スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2007.12月24日~28日分まで

いよいよ暮れも押し迫ってきました。
オフの片付けを優先していたので、こちらの返事が遅くなってしまいました。ノロの影響も冬休み初日・2日目のみで、もうすっかり大丈夫!
皆さんも忙しいだろうなと思うと、そんな中でも拍手を押してもらえる事がとても嬉しいです。
ここ最近連続して10連打いただいて、うおぉぉ~~やる気出るっっ!! と、燃料を投下されたような気持ちです。そんな気持ちでも、優先事項はオフ優先。その反動でお正月明けからちょっといろいろやりたくて今からうずうずしています。
それまでもう少し待っててくださいね。
12月24日「11月分拍手SS」・12月25日「花満月」「降誕祭」・12月28日「降誕祭」・「11月分拍手SS」にも拍手をありがとうございます。
以下、いただいたコメントへのお返事です。

12月21日・25日
こんにちは、ゆうさん。「降誕祭」へのコメントとメールをありがとございます。あっと言う間クリスマスも終わり、次はお正月。一番忙しい時期ですね。年明けて落ち着いたら、また語り場でまったりと原作展開を肴に考察三昧で遊びましょうね♪

キリリク用メールフォームからリクを頂いたのですが、次回キリ番は25万HITです。もうそろそろですが、現時点ではまだ2500HIT以上ありますので多分1月中旬頃かと思います。またその頃に遊びに来て見てください。キリリクの随時受け付けは致してませんので、キリ番を踏んだ時のみとさせてもらっています。

スポンサーサイト

2007年12月29日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.12月18日~23日分

なんだかんだで頂いたコメントのお返事関係がすっかり遅くなってしまいました。
年末でわたわたしている私の元気の素は、いつも頂く拍手です。
ノロでちょっとネト落ちしましたが、それもこの年末の忙しさを乗り切るための強制休養日。元気を充填して復活です。
本当にいつもありがとうございます♪
いただいたコメントへのレスは次からどうぞv

12月18日
「犬夜叉考察2・6」…はい、そうなんです。重箱の隅つつきも良い所なのですが、妙に犬父の骸の中の三鈷の存在感が大きくて。それで犬父の霊を封印している、と言う風には見えなくてあそこにあった鉄砕牙と同じような意味合いのものなのかなぁと、漠然と思ったのです。
時間が出来たら、1巻ごとに細かく見ていったら、まだそんな発見(笑)が隠されているかもしれません。こんな古いどこかピンボケしているような考察に拍手をありがとうございます。

12月19日
現代版楽しみとのコメント、ありがとうございます。少しでも早くUPしたくてこちらのコメントのお返事を後回しにしてしまいました^_^;
「月華覇伝」の方は次からちゃんとサイトにテキスト整形した形でUPしてゆく事にしました。読みやすくなると思いますので、もう少し待っててくださいね。

12月20日
「拍手SSげんのしょうこ」・「満月の夜に」に拍手をありがとうございます。色んな時間軸で書いている我が家の殺りんv 二人が共にあるだけで嬉しい気持ちになる私です。

12月21日
「真夏の夜の夢」に拍手をありがとうございます、紫蘭さん。殺りん物でまさか「クトゥール神話」で反応がいただけるとは思いませんでした。私が根っからの不思議なもの好き・妖しいもの好きなので嬉しかったです! パラレル物に関しては同じ感性を感じましたv 私自身、やはり原作が好きなので、そうそうパラレル設定で書きたくなる事はないのです。たまに、こうした原作設定を基本に踏まえて、それからの話みたいなものをポツポツ書くくらいで。このシリーズと今手がけている犬ファミ現代版と殺りん中華版が完結したら、おそらくその他のパラレル物は書く事はないと思います。原作設定を離れ、キャラだけ他の世界に紛れ込んでしまったような感じのものは私に取って書きたい二次創作ではないからですね。
数日前に殺りん現代版の最新話をサイトにUPしましたので、よろしければどうぞ読んでみて下さい。

12月22日
「降誕祭」に拍手をありがとうございます。少し早めのクリスマスプレゼントになったでしょうか? 続きが楽しみ・素敵の一言に、ガシガシ書き飛ばした甲斐がありました!!
書いてて最初の頃とはまた違う展開要素が入ってきたのは、書いている自分がいちばんびっくりだったりします^_^; イベント時期にしか書かないシリーズになってますので、今度はもっと普通の時の話も書いてみたいと思います。

「拍手SS20のお題3」に拍手をありがとうございますv かなりはっちゃけた感のある艶笑小話。淫靡な感じより、あっけらかんな感じの方はコミカルなのでついこんな感じの笑い話にしてしまいます。楽しんでもらえて嬉しいです。

12月23日
「降誕祭」に拍手をありがとうございます。続きはお正月空けにでもぽちっと書いてUPします。そう長いものではないのでv ちょこっと甘めです。
こんにちは、おーたむぽいんとさん。「幕間」の七宝ちゃんなら、そうなってるかもvvv と嬉しいコメントでした。そうですね、この場合のかごちゃんは今生の二人への共犯者、ですね。残ってしまった「想い」への決着をどうつけるのか、がこれからのテーマです。
思わず長くなってしまったこのシリーズですが、三分の二は来た様に思います。

拍手・コメント本当にありがとうございます!!

 

2007年12月24日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.12月12日~17日分

頂いた拍手やコメントのお返事が遅くなりました。
いつも本当にありがとうございます。
頂いた拍手で元気充填して、これからもがんばります!!

12月12日
こんにちは、ににぎさん。すっかりお返事が遅くなりました。はい、今日も作ってきました、フェルトのおやつ。保育園は昼間お仕事をしている保護者の方が大半なので、してくても出来ない状況なのでしょう。こうして見ると「時間」ってとっても貴重なものですね。
ますます忙しい事と思います。風邪などに気をつけてくださいね。

「11月分拍手SS」にたくさんのハートをありがとうございます(^^♪

12月13日 「一期一会」に拍手をありがとうございます。犬夜叉の二次創作初期に書いた物で、唯一殺兄が骨喰いの井戸を通り抜けて現代にやってきた話です。この頃はまだ殺りん要素は希薄な頃ですね。

12月17日 「犬夜叉考察4・6」に拍手をありがとうございます。こちらの方もすっかり更新しなくて、いきなり「叫ぶ会」の方に飛んでしまいました。時間が出来たらゆっくりと1巻から時系列・人物相関図などを思い描きながら、考察に浸りたいと思う今日この頃です。

ゆうさん、いつも語り場を盛り上げてくださってありがとうございます。いえいえ、そんな心配は無用です(^^♪ いくらでも書き込んでくださいね。私の方がもう少し年内中サイト的に優先したい物件があるので、それ以降あちらに投稿するネタを纏めようと思っています。その際に、それぞれの持ち説を図式化したものを入れられたらなぁ、と考えています。
ゆうさんが投稿してくれた物を参考に考えてみますね。
それではまた、あちらでvvv

2007年12月18日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.12月9日~11日分

いつも拍手をありがとうございます。
オフの関係で、サイトの更新が遅れがちですが少しずつ一つ一つ書き上げてゆくように調整中です。いただく拍手が元気の素v 楽しんでもらえるように無理せず書いて行きますね。

お返事まとめて(汗)
こんにちは、ゆうさん。お怪我の方、快方に向かわれているようで安心しました。旅行先で先月の拍手SSの情景を思い起こしてくださったなんて、書き手心を嬉しがらせる一言に顔は二にやけてしまいます。寒さが厳しくなる季節、このシリーズのSSは色んな意味であったかいものにして行きたいと思っています。
「叫ぶ会」の方への投稿、ありがとうございました。
私の方が明日、2・3号の叫びを入れるだけで今週は手いっぱいになりそうなのです。
その代り来週ならその分の余裕が出来るので、色々書き込んでみたいと思います。

12月11日
「ここにあるもの」に拍手をありがとうございます。正真正銘、この話が私の犬夜叉創作の第一作目。もう5年も前の話です。この時から私の中には「かごちゃん=光」、「光=時」なイメージがありました。原作の展開で、「光」と言うキーワードが出てきてからと言うもの、どきどきしながら原作を見守っています。

2007年12月11日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.12月5日~8日分

月初めの拍手SS、見てもらえてとても嬉しいですv
このスタイルも今月が最後。色々とこの「WEB拍手」で遊ばせてもらったなぁと、しみじみしています。
月初めには必ずこの拍手SSを差し替える、と言うのを自分の目標にしていた所もありました。その結果、かなりの数のSSを書く事も出来ました。
今度はそれをもっときちんとした形で、サイト内にUPしてゆきたいと思います。
本当に、いつも拍手をありがとうございます。
拍手と一緒に頂いたコメントへのレスは、こちらです↓

12月6日
こんばんは、ゆうさん。叫ぶ会へのコメント、ありがとうございます。一応連名で「タイムワープ考」のスレを立てて見ました。レス用のコピペはわかり易い様に図式化したものを入れたいと思っていますので、少し待っててくださいね。
手に怪我をすると、日常生活で何かと不便ですよね。どうか怪我を治す事を優先に、無理はしないでくださいね。

「冬苺」にコメントをありがとうございます。そうなんです、兄v 一体、ナニをしたんでしょうね~(^^)

こんばんは、ににぎさん。琥珀君のお兄ちゃんぶり、読み取ってくださって嬉しいですv 私は何か「テーマ」があった方が書きやすいのです。それがたとえたった一言の言葉でも花の名前でも、それをあからさまに出すのではなくににぎさんが書いてくださったように「織り込む」のが私の癖のようです。熱っぽい時の桃缶は美味しいですよね♪ わたしの子ども時代は桃缶とりんご、今ではポカリとウィダー・イン・ゼリーがそれです^_^;

12月8日
こんばんは、みやさん。お知らせありがとうございます。お知らせを頂いてからすぐ、表示スペースを10%広げてみたのですが、まだ日記の端が切れているでしょうか?
もしまだ見にくいようでしたら、お手数ですがまた教えてもらっていいですか?
なかなか自分の閲覧できる環境でしかレイアウト確認が出来ないので、こうして教えてもらえるととても助かります。本当にありがとうございました!
「月華覇伝」の続きは、今度から掲示板の方ではなくちゃんとテキスト整形してサイトに本UPさせようと思っています。今週1週間はアンソロ原稿にかかりますので、更新は二十日すぎかな? って感じです。続きもがんばりますね!!

2007年12月08日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.11月26日~12月4日(午前中まで)

月末・月初めでバタバタしてしまい、こちらへのお返事がすっかり遅くなってしまいました。サイトTOPの拍手・作品別メルフォ拍手・そしてこの日記の拍手といろんなところからとても沢山の拍手を頂きました。本当にありがとうございます。

今年も最後の1ヶ月になりました。今年は例年に比べ創作量が落ちたように自分でも感じてます。最後の一月でどのくらい頑張れるか判りませんが、「やってやろうじゃん!!」の気持ちで書きたいものに没頭したいと思います。

原作萌え企画でとても良くして下さっているゆうさんv こちらにまでコメントをありがとうございます(^^) 企画掲示板だけでなく、まとめてのお礼になってしまいましたがこちらでも改めてありがとうございます、と。これからもよろしくお願いしますね♪

11月28日 「契」へ拍手をありがとうございます。 読み返してみれば、この話は闇の四魂の珠化した奈落の体内に入る少し前の心境のミロサンですね。創作の方は最後、艶笑小話風に落としてますが、今の原作の展開後に無事帰ってきて恐れを抱く事無く、そんな初夜を迎えて欲しいですね。

12月2日 「鬼棲樹」へのコメント、ありがとうございます。こういう活劇調なお話は読むのも書くのも好きなので、途中時間はかかったのですが最後まで書きたいものが書けた! と思える一作です。この話の中の「醜心=おに」はそのまま、原作の曲霊や奈落(鬼蜘蛛)と同質のものだなと、今改めてそう思います。

12月3日
12月拍手SS「冬苺」へ沢山の拍手とコメントをありがとうございます。

こんにちは、ポコさんv あの後、兄はどう言う行動を取ったのでしょう(笑) その先はポコさんのご想像にお任せします。兄の理性はある時はあるし、ない時はない。としか言いようがないかなぁ、と。これは知性の場合も同様ですね。「この先がどうなるのかな?」と読んでくださった方が想像してくれるような物が書けるようになるのが、一つの理想。嬉しいコメントをありがとうございます。

こんにちは、おーたむぽいんとさん。「叫ぶ会」の方へも投稿ありがとうごさいました。そう、琥珀も別の意味で焦れてますよね。兄に取って代わるとかじゃなく、自分が大事にしている妹みたいなりんちゃんを、大切に扱ってくれない事に。不器用な兄なりに頑張ってはいるんですけどね。苦労人の琥珀は次の回でも、密かに頑張りますので応援してあげてください。

12月4日 艶笑・拍手SSにだけでなく、なんちゃって中華パラレルの方にまでコメントをありがとうございます。拍手SSはこの形でのUPは今月で終了ですが、来月からはちゃんとした形でサイトにUPする予定です。拍手SSの縛りが無くなった分、お話がやや今よりも長めになる傾向になると思います。「月華覇伝」の方は、早い時期にサイトに本UPするスタイルでこれから更新してゆくように持って行きます。今月中には今掲示板に投稿している分をテキスト整形して、それから更新分と一緒にサイトに上げます。それまで、少しお待ちくださいね。

 

2007年12月04日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.11月21日~25日分

拍手をありがとうございます(*^_^*)
その一ポチが元気の素v 今回はやる気が突っ走って「叫ぶ会」まで立ち上げてしまいました。これからもまだまだ、いろいろやって行きますね。

11月22日
叫ぶ会にコメントありがとうございます♪ どうぞ、その今週の一言を語り場にポンと投げ込んでください。いつでも投稿お持ちしてま~すv

11月24日
こんにちはしのさん。叫ぶ会の基本スタンスはしのさんが主催されている「月彩暦」をお手本にしてます。考察に関しては、原作愛・原作萌えさえあれば自由なスタイルで書き込んでもらってかまいません。真面目な話有り、ユニークな発想ありで良いと思っています。はっちゃけ具合も一番美味しい所は自サイト用に回して、余力があればこちらでも叫ぶでいいじゃないですか(^^♪ しのさんのユニークな書き込み、待ってます♪

11月25日
「睦言」に拍手をありがとうございます。少し昔の話ですが、気に入っていただけて嬉しいですv

2007年11月25日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.11月15日~20日まで

あちらこちらの拍手からたくさんの拍手をありがとうございます。
やりたい事に溺れかけていて、なかなか通常の更新が出来ずにいます。そんな私なので頂く一つ一つの拍手が本当にありがたく嬉しい気持ちでいっぱいです。

また遊びに来て下さった時に、楽しんでもらえるよう新しい作品を書いて行きますね。

11月16日 「ここにあるもの」、17日 「弓張月」に拍手をありがとうございました。
どちらもこのサイトを立ち上げた当初の古い作品です。今でもこうして読んでもらえるのが嬉しいです。時が経っても、物語としてちゃんと読める作品をこれからも書いて行きたいと思います。

2007年11月20日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.11月12~14日分

サイトTOPのWEB拍手や日記の拍手からのパチパチをありがとうございます(^^♪
まったりモードですが、ぼちぼちあれこれ書き進めています。
また遊びに来てくださいね。

