FC2ブログ

神楽、追悼。


うん、ここに来て大きく流れが動き出した感じですね。
正直な所、ここでまたポシャらせるような展開だけは避けて欲しいと願うばかりです。

今週の、風になった神楽は良きせよ、悪しきせよ(…内容云々ではなく、散々今まで引っ張っておいて、この展開なのっっ!? と言う声もあるのです。)、かなりなインパクトでした。

私としては、神楽にウルフガイ・シリーズの虎4(フースー)の面影を見たのですが。このシリーズを読まれてない方には、判りにくい話になりますので、後日他にも色々思う事がありますから、纏めまして、考察の方でUPしたいと思います。

ここで、簡単に申しますと作品的に、神楽が風になった方がよかったか、若しくは殺生丸が間に合って天生牙で神楽を助けた方が良かったか? と言う事になってくるんですね。

…そして作品的に見た場合、やはり彼女は【散る】べきキャラだったんですね。
本当の事を言えば、奈落側の確執や葛藤などをもっと抉る様に描いてくれないものかなぁ、とは常々思っているのです。

読み手側の空想の余地の部分なのか、かなりこの「犬夜叉」と言う作品には、空白地帯が多いのです。
言わば、謎だらけ。
そう言う、敢えて(?)空白にしていた部分をこれから、パズルのピースを嵌めて一つの絵にしてゆくような、そんな展開になってゆくのでしょうか?

もし、そうならば、私は桔梗様よりもかごめちゃんの存在の方が危ういような気がするのです。

今週の【風】に対しての、感想と言うか哀悼と言うかSSを1本、先程UP致しました。
しばらくは、これからの展開を見守って行きたいと思います。

スポンサーサイト



2004年08月27日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |