FC2ブログ

う~ん、限りなく終末っぽい気がする… (-_-)

今週末は、サンデーの39号・40号からの、【犬夜叉】今後の展開などを考察しようと思っていたのですが、その前に… やっぱり終わりそうな気もする、原作そのものが。

まぁ、ここでまたタル~いお笑い話や、犬かごの痴話ゲンカめいた話を入れられても困るんですが。それにしても、いままで空白地帯が多過ぎる作品だけに、纏めるのが難しいかも。
心理描写的なもの、状況描写や背景描写がかなり曖昧で、それを無理やりこじつけられたら、基本的には好きな【世界】の話なので、それはちょっと悲しい。
別の意味で悲しいのは、ここに至っても、まだ犬桔かごの三角関係視感で騒いでる向きがあると言う事かも。
今後の纏め方如何によっては、この【犬夜叉】と言う作品、駄作にさえなりかねない危険性を孕んでる様に思えるのは、私だけ?

ボーダーラインの38巻。
丁度、今がその38巻目あたりを連載している。
今月17日には37巻が発刊される。
これが、どう言う事か?

…つまり、最終話が連載されると同時に最終巻も即! 発刊出来る様にとの、カウントダウンではないかと。
続いてるからこそ、コミックは売れるのであって、最終回を迎えた話の最終巻を連載終了後2ヶ月も3ヶ月も待つのは、かなりのファンだ。勿論、もともとコミック派と本誌&コミック派もいるから、一概には言えないが、終わってからの時間が経てば経つほど、購買欲が落ちるのは否めないだろう。

実際、過去にも同じパターンで「最近やたらとコミック化が早いな。」と思っていた作品は、殆ど毎月の様に新刊が出、あれ~? と思っているうちに連載は終わってしまったと言う経験がある。その時は3~4ヶ月かかっただろうか? 
まぁ、そこまでの無茶はしないと思うが、それをされたらマジで【犬夜叉】は駄作になると思う。
3~4ヶ月、せいぜい12~14回分くらいの連載内容で、纏まる内容ではないと踏んでいるから。
もう一つ考えている事もあるのですが、それは近々UPさせる考察の方で。

久しぶりに、考察系の日記でした。

スポンサーサイト



2004年09月03日 オタヨタ日記 トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |