2行の歌詞。
そこには台詞の単語の前後を入れ替え、語尾を少し表現の違う良く似たニュアンスの言葉で纏められたものが示されていた。

一見すれば、盗作と指摘されても仕方がないほど良く似ている。

ただ、ここがこの盗作問題の法的判断の難しい所。
通例では、原文とまったく同じ文言をそのまま引用との明記をせずに文中に使用した場合、あるいは引用の範疇を超えてそれが主になっている場合はそれを盗作とみなす、って判断ですね。

どちらも大御所二人。
ましてや漫画家M氏もやはり童話作家M氏の作品から(…って、この話題匿名にしたら皆Mだわっ!)、作品のイメージを得た事がある方なのですから、既存の作品が後続の作品に影響を与えるという事は良く判っていると思うんですけどね。その結果、どことなく似た雰囲気の作品になる場合もあるって。

今回は、似た言葉がそれぞれの作品の中に見られても、それぞれの作品が描こうとした物が違うので、ミュージシャンM氏の楽曲が盗作扱いになる事はないと思います。

だけどまぁ、知らなかった事とは言え先方からそう指摘を受け、確かに見比べてみればよく似ているなら、自分としてはそんなつもりはなかったにしろ、どこかで記憶に刻まれていたんでしょうね。描いたものは違いますが、この言葉で表現したかったので了承して頂けますか? とでも答えておいたら良かったかもね、と。
そう思えなかったのも、寝耳に水でいきなり『盗作!!』って言われたせいもあるだろうし… ね。

私みたいに二次創作をやっていると、ミュージシャンM氏のようにどこか被っているって事があるんですよね。
お手本を見ながら書くような事はしませんが、自分の中に溶け込んでしまっている色々な要素。そう言うようなものが、無意識に表面化する事はありますから。

…最近も原作からの台詞をそのまま大量にしかも殆ど同じ順序で転載(引用?)した作品を見かけて、これって良いのかな? と考えてしまった私なのでした。
う~ん、ジャンルを二次創作ではなくノベライズ(原作の文章化)とするなら大丈夫なのかな? 

結構、ヤバイ橋を渡っているのかも知れませんね。


2006年10月19日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

週末の話題

ダンナが珍しく朝からお片付けモード。
朝食が終るなり、押入れを開けて色々取り出し始めました。
ついつい放り込みがちになる天袋は小さな襖戸を外してまで、チェックと置き換え作業。

…良いんですけどね。

私一人じゃ、天袋の片付けは荷が重くて^^;
身長的に脚立を使っても、押し込んでしまうと奥の物を取り出せないもので。
そうしてダンナが改めて聞くんですよ。

「これ、どうするとや?」って。

『これ』…、そう私が独身時代に収集した漫画や小説本の事。
嫁入り道具の替わりに新居に持ち込んだ本棚4本分の蔵書も(…実家の私の部屋に従兄弟が下宿する予定だったので、泣く泣く4分の3くらいはその時点で処分し、そのどうしても手放せなかった分)、今ではコミックスは中型の密閉式コンテナ1つと小型容器に1つ、小説本はA4サイズのコピー用紙の箱2つと100均で買った文庫本ケース2つ分のみ。

生活の環境が変わり、生活スペース優先なので仕方がないのですが、それでもやはり物凄く寂しい。

最後の最後に残したコミックス関係は、三原順作品多分全種とめぞん全巻。山岸涼子作品の一部とこちらもほぼ全種集めた新谷かおるのコレクションのほん一部のみ。

今じゃ手に入らないだろう上質製本ハードカバー本のシリーズなどは、その大きさがネックで真っ先に処分してしまいました。
新谷かおるの「ダブル・ニッケル」、山田ミネ子の「草原の狼」、柴田昌弘の「狼少女ラン」、佐々木淳子のSF短編集も確かあったはず…。

そんな事がぱっと頭に浮かび、思わずいつもより強い口調で

「これくらいいいじゃない! 独身時代に集めたのがこれだけになったんだから!!」、と。

…ダンナもそれ以上は何も言わず、その本たちをまた元の様に押入れの下段と天袋へ。
陽の当たらぬ場所で眠る事になる蔵書達。
それで良いかもしれません。
本棚に並べたら、その少なさにやはり涙しそうな気がするのです。


拍手コメント・レスですv

初めまして、琉羽さん(^^♪ あちらでもコメントを頂きましたが、こちらにまで足を運んでいただきありがとうございます♪
犬夜叉本編にはかすりもしない、おまけに長いっっ!! 完全捏造な犬父話の「比翼連理」の方にまで目を通して頂いて、本当にありがとうございます。「白銀ー」や拍手SSにまで嬉しいコメントvvv
書く事、大好きですので琉羽さんのご期待を裏切らないよう、しゃかしゃか手当たり次第書いて行きますね(*^^)v

これからも、どうぞヨロシクお願いします♪♪


2006年10月15日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

寂しい秋です…

…朝のバタバタも一段落し、昨日書けなかった日記を書こうとPCを立ち上げた時に姉から入った1本の電話。

直接の知り合いでは勿論ないのですが、こちらが一方的にそのお名前を自分の懐かしい記憶と共に刻み込んでいる声優さんのお一人。

ガベさんこと、曽我部和恭氏(享年58歳)
亡くなられたのはもう10日ほど前、既に告別式等は終わっているのですが、私も心の中でお悔やみ申し上げます。

私が「サンライズアニメ」に嵌ったきっかけになった作品「ボルテスV」で峰一平役、その後「闘将ダイモス」での夕月京四郎役、「J9」シリーズのアイザック・シュテッケン・ブルース…

ガンダム絡みでも先月亡くなられた鈴置さんやもう数年前に亡くなられた塩沢さんなど、今でももう一度あの声を聞いてみたいと思う声優さんの中にガベさんも入ってしまわれたのですね。

やはり寂しいと、そう呟くだけです。



2006年09月28日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

たまには、いかにも雑記ネタ

昨日の日記を、日付を弄ってまで今日書こうとする私。

う~ん、何となく昨日は日記を書く気分までになれなくて…。
あまりにも細切れ時間でしかPCタイムが確保出来なかったせいでしょうか?

その時間は、お届け物執筆に当てていたので気持ち的に余裕がなかったのかな? そのくせ、日記に穴が空くのがイヤなんで後日記述をしています。

本来の日付(25日付)では、書きたい事がそれなりにありますのでこの分は、ちょっとした雑記的内容でお茶を濁しま~す^^;

最近の各メーカーのシャンプー戦争ってなかなかすごいものがありますね。私自身、あまり髪質の良い方ではないので今までも色々試してきたのですが、最近になってようやくこれなら良いかな? と思える製品に行き当たりましたv

前振りに反しちゃうんですが、最近の新製品ではないんです。
場合によっては手に入らない事もあるかと…
行きつけの薬局(…最近は置いてないみたいだけど、少し前までPC用のセキュリティソフトまで売っていたお店♪)で見つけた「業務用アミノ酸系シャンプー&リンス」1リットルボトル。プロ仕様のシャンプー&リンスで、リンスなどは湿布時間の長さでその効用がリンス→コンデショナー→トリートメントと変化します。
美容室で買えば定価で3000円超える商品が、なぜかこのお店だとその3分の1の値段vvv

まぁ、この値段なら使ってみて髪質の良くない私にはそれほど効果がなくても、健康的な髪質の子ども達が使う分には問題ないだろうな、という事で購入したんですね。

ところが、これが大当たり♪

髪に艶が出てきてしっとり纏まり、縮毛気味の私の髪でもかなりいい感じv このお店にはこのアミノ酸系のシャンプーの他に、やはり業務用プロ仕様シリーズとして1リットルボトルでどん! と、ハーブ系や炭泥系・海洋深層水使用海洋ミネラル系などのシャンプーを置いてありました。

以前、美容室の先生が話していたことで、美容師は日常業務として何人ものお客様の髪を洗うので、本当に肌に優しいシャンプーを選ばないと手がボロボロになるんですよ、って。
肌に優しいって、当然髪にも優しいって事v

探してみると、こういう決してCMには流れない肌に優しくてお得な商品が眠っているかも知れませんね(^^♪

2006年09月24日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

オフ原稿、ゲラ用あがり

先ほどまでオフ用(…注:オフと言っても同人誌用ではなく完全なるオフ、地域広報誌用の原稿^^;)の下書き原稿に取り組んでいました。

一応書きあがったのですが、それがなんとも…。
文章量的には原稿用紙3枚強なのですが、随分と時間がかかってしまいました。趣味の二次創作ならそのくらいの文章量なら30分くらいなんですけどね。まぁ、こちらは書く内容が定まった時点で書き始めるので早いといえば早いのかも。

この原稿も途中まで書いたのを何度ボツにした事か。

こう…、雰囲気を見るのに印刷プレビューをかけると自面が黒いんですね。漢字の使用率が高いのが原因。内容を読む前に、読む気が失せる書き方です。

それで表現を柔らかくする為に、研修内容の説明の部分をばっさり切り捨て、ここがポイント!! と思った所だけを抽出してそれを判り易い言葉に置き換えて、あーでもないこーでもないと頭を悩ませつつ、どうにかこうにか仕上げました。

紙面全体の流れが、「個々の人権を尊重しあい、相手を理解する事で心のバランスを保ち、よりよい社会への変革を促す」、みたいなテーマがあるんです。
それにそった記事になるよう、がんばったのですけど他の方にも見てもらわないとそれでいいかどうかが分からないんです。

記事を書くって、小説を書くよりずっと難しいものだとつくづく実感しますね。

ただ、こう言う制約のある文章を書くのはやはり小説を書くのに良い勉強になっていると思います。
何が書きたい事、伝えたい事か=「テーマ」
それを表現するのにわかり易い言葉を使っているか?
ぱっと見た時に、読みやすさを感じさせる全体の文字バランスになっているか? などなど。

この広報の仕事に携わるようになって、自分のサイトのテキストのレイアウトや文字の大きさなどが「読みやすさ」にポイントを置くようになったなりました。
以前は書いた作品の雰囲気に合わせた文字の大きさやレイアウトをしていたのですが、最近書くものはレイアウトで言えば必要以上の『間』を空けなくなったとか、外部スタイルシートの採用で統一させたとか。
表現そのものも、これも必要以上の難しい漢字や熟語を使わないようにしたとか(…注釈の多い文章は読みにくいかな? と思いまして)。

WEB小説ならではの表記法として、地の文と台詞の間は基本として1行あけるとかですね。またその台詞も出来るだけ、実際声を出して読んだ場合、一息か二息くらいで読める長さで調整するとか…。

余りに長い台詞は、私が読んでいて息苦しくなるものですから^^;

装飾過多にならないようシンプルな文章を心がけるとか、まぁ そんな感じでしょうか?

さて、一つ宿題が終わったので、お届け物の続きを書いてきましょう。来週中にお届けに行きたいなぁ、っとv

2006年09月23日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

ジャパネット・たかだ(笑)

台風一過とはならなかった、イマイチなお天気な3連休最終日。

過ぎてしまえば結果オーライな所があるのですが、実はこの3連休。
お盆に里帰りしなかったダンナの実家の近くのコテージを借りて、温泉&キャンピングv を計画していたのです。
そう、敬老の日を前倒ししてお義父さん・お義母さんたちと一緒に。
ダンナの実家に泊まるには、我が家は大人数になってしまいましたし、子ども達も成長して何かと手狭。

また悲しい事に街中育ちの子ども達は、「虫」が大の苦手。
蝶々にトンボ・バッタに蛙などなど、遠くからおっかなびっくり眺めているだけ。

で、田舎家にありがちな台所にいるあの楕円形の生物も!!
実際、ダンナの実家ではバッタなどに遭遇するよりもソレに出くわす確立の方が高く…、そんな所も見越しての事だったようです。

ですが、それも早くから満室だった為予定のない3連休になったのです。そんな訳で台風で予定が潰れるよりはマシだったかな? と。

私は、その間せっせと家族の目を盗んでは原稿書きv
その甲斐あって、お祝い文1本脱稿!
今月はもう1~2本、仕上げたいと考えています。もう、遅れるだけ遅れまくっていますので^^;

あ~、で 今日の日記のタイトルの「ジャパネット・たかだ」って言うのは、予定のない休日のTVショッピングで、今までは「地図が読めればカーナビなんかいらん!」と言っていたダンナが、何の気まぐれか「ふ~ん、ゴリラか。10万切ったら買ってもいいな」と言い出したのです!!

そうしたら、その新ゴリラは98800円。
速攻で電話した私です。
だって、あれば便利そうなんだもんv TV代わりにもなるし、DVDプレイヤーの代わりにも(^^)
「ジャパネット・たかだ」のセールスポイントは、分割の場合でも金利手数料をたかだが負担するという所なのですが、代金引換にしたダンナです。今まででクレジットを切ったのって、今乗っている車を買った時ぐらいだよね、と思う私なのでした。
経済性が高いというか、何と言うか…。
だから、「大きい財布」を管理してもらっても安心なんですけどねv


拍手レスです♪

9月15日 「神儀1」
9月16日 「契」
9月18日 「孤独の迷宮」
作品別拍手の他にも沢山の拍手をありがとうございました!!
これからも、書いたいものを私なりにどんどん書いて行きますねv




2006年09月18日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:2

言葉の力

え~、今日はオフのボランティアでやっている広報活動の取材の為に、公民館主催の研修会に参加してきました。

今回の研修会の内容は昨今のストレス社会をより良く生き抜くための知恵、「バランス・セラピー」のお話。

最近、痛ましい事件が多いですよね?
子が親を、親が子を手にかけると言う事件の多さに胸がいたむばかりです。そうでなくとも訳も無く(…いえ、決して【訳】がない事はないのです)いきなり「キレる」子どもたちや、「ウツ病」患者の増加など。他人を傷つけてしまうか、自分を傷つけてしまい取り返しのつかないところまで行ってしまう…

私にも程度の違いこそあれ、「キレ」た事もあれば「ウツ」での加療暦半年というのもあります。「ウツ」に関しては私の場合産後のホルモンバランスの乱れが引き金となる「産褥ウツ病」だったので、今 言われているウツとは発症原因が少し異なりますが。

それだけに、今回の研修は身を入れて聞き入りました。

心のバランスが崩れる事で起きる色々な問題。
では、「心」とはどこにあるのか?
「心」は「脳」の事です。「脳」に刺激を与えるのは事故などの物理的な衝撃だけではなく、日常的なコミュニケーションから受ける刺激がとても強いのです。

コミュニケーションも言語的コミュニケーション(言葉そのもの)と非言語的コミュニケーション(スキンシップやアイ・コンタクト等)とがあります。

私はその研修を受けながら、こうして文章を綴る事を趣味としまた一ブロガーとして日記なども書く事から、特に「言葉」のもつ力に関心を払いながら聞いていました。

ここからは私の聞いた研修の中の『言葉』で、それに対して私が思った事なども交えながら特に印象に残った言葉を紹介してゆきますね。

・人の気持ちが判る人とは、その人の気持ちに共感できる心を持っている人の事。共感と同情の違いが判っている事。
共感とは相手を認め理解しようとする心の働き。
同情は相手を可哀相に思い憐れむ感情。

・良い言葉を発すれば60兆個の細胞は瞬時に浄化され、元気になる。良くない言葉を発すれば、逆に細胞は酸化し疲労する。

『ありがとう』の魔力v
愛の言葉をささやき続けたられた薔薇の木が、三代目に延ばした枝にはトゲがなかったという結果。(薔薇の木にありがとうと感謝を述べ、誰も傷つける者は居ないから、トゲなどなくてもいいんだよv と可愛がり続ける実験から)

同じ条件で炊き上げたご飯粒。同じように密閉したものを2つ用意し、片方には美味しいご飯をありがとうと感謝の言葉。片方には悪口雑言を吐きかけると、まさしく言葉通り悪口を言われ続けたほうは『腐って』しまう…、カビてしまったという結果。

『言霊』の証明のような実験ですね。

まぁ、ああ それでねv と思わないでもないとあるCPが一組vvv
あんな素直な可愛い子に「ありがとう!」と言われ続ければ、浄化されても仕方ないかもですね(^^) 某兄上v

他にも色々為になる言葉をきいたのですが、私としてはこの二つが特に胸に響いたのです。

「ありがとう」を家族や友達にちゃんと言えてるかな?
「方向性が違う」や「ウマが合わない」だけで済ませて、もっと大切なものを見落としてないかな? 相手の事をちゃんと判ろうとしたかな?

何よりも、厳しい冷たい言葉をまわりに投げつけてないかな、と…

…愛の反対語は憎悪ではなく、「無関心」
面倒だなぁと思ってもう知らんふりをしてしまう、冷淡に切り捨ててしまう事で人間関係が希薄になってしまう。
砂漠化した人間関係の始まりでしょうか。

もちろん、どうしてもダメ! 仲良くなれないって人も居るでしょう。
そんな自分はダメなんじゃ…、って否定的にならなくとも、マザー・テレサの言葉にあります。
「嫌いな人を無理に好きになる事は無い。ただ、関心を持てばよい」と。

それだけで、気持ちが軽くなる人も居るのではと思うのです。

気持ちが軽くなる、と言うこと。
自分を肯定的に見る事ができるという事。
そのどれもが「言葉」の力を借りれば出来ると言う事。
自分がもらい、また誰かに返す事も出来る暖かい言葉のパス。

とても自分の為になった研修でした。







2006年09月16日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:4

ネタ帖の話

後日、追記です。(9月12日付)




どうにか一旦サイトの修正作業を終え、夕食後少し自由になる時間が取れたので「お狗様と一緒」様で行われていたチャットに少しだけお邪魔致しました。
主催者のつみかさん、そしてご一緒してくださった他の皆様方v
楽しい時間をありがとうございました(^_^)

そのチャットの話題で、「ネタ帖」の話が出たのでチャットを落ちた後、つらつらと考えていました。

私も、ネタ帖的な物をサイトのコンテンツみたいな顔をしてくっ付けています。時にはこの日記のネタで書き落としてみたり。
ネタ帖は、もうそれこそ「ネタ」ですから、思いついた時にそれを忘れない為にちょろちょろっと書き留めておく事が第一。
作品以前のものなので「質」などに拘らず、感性の赴くままに「ネタ」にするのが上策だと思うのです。

その「ネタ」を作品化する時に、場合によっては確かにその時は使えないネタもあるでしょう。改めて見直して、「×」っ!! と消し去るのもネタを見極める「目」を養う大切な作業。

しばらく寝かせていたネタから話を起こす場合、そのネタを元に「何を表現したいのか」をきちんと見据えなければ、書き始めても途中で手が止まってしまいます。「ネタ」だけを色々弄り回して、言葉でこれでもかと装飾しても、その「何か」がなければ結局はネタ帖に書き止めたメモが肥大しただけのものになるのでは、と。

ネタはこれで、書いたものはこれ。
書いたもので描きたかった事は、これで… とその3点を並べた時にそれぞれが繋がりながら異なっていると、少しは奥行きのある話になるのかぁ、と思ったりしているのです。

そんな事を考えたネタ帖の話題でした。

2006年09月08日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

お化粧品バトン

えっと、久しぶりにバトンを回していただきましたv
「ココハナ」の梵ちゃん、ありがとう(^^♪

■質問1【基礎化粧品はどこの(会社名)何を(商品名)を使ってますか?】
最近は通販化粧品で、洗顔は「ウィル・コーポレーションの赤泥洗顔石鹸」と基礎は「ドクター・シーラボの薬用アクアゲル」

その前は「DHC」や「オルビス」、「コティー」なども使ってました。
通販好きなので、「コティー」以外は通販化粧品&サプリですねv

■質問2【ファンデーションはどこの何を使ってますか?】
OL&ヤクルト販売員を辞めてからは殆どノーメイクなんですよね。
私にとってのメイクは制服の一部みたいな物で、「よし! 今から仕事にかかるぞっっ!!」って気合を入れるみたいな^_^;
なので、子供たちに言わせるとほんの少しでもメイクすると(ファンデーションだけでも)、表情がきつく変わるそうです。
「お化粧しないで! お母さん!!」って言われる私のメイクって…。

一応、しなきゃいけない時用に、ベースは貰い物のニナ・リッチ、パウダーはオルビスのオイルカット・パウダー。

■質問3【マスカラはどこの何を使ってますか?】

今は使ってません。以前はDHCの養毛効果のあるクリアタイプ。


■質問5【好きなor使ってる香水は何ですか?】

体温が高いので、よほど寒い時でもない限り普通使いは「8×4」のマリンノート(…って香水じゃないよね、これって(汗))
そうじゃない時は、サボン系の香りのもの。あまり拘りはないかな?
と言うよりも、香料そのものが少し苦手。


■質問6【使って良かったおススメを教えてください。】

お勧めをしても合う合わないがあると思うので、「洗顔」だけはとことん自分の肌に合った良い物を探してください。季節や加齢などの条件の変化もありますから、出来るだけ内容成分が天然由来のものでその効果をわかりやすく説明されているものがいいですね。
今、使っている洗顔石鹸は子供たちも一緒に使っていますが、優しいしっとりした洗いあがりです。1個1500円とちょっと高めですが、他に何も要らないくらいなので、総合的にみてお得かな? と。


■質問7【このバトンを回す人】

う~ん、気が向いたら拾ってください♪


頂いたコメントのお返事はこちらv



続きを読む

2006年08月29日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

お土産、もらったv

この週末、姉は羽田経由神奈川近辺でオタッキーな時間を過ごしていた訳ですが、我が家に午後8時過ぎごろ子供たちを迎えにきました。

その時のお土産が、羽田限定の「ヨックモックのシューケーキ」と飛行機に乗るまでの時間つぶしで行ったお台場の「日テレ屋」で買ってきたマスコットキャラのブタのクッキー。
本当の目的は、高山みなみちゃんのファンでもあるので、コナン・グッズの物色。まぁ、めぼしい物はなかったのでスルーしてきたよv と。

その手の話をする姉妹を、異世界の生物を見るようなダンナの視線が、ちと痛い日曜の夜でした。
でもまぁ、中途半端に判るダンナより、全然判らなくてオタク妻がやっている趣味のサイトを覗こうともしない方が、私にとっては安全かもしれませんね^_^;

2006年08月20日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

お寿司の食べ放題につられて^^;

この夏2度目の、家族旅行v

我が家の子供たちはお寿司大好き!!
特に長女などは、もう目がありません。
次女もなかなか目利きで、少しでもネタが古くなっていると口にしないほど。末っ子君に至っては、トロならいくらでも…、ってネタだけでも口に放り込みます。

そんなお寿司好きな私たちの前に、一冊のガイド本。
夏場、閑散する温泉宿の集客の目玉がそれv
近場だし、手頃な値段だし行って見るかと一週間前に予約を入れました。

最近の我が家の旅行プランは、宿だけ決めて後はドライブメインの言わば行き当たりばったり^^;
今回も、走っているうちにどこか面白い物でもあればそこへ… くらいの気楽なノリ。週末は込むので、あえて金曜日に出発してます。
そこで目的地近くで見つけたのが、松原ダム近くにある「水の文化村」。