11月13日
「07.2月拍手SS」にコメントをありがとうございます。拍手SSで繰り広げていた殺ファミリー物は、今では繊月ページの艶笑小話シリーズの方で時々続きを書いています。どちらかと言えばご母堂様の独壇場的な話が書いていて楽しいこのシリーズです。
楽しんで頂けて嬉しいですv

「言霊」に拍手をありがとうございます。殺りんSPから起こしたSSの割には殺りん的絡みの少ないむしろ「りんちゃんSS」なのですが、あの時無性に書きたかったものです。

こんにちは、みやさんv 「月華覇伝」楽しんで下さる方がいると、ますます筆が進みそうです。架空の国でのなんちゃって中華モノで、殺生丸も人間なんですが、原作のイメージをそのまま使いたくて(…あのイメージ・キャラ設定だから殺生丸だと思うので)
出来るだけ原作の流れを中華風&殺生丸が人間だったらでアレンジしています。あと、元気一杯な野生児風味なりんちゃんを書くのも楽しくて、この二人がどうやって近づいてゆくかを書くのが今から楽しみです。あまり長い連載にならない予定ですが、ちょこちょこ書いてゆく不定期更新なので、予定は未定かもです^_^;
コメントをありがとうございました!!



 

2007年11月15日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.11月4日~11日まで

拍手のお礼を1週間も溜めてしまいました。
まとめてになりますが、WEB拍手の方にも作品末尾のメールフォームからの拍手も、本当にありがとうございます。

今月は掲示板連載の方をマメにやってます。少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです。

11月5日
すっかりこちらでのお返事が遅くなってしまいました、りちょまるさん。忙しいお仕事でお疲れの時に、少しでも自サイトの作品が癒し(笑)になれば幸いです。地域的に「あっ、あそこねv」と見当がつくだけに、そこで元気にお仕事に励んでいる姿を思い浮かべて「お仕事、がんばってv」とエールを送っています。
年末に向かい、忙しくなる事と思いますがりちょまるさんのペースでサイト運営していってくださいね。

11月9日
キリ番じゃなかったのですが、キリ番報告メールフォでコメントをいただきました。ありがとうございます。

2007年11月12日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.10月30日~11月3日分

沢山の拍手をありがとうございます(^^)
こうして拍手をもらえると、やる気と元気が出てきます。今月は詰めて更新できるよう頑張ります。

10月27日
コメントのお返事が遅くなって申し訳ありません、流揮さん
WEB拍手のコメントを確認し忘れていました。せっかくハロウィンバージョンで頂いたコメントだったのに…。
サイトを弄るのは本当に好きで、素敵なテンプレートや素材を配布してくださるサイト様のお陰が大です♪ 見やすいデザイン・レイアウトと言ってもらえるのがサイトを弄っていて、一番嬉しいです!!
自分のサイトを見る時、もし自分が一閲覧者だったら…、と言う視点で見やすいかどうかを考えるのですが、気付かない所で判りにくい所があるんじゃないかと思ってるんですね。なので、こうして感想を伝えてもらえると、安心すると同時に良かったv と思っちゃうんです。
ぽこぽこポカしちゃう私ですが、どうぞこれからもヨロシクお願いします。

10月30日
「電光石火」にコメントをありがとうございます。原作から違和感なく、と頂いた言葉が物凄く嬉しかったりしますv 出来るだけ原作の雰囲気を壊したくない・原作を踏まえた二次創作がモットーなので、本当に「いやっほーvvv」とガッツポーズです(*^^)v
艶笑気味なのは自分の趣味(汗)と曲霊のいやらしさを出したくてで、これからの原作の展開によってはその後のSSも書いてしまいそうな気がします。

11月2日
「10月分拍手SS」に拍手をありがとうございます。今月より拍手SSのUP方法を変えてみました。季節感をお伝えする事が出来てたらいいなぁと思っています。

ポコさん、コメントをありがとうございます。そうなんです、原作の展開が「もしかしたら…」な怖い発想になりそうで、自分の精神安定の為にもこのシリーズの時間軸は原作展開からずらす事にしました。これからも鋭い琥珀くんの観察眼とつぶやきとともに、幼さ者と「ひとでない者」な二人だから無知な部分での艶っぽさを笑い話にして書いて行きたいと思います。

11月3日
「10月分拍手SS」・「満月の夜に」に拍手をありがとうございます。そう言えば、「満月の夜に」は丁度今の時期に書いたお話でしたv 自分でもちょっと懐かしかったりします。

「11月分拍手SS」にコメント&ご指摘、ありがとうございました~~っっ!! もう、本当にこう言うご指摘は自分が恥ずかしくなるのと同時に、素早い時期でのご指摘ほどありがたいものはありません。見直していても、気づかない時は本当に気付かないもので、随分経ってから気づいた時の「うわぁ~、やっちゃってるよ><」な気持ちは…、です。
早速、修正いたしました。また何か気付いたら、どうか教えてください。よろしくお願いします。(…その前に、ちゃんと校正に余裕を持って、ってことですね^_^; いかにその場で書き落としているかが、身にしみます)

2007年11月04日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.10月19日~29日分まで

10月19日
「電光石火」に拍手をありがとうございますv

こんにちは、おーたむぽいんとさん。頂いたコメントへのお返事がすっかり遅くなってしまいました(>_<)
兄はやっぱり「犬」ですかね? 私としては「狛=妖」的な位置付けなので、あっちの方はびみょ~に違うかなと。まぁ、相手がりんちゃんなんでキツイのはきついと思いますが。弥勒様の守備範囲は案外広そうな気もしますが、潔癖な珊瑚ちゃんのこちらもきっつ~い愛の一撃を喰らって、そのあと珊瑚ちゃんの膝で介抱されるとオチがつきそうです。

10月20日
「電光石火」「凶夢」に拍手をありがとうございます。

10月21日
「電光石火」に拍手をありがとうございます。

10月23日
「電光石火」「7月分拍手SS」「夏ごろも」「そっとふれた」に拍手をありがとうございます。

10月26日
こんにちは、りちょまるさん。すっかりご無沙汰しています。そうなんです、あの一コマに萌え~で、どうしても書きたくなったSS♪ 最近艶文を書いてなかったので、ちょっと手が滑った感じもありますがドキドキして楽しんでもらえて、私の嬉しいです。

10月28日
「くちづけ」に拍手をありがとうございます。

10月29日
こんにちは、ポコさん。なんだかんだ言っても、ある意味悪友のような兄と弥勒様のコンビも好きな私です。犬夜叉と弥勒様だと、弥勒様が兄的立場になるので、同等に軽口を叩き合えるような関係にv
左手は無くなったけど命さえあれば、珊瑚ちゃんがその両手でぎゅっと弥勒様を抱き締めてあげれば良いと思うので、弥勒様を助ける反面りんちゃんにイケナイ事をした手でもあるので、お仕置きとして左手をバッサリと、って感じのウチの殺兄です。あの後は、もちろん……vvv

サイトリニュへのお言葉もありがとうございます。前回があまりにも突発だったので、デザイン的に機能的に煮詰めてないままUPした感じ。それがどうにも気になって、優先的に作業してしまいました。これであとはもう、年内サイト関係では作品を書いてゆくだけです。
どうぞこれからもよろしくお願いします(*^^)v

2007年10月29日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.10月9日~18日分

10日近くもお返事を溜めてしまいました。
いつも拍手をありがとうございます。その1パチに元気をもらって、今日も妄想爆発中です(笑)

これからもよろしくおねがいします♪

10月17日
「星に願いを…」に拍手をありがとうございます。七夕の前日くらいに、「あ~、そーいえば七夕だなぁ」と思いつき、年に1回をキーワードにして突発で仕上たSSです。もう少し発酵させる時間があれば、文章を濃厚に出来たかもしれないなぁと思っています。

10月18日
「ほうずき」・「月の光」・「睦言」に拍手をありがとうございます。最近めっきりこちらの部屋の更新が滞っています。表で書きたい事をある程度書き飛ばしているので、なかなかこちらまで手が回りません^_^;
こちらの更新が早いか、「獣林寺」の連載の更新が早いか…な感じです。

こんにちは、みやさんv 「電光石火」にコメントをありがとうございますv 前日には日記のあんなに短い記事にまでコメントを! 
きっと今週号でのファンの皆の心を一番鷲掴みにしたのが、あの一コマなんですよね。私的には天生牙の特性を考えると、冥道残月破は天生牙に相応しいとは思ってないんです。あれだけ苦労して習得した技であっても、冥界の底で天生牙を一度りんちゃんの為に捨てた殺生丸ならば、もう後は引かない。捨てた事で得た技だし。
そこがまた、殺生丸の大きさとりんちゃんへの想いの強さかなとも。
天生牙+冥道残月破<りんちゃん、な殺兄に萌えなんです~vvv

それでも、簡単に使っているように見える犬夜叉の残月破に殺兄がダメ出しをするギャグ系SSも今週水曜日の朝までネタで考えていたんですが、そんなの今週の展開で吹っ飛んでしまいました。
来週の展開によっては、また暴走するかもしれませ~ん♪

*理想的な展開です~ とコメントをありがとうございます。
ストレートに楽しんでくださって、私も速攻で書いた甲斐がありました!! 直球ど真ん中なコメントに、よ~し次も一丁やったるぞ!! と気力が満々です。暴投にならないように、がんばりますね!!

2007年10月19日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.10月5日~8日分

拍手をありがとうございます!!
最近どうも引き篭もってばかりなので、こうして拍手をもらえると自分が一人じゃないんだなぁと思えて嬉しくなりますv
これからも自分が楽しみつつ、色々かいて行きますね(^^♪

10月2日
受け取りのメール、ありがとうございました!!
こちらでのレスが遅くなってしまって…(汗)
ちょっとヤバ気味? と思いつつ、書いていて手が止まらなかったのです。もう暫く前から私の書く物が殺一行寄りなのも少し気になっていたのですが、ああ言ってもらえて本当にほっとしました。三幕目は殺一行話になるので、もう「オマケ」だと思ってもらえますと助かります^_^;
では、またその折にv

10月7日
以前の拍手SSに拍手とコメントをありがとうございます(^^)
謎がない所にも謎を感じてしまうような性格なので、本筋とかすらないような所で盛りあがったりします。私的に一番の謎は妖犬一族なので、その辺りもっと詳しくしりたいですねv

10月8日
「霧雨」・「逢瀬」に拍手をありがとうございますvvv
これを書いた時は原作やアニメ展開での犬桔かごの三角関係が、犬かご至上主義派にボコボコに叩かれていた時期です。それが見ていて辛くて、その反動から「それならこーゆー三角関係はどう!?」って、一気に書き上げたシロモノ。でも、これを書いたせいで私の中では桔梗さんはすっかり「バイセクシャル」な性格になってしまいました^_^;
「綾なす色は…」がその続きで、これは裏寸前で止めたもの。我が家の桔梗さんとかごちゃんはとても仲良しですv
ネタが浮かんできたらまた何か書くかもしれません♪
 

2007年10月09日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.9月30日~10月4日分まで

今月は10月分の拍手SSの差替えがなかなか出来ず、月初めからちょこちょこ覗いて下さっていた方々をお待たせしてしまいました。
こうして拍手を頂くと、よし! 頑張るぞ!! という元気につながります。いつもありがとうございます(^^)

10月4日
ポコさん、こんにちはv 今回のSSは食欲の秋到来で「美味しい」話にしてみました(笑) 10月の花の画像を決めて、それから花言葉や植生などを調べてみたらああ言う内容の事が出てきまして、それを元に話を構成しました。今回は書きたい要素が多かったので、拍手のオマケで置くにはちょっと長くなってしまって、表示方法を変えたんです。
5000文字オーバーくらいの短編にもならないSSの範囲なのですが^_^; 琥珀君の観察眼(?)の鋭さは書き手である私を代替してもらっているからですねv 確かに子どもの観察眼の鋭さは侮れないものがありますが。

放置してしまっている企画物や差し上げ物にも目を通してくださったんですね♪ 小話に似たテイストと言うと「聖餐」かな? ラブラブで一心同体と言うよりは、こんな感じの「魂の結びつき」の方が好みなんです。原作の展開にスピードアップ感も加わって毎週毎週ハラハラドキドキしています。ポコさん宅は転勤族であるんですね。次の任地は大阪ですか? 殺りんファンは大阪近辺に多いような気は私はしているのですが。以前開催された殺りんオンリーの主催者さんがお住まいだからそう思うのかもしれませんね。

ケーブルTVには入ってないので、普通に読売・日本TV系のチャンネルでの再放送を期待している私なんですが、これもかれこれ6年近く前に長期休暇の間だけ、2クール分ほど再放送されたのみです。
ぜひまたTVで動く犬夜叉キャラたちを見たいですね。
レスが長くなってしまいました^_^; コメントを本当にありがとうございますvvv

おーたむぽいんとさん、こんにちは(^^)
コメントをありがとうございます。そうなんですよね、琥珀君ってどうしても当て馬扱いされやすいのですが、琥珀君自身にりんちゃんへの恋心は無いような気がするんですよね。ましてや俺様主義な殺生丸が、そんな琥珀相手にジェラシーむき出しなのも、ねぇ…、と言いながらこのSSのシリーズではそんな兄を書いてますね、私(大汗)
私がこの二人の関係を、普通のと言うか人間っぽい恋愛感で書きたくないなぁと思っているんです。一線越えても男女間の愛だとか恋、夫や妻の~ と言う枠から外れた二人で書いてゆきたいのでv
琥珀に光の中で珊瑚や弥勒の姿を見せ、「助けて」「まだ間に合う」と言う言葉を届けたのは四魂の珠の直霊では、と言う意見に思わず「それだっっ!!」と膝を叩いてしまいました。最近の原作の展開が面白すぎて、機会があれば原作展開や世界観萌えで語り合いたいと思う今日この頃です。

2007年10月05日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.9月24日~29日分

サイトやブログに置いてある拍手からの拍手、ありがとうございます!
本当に元気をもらってます(^^♪ ようやくエンジンがかかってきたような感じですので、これからもよろしくお願いしますv

9月24日 「木蓮の涙」に拍手をありがとうございます。当サイトにおいている犬かご物としては珍しい切ない系の話ですが、私も気に入りの一品です。

9月26日・28日 「想い」に拍手をありがとうございます。今週の展開に、やはり二次創作は贔屓キャラに対して甘くなりがちだなと実感しました。でも、それがまた二次創作の醍醐味ですよねv

9月29日 「七夕」に拍手をありがとうございます。これはこのサイト初期の作品で、まだ初々しさにあふれた犬かご話です。時には初心に返る事も大事ですね。

こんばんは、れっかぽんさんv はい、かねてよりお約束してましたあのシリーズの二幕目です。書きかけて途中中断し長い事時間だけ経過、その間にキャラ的に大きな変動があったので、それをどう折り合わせようかと。「夏」の話で、納涼系(…すでに時期外れですが^_^;)でとプロットを立てていたのをなるべく生かしたくて、それ系に色を合わせています。出来たものもネタもかなり色んな意味でびみょ~なシロモノです(大汗)
週明けにはお届けに上がれると思いますので、それまでしばしお待ちくださいませv 他の文章を書いて、視点を変えてみたので多分校正作業も効率が上がると思います。では、またその折に♪

