スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

12月11日~25日分まで

サイトのリニュ作業にかかりきりになって、すっかりこちらへの返信が遅くなってしまいました。
とうとう今月は更新なしの当サイト。
にも関わらず、拍手やコメントをありがとうございます!!
少し気が早いですが、来年こそは創作に的を絞って(…サイト弄りはしばらく封印^_^;)やって行きたいと思っています。

ブログ記事への拍手、ありがとうございますv
ブログの更新も飛び飛びなのですが、こうして見て下さっている方がいらっしゃると思うと寂しい独り言じゃないんだなと嬉しくなります。
オタで与太った話題が多いブログですが、どうぞこちらもよろしくお願いします。

12月25日
こんばんは、七緒さんv
メールを拝見してすぐにお邪魔させていただきました。
こちらでのお返事が遅くなってしまいました。七緒さんのイラストがあってこその私の感想SSですので、あのようにサイトにUPしてくださって本当にもったいないような気持ちです。
そしてなによりも七緒さんが喜んでくださったのが一番嬉しいです。
新作の感想は、七緒さんのサイトにお邪魔してと思っています。(はい、こちらもUPされてすぐに拝見させていただきましたv)
実は新作イラストにもインスパイアされて、もぞもぞと形になりかけているものがあるのです。その辺りも含めて、年始すぎに改めてお伺いしたいと考えています。

サイト弄りは半分、私のビョーキです。
今回のリニュでもう当分の間は手を出さないつもりでいるのですが、スタイルシートだけは弄るかもしれません。私も、このサイトを開設するまでタグどころかコピー&ペーストすら知らないパソ音痴でした。サイトを運営してゆく楽しさに目覚め、創作だけでなくサイトそのものの作成にも面白さを見つけた結果がこのビョーキです。
ありがたい事にとても使いやすいテンプレートを配布されるサイト様の存在やHP作成支援のサイト様の助けを借りて、今に至ります。
嵌まるとなかなか抜け出さなくなりますから、どうぞ七緒さんもお気をつけくださいねv

「満月の夜に」にコメントをありがとうございました。
大人気ない焼き餅を焼く殺兄を楽しんでももらえて、私も嬉しいです♪

「花満月」にもコメントをありがとうございます。
一番好きだとのお言葉に、こんな風な殺りんと犬君たちの関係が私の中の未来設定の基本にあるので、それもとても嬉しかったです。オリキャラの「子ども達」の存在をさりげなく自然に、その世界に解けこませたくて。この子達はとても古くから当サイトに生息している子たちなのです。
連絡頂いた名前の誤変換も修正しました。2年以上そのままだったとは…!
本当にありがとうございましたvvv

スポンサーサイト

2008年12月26日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

12月6日~10日分

拍手をありがとうございますv
サイトを弄りまくるビョーキが出て、更新が滞っているにも関わらずこうしていただく拍手が本当にありがたいです!
もうちょっとで終りそうなので、そろそろ次の更新準備に入りますね。

12月10日
こんにちは、七緒さんv
もう落ち着かれたでしょうか? まだ無理はしないでくださいね。
頂いたイラストにつけさせてもらったSSへの感想。
あんなに深く受け止めて下さって、こちらこそありがとうございます!!
私が殺りんに惹かれた根幹が、こんなスタンスの二人なんだろうと思うのです。
幸せいっぱいの新婚さんであっても、根っこにはこれがあるみたいな。
それを七緒さんのイラストで再認識したような気がします。
お申し出の件、こちらこそ喜んで献上させていただきます!

あのSSは七緒さんのイラストがなければ、生まれてないものです。
あくまでも主なのは、七緒さんの「蛍」。
従のSSですので、どうぞお供につけてやってください。
新作イラストも近々拝見できそうですねv
ではまた、足しげく通わせてもらいます(^^♪

2008年12月11日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

11月25日~12月5日分まで

作業モードに入っていて、こちらへのお返事が遅くなってしまいました。
いつも拍手をありがとうございますv
日記の古い記事にも拍手を頂きました♪ いつ見ていただいても、拍手していただけるようなそんな読みやすい記事や作品をこれからも書いて行きたいと思います。

更新のたびに頂く10連打など、本当にありがたくて嬉しさ100倍です!
サイト運営上のコメントも感想とともにいただき、これからのサイト改装に役立てたいと思ったり、自分の楽しみメインのサイトなのに、こうしてみてくださっている優しい閲覧者様に恵まれ本当にハッピーな私です(^^♪

頂いたコメントへのお返事です。

11月29日
「アラクネ」にコメントをありがとうございます。
私としては奈落よりも桔梗さんとの本当の因縁があるのは、鬼蜘蛛なんだろうと思っていたのです。
奈落に吸収された鬼蜘蛛がどうなったかが原作の方では描かれていなかった事と、桔梗さんと鬼蜘蛛が出会ったことが「奈落」を誕生させたと思っているので、それをこんな形で書いてみました。
伯爵の所には、この惑星上のあらゆる生き物が集まってくる所なので、現代での舞台にするのにとても条件が良いのです。
それに現在、伯爵萌えもしているしvvv
こちらもまだまだ増えそうです。

拍手&コメントをありがとうございました!!

2008年12月05日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

11月22日~24日分

拍手をありがとうございます!
頂いた拍手をエネルギーに、別館の方ですが本日前編を更新しました。
後編も今週中にと思っていますv

11月24日
こんばんは、おーたむぽいんとさん。
「arakune1」にコメントをありがとうございます。あわせて、文字化けのお知らせも、本当にありがとう御座いました。タイトルに通常表記とは異なる文字列を使ったための文字化けと判断しましたので、すぐに修正しました。
ローカルファイルでチェックした時には、文字化けは発生していなかったのでWEBに上げた時の何かのようです。
あと、スクロールして上部で文字が枠線にかかるのは、サイトデザイン上の仕様です。
サイト名とデザインをシンクロさせたものなので^_^;
立体的で動きがあって面白いかなと思っての事なのです。
私が小説を読む時の目線が多分下を追うような読み方をしているので、そう気にはならなかったのですが、上を追うような目線だと読みづらいかもしれません。
もう少し様子を見た上で、どうするか考えてみたいと思います。
これからも、何か不具合がありましたらどうぞお気兼ねなくお知らせくださいね。

2008年11月25日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

11月16日~21日分まで

拍手をありがとうございます♪
好きで書き散らしている二次創作文を楽しんでくださる方が居るv と思うと、タイプする手も弾みます。
今月中を目処に、また何か1本サイトに上げたいと思います(^^♪

頂いたコメントへのお返事ですv

11月17日
こんばんは、れっかぽんさん★
「胡蝶の夢」へのコメント、ありがとうございます!
はいれっかぽんさんの言われる通り、力技でかなり押さえ込んだ感じはあります(^^ゞ
頂いたお題をどう消化するか、が私に取っての一番の「お題」でした。
ただ今回は本当にお題に恵まれて、どのお題も被ることがなかったというのがとても助かりました。
そしてご母堂様でネタ振りしてくださったのも大きな要素で、このお題をもらったこそあの形に持ってゆけたと思っています。
本当に感謝しています!!!
その時その時のお題を楽しく書かせてもらいました。
また時期を見て、こんな風に交流を交えたような面白い事が出来るよう何か考えて見ますねv


11月18日
こんばんは、しのさんv
お持ち帰り報告、ありがとうございます。
このDLファイルの作成を思いついたのは、以前しのさんから頂いたコメントからです。
それ以前にも同じようなコメントを他の方からも頂いていて、確かにちょっと長めの話はプリントアウトしたほうが読みやすいよね、と思っていました。
オリジナル小説サイトさんには長編作品のリストにはこのDLファイルが置いてある事がままあり、サイトに遊びにきてくれる方に親切だなぁと思ったという事もあります。
それなら折角なので通常版とBOOKタイプとにしたのは私の遊び心でvvv
喜んでもらえて、作成した甲斐がありました!!

いつも日記を拝見させて頂いているのですが、相変わらず足跡も残さずじまいです^_^;
オフ関係…、学校や病院や地域のあれこれやと気付けば何かお役を持っている感じですよね。
同じような状況なので、私もついPCタイムはサイトを弄ったり創作に向けたりで半ヒキ状態。
無理をせずに、お互い頑張ってゆきましょうね!