お天気が生憎の曇り空&少雨なせいか、平日なせいか、はたまた箱物施設にありがちな集客予想を度外視したプランだったのか、ほとんど無人状態。
建物や施設は立派なだけに、むしろ休館日に迷い込んだ利用者、と言った錯覚を覚えそうでした。
かなり広い駐車場から、文化館へはこの↓水のカスケード階段を上って行きます。
カスケード式階段


上ってすぐの所にある、これが「音楽の泉」
音楽の泉

来訪者があるとそれをセンサー感知して、音楽と噴水でお迎えしてくれます。

この泉から左手側を見ると、そこにはウォーターパレットを広げた大きな建物。「水の文化館」の本館です。画像右側に写っている、阿波の八兵衛狸に似た体型の人物は本邦初公開、我が家のおとーさん(^_^.)
水の文化館


…建物はとても立派だったのですが、平日は開店休業なのかなんのなのか分かりませんが、係員らしきスタッフの姿は館外で植木の手入れをしている職人さん一人。建物の中は照明も落とされ、空調も入っていません。セルフサービスの自販機と見る人がいなくても延々流されているだろうシュミレーション・シアター。

階下のちょっとしたプレイランドは完全にチェーンロックされ、非常灯の明かりさえない状態。
新しくて綺麗な建物だけに、妙な違和感を感じてしまったのでした。

きっと週末だけの営業で、お天気がよければ施設内の芝生公園やグラウンド、遊具施設で遊ぶ子供たちの姿を沢山見る事が出来るだろうと思うのですが。
(…ここで、長女から一言チェック。『でも、今は夏休みだよ? 週末とかあんまり関係ないんじゃない?』って。はは、確かにそうですね)

なんだかんだと、チェックインまでの時間を潰し宿についてみると、そこはお子様大歓迎のお宿v
ウェルカムでお菓子のつめ放題があり、水ヨーヨー釣りがあり、他の宿泊客も皆、子連れv
この様子だけを見ると、「少子化」ってどこの話? と思うほどの賑やかさ。決して新しくも大きくもお宿でしたが、なんだかほっと和めるお宿でした。
見晴らしも良い部屋だったのですが、着いたその日は珍しいほどの雷雨だったので、↓の画像はその翌日のもの。ゆうゆうと流れる筑後川を一望できました。
原鶴温泉in筑後川


今年の夏旅行は、身近な所でリラックスv な旅行でした♪

8月13日までの拍手お礼v

11日 「朔月」・「契」、12日 「星に願いを…」・「ほうずき」に拍手、ありがとうございました(^。^)
また、沢山の拍手を頂いていますv リニュ作業で更新の方が滞りがちですが、作業終了の暁にはちょっと気合を入れて仕上げたいお話を2本ほど寝かせ中。もうしばらく、お待ちくださいませvvv

2006年08月13日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

1日遅れの「8月9日」

…先ほどまで、「8月9日」と言う事で「長崎原爆忌」の記事を書いていたのですが、些細な事であっと言う間に消してしまいました。

これはまた改めて、私が今 オフで携わっている人権がらみの記事として、いずれ書き落としますね。


で、話はやはりここは曲がりなりにも「犬夜叉ファンサイト」な訳ですので、ますます盛り上がってきた「殺りん祭り」の話を書かねばなりませんね(^^♪

ふと、偶然と言えば偶然なのですがちょうど2年前のこの日、TV放送枠も残り少ない中であの殺りんSP「殺生丸さまと永遠に一緒」が放映されたんですよね。
そして、本誌でのこの展開v
殺りん好きでもある(…私の場合、二股どころではなく犬キャラ全般に愛情を抱いてます♪)私には、ホクホクの展開。
って言うか、どこまで私が妄想した世界に近くてどこで気持ち良く驚かせてくれるか、つまりプロの腕による相違を見せてくれるかと楽しくて仕方がないのです。うう~ん、こう来たかっっ!! て膝を叩きたいv
素人の妄想範囲での決着は…、ね^^;

昨年・一昨年とこの時期には、この殺りんSPを題材にお話を書き落としていたんですが、今年はちょっと方向性が変わりますね。
書こうと思っているお話は、以前の日記で触れていたのと変わりないです。

でも、今週号を読んだら「う~ん、なんだかこれ仕組まれているみたいだなぁ…?」と思えて仕方がない。
ここで、あの冥界の主が実は犬父だったりしたら… (笑)

いやいや、あの殺母一人でも仕組むかもとv
本当にあれは本物の冥道なのかしらん?
りんちゃんの危機も殺母が何か妖術を使って、仮死状態にして息子の本心を炙り出そうとしているとか、ね(^_^.)

なあ~んとなく、殺母の手のひらで弄ばれているような気がするんですよ。そう丁度、お釈迦様と孫悟空との関係みたいな。
あのご母堂様のお屋敷の陰から、妖霊大聖や刀々斎なんかが様子を伺っていたら…、とかつい下衆の勘繰りをしてしまいそうです。

嬉しい事は嬉しいのに、あまりにも二次創作的(それもかなり出遅れ気味?)な展開なので、私自身戸惑っています(大汗)
るーみっくらしく、やられたっっ!! って裏切り方をして欲しいなぁと、胸をワクワクさせてこの2週間を過ごしましょう。

原作的にここでりんちゃんが、殺一行から離れる事になっても私としてはなんら問題はなし!!
原作は原作。
自分の書きたい殺りんは殺りん。
そう、もしこうなったら… って所から話を綴って行くのが二次創作の醍醐味なのですからv

あっ、だからと言って大幅に原作を無視する事はしませんけどね。
私のモットーが原作の雰囲気を残した上での二次創作v
自分の中で、無理のある設定ではお話は書けません。

9月になったら程ほどにかつ、このひと夏思ったように書けなかった分、思いっきり書いてゆきたいなと今から意欲満々なのです。

2006年08月10日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

今年も阿蘇ファームランドに行って来ましたv

毎年、夏の恒例行事v 阿蘇ファームランドにての1泊旅行。
通い慣れたところなので、かえって子供達も旅程に不安がないのか、長距離ドライブでも大丈夫(^^)

ダンナも寄る年波なのか、あれこれと目的地を欲張らなくなったので本当にシンプルなスケジュールです。
阿蘇ファームランドに行く途中立ち寄ったのは、「高森湧水トンネル」だけ。
ここは昔鉄道を通そうとトンネルを掘っていた時、地下水脈にぶつかりそのまま工事を進めると、辺りの地域の地下水が枯れる危険性が高く、計画は中止されたのです。その途中まで掘ったトンネル跡を親水公園として整備されたのが、この「高森湧水トンネル」なのです。

駐車場から階段を下りて入り口に行くと、もうそれだけで辺りの気温は5度涼しいのです。トンネルの野外には水遊びの出来るスペースがありますv ↓の写真はその水辺で佇む我が家の末っ子君。
高森湧水公園in末っ子君v


トンネルの中に入ると、そこはもう天然のクーラーがガンガンに効いた空間。水冷式なので体に優しい涼しさです。
1年中を通してトンネル内の気温は17~19度。
実際は照明用の光源や見学者の出す熱などがあるので、もう少しは高いかな?
このトンネルの際奥にあるのがこの↓ ブラックライトで照らされた「ウォーター・パールの壁」
高森湧水トンネル内ウォーターパール

照らすライトの周波数で目に見えない糸でつながれた水玉が、壁を溯る様にも見える綺麗で不思議な光景です。

4時前には、「阿蘇ファームランド」に到着v
今回はお姉ちゃん達が、お友達にお土産を買いたいと言っていたので、まずは時間までその下見。
だんだん、よりお姉ちゃんらしくなってきました。

チェック・インの為、「ファーム・ビレッジ」のフロントに行くと、ちょっとしたアクシデントが!!
まだ金曜日なのに、それも夏休みが始まったばかりだというのに、この日はかなりの数の団体さん(それも、韓国から)が入っていて、その関係か予約したクラスのコテージが埋まっていて、申し訳ありませんがこちらのコテージを用意しましたと案内されたのが、最近新設された「ローヤル・ゾーン」内のコテージ。

通常のコテージに比べると、このゾーンのコテージはホテル仕様。各コテージ毎に門扉とミニガーデンを設えてあって、コテージ内の設備も数段上v またこのゾーンはフロントや温泉施設・レストランなどに近いのも嬉しいところ。広大な敷地に立つ施設なので、敷地内をシャトルバスで移動するのが普通なんです。
そのコテージの画像、3枚♪
阿蘇ファームビレッジの夜


阿蘇ファームビレッジ1


阿蘇ファームビレッジ2


夜は夜で、温泉三昧v
岩盤浴に麦飯石サウナ、高温ミストサウナに各種薬湯v ワイン風呂に真珠風呂。子供達のお気に入りはジャグジー♪
思いっきり手足を伸ばして、湯ったりしてきました。
次の日は、「元気の森」にてアトラクションのオール・クリアを目指す長女のSちゃんv その姉に引っ張られるように後に続く、次女のYちゃん、末っ子K君。
本当に、年々手がかからなくなってきたなぁと、思う少しくたびれてきた(…色んな意味で^_^;)父と母。

土曜の5時前には既に帰宅。
そうです、末っ子君の「ウルトラマン・メビウス」観賞の為v もちろんDVDをセットして(^^)
旅行前に洗濯物を干して出かけたのを取り込んで、速攻で旅行中の洗濯物を片付ける私。
毎度の事ですが、主婦にとっての旅行って、洗濯に始まって洗濯に終わるような気がします。

2006年07月31日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

ひとりじゃない

早い物で、今年も半分が終わりました。
私の住む地域では、いよいよ山笠(やま)のぼせ達が待ちに待った夏まつりの到来ですv
今日から15日まで、この地域の中心街である繁華街からオフィス街、ショッピングゾーンに至るまで、粋でいなせな締め込み姿(注:褌姿にあらず)に、所属する「流れ」の文様を染め抜いた長法被姿の男衆達が町を闊歩します。
縁の下の力持ちになるごりょんさんや地域の女子衆達は、その後ろ姿をみて、「あの尻は形が良い」とか「良く締まっている」とかの品評会v
そんな季節が始まります(^^)

さて、本日私はこれまた地域の人権啓発連絡会議会主催の講演会に出席、と思っていたら実はコンサートでした。

これがまた! 物凄く良くて、ぜひこの日記にも書いておかねばと思った次第です。
今回の出演者は「歌ぐみ はぜの木」と言う3人組。それぞれ本業は、中学校や養護学校の教師です。
子どもたちとのふれあいから、また「人権」と言うものを一緒に学ぶその現場から、感じた事・思った事・伝えたい事などを、「音楽」と言うスタイルで公演されています。

公演のスタイルは、実際に足を運ばれて見聞きしたその方のお話と、そこから生まれた音楽とを織り交ぜたものです。
今回は三人のおばあちゃんの話、子どもたちと一緒に作った歌などを演奏されました。

三人のおばあちゃん、そのうちのお一人は江口いとさんと仰います。「部落差別」と言ういわれの無い差別を受ける側で人生を歩んでこられた方です。母親の視線で、自分だけではないその子・孫までが受ける謂れの無さ、理不尽な差別に対して静かに、そして峻烈に闘って来られました。詩人でもあるいとおばあちゃんの書かれた詩の中に「呼ばれなかった誕生日」と言う詩があります。
とても仲の良いお友達の誕生日、プレゼントはどれが良いかなと楽しみにしていたその子の所には、待てども待てでも「来てね」との電話がありません。とうとうその日が終る夜に、その子は泣き出してしまいます。次の日、その子は学校でお友達に「どうして呼んでくれなかったの?」と尋ねると、そのお友達も泣きながら「本当は、とっても呼びたかったの。でも、かあさんが…」
そう、この子は「部落の子」。大人の偏見が、二つの純真な心に大きな傷をつけたのです。

今回の公演では、このいとおばあちゃんを支えてくれた二人の子ども達の事を詩にした「いとしごよ」と言う曲を演奏されました。

もう一人のおばあちゃんは広島で被爆された経験を持つ、演奏者のお母さん。身近な方の、表に出さなかった被爆者であると言う心の重荷や、やはり障害者・弱者への悪意の無い悪意に苦しめられた事を、世界平和を祈る形で昇華された曲「折鶴に乗せて」を。

最後のおばあちゃんの話は、母子家庭。女の細腕一つ、リヤカーを引いて38年間の廃品回収業。今でこそ、リサイクル業者と時代の先端を行くように言われるが、当時は「クズ屋」と呼ばれた。子ども達も、出来ればその仕事の事を友達に知られたくないと思うような、そんな時代。真面目で几帳面な仕事ぶりでお得意さんも沢山出来て、お昼時なら「さぁさぁ、食べていかんね」と、「そろそろ来るやろうから、表に出しとったよ」と心遣いをしてくれるお得意さん。「きつくはないよ、私にはそうやって待っとってくれるお客さんがおるけんね。宝物ばい」と、誇らしく笑うおばあちゃん。子ども達の、そんなおばあちゃんの生き方がお手本で、お手伝いをするような素直さもまた宝物。どんな仕事も仕事には貴賎がないとの体験を歌にして「西の空が茜色に染まる頃」

「歌ぐみ はぜの木」は公式のHPを持ってますので、そのアドレスをここに書いておきますね。このサイトから、上で紹介した曲も視聴できますv

あっ、今日の日記のタイトル「ひとりじゃない」は、「ナノハナ」と言う曲の歌詞の一部。私には、この曲がなんだか犬夜叉的なイメージで聞こえたので、日記のタイトルに。犬夜叉が半妖である、と言う事はどうしても偏見や差別の対象だったんだろうな、と置き換えてしまうオタクな母さんなのでした^^;

「歌ぐみ はぜの木」 ttp//music-love.net/ (頭にhを付けて、飛んでください)

2006年07月01日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

文賢く…

今日の日記のタイトル。

これは数日前の新聞のコラムの中で取り上げられていた俳句の出だしです。全文は

「文賢くて 羞恥なし 羽蟻の夜」  飯田 龍太作

この作者が、ある人の文章を読んで「文章は頭がいいが、羞恥心ていうものがない。大発生した羽蟻がぶんぶん舞っている」と、軽蔑しているもの。

このコラムを読んで、ドキッとした私です。
「羞恥心」、趣味のたかが二次創作者にすぎない私ですが、数日前に「書きたいものが書ける自分でありたい」とこの日記に書いています。

でも、そう言い切る私が一番気を付けなければならないのが、この「羞恥心」かもしれません。
文章を書くという事は、自分の内面の一部を晒す恥ずかしい事、との認識があるのを「開き直り」にしているところがあるかもしれないと思ったからです。

上手い下手いではなく、賢く表現した文章でもそこで伝えたい物が何なのか、ちゃんと見極めなければ「こうありたい」と思っている方向からそれて行くのかもと…。

突き詰めれば、私は何の為に書いているのかな? と言う自分自身の根源まで遡る事柄なのかなと考えているのです。
上品に構えろと言うのではなく、自分の中の「品格」のようなものを常に意識して行きたいな、と思ったのでした。

週末のレス関係は次のスレッドにてv

2006年06月24日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

土曜日は土曜日で…

相変わらずの週末半ネット落ち。この日記の内容も、実は週明けて月曜日、幼稚園が休みで(理由は↑のスレッドにて)末っ子君を連れて学校に行き、マイPCで画像処理をした後、学校近くのマックでお昼を食べさせ、遊具で遊ばせている間にマックで書いた物です。

* * * * * * * * * * * * * *

本日も(…土曜日にも関わらず^^;)、朝の9時半から小学校に登校してます。

今日は地区のドッジボール大会の練習日。体育館で試合形式の練習。
普段は趣味じゃないのか夏場でもノースリーブのトップスなどは着ない長女ですが、ユニフォームとあっては着ない訳には行きません。私も初めて目にしたその長女のユニフォーム姿v 親バカですが、中々イケていました(^^)

小柄ながらも十一歳と言う微妙なお年頃。子どもと言い切るのも難しいローティーン。長女はどちらかと言うと、既に死語の世界で言う所の醤油顔の女の子版。一重の切れ長の目元、こじんまりとした卵型の輪郭、ほどほどの高さと形の鼻。親が羨むほどの真っ直ぐで長い、触り心地の良い黒い髪。

この年代の子はどの子もどことなく大人っぽさが滲むので、なおアンバランスさが強調されて。

昨今の事件の風潮を見るに、ああこれは親である私たちや地域の力をあげて我が子だけではなく、どの子にも見守りの目を光らせなくてはね、と思うのでした。

この練習がお昼過ぎまでかかり、親子そろって腹ペコ状態で帰宅。
この時点で、もうお昼の準備を放棄していた私は皆のリクエストを募り、その足でお好み焼き屋さんへ。
大学生をターゲットにしている、ボリューム満点のお好み焼きを3種仕入れ、お持ち帰りv 家族5人で食べても残してしまうほどでした。

その後、私と長女は今月末にある自然教室に持ってゆく着替えなどを揃えに、近所のダイエーまでお出掛け。
普通、こういうお出掛けは家族揃ってが我が家のパターンなのですが、ダンナは丁度ホークス戦を観戦中。末っ子君はその後5時半から入る「ウルトラマン・メビウス」を観るために待機中。次女はバスで行くのは面倒臭いから車を出すダンナと一緒の後発組。

そんな訳で、私と長女のショッピング・デートv

少し前から私が良く言ってるんですね(^^)
もう少しお姉ちゃん達が大きくなったら、母娘で美味しいケーキ屋さんめぐりをしたり可愛い・素敵な小物屋さんや雑貨屋さん、ブティックなどをウィンドゥ・ショッピングして回るデートをしたいね、って。

そんな夢に1歩、近づいたかもしれない土曜の午後でした♪


拍手レスですv
6月17日 0時・1時・15時 拍手、ありがとうございました! こうしてパチを頂けると、またまた頑張ろうと言う元気が沸いてきますv 

2006年06月17日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:2

スクールガード

↓の日記は、一日遅れでこのスクールガード活動から帰ってきて書いたもの。暫くは翌日記述の日記になりそうです^^; (…すでに、これもそう)

昨今の小学生が被害者になる事件が続発し、それを防ぐ為に地域力向上を促す為にも今、いろいろな働きかけが行われています。
スクールガード活動」も、その一環。登校・下校時の通学路に立っての交通安全運動や校内パトロール、犬の散歩時に通学路や学校敷地近辺をパトロールする「ワンワンパトロール」など。
今日は、その校内パトロールに参加してきました。

幸いな事に、私の知っている範囲では校内に不審者が進入したと言う報告は受けた事はありません。ただ大きな大学を抱えた地域ですので住民の構成が若く、また転入転出も多いという事もあってか、人の目に着かない所では、そういう良からぬものの芽が出かけている地域でもあります。コンビニの影でスナック菓子のような振りをしてのドラッグ売買や幼児や小学生をターゲットにした痴漢やイタズラなど。

何時、新聞沙汰にあってもおかしく無いような火種は、多分どの地域でも一つや二つは抱えているのではと思うのです。「事件」にしないのは、やはり「地域の目」にあると思います。お互いがお互いを監視すると言うような息苦しいものではなく、気軽に声を掛け合い繋がりを感じさせる。困った事があっても一人じゃないんだよと。
そういう目があるからこそ、悪い事も出来ない。そういう風になると良いなと思います。

今週は毎日登校、幼稚園にお迎えに行っては1時間園庭で遊ばせる、と言うタイムスケジュール。
ホントにしたい事はいっぱいあるんですけどね^^;

サイトのインデックスページのデザインをそろそろ変えたいとも考えています。ランダムで組み込んだTOPイラストを画廊の方に収めようかと。表示しているイラストの半分以上が既に閉鎖してしまったサイト様から頂いた物なので、もう潮時かな? 合わせて、サイト運営初期の頃に頂いてきた閉鎖してしまったサイト様のサイト開設記念のDLFイラストなどもローカルに収容しようかなぁ、など。

後、パチパチシステムのファイルを上げている「ぶっとぶネット」さんのCGIサーバーがどうにも重たいように感じるんですね。しょっちゅうビジー画面が出て、小鳥ちゃんが謝っています。ここはテキストバナーだけの表示なので、見た目がうるさくないのが良くて選んだんですが、サブとして「インフォシーク」の無料サーバーも押えました。
今週は時間がないのでファイル関係はちょっと弄れないのですが、こちらにもTOPページを付けてパチ・ファイルを上げようと考えています。

…というか、HP作製ソフトを使わないシンプル&ライトなサイトを作る練習台にしようかと。
あちらこちらネットを徘徊して辿り着いた私なりのサイト構想。

まず軽い事
フラッシュ・Javaスクリプトの多用は× 重たい画像もほどほどに

うるさくない事
個人的HPに音楽関係でも無い限り、BGMは不要だと思う
全てのコンテンツが別窓開く、の構成になっていたサイト様。これもある意味、うるさいと思います。

制限をかけすぎない事
フォント指定 … 私が基本的にテキスト読みなので文字の多いサイト様によくお邪魔します。そこで途中ですごすごと引き返すサイト様^^; スタイルシートで固定されているのか、表示拡大をしても文字が大きくならないサイト様…。管理人さん自身、目が痛くならないかなぁと思う程に

入場者制限(?) … いや別に18禁制限とかそう言うのではなく、ちょっとした表現の問題なんですが(苦笑) インデックスページにある注意文の中に、「おや? これは訪問者にケンカを売ってるの?」と思ってしまうような文言がチラホラ。曰く「ここは~をメインとした激サイト。興味の無い人・この~に文句のある人は、ここより即刻立ち去るべし」みたいな。まぁ、いいけどね。「サイト」ってその管理人さんのお家なんだもの。そこで感じる「人柄」的なものがあわないなぁ、と思えばお邪魔しなければいいだけだしね。閉鎖的で排他的な息苦しさは苦手なので。

こんなところかな?
ぼちぼちと弄っていけたら良いなと思います(^^)

サンデー感想も発売日が一日遅いという事もあり、また感想を書くよりもそれを反映させた「小説」の方が、ひいては今手掛けている山ほどある物を書く時間を捻出したい! と言う気持ちの方が強くてここしばらくサンデー感想も書いてないです。

すでにかなりの数の管理人さんが書かれた後ですし、今更ね、と…


ううう、レス関係が遅れています。
次のスレッドで纏めてお返事いたします!!