2007年09月29日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.9月17日~23日分まで

1週間分まとめてのお返事です。
いつも拍手やテキスト末尾の拍手替わりのメルフォからのぽちっv ありがとうございます。この拍手へのお礼は、少しずつでもサイトの更新をする事だと思いますので動きが見えるように日記やテキスト用掲示板を有効に使ってゆきますね♪

9月21日
「想い」・「小夜時雨」に沢山の拍手をありがとうございます。この夏の原作からの突発が弥勒様絡みで書いていたからでしょうか? 随分前に書いた「小夜時雨」にも拍手を頂きました。本当にありがとうございます。

こんばんは、ポコさんv 早速のコメントをありがとうございます(^^♪ かなり衝撃的な展開の今週号。最後の一コマの兄の表情も良かったし、なにより弥勒様が格好良かった!! 私の中では多分、琥珀君は助からないだろうと思っているので、大事な人を二人も亡くす辛さを珊瑚ちゃんに味合わせたくないって思いもあって、あんな突発文になりました。あそこまでの危機的状況になったのは、確かに犬夜叉がかごちゃんを現代まで迎えに行った事も一因ですが、殺兄も10日間も騙されていたという負い目がありますから、両者痛み分けかなと。
それでもどちらかと言えば兄贔屓なこの頃ですので、やっぱりああなってしまいました。次号の展開も楽しみですねv

みやさん、こんばんは♪ すっかり「お助け妖怪殺生丸」になってしまいましたが、以前より「殺兄って厳しいけど弟の面倒をよく見る良いおお兄ちゃんじゃないv」と思っていたので、こーゆーのもありかな? と。あまり「人間っぽい」甘々の良いお兄ちゃんぶりは望みませんが、結果が良い方向になるのなら手段は多少非道でも許せるんですね。
りんちゃんが曲霊の邪気・悪気に中てられて倒れてしまったのが今後の殺りん的展開の鍵かなと思っています。曲霊を倒さない限りりんちゃんの眼が醒めない。意識不明の状態が続けば医療体制の整ってない戦国時代なので、すぐ体が衰弱して死の危険もある…、という様な展開なら自分のプライドを賭けただけの追跡行ではなく、それこそ必死になってくれないかなぁ(^^) と思っています。本当に次の号が楽しみで楽しみでvvv あっ、それでお尋ねの「殺りん」の読み方なんですが、私は「さつりん」でなのですが他にも「せつりん」・「ころりん」と言うのもありますので、みやさんのフィーリングに合う読み方で良いと思いますよ♪

9月22日
少し前にポロっとこぼした中華パラレル殺りん話に興味v のコメントで、早速簡単なプロットの一部を書き込んできました。プロットのつもりなのについつい詳しく書き込みそうで、もう書き出したい気持ちがかなり強まっています。「萌え」を逃したくないのもあるので、他の作品の息抜きでほんっと短文の細切れ状態になると思いますが、10月からぽつぽつ連載を始めてみます。良くある後宮物ではないですが、それとは別にまたテンプレ(原作焼き直し感たっぷりな^_^;)な大筋をどこまで杜風にアレンジ出来るか、楽しみながら書いてみたいと思います。
気が向いたら覗いてみてくださいね☆彡

2007年09月23日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.9月9日~16日分

サイト内のメンテナンスでこちらへのお返事がすっかり遅くなってしまいました。
ブログやサイトTOPのWEB拍手、作品文末に置いている拍手替わりメールフォームからパチパチをありがとうございます。ようやく身辺もすっきりしましたので、今月後半は創作に没頭したいと思っています。
これれからもどうぞよろしくお願いします。

9月14日
キリ番メールフォームからコメントを下さった方へ。
レスへの呼びかけが匿名・記名共にチェックが入ってたので、匿名とさせていただきました。たまには~ とのコメント。これがなかなか難しいものでして^_^;
キャラのイメージを優先させたいと思っている私には、あちら方向に突き抜ける話は至難の業です。それでも約1本ほど、丸々その方向で書いてみた物がありますので、時間と精神的準備が取り掛かりますね。

9月16日
こんにちは、みやさんv
途中で放置してしまった獣林寺の方もみてくださったんですね。書きかけの話はどちらもおおまかなプロットは最後まで出来ているのですが、それを書く時間を捻出できずに今に至ります。「凶夢」は最後は殺りんの絆の強さを打ち出したいと思っている話なのですが、そこにいたるまでが… ね^_^;
男性向け作品のような意味のない過激なシーンにならないよう、どちらかと言えば女性向けの甘さを排除したスタイルで書けたらいいなと思っています。どうか気長にお待ち下さいv

2007年09月17日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.9月2日~8日分

少しお返事溜めてしまいました^_^;
いつもサイトTOPのWEB拍手や作品別での拍手をありがとうございます!
寄り道をしつつも、次の更新に向けて準備中です。
これからもどうぞよろしくお願いします♪

9月2日
こんにちは、おーたむぽいんとさん。コメントをありがとうございました。本人以外が邪見の一言で気付く、みたいな展開は私も好きですv りんちゃんが幼いから気付かないのは当然だとしても、殺兄もその方面は疎いくらいの方がかえって萌え♪ 大妖怪らしくそのあたりの情動は希薄、でもりんちゃんの事は無意識に意識している、って言うのが美味しいです(^^)
柘榴の話でムツゴロウ氏のその本は読んだ事がないのですが、私の実家の家庭医が内科と漢方を扱うお医者さんだったので、その手の話は聞いた事があります。先人の知恵のようなちょっとしたネタも大好きです。残念ながら「拝み屋ー」は知らないのですが、なかなか面白そうなコミックスですね。機会があれば読んでみますね。

9月6日
こんにちは、霜月さん。コメントをありがとうございます。私の重箱の隅をつつくような原作感想を楽しみにしていると言って頂いて、ますます調子に乗りそうな私です。少しでも原作を楽しむお手伝いが出来ているのなら、ファンとしてこれ以上嬉しい事はありません。これからの原作の展開に振り回されそうな予感を感じつつ、来たーと思ったらまた突発に走りそうで…^_^;
そろそろ小説の更新もしないとですねv がんばりますね~vvv

9月7日
二学期ですね、でコメントをありがとうございます。
一時期の隆盛ぶりからみれば今はジャンルの成熟期ともいえるかもしれません。サイト数や活動は控え目になりましたが、こうして今年に入ってから新たにジャンルを楽しんでくださる方と何人も出会う事が出来ましたし、私自身書きたい物・したい事に追われるような感じでまだまだ~っっ!! な新規な気持ちが抜けません。殺りん的にはまだ大きな山がありそうな気がするので、それも楽しみに、「犬夜叉」丸ごと楽しんで二次をやってゆきたいと思います。

2007年09月09日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.8月30日~9月1日分

月初めの拍手SS更新、この時期だけはサイトのコンテンツの一つと化しているWEB拍手ですが、今月も沢山の方に目にしていただけたようです(^^)
WEB拍手本来の使い方からは外れますが、「こんな所にもSSv」と言うオマケ心で続けているものです。少しでも楽しんでもらえたら、これ以上に嬉しい事はありません。
これからもよろしくお願いします♪

8月31日 
にゃんこさん、こんにちは。早速のコメントをありがとうございましたv そうなんですよ兄、ああ見えて大人気ないんです! こう、はっきり言葉にするとか手を出してくるとかじゃないんですけど、それでもね、うん(大笑)
そうそうギリシャ神話も好きですよ~♪ どちらの説話でも柘榴の実絡みだと、冥界だったり死をイメージさせるものだったりと言うのが共通していて面白いなぁと思います。実を言えば去年の冥界編の時にも思ったんですよね。このシーンって、日本神話で言えば「イザナギイザナミ」・ギリシャ神話で言えば「オルフェウス」のあたりみたいだなって。でもそれだと、愛しい者同士が引き裂かれてしまうのでまぁちょっと…、て感じでしたので、ちらっと思っただけですが^_^;
私もちゃんと殺兄がりんちゃんを迎えに来ると信じてます!!
これからの展開にハラハラしつつ一緒に応援しましょうね。

8月31日
紫陽花部屋作品に沢山の拍手をありがとうございます!!
月初めの拍手更新の時以外に、こんなに沢山の拍手をもらった事がないのでびっくり&大感謝! です。拍手SSのコンテンツを続けてきて良かったなと思っています。これからもがんばりますねv

9月1日
こんにちは、ポコさん。熱いコメントを本当にありがとうございます(^^♪
こちらでまとめてお返事させていただきますね。
ポコさんのコメントを拝見して、思わず懐漫談義に花を咲かせたくなりました! 何を隠そう私の漫画遍歴の最初の一歩、一番初めに手にしたコミックスが萩尾望都先生の「ポーの一族」だったりします。竹宮先生は「空が好き」や「ウェディングライセンス」あたりから。主婦となった今はおヤエさんのあのスーパー家事能力の10%でもあればと思うほどです。そうそうv ニナとダンのCPも年の差CPですよね(笑)

>語彙の少なさに嘆いておりますが…。

そんなことないですよ!! むしろ理路整然とした読みやすいコメント&その文字間から溢れるような熱気を感じて、もう嬉しいばかりですv ここ何作かの琥珀君視点のSSは自分で書いていても楽しいので、来年の5月くらいまではこのスタイルで行こうかなと思っています。途中で視点が変わるかもですが…^_^;
殺生丸サイドからの一人称の作品でない限り我が家の殺兄はほとんど喋りませんし、その喋らない分フォローしてくれるキャラがいないとうまく決まらないような気がして…。多弁な兄、と言うのがイメージ出来ないものですから(汗)

ご実家で「犬夜叉」が視聴できるのは羨ましいです~(T_T)
ダンナの手前もあり、TVの視聴そのものがスポーツとニュースと歴史物に偏っている我が家。スカパーなど有料チャンネルなど論外なのです。
今からでもどうか「動く犬キャラ」を楽しんでくださいね!!
そしてもし、お姉さま家族と一緒にご覧になる事がありましたら、楽しい犬談義で盛り上がってください☆

では、嬉しさのあまりお返事が長くってしまいました。
これからも、気が向かれたら遊びにきてくださいね♪

2007年09月02日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.8月27日~29日分

拍手をいつもありがとうございます。
その拍手でやる気をチャージしています(^^♪

8月23日
はじめましてv そしてお返事が遅くなって申し訳ありません、あみさん。
この夏も殺兄の一挙手一投足に踊らされた日々でした。先週で落ち着いたかと思えば、また今週のような爆弾めいた展開を投下され、秋になってもこの熱さからは逃れられそうにありません。
これからも原作を重視した有り得そうで、そのくせ妄想塗れなモノを書いて行きますね!

本当にたくさんの拍手をありがとうございます。

2007年08月30日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.8月23日~26日分

いつも拍手をありがとうございます。
夏休みのゆったりした影響か、半月ほど更新が滞っているにも関わらず、本当に嬉しい事です。いつまでも暑さにダレていないで、まずは次の拍手SSの準備から取り掛かりますね(^^)

8月23日
「7月分拍手SS」に拍手をありがとうございます(^^) 次もこんな感じの殺一行話にしようと思っています。

みやさんv DVD届いたんですね(^^) この映画はエンドロールまでぎっしりと美味しいところが詰まっているので、超オススメv なんです。ええもう今週の展開を見るに、私の中では殺兄は神への階段を上りつつあります! 元々が神≒妖かなぁ、と考えていたので。もちろん、妖と言っても高貴な純血種あたりを指してますけどねv
犬夜叉ジャンルの中でも殺りんを扱うサイトは少なくて、その上すでに斜陽期に入ってますから、サイトそのものが減っているんですね。その中で更に大人向きアブ系となると…(苦笑)
多くのサイト様取り扱い設定が、りんちゃんの数年後お姫様設定がデフォっぽいので、ウチが多分異端なんだと思います。
殺兄を普通の人間みたいな感じにしたくない、りんちゃんは雑草っぽい感じがいい、あまり恋愛感情に振り回された二人にしたくないなぁ、と思った結果がアレで^_^; あちらの更新は本当に気紛れなので、かなりお待たせしてしまうかもしれませんが、気長に待っていてください。

8月24日
キリ番報告を下さって方へ。
随時受け付けのキリ番は行っていません(次回キリ番は25万HITです)ので、今回頂いたリク内容は無効といたします。どうぞ、次回をお待ち下さい。

こんばんは、鉄工さんv ええ、あんな内容のドラマでした♪ 私の実家にも「流れ星銀牙」コミックスありますよ~ (^^) 当時飼っていた三河犬と柴のハーフ犬にそれから一字とって「銀」と名付けたくらいなので。鉄工さんは猫も犬もいける口なんですねv 

8月25日
ひろかさん、こんばんはv 
久しぶりのチャット会への参加、ありがとうございました(^^♪ 私も色々お話出来て、とても楽しかったです。とてもお忙しそうなひろかさんですので、どうかひろかさんこそ無理をなさらないでくださいね。
また時期を見て開催しようと思いますので、その時もお時間があいましたら、ふらっとおしゃべりにきてくださいね。

2007年08月26日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.8月19日~22日分

拍手をありがとうございます♪
早いものでそろそろ月初めの準備にかかろうかと思います。拍手SSの差替え分を考えないないとですv

頂いたコメントへのお返事はこちらです。

8月19日
こんにちはみやさんv
犬映画3はレンタル屋さんから出払っていたんですね。夏休みと言う事もあるかもだし、BSで犬映画1を放送した影響かもしれませんね。
手元にあればいつでも鑑賞できますから(^^) 思いっきり堪能してみてくださいね~♪

8月21日
こんにちは鉄工さん。鉄工さんも「サンセットメモリー」後存知なんですね! ええ、そうです。これは「炎の犬」のテーマソングです。「黄金の犬」もストーリー的には良く似ているのですが(西村節満開の話なので^_^;)、ラストシーンが大きく違いますね。「黄金のー」が無事飼い主家族の元に戻れた(事件を解決した)のに対して、「炎のー」は最後に飼い主家族や自分の母犬に一目会った後、そこまでの旅の間培った野良犬達との絆を重視して、群れの中に戻ってゆくんですよね。
古いドラマなのでレンタルや再放送もないだけに、どうにも手の出しようのない歯がゆさみたいなものがありますね。
今の時代、リメイクしても良さそうな気もします。

8月22日
こんにちは、はじめまして。みずはさん。
コメントをありがとうございます(^^) 趣味に突っ走ってあれこれ書き散らしています。更新が楽しみと言う言葉がとても嬉しいです。今月中には何かもう1本くらいは更新したいと考えています。
「部屋の鍵」は意外と簡単な所にありますと、それだけお伝えしておきますねv

さて、今週も突発の虫がうごうごしはじめました。
お届け物と並行かな?
さぁ、やるぞ! と。

2007年08月22日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.8月15日~18日分

拍手、ありがとうございます。
やはりお盆中は殆どサイトの更新は出来ませんでした^_^;
こうなれば、来週から気合を入れますねv

頂いたコメントへのお返事です。

8月15日
こんにちは、鉄工さん♪
222222HIT達成へのお言葉、ありがとうございます。そうですね、ブログ連載の方がすっかり滞っていますので、こちらも進めないとですね。来月辺りには最低でも1回分は更新しようと思います。もうちょっと待っててくださいね。

8月18日
「委ねられしもの」に拍手をありがとうございますv そろそろ次の展開予告なども出てきているようです。どこまで合っているのかドキドキです。

8月15日・17日付けでメールを下さったみやさんv
本日付けでメールをお送り致しております(^^♪ 素敵な殺りんライフが送れますよう、情報提供は惜しみませんのでvvv

2007年08月18日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.8月9日~14日分

8月9日~14日までの間に、サイトTOPやブログの拍手ボタンをパチパチしてくださりありがとうございます。
作品別に拍手を送ってくださった方も、本当にありがとうございます。
その一つ一つが、私のやる気の源です(^^♪
暑さにゆだりそうですが、妄想で夏バテを吹き飛ばしがんがんいきますねv 以下、頂いたコメントへのお返事です。

8月10日
こんにちはv 過去殺りんでの露出度の高い巻をお奨めとしたのですが、それから漏れている分もあります。なんせ哀しいことに脇キャラですので、ほんっとうに登場するシーンが極少な時期が長かったので、僅か一コマでも貴重なもので、思い入れも深くなります。
こうして殺りんファンが増えてくださるのはとても嬉しいです!!
これからも気軽の声をかけてくださいv

8月11日
「委ねられしもの」に拍手とコメントをありがとうございます(^^)
こんにちはポコさん。2週間は長いですが、それも残りは半分。曲霊に囚われたままの2週間なら生殺しのような心地ですが、あの光輝くお姿を見るに、良い方のびっくりがありそうで期待がますます膨らんでくるのです。ポコさんも竹宮作品のファンなんですね! 私もまさか30年後の現在で「地球へ」がTVアニメになるとは思いませんでした。「ファラオの墓」もコミックスは全巻持ってます♪ ご贔屓キャラ名を見て、クールビューティ好みなのねv とにんまりしてます。ナイルキアとりんちゃんは全然違うように見えて、どこか共通しているものがあるかも、と言う気がしました。
同時期の作品を読んできているかもv と思うと、ポコさんとお話しするのが楽しみです。また遊びに来てくださいね。

2007年08月14日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.8月4日~8日分

日記を休みがちなこの時期の拍手は本当にやる気の源です!!
いつもありがとうござます(^^♪
以下頂いたコメントや作品への拍手へのレスです。

8月3日
こんにちは、ににぎさんv レスが遅くなってしまいました。うふふ、笑ってもらえました~(^^) 殺兄を言葉でいたぶれるのはご母堂様とこの弥勒様の二人だけって感じなんですよね。ましてや弥勒様は恋愛上級者v 強さでは戦国一でもその手の感情は未だ未発達っぽい殺兄の敵う相手じゃないかもしれませんね。今週もまた、少年漫画らしい殺兄のドキドキワクワクシーンで2週間お預け。楽しく妄想を広げようと思っています。

8月4日
「約束」・「WEB拍手SS7月分」に拍手をありがとうございます♪

8月5日
「約束」にコメントをありがとうございます。ええ、弥勒様は『役者』ですから、あのくらいの演技はやっちゃいます(^^)
また女性を見る目もありますから、将来とっても美人さんになりそうなりんちゃんに今のうちくらいならとv 多少の役得も込みで。
今週の一回りグレードアップした殺兄相手にどう立ち回るかは謎ですが(苦笑)

8月6日
「相性相剋」・「WEB拍手SS7月分」・「約束」にコメントありがとうございます。今週までの展開だと、「相性相剋」は割と近い線を言っているかな? 「SS7月分」何気に張り合っている兄上の可愛さ(?)と言うとちょっと恐いきもしますが、まぁそんな感じの軽~い日常話ですv
「約束」はもう、弥勒様のおもちゃと化した兄上ですね♪

8月7日
「約束」に拍手をありがとうございますv

初めまして、とても嬉しいコメントを頂きました。「犬夜叉」と言うジャンルが好きで、思いつくまま妄想を書き飛ばしているサイトにようこそv 殺りんでは多少アイタタタ気味ですがそこを気に入ってくださっあとの事。ますますやる気が満々になりますv
原作に比べるとアニメの方が殺りんびいきな感じもあります。原作を押さえた上で、尚且つ犬映画第三弾「天下覇道の剣」とアニメオリジナル「殺生丸様と永遠にいっしょ」(162話)辺りを鑑賞されると、かなり殺りんの世界に染まれそうです。原作での殺りん関係でお奨めな巻は14巻・27巻・47巻~50巻あたり。現在も殺兄祭り中の原作展開です。もともとがサブキャラなので、原作での登場が2年近くなかった事も有り、昨年夏よりの殺一行の露出の高さに殺りんサイト界隈は軽いインフレ状態なのです。これからも殺りんにハマって下さる方が現れることを願って、殺りん&原作ラブを突っ走りますね♪

8月8日
「約束」に沢山のハートをありがとうございます。

匿名希望様v はい、情報をありがとうございます(^^) お言葉通り、書いてますよ~v 今度のは前回の2作品の間を取ったようなテイストになりそうなSSです。長さはまだ未定ですが、今週末までにはUPしたいと思っています。今年の夏も熱く楽しい夏になりそうですね!!

2007年08月09日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.7月31日~8月3日分まで

まずは月初めと言う事もありまして、とても沢山の拍手を頂きました。もう既にこのサイトのコンテンツの一つと化してまして、この時期本来の拍手の意味から少し離れてしまうのですが、このスタイルが好きな私のワガママにお付き合い下さり本当にありがとうございます!!
これからもどうぞよろしくお願い致します。

8月1日
こんばんは、おーたむぽいんとさん。りんちゃん=民さんv 発想ありがとうございます。書いた本人、言葉を頂くまで気が付いてなかったりします^_^; いつの間にか自分の中の引き出しにしまいこまれていたのでしょうね♪ う~ん、今回のエピソードは何処に主眼があるのか、いつにない複雑な構成になっていますね。だからこそ面白さも倍増していると思うのです。このエピソードで殺生丸が曲霊を一部分でも浄化できたら、それはかごちゃんの封印が解けやすくなる為の伏線にもなるのかもしれませんね。本当にこれからの展開が楽しみです。一緒にわくわくしましょうねvvv

8月2日
「げんのしょうこ」にコメントをありがとうございます(^^♪ そうなんですよね、琥珀君はかなり使える子だと私も思います。りんちゃんで腹痛ネタはあっち方向になりやすいのですが、ここではまだどこかほのぼのと旅をしている雰囲気でやってゆきたいので、スルーです。
本日付けで別便メールをお送りしていますv

8月3日
こんばんは、鉄工さんv 少しご無沙汰しています。そうそう、こーゆーポジションの琥珀君って、らしいですよね? なんでもすぐに当て馬にされたり邪魔者扱いされるのがちょっと不憫で、おまけに私の中の琥珀君はお姉さんキラーというイメージもある! だからりんちゃんには、あくまでもお兄ちゃんとして接しています。ついでに殺一行の中では一番常識人と言う立場でもありますね。

「約束」に早速のコメントをありがとうございます。
今までの経験から、まず退場と言う事はないだろうと思ったのですが、それならそれを自分なりの言葉で書いておきたいなと感想を書くつもりがあのSSになってしまいました。それを楽しかったと言ってもらえるのが、私も嬉しいです。
ご指摘くださった箇所の修正も、無事済ませました。ばたばたと書き上げて、勢いのままUP作業をしたので、あんな短いものでもやはり誤字ってました~(汗)
教えてくださって、本当に助かりましたv
レス不要と言ってくださった先日のコメントとあわせてお礼申し上げます。