11月21日
こんばんは、o-bさん♪ コメントとお祝いの言葉をありがとうございますv
はいvvv ご母堂様、大好きです(*^^)v ついつい筆が進んでしまいます(笑)
草太君パパネタはお題を投稿してくださった方のセンス故です。
私が普通にネタ出しをする場合、なかなか出てこないシチュですから。
お題を頂く場合は、出してくださった方に喜んでもらえる事が大切だと思っています。
それと同時に、私に取っても力試しをするチャンスだとも。
不思議なもので、書き出すと中のキャラがぐいぐいとお話を作って行ってくれることがあります。
ご母堂様の暇つぶしは計算の上でしたが、それからなぜりんちゃんのウェディングドレスに話を振ったのか、自分でもこれは計算外でした。書き出してみると、最後にそれを持って帰る殺兄v と言う図が何か面白くて、よし、これでよし!! と締めに使いました。
パラレルであっても基本の根っこはあまり変らないもののようです。
きっとこんなスタンスの殺りんが心底好きなんだろうと思います。
これからもご母堂様が出てくる話も書いて行きたいと思っています。

2008年11月21日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

11月5日~11月15日分まで

拍手をありがとうございますv
無事記念作品の更新作業も終え、こちらへの顔出しもできました。
これからも、頂いた拍手をエネルギーにあれこれと書いて行きますね♪

11月11日
こんばんはo-bさん。
コメントをありがとうございましたv 
実はあの短文をつけた時、私の思い込み100%なのですが、イラストの犬君とo-bさんの姿が重なって感じられたのです。
「犬夜叉」と言う作品世界の過ぎた時代をそれぞれが感慨深く見つめているような気がして…。
サイト開設七周年、一つのジャンルで七年と言うのはとても凄い事だと思います。
ジャンルとしての初期から最盛期、そして現在までをずっと見つめて来られたのだろうと。

後発である私でさえ、時に仕方のない事だとしても今のジャンル状況を寂しく思う事があります。
それがマイナスばかりではないことも十分判っているのですが、それでもですね。
萌えは移ろいやすいもの、誰も変る心を押し留める権利などありませんから、だからこそ私の前を歩いていてくださる先輩管理人様の存在が大きな拠り所になっているんです。
ああ、まだやっていていいんだなv みたいな安心感。
どうぞこれからもよろしくお願いします。

サイト上のこだわり…^_^;
こだわりって本当はあまりない方が良いらしいのですが、「管理人」としての私より「閲覧者」としての私の方がワガママで、「これは見づらい! 判り難い!!」としょっちゅうクレームをつけてくる感じなんです。で、それならこうしたら良いのかな? と考えてとにかく弄る。サイトを立ち上げた時はタグの一つも知らない、HTMLなんてそれ何? 状態だったので、少し判るようになった今、自分の手で少しでも自分の思うように出来る事が楽しいのですね。
サイト弄りも今では二次創作と同じくらいウェイトを占める「趣味」になっているようです。

はいv アウシタンでした(^^♪ 私vvv
アニパロコミックも30冊くらい持ってたと思います。サンデーデビュー前のゆうきまさみ先生のベルバラパロに大笑いしたクチです。宮崎監督の名探偵ホームズも載ってましたしv
「二次創作」ではなく熱い「パロディ」の時代でしたね。

アンティーク人形の話…、その人形の名前が「マリー」なら日記に書いたシリーズにも出てくるのですが、多分そうかな? かなり壮絶な過去持ちの人形ですからね。
「ヘンデクアトラタン」は本当にかなり内容ぶっ飛んでましたが、今の少女マンガでは見かけなくなった面白さ満載の作品でした。また、あんな作風が今の少女マンガにも復活すると楽しいでしょうね♪
ではではコメントをありがとうごさいました!!

2008年11月16日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

10月26日~11月4日分

拍手やコメント、本当にありがとうございます!!
今年も残す所あと2ヶ月ですが、出来るだけ書きたい物を書く事で頂いた拍手やコメントのお礼にしたいと思っています。
何より、本人が一番ノリノリだったりします(^^♪
これからも、どうぞよろしくvvv

頂いたコメントへのレスです↓

10月30日
こぼれ話3にコメントをありがとうございます。
この話を書いた時点(07/9月)では、映画の設定に合わせています。
「様」付けで呼んでくれたのが08年に入ってからなので、それからは様付けですv
もっと早くそう呼んでくれても良かったなと思っています。その方がらしいですよね。遭遇するシーンがあっても、なかなか呼びかけるようなシーンがなかったせいもありますね。

ゆうさん、こんばんは。
楽しんでももらえて嬉しいです(^^♪
また遊びにきてくださいねv

10月31日
返信不要との事でしたが、一言だけお礼とレスをv
3周年、おめでとうございます。落ち着かれた頃にそちらにお邪魔します。どうぞゆっくりと今の時間を過ごしてくださいね。

コメントをありがとうございます♪ 根っこが動かないので、自然とどの話も繋がってしまうのが私のクセのようです。次に書く話でやっと伯爵も新しい子をゲットできそうです(笑)

11月1日
10連打、ありがとうございますっっ!!
すっごく嬉しいですvvv

こんばんは、りちょまるさん。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします♪

2008年11月04日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

10月20日~25日分

拍手をありがとうございますv
押してもらえる拍手は、創作の源です。
めいっぱい書きたい物があるので、それを形にする励みです!
これからもよろしくお願いしますvvv


クロスオーバーSS「a lone wolf」にコメントをありがとうございます。

10月23日
こんばんは、れっかぽんさん!
更新早々のコメント、ありがとうございます(^^♪
コメント欄の不具合、後でもう一度良く見てみますね。色々弄っているせいかもしれません。
はい、今回のSSは全開のクロスオーバーに比べて鋼牙君視点で書いています。
「Petshop」を未読でも十分判るかなと。
鋼牙君が「狼」だからこそ思いついたSSですし、戦国時代から現代へと移り変わる間に淘汰された種になるだろうというイメージもあったんですね。
生粋の妖狼族として生き残るのは、鋼牙君ただ一人じゃないかなんて。
五雷指の副作用は、有りえそうな大嘘ですけどね(汗)
伯爵は絶滅種のコレクターでもあるので絡ませやすかったし。
白角と銀太は「仲間」の代表イメージですね。
この二人に執着している訳ではないのでその辺りはぼんやりとぼかしてみました。
伯爵はギャップ萌えのキャラなんですv
耽美でダークでホラーでほんの少しBL風味なところもありつつ、甘いものに目がない、なんだかんだ言いながらも周りの世話を焼いたりもするし、自分自身の身の上の重さも抱えているような、一言で言い表せないキャラ。
全体的には旧シリーズの方が好みなのですが、新シリーズも回によっては中々なものがありますので、気長に既刊が増えるのを待っています。
まとまりが悪くなるのでカットした現代でのかごちゃんと鋼牙君のエピソードも時間が出来たら、ちょっとしたオマケみたいな形で書いてみたいと思います。


10月25日
お待たせしましたv 
楽しんでもらえたでしょうか?
こちらの更新は不定期ですが、来月にも最低で1本はUPしたいと思っています♪

2008年10月25日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

10月15日~19日分

拍手をありがとうございますv
ぼちぼちですが、新作も書き出しました。
本館分が先か別館分が先かになりそうですが…^_^;
記念企画の分もそろそろ練りこみ時期、今はこの3本に絞って創作中です。

10月18日
「願わくば仙桃の庭にありて…」に拍手&感想、ありがとうございます♪

こんにちは、ゆうさんv 
早々の返信ありがとうございます。ミスの報告も、本当に助かりました! 今回はちゃんとスクロールできるようになったとほっとしました。
感想もありがとうございます(^^♪ はい、言葉少なく表情も変えませんが、か~な~り我家の殺兄はりんちゃんに溺れています。
「殺生丸」のイメージを壊したくないので、りんちゃんにメロメロでも砂を吐くような甘い台詞は言わせたくないし、りんちゃんもまだ「女」を意識させたくないので、淡々とした中にどれだけそんな情感を織り込めるかなぁとがんばってみました(笑)
この秋からは取り扱いジャンル(?)も増やしてしまい、どこまでヤルつもりなんだ!! な私です。
クロスオーバーネタだけに留まらず、マジでPetshopの二次もネタが増えてきました。
それこそオーバーワークにならないよう、ある程度セーブしつつ楽しんでゆこうと思っています。

>まだ青くても妖怪をも酔わせる甘い桃~

中国の伝説の仙女西王母が持っている不老不死の桃のイメージなのです、青い桃。
ただ本家の桃は青い上に鈴のように小さな実なので、それじゃ… ってことで実の大きさはおっきくしてみましたv
青いのに完熟状態、っていうのがなんともエロテックですよねvvv

「お題であそぼv」の方にも、いろいろ投稿いただいています。
お題SSを完成後、匿名でこんなお題を頂きましたと一覧表を作成しようかと思っています。
お題一覧とSSとを見比べてもらって楽しんでもらえたらと考えています。
思いっきり羽目を外した、楽しいSSになるよう文章を練り練りしている最中です。

2008年10月19日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

10月7日~14日分

更新お休み中の1週間でしたが、毎日拍手をありがとうござます!
更新スピード(本館&考察ブログ&パラレル別館のどれか)を上げるための作業をしています。
入れ物が出来れば、あとは書くだけv
もう少しで作業も終わります。それまでは、ロースピードですが、どうぞよろしくお願いします♪

10月14日
「愛は静かなー」に拍手をありがとうございます。
思い返せはこの話を5年前に書いたからこそ、現在の私があるような気がします。
当サイト初の殺りんをCPとして意識して書いたSSです。
殺りんと言うCPの当サイトでの基本がここにあると思っています。

「願わくば仙桃の庭にありて…」にコメントをありがとうございます、りちょまるさんv
季節の花をお題に書き進めてきたこのシリーズも残す所はあと2本。
本来なら3月にUPする予定だったので、「桃」にしたんですね^_^;
書く前にちょっとネットの海を漂ってみれば、なかなか艶な意味合いのある解説に行き当たりまして、よし! 今回は密かにりんちゃん攻めでv と。
ご母堂様好きなので、ついつい絡めてみたくなります。
これからもご母堂様が出てくるSSの予定はあれとこれとで、一応2本? くらいあるくらいに。
りちょまるさんもお忙しそうですね。
当サイトがりちょまるさんのいくばくかの憩いになっているなら、私も嬉しいです。
次は「桜」です。またお時間がある時にでも、遊びに来てくださいねvvv

2008年10月14日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

10月5日・6日分

拍手をありがとうございますv
勢いづいてあれこれ手を出しています^_^;
もう、自分どうしたんだって感じ!!
これもいつもこうして拍手を送ってくださる方や、コメントを寄せてくれる方があってこそv
自分の楽しみが少しでもおすそ分けできているのなら、とっても嬉しいです。

10月5日
「木蓮の涙」にコメントをありがとうございますv
頂いたコメントを読んで、私の方こそ勿体無い気持ちになりました。
もう、嬉しすぎて嬉しすぎて!!
丁度5年前に書いたお話で、サイトを立ち上げて半年を過ぎようやく1万HITを迎えようかという頃の古い作品。原作完結した今の時点で読んでくださって、BGMまで気に入ってくれてDL購入までって、本当に嬉しすぎますっっ!!
私の中の二次創作は自分の『好き』なものを、自分の妄想で包んでいても、『原作』を良く見て欲しいって気持ちが大きいのです。もちろんSSのBGMも自分の好きな曲ですv こんな風に自分の好きなものに共感してもらえる嬉しさは、言葉ではなかなか美味く言えません。
今書いているお話も、これから書いてゆくお話も、いつかずっと後で読んでくれる方の為にも、少なくとも自分が恥ずかしいと思うものは作るまいと思っています。
本当に嬉しいコメントをありがとうございましたv



……ここしばらく、「隠し部屋」関係のお問い合わせを続けて頂いています。
案内ページまで行けない方にはこちらで誘導をかけていますが、そこから先には案内ページにあるとおりの対処しか致しておりません。
個別に返信をすることも、パスワードのヒントを差し上げる事も致しません。
住み分けの意味も含めて、TOPページに隠しページ案内のリンクこそ張ってはいませんが、サイト説明の中にきちんと表記しています。
ジャンルによってはもっと厳しいパス制、あるいは期間限定でしか受け付けないパス・URL請求制のサイトもありますが、そこまでの厳しさは強いていません。
ウィザード画面まで行けたら、あともう少しです。案内ページの文面をシンプルに受け止めてがんばってください。
きっと入室できると思っています。

2008年10月07日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

9月30日~10月4日分

拍手をありがとうございます♪
今回の更新にも10連打いただきましたv
ヤル気の素です。
次もがんばりますね!!

連絡用メルフォにてのお問い合わせの件について。
隠し部屋についてお問い合わせを頂きました。
まずパスワードはとても簡単です。半角英数記号で4桁です。
これ以上は案内ページにも明記しておりますのでご了承ください。

隠し部屋に関して。
TOPページからリンクしているアバウトページにてサイトの構成を説明しています。
まずこちらをご覧頂ければ、場所は判るようになっています。

私なりの判断の下に『隠し』にしていますが、隠し=エロで期待されるとがっかりされるかもしれません。原作沿いでの殺りんと言うCPである為に、こちらに収容している部分が殆どです。
妖怪である殺兄に人間の倫理観など当てはまるわけがないというキャラ解釈と、戦国時代で早婚は当たり前という基本設定。
私としては「有り」な関係なのですが、現状としては対象者が18歳以上で過激な大人向きな行為を含むモノより、さらに危険度が高いモノとしてカテゴリされているのを踏まえての事。
どうぞ、そのあたりの事情をお汲み取りくださいませ。

私としても隠さずにすむものなら隠さずにいたいと言う気持ちがありますので、一応パスはかけていますが条件を満たされている方には比較的簡単に解けるものをパスワードにしています。
無事、入室されます事をお祈りいたしております。

2008年10月04日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

9月26日~29日分

自分の趣味丸出しのクロスオーバーSSに拍手とコメントをありがとうございますv
私が思っていたより「Petshop-」を知っている方がいるのが嬉しくて嬉しくてvvv

つい、気持ちが暴走し始めています(^^♪
追々とですが別館の準備も進めています。

頂いたコメントへのお返事は↓からどうぞv

9月26日
>殺りん+D伯爵のクロスオーバーが読める日がこようとは~ とコメントをくださりありがとうございますv 私もこのお盆すぎまではこんな形のクロスオーバーを書くとはこれっぽっちも予定ではありませんでした。勢いって大切ですね! 1本書いてみたら弾みがついてしまい、しばらく止まりそうにありません。こちらは本当に気楽に、ある意味原作に縛られすぎない自由な発想でいろいろ書いて行きたいと思っています。そのうち伯爵のとこのお茶会で七宝ちゃんとりんちゃんが出会いそうな場面も書きそうですv

9月28日
ミカンさん、こんにちは♪
今回のクロスオーバーSSはミカンさんのエールがあってこそのSSかもしれません。
書こうかな? とのつぶやきに反応してコメントを下さったのが嬉しくて、それもこのSSを楽しく書き上げる原動力でした。それからころころ転がっての別館作成まできちゃいましたv
どの作品も原作あっての二次です。クロスオーバーで改変やむなしであっても、ありえなさ過ぎるというか、そのキャラのイメージを損なう事だけはしたくないと思っています。
いや、まぁ、その…^_^;
殺兄がりんちゃんと…v で一線越えているあたりでイメージを損ねているかもしれませんが(大汗) それ以外はですね。
今週中に何か1本、書きかけの物が仕上られたらいいなと考えています。
どうぞ、また遊びに来てくださいね。

9月29日
こんにちはゆうさんv
ゆうさんも伯爵ご存知なんですね~vvv
はい、どうしても書きたくなってクロスオーバーでやってしまいました。こちら方面の「タガ」が外れたような感じなので、キャラの性格や人間関係はできるだけ原作に沿わせつつ自分の趣味丸出しを前面に押し出した妄想文を書いて行きたくなって、別館建築中です(笑)
本館共々、こらからもよろしくお願いします♪

2008年09月29日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

9月21日~25日分

いつもありがとうございますv
拍手&コメントレスですvvv

9月21日 拍手をありがとうございます♪
9月24日 拍手10連打、ありがとうございます! 次もこんな拍手がいただけるような物を書けるよう、がんばりますね!!

9月21日 
こんにちは、ミカンさんv コメントをありがとうございます(^^♪ 最終話も楽しんでもらえてとっても嬉しいです。なんだかこのクロスオーバーSSを書き上げたら、ふっと別方向に視界が開けてしまって、実はこんな感じのSSをだけを集めた別館を作ろうかと考えて(…いえ、準備中だったりして^_^;)います。
オマケがさらに増えてきたんですね、これが。
玄鳥の卵の話をりんちゃんでやろうかなと考えたり、「霊感商法」の方では常盤先生と弥勒様が学校の同僚で似たよーな事(退魔稼業)やってたりとか、そんなクロスオーバー作品メインで。

原作補完的な二次創作がメイン活動で今までやってきて、それはこれからもまだ書きたい話が残っているのでそれと平行してやってゆこうかなと。
ただサイトを別にするのは、原作補完系の二次創作が好みの方はパラレルが苦手な傾向があるかなと自分を省みて、そう思うところがあるんですね。
今のサイトでも、単一作品内でパラレル傾向のSS(現代版や白銀の犬や月華覇伝など)も置いているのは置いているのですが、こちらはパラレルでも原作の設定を出来るだけそのパラレルに組み込めるようアレンジしています。

クロスオーバーをやろうとしたら、今度はもっとそれ以上にキャラや設定を改変しないと上手く絡みません。そこまで来ると、「犬夜叉の二次創作」と言い切る自信がなくなってくるので、「自分の好きな作品を組み合わせて楽しんでみましたv」で一本筋を通そうかと。

自分が楽しむだけじゃなくて、もしそのSSを見てくださった方が原作の方にも興味を持ってもらえたら、それこそ二次創作者冥利に尽きますvvv
改変したとしても、もともとのキャラのイメージを壊すつもりも茶化すつもりもありません。
自分の好きテンプレにキャラをありえないほど改変したら、もうそのキャラじゃなくなるだろうと思っています。その原作のキャラだから、「好き」なんですよね♪
本館の更新を優先しつつ、こちらの準備も進めてゆきますね。

2008年09月26日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

9月16日~20日分まで

9月17日
拍手10連打、ありがとうございます(^^♪
かなり調子に乗ってますvvv

こんばんは、おーたむぽいんとさん。
17日に頂いたコメントと20日頂いたコメントをあわせてレスしています。
おーたむぽいんとさんもこちらのシリーズをご存知なんですね。そうですね、旧シリーズの方がよりファンタジー性が高い気がしますね。新シリーズの方は現代日本が舞台なせいかそのファンタジー性が低くなったような印象です。でも、好きなシリーズなのでどっちもOKv です。
伯爵と殺兄のあの会話のシーンが書きたい動機の一つだったので、「怪獣決戦の雰囲気」を感じてもらえて狙い通りv
いやいやあの二人の会話に割って入ってゆく命知らずはいないので、天ちゃんの知り合いはまた別の役回りで出してみました。
サイトに置いている殺りんSSの基本設定は、艶笑の流れはファミリー展開で、狂夜編=現代版の方は前世が痛い終り方をしています。クロスオーバーの設定はこちらの現代版をライト仕様で使っています。
はい、オマケの家庭訪問編♪ 王様猫も出すつもりでいます。まぁ、なんというかこちらもある意味似たもの同士ですよね^_^;
りんちゃん的にも殺兄的にも。短いワンシーンなSSになると思いますが、少し時間を置いて仕上ようと思っています。
初めて書いたクロスオーバーSSでしたが、楽しんでもらえて嬉しいです。

9月18日・19日
拍手をありがとうございました。
「petshop3」も更新しました。時間のある時にでも、どうぞ見てやってくださいv

9月20日
拍手&10連打、ありがとうございますvvv

こんばんは、ミカンさん。17日頂いたコメントもあわせて、こちらでお返事しています。
早く続きを書きたい! と言う気持ちのところに、続きが早く読みたいです~のエールをもらって、がしがしと書き上げました。本日20日付けでサイトにUPしていますv 阿吽まで揃って兄一行って感じなんですよね。でも普通だとなかなか阿吽の事を書いてやれないので、動物がメインになれるpetshopなら…、と。うんうん、私もあの秋乃さんの美麗なタッチな殺兄が見られたらなぁと、妄想しちゃいます(笑)
本編の太子もバックグランドに何かありそうなので、これからそこそこ活躍してくれるかなぁとか。レオンも見てみたいですよね~v 現時点だと、青年から壮年になっているのかな…? それでもやっぱり見てみたいですね。
「オマケ」ににコメントをありがとうございます。ふと、考えてみたら霊商でもいけるじゃないの? と気付いてしまい、ちょっとしたワンシーンものですが書いてみたくなりました。
某狼君の話もあわせて仕上られたらなぁと、考えています。
もう少し、このノリにお付き合いくださいね。
いつもコメントを本当にありがとうございます。

こんばんは、始めましてぴなこさん。
自分の好み大暴走で書いたSSでしたが、Petshopの原作を読みたくなったと言ってもらえて、嬉しくて仕方がないです。
自分が好きな作品だから二次創作までしちゃう訳で、その好きって気持ちが伝わったのかなってv
今のところクロスネタはそのオマケの分しかないのですが、もしまた何か思いついたら書いてみますね。
コメント、ありがとうございました!

2008年09月20日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

9月11日~15日まで分

9月12日
こんにちはヨモギさん。お久しぶりです。
ヨモギさんも「Petshop-」をご存知なんですねv
日記やSSをアップしてから、そう声をかけてくださる方が増えて嬉しくてニマニマしています。
良いですよね! 伯爵vvv
あの伯爵の独特な雰囲気が伝わるといいなぁ、と思いながらこのSSを書いています。
店に来るお客を大仰なくらい丁寧な呼称で呼びかけるところがまた『味』ですよね♪
今日(正確には昨夜遅く)「2」の方もサイトUPしました。
これで「ゲスト」の予想もつくかなって、思っています。
「3」も1週間以内くらいの書き上げて、このお話を完結させたいと思っています。

9月13日
「Petshop1」にコメントをありがとうございます。
いつもと毛色の違うSSですが、すごく面白いとのコメント嬉しいですv
昨夜「2」もUPさせましたので、お時間のある時にでもどうぞ見てみてください(^^♪

「睡蓮」に拍手をありがとうございますv
今でも恋のライバルと言うよりも、誰よりも判りあえる同士としての桔かごが好きだなぁと思っています。

2008年09月16日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

9月9日~10日分

拍手をいつもありがとうございますv
10日には10連打の拍手をいただきました!
なんだか、うぉぉぉ~よっしゃ、がんばるぞっっ!! って気になります。
気持ちが乗っているので、書きかけのSSを早く仕上られるようがんばりますね♪

頂いたコメントへのレスはこちら↓から、どうぞvvv

9月9日
こんばんは、ミカンさんv
早速のコメント、ありがとうございました! 殺りん&伯爵で見事にマッチング、嬉しすぎる言葉ですvvv
今回のパートではこのSSの舞台背景の描写がメインになったような感じで、本格的な殺兄と伯爵の絡みはパート2からになります。
このSSでの殺りんもいつもの狂夜シリーズの眼代版と少し設定が異なっています。りんちゃん相変わらず前世憑きなんですが、こちらの方はライトな性格付けにしています。邪見様は人間に転生しようと現代版だろうとどこまでいっても下僕根性が抜けないので、足蹴にされるのはもうディフォです。なんだかんだ言いながらつい邪見にあたる殺兄も、見ようによっては邪見にだから八つ当たりできているのかも。
次の更新は連休明けあたりを予定していますv

9月10日
コメントをありがとうございます(^^♪
クロワでのデメリットである、「もう片方の話を知らない」ででも、楽しんで貰えてすっごく嬉しいです。
SSの序文でも書いているように、「Petshop of Horrors」そのものがマイナー作品なのでそのデメリット承知で、でもこの作品が好きなので思い余って書いてしまっただけに、そう言ってもらえて本当に書いて良かった! と思っています。
「2」の方も今せっせと書いていますので、またお時間の出来た時にでも覗いてみてくださいね。


……えっと、そのもし宜しければということで、ちょっとした情報を続きに載せています。
「Petshop of Horrors」という作品の参考になればと思っています。

続きを読む

2008年09月11日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

9月1日分

今日はたくさん拍手を頂きましたv
夏休みから開放されてネットタイムを復活された方が多いのかもしれませんね。
ありがとうございます(^^)
楽しんでもらえるよう、私も楽しみながら創作を続けたいと思います。

こんにちは、ミカンさん♪
レスをありがとうございます。竜神の若君も雪華も良い味を出すキャラですよねv
霊感商法はどちらかと言えばホラー色よりもほのぼの系なのかな? ってのが感想です。
このシリーズは女性キャラも素敵ですよねvvv 特に年上系は(笑)

クロスワールドでの伯爵と兄上の関係は、吸血鬼よりもテツちゃんに近い感じです。
友人と言うより「惚れこんで」手元に置いておきたいvvv って感じです。
あの店にはそーゆー神獣や霊獣などもいろいろいますからね。
で、やはり飼い主はりんちゃん、ってことで。

今、ノリノリで「ペットショップ」ネタを書いています。
あまり遅くならないうちにサイトUP出来るようがんばりますね!