 

2006年06月14日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

惚れさせたもん勝ちv

は~いv 今回も翌日記述です^^;

   * * * * * * * * * * * * * *

今日は、昨日の天気が嘘のようにとても良いお天気v
乾きが悪くて溜まりかけていた洗濯物も、ドン! と洗濯機を朝から回し、すっきり片付けました(^^)
それから、子ども会主宰(笑)の廃品回収&公園清掃。実際廃品回収は手間の割には収入にはならないんですね。古新聞は無料で引き取ってもらっている形で、売り上げの殆どは回収資源の代表格「アルミ缶」によるもの。

…これも大変なんですよね。
どこに出すかで。幼稚園や学校(これは毎月)、子ども会。回収スケジュールを確認しておかないとですね。あまり溜めたくないし、でも無駄にもしたくない。そのあたりの問題ですが。

さて、その後は公民館で行われる人権尊重協議会主宰の特別講演受付の為に、12時半から会場入り。会場の設置を手伝ったり、受付の準備をしたり。

今回の講師は、ご存知の方もあるかな?
女性A-1クラスの競艇選手、日高選手のダンナさんv
日高選手が月20日ほどレースの為、自宅から離れるのでその間、家事・育児を一手に引き受けています。そう、専業”主夫”なんですね。

その男性の目から見た、育児におけるジェンダー(性差)を素直に楽しく語られました。例えば上のお嬢さんがまだ3~4ヶ月の頃、天神に買い物に出かけた時の事。今の様に格好良くパパが赤ちゃんを抱っこしたりオンブしたりする機会も少なく、グッズにも恵まれていなかった頃。
オンブ姿で街を歩けば間違いなく奥さんに逃げられた情け無いダンナに見られる! と意地で抱っこ紐で前抱っこして出かけたのです。
ところが、トイレに行きたくなって気が付いた。

( …このままじゃ、出来ない!! )

そう、立ったままのスタイルでは。
誰か一時的に預かってもらえないかな? と周りを見回しても、いざとなると声が掛け難く、男子トイレにはベビーキープはない。当時は個室の方もまだ和式が主流。どうにもお手上げ状態で、天神中探し回ってようやく1箇所だけ、男子トイレにもベビーキープの或る所を見つけたときの安堵感。

今は、男子トイレにベビーキープどころかオムツ替え用のベッドや替えたオムツを処理する為のポリ袋の自販機まであるんですよ、ハードとしてのジェンダーフリーの一例ですね、と。

このダンナさん、奥さんと初めてあったのは20歳の時。それから卒業するまでの間、6回も交際を申し込んでその度ごとに振られて、その後14年を経て、ゴールインしたと言うカップル。
既にこの頃、一線のレーサーでバリバリ活躍中の奥さん。結婚・出産しても、まだ現役を続けたいと要望。

このダンナさん、とても大らかな性格の持ち主。それがどう言う事か深く考えずに、「君がそう思うのなら、別に構わないよ」と。
結果、上のお嬢さんが生まれるに当たって、東京でクリエイティブなそれなりに部下も使ってこなしていた仕事を退職し、専業主夫の道を歩む事になったのです。

面白いエピソードはまだまだ続くのですが、この中でダンナさんが繰り返し言われていたのは、「主夫とか主婦によらず、出来る時に出来る事を出来る方がやればいい」「相手の事を尊重し、どうすれば良いかを考えた結果です」

そして、なによりも強調されたのが、「どちらがより相手に惚れているか、でしょうねv 夫婦間のジャンダーフリーはこれに尽きますね」「ダンナさんが奥さんに惚れている度合いが高いほど、そのスタートラインは高いし、その逆だと低くなります」
「奥さんが強い場合も、そうですね(笑)」

なんて伸びやかで、楽しそうに日々を暮らしてあるのかなぁと、聞いているこちらもすっかり楽しくなりました。
朝、5時にお嬢さん達のお弁当を作り、髪を結んでやる日々。最近、ヘアースタイルのリクエストが増えて、目下三編みで挫折している、などなど。

当たり前の日常に、視点を変えるだけで見えてくる色々な事。
一緒に「子育てをしている仲間」と言う意識で、お互いにエールを送りたくなるような講演でした。

惚れさせたもん勝ち、かぁ…
我が家の場合はどうだろう…???

似た者夫婦なのは確かなんですけどね^^;

2006年05月20日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

子どもの日

またまたっっ!! 翌日、記述です^^;

5月5日、端午の節句。
我が家の長男で、末っ子君v 気が付いてみれば、鯉のぼりも上げてないし(ってかないし(大汗))、菖蒲湯なんて風流な慣わしも、チマキや柏餅もナシっっ!! という、甚だイベントずれしている我が家。

せめてもの楽しみは姉家族とのお出掛けv
我が家のダンナは留守番、姉の所の元ダンナ(…色々訳あり。結果はそれぞれの責任だろうけど、子どもから見れば親は親)が運転する車で、金印でも有名な某国立公園内の海浜公園で遊ぶ予定。

が! この場所、地形的に途中から抜け道ナシの上下一車線ずつになる区間が結構長いんですね。通常なら10分くらいで通り抜けられるところが、引っ掛かると1時間でも2時間でも掛かるという難所。
今回は…、はははっ~ ^_^; そこに行き着く前に警備員さんに呼び止められて、この先はもう2時間くらい動けませんよ。もう少し進んでからだと、引き返すことも出来なくなりますよ、と。
ナビを使いながら、どうにかもう少し前まで行けないものかとグルグルと回ってみたのですが、どうにもこうにもならないような状態。

まぁ、ね。お天気は良かったし、こどもの日という事でイベントめじろ押しの、入園料なしで開放してましたのでいつもより人出が集中したようです。こんな日は市営渡船を使って、海から行ったほうが良かったみたいです。それで、急遽目的地を変更。走っている直ぐ側の、昔ながらの遊園地になりました。

ここも、専用の駐車場に入れようと思ったらやはり2時間待ちだったのですが、少し離れた臨時駐車場ならすぐ入れられて無料。この駐車場から遊園地まではシャトルバス(これも無料v)も出てますし、そこに車を置いて、懐かしさ漂うこの遊園地へ。

ここ、私が幼稚園の遠足で来たこともある場所です。
遊具の他に花も売り物の遊園地。急に暖かくなったせいか藤の花もバラのトンネルも花の盛りがすぎてました。バラは四季咲きでちょうせいしてあるので、6月半ばになればまた見頃を迎えそうです。

テーマパークのようなハードなアトラクションがあるわけではないので、末っ子君でも乗れそうなものもちらほら。
前々から観覧車に乗りたがっていたので、小さな観覧車ですが一緒に乗りました。
↓の写真は、その観覧車から写した遊園地の様子です(^^)
香椎花園にて

それからトーマスの電車に乗って、100円乗り物の車に乗って、2連結の三輪車をコースで乗って…。

その間、我が家のお姉ちゃんずは従姉妹達と初めてのジェット・コースター体験v
意外だったのは、大きな物音に過敏に反応する次女がコースターに嵌った事!! キャラキャラ笑いながら手を振る余裕まで。長女の方はそこまでの余裕は無かったようです。続けて2回目に挑戦する次女と、別の遊具に移動した長女。
我が娘ながら、意外な一面でした。

込むのを避ける為に、閉園時間までいたので帰ってきたのはもう7時前。途中、私が少し車に酔ったみたいなので回復するまで横になり、後はもうバタバタと夕食の支度、後片付けその他諸々をこなし、遊び疲れていた子ども達ともども早めに休んだ1日でした。

残りの2日は、もうゆっくり過ごしたいな、と思っている私です。

 

続きを読む

2006年05月05日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

して良い事と、悪い事。

とても親しくしている管理人さんがある災厄に見舞われまして、その対処に苦慮されております。
忘れた頃にガツン!! と来る、「無断転載」という災厄です。
それも一番やられたくない方法で、やられてしまいました。
そう、甚だ迷惑なのですが直リンならまだ対処しやすいのです。
今回は、被害にあったサイト様から無断でDLして、自サイト(ブログ)で作品公開しています。

こうなると、なかなか手を出し難いのです。
ましてや相手が日本語の通じない、海外の困ったちゃんだと。
それは困ります! と訴えたくても言葉の壁があり、それを乗り越えても、そのブログにはその声を反映させる場がない!!

どんな風にその持って行った作品にその困ったちゃんがコメントをつけて展示しているのか、確かめるのも怖いところです。
またこのブログを提供しているところが何かと問題の多いところで… ^^; 

基本的にして良い事と悪い事って、地域・年齢を問わず変わらないものだと私は思うのです。
親バカだと思いますが、これは我が家での実話です。

我が家には、オタク予備軍な長女(小5)がいます。この長女、小4の時から大のハヤテファンv (サンデー連載中)ファンが高じて、とうとうお絵描きを始めました。そう、サンデー片手に最初は上手に描けないから、トレーシングペーパーで映し描きから始めました。
「模倣の果てに、個性は現れる」とは、昨年私が広報活動で受講したベテラン記者さんの言葉。長女はこのお絵描きの初歩の初歩、模倣の練習の段階なのだなv と私は見ていました。

ある日の事です。
長女が引き攣った顔をして、目には涙まで溜めて今まで描いてきたトレーシングペーパーの絵を見ています。その様子が、普通ではなかったので気になった私は、「どうしたの?」と尋ねると、長女はサンデーの裏に書かれていた無断転載厳禁、の文字を指差しました。
「これって、勝手に絵を描いちゃいけないって事だよね? 私、悪い事しちゃったんだよね?」と怯えています。

僅か10歳の子でも、この言葉の意味がちゃんと判っているんです。

私は言いました。
大丈夫だよ。Sちゃんはハヤテが好きだから、皆に見てもらいたって思っただけだよね? それを「自分が描きました」「これは私の絵です」なんて言わなかったでしょう? 大好きな畑先生の絵だよv ハヤテってこんなキャラクターなんだよ、って皆に教えたかっただけだもんね。

こういうファン活動で大事なのはね、それが「誰の物」であるか、はっきりさせて応援する事だよ。いくらSちゃんが上手にハヤテの絵が描けるようになっても、それは畑先生の絵なんだって事を自分も、周りも分かっているって事が大切なんだよ、と。

おそらくここを見る事もないでしょう、その困ったちゃん。
何も作らず、他所から持ってきたものをもし「自分の物」だと、あなたが言い張るのなら、あなたの良識や自負心はわずか10歳の子にも劣ると、そうは思いませんか?
それはとてもみっともない事だと私は思うのです。

2006年05月02日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

いいなぁ…v

先ほど実家の母から、今月末から1週間程、佐世保の叔母からサンフランシスコに遊びに行こうと誘われたけどどうしよう? とTELがありまして。

佐世保の叔母は2~3月中に、サンフランシスコに居る従姉妹の所へ孫の顔を見に、渡米の予定だったのですがその旅の道連れにv との事のようです。なんせ、おばあちゃんの二人旅。心配される方もありましょうが、そこはそれ従姉妹のダンナが某大手航空機会社の研究部門にいる関係もあって、パス1枚でこちらの空港からあちらの空港まで安全に運んでもらえます。

実家の母の旅費も、従姉妹のダンナ持ちv

すかさず私、行っておいでよvvv と。
それなら急いでパスポートも取らなきゃね、とけしかけました(^^) 以前作った時に、10年パスポートにして置けば良かったね、付け加えて。

そしてちゃっかりと、土産をリクエストする私(笑)
ネッスルのソリッドタイプのココア、円盤状の奴を使う分だけ割って使う奴、を所望v これ、長女のお気に入りなんです。こちらではなかなか見かけないもので。

なんとなく、春らしい話題だったので日記ネタにしました。
 

2006年03月08日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

最近…

最近、ブログを投稿すると同じブロガーから出会い系めいたコメントが付く様になったので、IP禁をかけました。
履歴の方は、アダルト系の困ったさんが相変わらず足跡を残してゆくのがなんですね^^;

それとメインメールアドレスの方に、これもやはり出会い系サイトからの勧誘メールが週に3~4通届きます。「Info@~」で始まるメルアドで。このメルアドはシリーズになっているみたいで、私は着信するたびに速攻でアウトルックのメッセージオプションの送信者を禁止する、で弾くようにしているのですけど、なかなか後を絶ちません。@以降を変えたアドレスでしつこく送ってきます。
なんなんでしょうね、これって。

もうちょっときっちり弾ける方法を考えて見ましょう。

2006年02月22日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

ジェンダーってなんだ?

は~、只今研修会から帰って参りました(^^)
今日の日記はオフネタですので、前もってお知らせをv

いや~、今日の研修会はほんっと面白かったです。
コント形式の寸劇を2本、それからグループ分けされたテーブルでのディスカッション。
テーマは『ジェンダー』について。

ジェンダーってなんだ? と副題がついてまして、まずその説明から。

・ジェンダー … 社会的性差の事。社会的に役割分担された、俗に言う「男らしさ・女らしさ」 例 男は仕事、女は家庭。 男子、厨房に要らず。女は三界に家なし、など。

・セックス … 生物学的性差の事。 余程特別に鍛えない限り女性の筋力が男性を上回る事がないように、またどんなに男性が逆立ちしたって、子どもを産む事が出来ないように。


人権尊重と言う観点から言うと、あると息苦しいのが上にあげた「ジェンダー」な訳です。しかし、いままでの長い慣習や、刷り込みなどによって、自分の中にこのジェンダーがしっかり根付いていたりするんですね。それに気付いて、よりよく男性も女性も生き易い社会を作ってゆこう! と言うのが研修会の主旨。

この研修会を受けていて、ああ こーゆー思い込みや決め付けって自分の中にいっぱいあるなぁ、と。

大切なのは、「その人らしさ」

判っていても、ついつい言っちゃう「男の子でしょ、女の子でしょ!」って言葉。または「お兄ちゃんでしょ、おねえちゃんでしょ!」
括っちゃいけないんですよね、これは。

講師の方に具体的な問いかけで、コンビニの前の駐車場に2~3人の女の子が立膝をして座っていたのを注意しようとした時、つい
「女の子が、みっともない!」
って言ってしまいそうなんだけど、これもジェンダー? って意見。

そうそう、つい言ってしまいそうだけど、でもこれは女の子じゃなくても、男の子でもみっともない事だよね、と私は思う訳で。
同じように男性が咥えタバコをしてもそう思わないのに、女性だとみっともない、って年配の男性の意見。この男性は、これもジェンダーですね、と反省していたのですが、私に言わせれば、喫煙マナーのなってない人は男であれ女であれみっともなくて格好悪い! なんですけどね。

喫煙に関して言えば、未成年は問題外で成人男女の場合、これは一応嗜好品なので、喫煙する事を差してマイナス評価で決め付けちゃいけないんですけど、「私」の中ではやはりマイナスですね。
タバコはどんなに言い訳しても、百害あって一利なし、な物なので^^;
それをあえて摂取するという行為を否定するのも、「私らしさ」かな?

「その人らしさ」をそのまま容認する、ってなかなか難しいです。
ついつい「自分の物差し」が出ちゃいます。
その物差しがジェンダーやまた別の偏見に塗れないよう、こうやって研修会に参加して、自分が「気付く」事が大事なんだな、と思ったのです。


…と、言う内容を人権尊重協議会地区版の広報紙に記事として纏めないといけないんですけどね。
今月一杯は、この記事と小学校の広報委員会で発行する分の5・6年生の記事のデジタル入力作業に追われます。

とは言え、「比翼連理」も更新したいので来週はこれ1本に絞って、オフ作業の合間に、書こうと思っています。


2006年02月18日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |

» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。