さて、週末にかかりますが手がけているオフ原稿とお届け物とに集中しますね。

2007年08月03日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.7月24日~30日

いつもまとめになりますがサイトやブログの拍手、ありがとうございます。今日で7月も終わり、明日から8月。アイドリングに時間が掛かりましたが、そろそろ創作の方もギアを入れ替えて加速させますね♪

7月27日
「相性相剋」に拍手をありがとうございました。原作での「曲霊」発現で、その少し前から書き始めていた四魂の珠絡みの考察を突発SSに転用したものです。勢いあまって、説明的な文章が端折られたちょっと判りにくいかな? な感じもありますが、楽しんでいただけて嬉しいですv

7月28日
こんにちは、おーたむぽいんとさん。「相性相剋」にコメントをありがとうございます。私が殺兄を本編にもっと絡ませたいと思う妄想も含み、もともと殺兄や犬夜叉達妖犬族を奈落たちのような妖怪とは別種・別格に見ていたのもあって、こんな展開です。今の原作の展開は要素が三つ巴くらいに入り組んでいるので、内容が濃く色々裏もありそうで楽しくて仕方が無いのですvvv
オフ本企画の方も見てくださってありがとうございます(^^♪
今はオフ用のプロットの細かい所を固めている所です。話の大筋はあの2行なのですが、それだけでも色々妄想してくださるというのは嬉しい事です。残念ながら、おーたむぽいんとさんが考えてくれたような可愛い性格の殺兄ではないので、まかりまちがってもたたなくなることはないだろうと…。むしろその設定は、犬君向きかもしれません(邪笑)
また、遊びに来てくださいね。

「豊穣の月」に拍手をありがとうございます。細かく追求されればかなりマズイ要素山盛りな話ですが、これがこの二人のディフォでそれを周りも認めている! と突っ走った物です。今では我が家の殺りん物のメインシリーズになっています^_^;

7月29日
「相性相剋」コメント、ありがとうございます! そうですね、いよいよ明日なんですが、どんな風に展開されるか楽しみですね。例年にならって、お盆前までが最高に危機的状態になって2週間放置プレイと言うのは、もう毎夏の恒例行事かもしれません。

7月30日
「相性相剋」に拍手、ありがとうございます。明日を過ぎたら、多分こんな風には書けなかっただろうと言う事100%保障の賞味期限の短いネタに反応してくださり、とても嬉しいです。

さて、今日の予定をがんばってきますね。

2007年07月31日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.7月20日~23日分

いつも拍手をありがとうございます(^^♪
そろそろペースを取り戻して、更新スピードを上げてゆきますねv
以下、頂いたコメントへのお返事です。

7月20日
こんにちは、アネタマさん。コメントをありがとうございました。今年の夏も熱い夏になりそうですね! 毎夏ごとに思うのは、夏こそ兄上の季節のような気がします。ビジュアル的には一番らしからぬお方ですが^_^; 「白銀ー」の方にも声をかけてくださって嬉しいです♪
同じ妖怪でも妖犬族をはじめとする刀々斉や妖霊大聖や宝仙鬼や薬老毒仙などと、奈落サイドの有象無象な妖怪とでは最初から種が違うというか別格の存在のような気がするのです。ひとまとめにしてこれらのものを「妖怪」と呼んでいるのは人間の都合で、それぞれは同じに見られたくないと思っているかもしれません。ってか、殺兄などは絶対そう思っている!!(笑)
日本には自然の事象・物全てに神を感じる事のできる民族ですから、見方によって同じものでも神様だったり怪物だったりするかもしれません。殺兄に浄化の力を覚醒させた天生牙、ひいては犬父の真意も殺兄に本来の自分のあるべき姿を悟らせるためかな? と。
原作のここ暫くの展開は、「犬夜叉」と言う物語の大きなターニングポイント、もしくは原点回帰。原点に返って、ラストまでを見通して話の組み立てそのものをし直しているようにも感じるのです。これからますます目が離せない展開になりそうで、ワクワクが止まらないのです(^^)

「一期一会」に拍手をありがとうございますv 
これを書いたのはサイト開設間もない頃。殺りん要素などほぼ皆無な犬かごよりで運営していた当初でも、先々殺生丸の子どもを産むのはりんちゃんだろうなと思ってました。更新が止まっている「犬神奇談」のラストシーンに入れたいと思って準備している二人の台詞。

―― お前を犬夜叉の母のような目には合わせたくない。
―― でも、りんはついて行く!!

こうして初期の頃の作品に反応を頂くと、あの頃の初心に返ってまだ形になってないお話を早く形にしようと思います。

7月21日
こんにちは、おーたむぽいんとさん。日記の記事へコメントをありがとうございます。高性能キャンピング仕様の義手を殺兄に献上する刀々斉v あのじーさまならお茶目でやっても可笑しくなさそうですね(^^)
もし、もしもこのまま右手までダメになったとしたら、右手にはどろろの百鬼丸のような刀を仕込んだ義手、左手には上記のような便利グッズな義手。光の鞭(?)や毒華爪は使えなくなるけど、生活に差しさわりのないくらいには普通に機能する知覚や神経を装備。
この方がりんちゃんと暮らすには都合がいいかもしれませんね。毒の爪はねぇ…、気をつけないとりんちゃんの柔肌を傷つけてしまいますからね♪

7月22日
「修羅」へ拍手をありがとうございます。
殺生丸はもとより、人間の中にある「修羅」や幼いりんちゃんの中にもある「修羅」を書いてみたいと思ったものです。あまり殺りん物らしくない内容ですが、このキャラならこう言う話も有りかなと。
殺りんの恋愛面だけを取り上げる話ばかりではなく、周りも含めた関係で書いて見たいCPだなと思います。

本当に拍手やコメントをありがとうございました!!

2007年07月24日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

2007.7月14日~19日分

いつも拍手をありがとうございます(^^♪ その一拍手、一拍手にパワーをもらっています。もう目の前に夏休みが迫ってきて、今までとはまた違うタイムバランスになりますが、基本的に外での仕事がないので創作の方にまとまった時間が取れれば良いなぁと思っています。

7月15日 
「くちづけ」に拍手をありがとうございます。突発ネタで艶笑系なSSです。殺兄が少し捌けた感じに仕上がってますね。ウチでは珍しいかもです(笑)

「満月の夜に オマケ」ここまで読んでくださってありがとうございます。まぁ、ちょっとしたお遊びの部分なのですが、書き方によってはもっとアダルトになりそうなシチュエーションなのに、私の性格なのかどうしても落とし話にしてしまいました^_^;

こんにちは、ににぎさんv どこかお子ちゃまの殺兄に笑ってもらえて、私もにんまりしています。我が家での琥珀の位置は、りんちゃんには兄的立場で、殺生丸には忠節な配下と言う立場で見ています。あまり当て馬的には見てないので、正真正銘お子様なりんちゃんや人間の常識や情動的に未成年な殺兄を、それこそある意味「兄的な」立場で見ているような感じです。「SideC」はこの夏中には書きたいですねv ご指摘頂いた誤変換の箇所は、他の変換ミスや句読点の修正と一緒に修正しておきました。本当にありがとうございました(^^)

「幕間」へコメントをありがとうございます。これはもうとても古い作品なのですが、こうして読んでくださってコメントを頂けるのは本当に嬉しいです。犬夜叉と言う物語がSF的なタイムトラベル要素を持っているので、「時」と言う物を隠れテーマのように織り込んでみました。
切なくて、あったかい。この一言が、本当に嬉しい私です!

返信不要のコメントも、とても嬉しく拝見させていただきました。
これからのよろしくお願い致します。

2007年07月18日 拍手お礼2007年分 トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |

» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。