2008年09月02日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

8月26日~31日分まで

拍手をありがとうございますv
涼しくなりましたし、夏休みが終って平日タイムが戻ってきました。
頂いた拍手へのお礼は、これからの更新でお返ししてゆきたいと思います。
本当にいつもありがとう御座います(^^♪

頂いたコメントへのお返事は↓からどうぞv

8月26日
こんにちは、いつもコメントをありがとうございますv
こちらもようやく新学期が始まり、ちょっと一息ついたところです。
いただいたコメントで、よしv もう書いちゃうもんね♪ とスイッチが入ったのはいいのですが、なかなか創作時間が取れない間は頭の中で妄想を練っていました。

「本物の剥製」と言うのがキーワードになっているのか、かなりアレな話になりそうです。
その…、剥製の作り方が、ね^_^;
鉄郎ママの剥製も綺麗だな、とか思っちゃうような所もある奴なんで(汗) 
背徳感とか禁忌のような「やっちゃいけない感」に惹かれるのかもしれません。

その昔、北の大地を旅行した折に、運河の街でオルゴールをお土産にした事があります。その時には、このシンギング・バードはぜんぜん目にも留まってなかったんですよね。こういうのも「めぐり合い」みたいなものかもしれないですね。
「後ろに人気のない時間」がこれから増えるので、頭の中で飼っている妄想が野放しできそうで、ちょっとした開放感を覚えています。
連休の合間を縫ってチャットの予定も入れようと思っていますので、その時はどうぞ遊びに来てくださいねv


8月29日
こんにちは、りちょまるさんv
突発で書いた納涼系(…のつもり)SSだったのですが、自分がこの二人を綺麗なイメージで書きたい! と思っているからか、怖さよりこんな雰囲気に仕上がりました。
気に入ってもらえて嬉しいですvvv
この二人だとどんなイメージでも話が書けそう&この二人だから書きたい物もある! ということで原作設定よりなものだけでなく、殺りんのイメージにあったパラレル物も増えてゆくかもしれません。


8月31日
こんにちわv ミカンさん(^^♪
ミカンさんも伯爵をご存知なんですねっっ! かなりマイナーな作品なので、知っている方がいるのがとっても嬉しいですv
「新ペットショップ」の舞台が新宿なんで、あっこれならクロスワールドやれる! と思ったら、もう妄想が止まりません。
秋乃先生の絵柄の美しさ繊細さ品の良さとストーリーの優しさ不思議さ必要に応じての冷淡さなど、すべてがツボです。

兄上っぽい外見のキャラって、霊感商法に出てくる竜神の若君ですよね? 
冷淡そうに見えるのに人間との約束を重んじる、ちょっと生真面目な若君v 日照の村を救うために生贄になろうとした村娘にかける慈悲の心とか。
小さい時からその子の成長を見守っていて、いつしか恋愛対象になってしまってる事に気づいてあたふたしている雪華(雪の精・雪男)はちょっと違うかな? シチュ的には美味しいんですけどねv

「ペットショップ」の8巻あたりの巻末にポケモンのコジローコスした伯爵が載っていたので、あんな感じで殺兄コスの竜神の若君を見てみたい気がしますね。
はい、これも書く気満々でプロットを固めつつあります。
上手く行けば、2本同時の更新も出来そうです(*^^)v

2008年09月01日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

8月21日~25日まで分

拍手をありがとうございますv
日記を書く間隔がだんだん空いてきているので、どうしてもこちらへのお返事もまとめてになります。
秋からは日記の間隔も短くして、お返事のいらない分の拍手などお礼はその日の日記に書けるようにしたいと思います。
こちらは個別のお返事用にと考えています。

どうかこれからもお気に召しましたら気軽に1パチ、恵んでください(^^♪

8月22日
「風花」にコメントをありがとうございます。
以前から遊びに来て下さっていたんですね! とても嬉しいですvvv
原作設定を重視するので公式的には殺りんプッシュな私ですが、神楽姐さんも好きなのでそういう点でも嬉しいです。
我家ではりんちゃんと神楽姐さん、仲良しなのでv
神楽姐さんの最後は本当に綺麗でしたね。神楽姐さんからの殺兄への矢印は確かに出ていたなと思います。でも、どちらも恋愛感情に(特に殺兄はそっち方面は疎そうで^_^;)育つ前に終ってしまった淡雪のような感情だと私は思っています。
そんな「雪」のイメージからつけたタイトルでした。
「風花」という言葉はもともとある言葉です。それを同じジャンルの方が使ったとしてそれで「かぶり」と考えてしまっては、書きたい物も書けなくってしまうと私は考えています。
ましてや同じジャンルの同じCPやキャラが好きなように、言葉の響きなども同じものに感性のアンテナが反応するのだと思います。
私も自分が気付いてないだけで、どこかでいろんな物が被っているだろうと思っています。
同じ原作からの二次創作、ネタかぶりやシチュかぶりはどうしても避けようがありません。
だからこそ、それぞれの書き手の「個性」で物語の色合いが変ってくる面白さがあるのではないでしょうか?
他の管理人さんの既存作品の影響を受けすぎてその管理人さんの固有名詞や固有設定、あるいは描写をなぞったものを自分が創作したように扱わなければなんの問題もないと思います。

とても当たり前なことなので、どうぞ気になさらず連載の完結を目指してくださいね。

「夜来香」にもコメントをありがとうございましたv
また時間がありましたら遊びに来てくださいね(^^)

8月24日
こんにちはかやさん。「夜来香」のDL報告、ありがとうございました。
自分の趣味に走った、それもパラレル気味なSSだったのでちょっと引かれちゃったかなぁ~(汗)と思っていたので、ほっとしました。
かやさんの所はなかなか大変なPC環境ですね。
どうぞそれこそ無理はしないでくださいね。
背後の人影に気をつけつつ、WEBライフを楽しんでください。

2008年08月26日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

8月7日~20日まで分お返事

ちょっと夏枯れ気味なサイト運営中にもかかわらず、毎日拍手をありがとうございます。
お盆を過ぎて少し涼しくなってきました。
徐々にPCタイムの拡大を図っている今日この頃です。
頂いた拍手を秋からの創作エネルギーに変換して、まったりながらもちょこちょこやっていきますね。

以下作品別に頂いた拍手やコメントへのお返事です。

8月11日 「20のお題の8」に拍手をありがとうございます。ちょっと変った趣向で書いてみた拍手SSです。お礼画面を5面で設定していたので5人それぞれの語り口でぐるっとキャラが繋がるようなイメージで書きました。
こんな遊び心でまた何か書いてみたいと思います。

「夜来香」へコメントをありがとうございますv
こんにちは、おーたむぽいんとさん。殺りんでは殺兄が残される話が多い私ですが、もしこれが逆の立場になる事があれば…、と思って書いてみました。
基本、「刹那さ萌え」なんで^_^;
タイトルの歌詞のイメージもありますね。夜来香は花の名前だそうです。夜に咲く花でその香りには人の争いを鎮める力があると言われています。あの後、次に殺兄とりんちゃんが出会うのはいつなのでしょう。きっとおーたむぽいんとさんが言われるように、大丈夫v な二人だと思います。

>ぜひこの話の続き(再開編)を~ とコメントv ありがとうございますvvv
凄く嬉しいです。ただ、私の趣味で不思議怪奇(ホラー)系を目指した単発読みきりの予定なので、今のところ再会編の予定はないのです。ちらっと考えてみたら、もっと曖昧なラストになりそう&原作二次創作でまとめるのは代が下りすぎてもはやオリジナル? になりそうな殺兄早世時代をあわせてりんちゃんと転生話とか、タイムパラドクスですでにこの時代でりんちゃんが転生しているとか、ギャグに走って実は学生結婚した悪友夫妻の娘がりんちゃんだったとか…
そんな感じでとりとめが無くなり、この話を読み終わった時の「読後感」を損ないそうなのです。
どうぞこの話の続きは、自家妄想で楽しんで頂けたらと思います。
自分的にはギャグネタが一番書きたいかもと、思っているんですがここは自重しておきます^_^;

こんにちは、そちらはもう秋の気配が忍び込み始めている頃でしょうか?
はい(汗)、本人が目指せば目指すほど的が外れるもののようで…。ホラーのつもりで書いた訳じゃなくてもホラー判定されるし、ホラーのつもりで書いていたの暗め? シリアス評価。
初稿ではりんちゃん、もっとアブナイ感じの女の子で書いていたんですよね。あっちの意味で。
でもそれじゃ「りんちゃんらしくないな」と思って表現を変えたら、その後の流れが変ったみたいです。
りんちゃんにアダルトな台詞は似合いませんでした(苦笑)
そのままだったらまた別の評価が出ていたかもしれません。

基本的に刹那さなんですよね、私が殺りんで書きたいものって。
その中に、ちょっとした救いのようなものがあればなって。
それを踏まえての艶笑展開も好きですけどv

名無しで会話させる現代シーン。なんどキャラ名を書きたい! と思ったことかと^_^;
回りくどくなるのを避けたい自分としてはうが~っっ! な心境でした。
でもその分、あの雰囲気を感じてもらえて笑ったとの言葉にガッツポーズです♪
読んでくださる方の感性で、ラスト以降が少しずつ色合いの違う物が書けたことに、とても満足しています。本格的なホラーは、それこそ時間が出来たらオリジナルの方で挑戦してみますね。

こんにちはみきさんv お久しぶりです。
コメントをありがとうございます。自分の中の殺りん萌えの肝がまさしく「刹那さ=切なさ」なんで、共感の言葉が嬉しいです。この話の続きは今のところありませんが、サイト内のこれからの作品で先で幸せな二人を必ず書きます。
多分、その話を書いたらそれから先の二人の話を書く事はないだろうと。(…未来設定、パラレル気味でのエンドなので)
あとは原作沿いに戻って、ネタが尽きるまであれこれ書いて行きたいと思います。
残暑の厳しさも少し収まってきたように思います。無理をせず、ゆったりお過ごし下さい。

「月華覇伝」に拍手&コメントありがとうございますv
この話、ほとんどプロットは出来上がっているので後は書き出すだけなのですが… ^_^;
片付け物を先にと思い、ついつい手が出てない状態です。
2~3サイト内の片付け物が終りましたら、最後まで仕上てあまり更新間隔が空かないように準備してからと考えています。ね、年内には綺麗に終らせたいなぁ、と自分も希望しています(大汗)
もう少し、待っててくださいね。

ではでは、夏休み終了がサイト活性化のスイッチ・オンv
せめて月2回の更新を目指しますvvv

2008年08月20日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

7月31日~8月6日分まで

いつも拍手をありがとうございます!!
暑さもそろそろピーク、夜は少しは涼しくなってきたように思います。
夜の時間を使えるようになれば、創作の方ももう少し進みそうですv

だんだんとこちらのお返事の間隔も短く返せるようになるようにしたいと思っています。

8月3日
こんにちは鉄工さんv お久しぶりです(^^)
鉄工さんもご存知なのですね!
はい、その作家さんの作品です。
そのうえ嬉しいお申し出までvvv

すぐにお返事をと思ったのですが、鉄工さんのお手を煩わせる前に近々実家に顔を出すので、妹の本棚を探した上でなかったら、改めて申し出をお受けしたいと思います。
お盆すぎに、こちらからメールしますね。
本当にお声かけ。ありがとうございます♪

8月5日
こんにちは、ゆうさん。
はい、すてきな原画展レポありがとう御座いました。
こちらのレスはメール着認の為のレスです。
お返事の方は、お盆明けになりますが返信メールをお送りしますね。
では、またvvv

2008年08月07日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

7月28日~30日分

拍手をありがとうございますv
暑さでダレ気味ですが、頂いた拍手パワーで少しいつもと趣の違うSSを書き始めています。
近々サイトにUP出来そうですので、もうちょっと待っててくださいね。

7月28日
こんにちはそふぃあさん。
お知らせをありがとうございました。こちらの確認不足でメール内容を確認後、速攻で昨日付けで返信メールをお送りしています。
ご指示いただいたメルアドに返信していますが、もし万が一届いていないようでしたらお知らせ下さい。こちらへのレスガ遅くなりましたこともあわせて申し訳ありませんでした。
そふぃあさんの考察企画、楽しみにしています!

2008年07月30日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

7月17日~27日分まで

拍手をいつもありがとうございますv
ついつい溜めてしまいがちですが、いただく拍手の一パチ毎に元気をもらっています。
拍手もレスも気軽にできるように、こちらのレスページと通常の日記ページとの併用も考えています。
その方がお礼を溜めずにすみそうなので、コメントを頂いた場合や私信がある時のみ、こちらのレスページを使おうかな? と思う今日この頃です。

7月17日 「想い」に拍手をありがとうございます。もうこうした原作先読みSSを書く事も無いのかと想うと原作完結って、やはり少し寂しいものがありますね。

7月19日 「言の葉」に拍手とコメントをありがとうございますv 原作の最終回を0地点にして前後3年間を脳内補完してみました。こんな展開もあるかもvvv と思ってもらえてうれしいです(^^♪

7月27日 「言の葉」に拍手をありがとうございます。原作最終回からの妄想余波は、まだ後幾つか残っていますので、追々形にしてゆきますね。

2008年07月28日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

7月16日分

拍手10連打、ありがとうございます!!
嬉しいです(^^♪ 
次もがんばりますねv

りんちゃん大好き! なのがバレバレな今回のSSです。
もともと女の子(女性)キャラ贔屓なところがあるようで、どのキャラも書き出したらずぶずぶと深みにはまる傾向があります。
このSSではりんちゃんと犬君は同じような微妙な立場かな? って捉えていました。犬君の頑張りを見ているから、自分も頑張れるみたいな。
邪見はりんちゃんにとっては本当に良いおじいちゃんポジションv あ~、なんていうか脇キャラや小さい者キャラも好きみたいです^_^;
キャラ単体よりも、贔屓キャラ+関係萌えv みたいなので、いろんなキャラが絡んでくれるのが楽しいです。
『時』の違いは、犬かごでも殺りんでも歴然として基本設定にありますよね。
原作ではそのあたりなんとなくスルーされたような気もしますが、これがないと私的には『萌え』度がダウンします。
ようやく一息つけたので、今まで我慢していた作品を閲覧しまくり読みまくりに出かけようと思っていますvvv ノベルチェッカーは甘々読書感想が楽しいです。なぜか私の書いたものは全て「ホラー小説」判定されちゃいますが(笑) う~ん多分予想ですが殺生丸の「殺」って漢字と、殺兄が無口なんでついつい多用してしまう「……」のせいかなぁとも思ったり。他の方の読書感想もみてみたいなv って思います。

チャットの方は夏休み中の家族のスケジュールが確定したら、またセッテイングしたいと思います。
まだまだ色々お話したいですね。その時はまたよろしくお願いします。

2008年07月17日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

7月8日~15日分まで

いつもいただく拍手やコメントに背中を押され、先日3週間ぶりに新作SSをUPできましたv
ほんとうに妄想&創作のエネルギー源です!
ありがとうございますvvv
これからももっと楽しんでもらえて、思わず拍手したり一言叫んでみたくなるようなそんな萌えと燃えを感じられるような二次創作文を書いて行きたいと思います。

いただいたコメントへのレスは下からどうぞ♪

7月8日
こんにちはv ゆうさんvvv
お返事がすっかり遅くなってしまいました。いただいたコメントが嬉しくて、ちょっと頑張ってみました♪
1日でも早くサイトUPに持ち込みたかったので、こちらでのお返事が遅くなった事をお許し下さいm(__)m

7月9日
こんにちは、由紗さんv
はい、読み返せば読み返すほど色んな物語があの最終回のラストシーンから湧き出してきます。あのラストに繋がるような、あるいはあのラストから明日へ繋がる妄想は、すでにかごちゃん視点・犬かごサイドからは以前から妄想文を綴ってサイトにUPしていたので、今現在新たな切り口を探しているところです。
その代わり、その他のキャラ視点ならまだまだ書けそうな勢いです。最終回シリーズ(笑)とでも銘打ちそうなこの流れ書くなら、次はりんちゃんと珊瑚ちゃんの会話劇めいたものを書いてみたいです。
これからもよろしくお願いします。


7月12日
「言の葉」に拍手&コメントをありがとうございましたv

自己満足の為の「脳内補完」をあれもこれもと欲張っていたら、自分でも久しぶりにちょっと長めのSSになっていました。もともとが短編メインなので、これも萌えのなせる業かなとv
一応、殺りんの子ども話と言うか「ファミリー物」は殺りん目次のWEB拍手お礼SS「20のお題」の11番目から以降はそんなテイストのSSを連作しています。
「満月の夜に」・「花満月」・「としのはじめの…」・「花残月」なども親になった殺りんが出てくる話です。
進呈物ですが「花いちもんめ」(贈呈先でのみ閲覧可です。先方サイト様にリンクを張っています)は殺りん夫妻の子ども達(…当サイト設定では双子の男の子なんです^_^;)と犬かご夫妻のチビ犬君の話になってます。
昔を振り返るにはまだまだ若輩で、父である殺生丸を乗り越えるのはもっとずっと先の話になりそうです。
と言うか、自サイトが立ち上げ間もなく犬かごサイトとして活動していた時に、殺りん要素殆どなしなのになぜかこの双子ちゃんは初出していたという…、結構オリキャラながらサイト居住歴の長い殺りんの子ども達なんです。
原作は完結したのに、まだまだ妄想は尽きません。どうぞこれからも遊びに来てくださいね。

りんちゃんがとても好きなので、こんなりんちゃんが見たいなと言う自分の希望をそのまま文章にしてしまいました。
周りからあれこれ褒め称えるような凄さじゃなくて、何気ない一言や行動でそれを感じてもらえたらなと思っていたので、りんちゃんの成長ぶりに引き込まれました、とのコメント本当に嬉しかったです!

その人物を通して、その背後や周りにいるキャラの評価や印象のような物も表現したいと思っているので、脇役(ご母堂様・楓さん・邪見などなど)にも注目してもらえたのが二重の嬉しさです。
まだ最終回辺りの時間軸で書きたいものがあるので、あれこれ他の書きかけ作品との折り合いをつけながら進めて行きたいと思います。
「白銀の犬」もブログ連載でUPしている分までサイトの方にUPし直したら、こちらの続きもですね^_^;
こんなにも色々書きたくなる美味しい素材を与えてくれた留美子先生に大感謝vvv です。
拍手とコメントをありがとうございました。

楽しんで貰えて、そのうえ一言でもコメントまでもらえるv 自分の妄想を文章にした自己満足なものなのに、本当にありがとうございます♪

7月14日
「言の葉」に拍手とコメントありがとうございます。
雄たけびがとても嬉しかったです(^^♪
ダイレクトに胸に響きましたv

7月15日
こんにちはりちょまるさん。すっかりご無沙汰しています。「言の葉」にコメントをありがとうございますv りんちゃんは戦国時代の少女なので、今の時代の同年代の子よりも少し精神が大人かなと思って、がんばるりんちゃんをプッシュしてみました。殺兄もただ自分の庇護下に置けばいい、と考えるようなりんちゃんを弱者的に見て欲しくなくて、あえて距離を取らせてみました。恋愛脳的な萌えよりも周りとの関わり合い的萌えに走ったSSです。
次はちょっと1~2本別時点のSSを書いてから、りんちゃんと珊瑚ちゃんの話を書いてみたいと思います。
書きたいものが溢れていて、本当に嬉しい悲鳴と時間がもっと欲しい~っっ!! と叫んでいます。
お互い使える時間を有効に使って、創作を楽しんでゆきましょうねvvv

2008年07月15日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

7月3日~7月7日分まで

暑さにちょっとくったりしています。
そんな時に頂く拍手やコメントは本当にユンケル並に元気を回復してくれるありがたさです(^^♪
いつも本当にありがとうございます!!

頂いたコメントへのお返事は下からどうぞv

7月1日

こんにちは、ひかりさんv
最終回でこんなにも二次創作界が創作ラッシュになる最終回を描いてくださるなんて、本当に留美子先生は偉大ですね!
チャットの方もまた時間を見つけてセッテイングしようと思っています。
私の都合で昼間の方が時間がとりやすかったの昼チャットがメインだったのですが、生活環境が変わったお陰で夜チャットもセッテイングできるようになりました。
時間が合うようでしたら、覗いてみたくださいね。
新作は色々考えていた事を詰め込んで、「起承転結」の転に差し掛かっています。一度「萌え」を吐き出した後なので、気持ちが落ち着いた分、今までの「あれっ?」を自分なりに消化して言葉にしたくて、ちょっとのたうってます^_^;
りんちゃん大好きなのでよいしょしすぎないよう、筆を抑えるのが…、です。兄を兄らしく、邪見が良い感じにがんばってます。もちろうん、ご母堂様もvvv 早くお見せしたいので、道草しないよう仕上ますね。

7月4日

こんにちは、七緒さんv
素材作り用の画像を撮りにいって見かけたカルガモの家族v
可愛いですよね~♪ 自然界の夫婦ってダンナさんの方が鮮やかなのが多いですよね。鳥の世界は総じてそんな感じだし、ライオイなんかも立派なたてがみは牡。りんちゃんは、化けそうな気がvvv 私の好みだと野生的な生命力溢れる感じの美女になって欲しいなv 薄命であっても、そんな力強さを表現してみたいです。

7月5日

こんにちはo-bさん。
リンク報告ありがとうございます。こちらの方こそ押しかけリンクでしたので、とてもうれしいです!
先日はチャットにも参加してくださって、ファンサイトの在り様に同じような事を感じている方が居てくださるのが判り、胸の中が軽くなったような気がします。
「萌え!」のパワーって本当に凄いですよね!!
こんな感じでSSを書く事はもう無いですが、本当に楽しい体験でした。「萌え」を感じてそれを勢いのまま文章にする。
先読み萌えなので、次の号が出るまでにサイトUP! が張り合いでもあり連載中の作品のファン活動をやっている実感にも繋がって夢中になった5年間余りでした。

原作が完結した今、これ以上のネタの投入はないですが、その反面それぞれの内にある二次創作世界の根源を覆すような大事件も無いわけで^_^;
ご母堂様登場の際の殺りん界に走った衝撃は、それは凄いものでしたからね~。今となっては二次創作に欠かせない、特に兄をいたぶるには必要不可欠なお方ですv
まだまだ終わらない、っていうのが本音です。
ゆったりまったり自分の好きな「犬夜叉」世界で遊んでいたいと思います♪

2008年07月08日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

6月24日~7月2日まで分

すっかりこちらのお返事が滞っていました(>_<)
時間の経つのが早くて、自分でも日にちの感覚がわからなくなりそうです。
一週間過ぎるのがあっという間で…。
停滞気味のサイトにも関わらず、拍手やコメント本当にありがとうございます。

ではでは頂いたコメントへのお返事ですv

6月24日・27日 「結」へ拍手をありがとうございますv

6月29日
こんにちは、そふぃあさん。先日は楽しい時間をご一緒ありがとうございました。初めての方にもっと飛び込んで欲しいといつも思っていますので、大歓迎ですvvv 私の思うところのチャットと言うのが「萌え」を含む作品全般に対して、皆がどんな風に考えているのかな? 思っているのかな? と言うのを聞いてみたい話したい! なんです。否定的な意見や攻撃的なものでなければ、特定キャラを深く追求するような話題はどんどん振ってくださっても大丈夫ですよ♪
一時期私はチャットから遠ざかった時期があります。場が上記に上げたような流れにならず、キャラ×自己投影キャラのR指定ドリ話系だったり他キャラ批判・あるいは丸っと無視されたりだったり。
「犬夜叉」と言う作品そのものについても語りたいな、と思っていた私がその場では凄く空気の読めない場違いな奴だなと痛感してチャット引きに。
そんな体験を経てのチャット主催なので、ああいうスタイルに落ち着いてますv
また開催の折には、ぜひ遊びに来てくださいね。

6月30日
 「小夜曲」へコメントをありがとうございます。これはもう4年以上前に書いたキリリク作品。私に取っても思いで深いものです。本当に甘々を狙って書くと言う事が出来ないので、頂いたコメントとても嬉しかったですv

7月1日
初めまして、瀬衣那さん。
ちょこちょこ遊びに来てくださっているとの事、ありがとうございますv
サイトデザインも褒めてくださって恐縮です。
さて、頂いた質問の

どこでこのサイトをお作りになられたのですか?

が良く判らなかったので、私が思ったところでお答えしますね。
サイト関係のファイルは契約しているブロバイダのHP用のサーバーにUPしています。
これが「どこで」と言う問い合わせの答えになるかどうか判らないので、もう一つの答え。
サイトデザインの方はサイト用のデザインテンプレートを配布している素材サイトさんからカスタマイズOKの物を借りてきて自分好みに弄り回しています。
そうして入れ物(サイトデザイン)が出来上がったところで、自分の妄想を形にしたテキストファイルをリンクして先ほど言ったサーバーにUP。私はHP作成ソフトを使わず、手打ちタグ+素材利用でこのサイトを作成しています。

私自身、言葉で上手くHPの作成を説明できるほど上級者ではないので、このサイトを作成した時に利用させてもらったHP作成支援サイトさんをご紹介しますね。

サイトテンプレート:A s s i s t Web-Design
ファイルアップロードソフト:FFFTP …ここでDLして使っています。
タグ関係:HTMLタグ・CSS・JavaScript - Web制作のインデックスサイト ちょっとしたテーブルタグやインラインフレームタグなどの小技やカラーチャートなど抑えておくと便利なサイトさんです。
WWW入門関連:とほほのWWW入門

後はどこでサイトを公開するかと言うこと。
無料で使いやすいのはFC2か忍者だと思いますので、そちらのサイトの利用説明書を参考にしてみてくださいね。
HP作成は最初は難しいと感じますが、基本のタグなどが判って来るとどんどん面白くなってきます。
おかげでサイトリニュがすっかりビョーキになってしまいました^_^;
がんばって瀬衣那さんらしいサイトを作ってくださいね。

2008年07月03日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

6月20日~23日分

たくさんの拍手とコメントをありがとうございます。
最終回の余韻で、頭の中に湧き出したSSがぐるぐる回っています。
頂いた拍手やコメントを活力に、形にしてゆきますねv

6月22日
「原作萌えを叫ぶ会」返信
こんにちは、そふぃあさん。お知らせありがとうございました。メールを拝見して、速攻で削除しました。一日一回は管理しているのですが、今回の最終回の余韻に浮かれて2~3日ばかり管理を疎かにしている間にやられたみたいです。
まぁ、いきなりの画像貼り付けじゃなかった分、助かりました^_^;
それからご提案いただいた『原作完結記念の萌えを叫ぶためのスレッド』の件、折角でしたのでそふぃあさんの名前を出して企画サイトのTOPページから専用の特設会場用掲示板を設置しました。
そふぃあさんもどうぞ書き込んでみてくださいね。
犬夜叉は完結しましたが、どうかもうしばらくお付き合いくださいv

6月20日~23日
「結」にコメントと拍手をありがとうございます、

こんにちは亜美さん。
そう、終わらないですよねv あんなに殺りん者の心をくすぐる萌えを投下されたら、まだまだ書きたくなるってものです。突発SSを楽しんでくださってありがとうございます。
また近々、今度は3年前のSSを更新する予定です。
また遊びに来てくださいねv

幸せな話なのに涙が出て…、とても嬉しいコメントをありがとうございます。
読んでくださった方の心にそれだけではない何かを感じてもらえたのだと思うと、拙い文章であっても書いてよかったと本当に思います。
私自身まだまだ書きたいものがありますし、5年以上かかってもまだ書きたいものの半分くらいしか消化できてない今の現状です。
オン同人は自分のやる気させ継続できれば、いつまでも楽しめるありがたい趣味です。
閉鎖の予定はいまのところありませんv どうぞ安心してくださいね。

殺生丸夫婦から幸せをもらってくださってありがとうございます(^^♪
まだまだこの二人の話は書いて行きますねvvv

「こぼれ話2」に拍手をありがとうございます。
出番が少なかったけど、どことなく憎めないキャラでした。白夜ってもう少し掘り下げてみたいキャラですね。

「花こよみ節分草」に拍手をありがとうございます。
こちらのシリーズもちょっと停滞しています^_^; 次の回も半分は書いているのですが、この最終回の萌えに優先順位がふっとんでしまいました。もう1本最終回絡みのSSを書いたら、こちらを仕上ますね。

こんにちは、由紗さん。犬かごスッキーさんからもあの最終回の殺りんは「萌え」だったんですねv
はい、もうモロに萌えが燃え盛ってしまって気が付いたらあのSSを書き落としていました。
妖犬族の男って、みんななんだかんだいっても似てますよね(^^♪
不器用で一途なそんな殺生丸や犬夜叉と、自然体で受け止め癒しを与えるりんちゃんやかごちゃんに幸多かれと、エールを贈っています。

「花こよみすすき」に拍手をありがとうございます。
もう少しでこのシリーズも完結です。(…と言っても、あと3本^_^;)
その頃にでも、また遊びにきてくださいね。

2008年06月24日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

6月17日~19日分まで

ブログの拍手やパチパチ・作品別の一行メルフォからとたくさんの拍手をありがとうございます。
犬夜叉は完結してしまいましたが、このサイトはまだゆっくりと「もしかしたらこんな展開もあったかもv」とか「こことここのシーンの間にはこんなことがあったんじゃvvv」なんて妄想が尽きるまで、色々書いて行きたいと思っています。

たぬきさん、こんにちはv ブログ&パチパチへのコメントと拍手、ありがとうございました。
「犬夜叉」の完結で一区切りついたような、やはり寂しいようなそんな感じですね。ですが、あのラストは私の中のあるかもしれないラストのワンシーンと重なって、とても納得してしまったのです。
それと同時に、いろんな意味の萌えの置き土産を留美子先生から頂いたようでv
まだまだサイトを続けてゆく糧になりそうです。
作品を読んでくださったんですねv ありがとうございます(^^)
私の中の犬君たちは、今も旅の途中です。私が書きたい自分の中の「戦国御伽草子犬夜叉」のラストシーンを書くまでは、細々とこのサイトを続けてゆきますね。
どうぞ、また遊びにきてくださいvvv

6月18日・19日
「結」にたくさんの拍手をありがとうございます。

こんにちは、ミカンさん。突発SSへの拍手とコメント、ありがとうございます。
そうなんですよね、私もここまで殺りんをメインキャラ扱いにしてくれるんて思ってもなくて、りんちゃんが手にした着物と楓さんの「また何か持ってきたのか」の台詞に萌えのアッパーを食らって、ほとんど発作的に書き落としてしまいました。
ご母堂様はお気に入りキャラなんで登場してもらってvvv
色んな時間軸と原作を踏まえた、それでも切り口の違う視点で殺りんの話をあれこれ書いていきますね♪

~原作の様子だと、本当に… の方へ
ここが留美子先生の上手い所ですよね! 前回までで、物語的には完結していると私は感じました。ラストの一回は、読者の為へカーテンコールのようなもの。どうぞこの先の物語は読者である方々の数だけ、その胸の中に綴っていってくださいね、と。そして、私も真っ先に殺兄とりんちゃんの結納話に食いついた訳です。コメントをありがとうございましたv

こんにちは、ひかりさん。
はい、もう矢も立ても溜まらず書いてしまいました。こんなパターンで書くのもこれが最後かと思うと、少し寂しい気もしましたが、その気持ちをまだ自分の中で燻っていて形になってないお話を書く事で昇華させようと思っています。これからも、どうぞよろしくお願いします。

~命がけの殺生丸様の愛に… の方へ
コメントをありがとうございます。あまり頻繁にりんちゃんの元に通い続ける殺兄じゃ、ちょっとクールビューティのイメージが下がっちゃうかな? と言う気持ちと、私の中に殺兄とりんちゃんの関係でネックになっているのが殺兄が持っているの毒(…後半ではほとんど忘れられているような設定ですが^_^;)の事。そのままではりんちゃんの方が命がけになるよね、ってことで殺兄に命かけてもらいました(笑) 楽しんでもらえて、私も嬉しいです。

~朝からサンデーを読んで感動してきました、の方へ
本当にそうですよね! 感動と衝動と萌え! で書いてしまった突発SSv こんな素敵な最終回に立ち会えた事が物凄く嬉しいです。この感動を共有できる、この時間も嬉しいですね。

サイト移転後の新作が、この最終回突発SSになるとは私も思いませんでした。それと同時にしばらく創作そのものが気持ちがあってもどうにもスピードが付かなかったのが、今回のSSで1回吹っ切れたような気がします。「犬夜叉」は終わってしまいましたが、私のイマジネーションの中にご母堂様や殺兄や犬君やかごちゃんやりんちゃんやと今も生き生きと動き回っています。原作の隙間を補完しつつ、でもこんな世界もあったかも…、といえる物を書いてみたいというそんな衝動をくれた留美子先生に、ただただありがとうございますというばかりなのです。
創作への衝動だけではなく、ネットをとおして出会いのチャンスをもらえたことも感謝してます。
犬夜叉のネット世界をうろついていた時、初めて「あ、ここだ!」と思えるサイトさんに出会え、いまもこうして交流できる幸運を思わずにはいられません。どうぞこれからもよろしくお願いします。

こんにちは、しのさん。いえいえ私の方こそアドレス変更のお知らせにも上がらずじまいで、本当に申し訳なく思っています。りんちゃんの着物、あれってかなり良いものですよね~v でも、あれ? 帯が無いぞ? と思ってしまったところから、どどどどどっっと妄想が決壊してしまいました。
もともと「帯ネタ」を引き出しにしまっていたってこともあったんですけど^_^;
結納の時の新郎側が新婦側に渡す結納金の事を、「小袖料」とか「御帯料」とか言うんです。で、新婦側が持参金として相手に渡す時に「御袴料」って。
「帯を(袴もふくめ)解く」ってもともと、そっちの意味がありますしね(邪笑)
そして、そんな含めた意味をちゃんと酌んでさりげなく手配できるのは、年の功の楓様だろうと。
二人の幸せを感じてくださって、ありがとうございますvvv
オフの方もかなり落ち着いてきました。一時期、本当にテンパっていてどうなるかと思う時もあったんですが、しのさんはじめ具間伺わせていただくオフの様子に、まだまだ自分も頑張れるやれることがあるよねと、お手本にしていました。
しのさんこそ、どうぞ無理はしないでくださいね。
妄想の翼が伸ばせる、この空間をまったりと共有してゆきましょうね!

お久しぶりです、ゆりさんv 
はい、この最終回はある意味、今まで「犬夜叉」を応援してきたファンへの留美子先生からの大きな萌えプレゼントだと思いました。物語は終わっても、この世界は終わらないって。絆は、繋がりはずっと続いてゆくんだなって。あまりの萌えに、書き手魂がゆすぶられて発作的に書き落とした突発文でしたが、それがこうしてゆりさんからコメントをもらえる呼び水になったんだと思うと、それもとても嬉しいです。これからもどうぞ気兼ねなく遊びに来てくださいね。

大声で叫べるような殺兄ではないので、一目に付かない所で血反吐吐いてもらいました(笑)
情熱的と言ってもらえて、嬉しいです。コメントをありがとうございました。

最終回で殺りんが好きになって~ の方へ
犬夜叉の物語は完結しましたが、殺りん妄想の世界はまだまだ終わりはありません! 世界も広がってます。自サイトをスタートラインに、どうか素敵な殺りんの世界を旅されますようにvvv
サイト作品の感想、ありがとうございました♪

2008年06月20日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

| 気分は日曜日TOP |

» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。