FC2ブログ

タイムスリップ物。戦国自衛隊と天晴れ夜十郎。(…って、完全に私の趣味^_^;)

ここ1・2年、昔のアニメの実写映画化やリメイクが続いてる中、今回はこの【戦国自衛隊】がリメイクされる事になりました。

戦国自衛隊と天晴れ夜十郎(原題 講談碑夜十郎)。後者は数年前にNHK金曜時代劇で阿部寛主演でドラマ化されました。共に、原作者は2年前他界された、半村良氏。そうなんですね、近年私が愛読してきた作家陣がどんどん鬼籍に入って行くのが悲しい。星 新一氏、然り。光瀬 龍氏然り。岸田理生氏、然り。山田風太郎氏も。マンガ家もそうですね。

いえね、【犬夜叉】も言わばタイムスリップ物の要素は充分に持っている訳で。
それだけに、奈落との闘いだけに的を絞ったような、もしくは犬夜叉とかごめの恋愛的要素を殊更に強調するのも、きっと片手落ちな読み方なんだろうな、と思っています。この話の根底には、【時の流れ】のような人知では越えられないモノの存在が、最後にドーン!! と来るような気がしているのです。
そう、戦国自衛隊のラストのように。

この話、はっきり言って物凄く切ない話です。
人間の力なんて、いくら科学が進もうとも【歴史】と言う大きな【時間の壁】の前には、無力なんだと。
この日記を読んでくださってる方には、すでに原作を読んだ、もしくは映画をご覧になった方もいらっしゃるでしょう。
私も昔の事ですので、記憶も薄れているのですが、あの切なさだけは今も鮮明です。

演習中の陸自の1個中隊が、地軸(?)磁気(?)の乱れで戦国時代へとタイムスリップする訳です。演習中の事ですから、もちろんフル装備で。出現したのは小競り合いを繰り返していた合戦場。ひょんなはずみから、劣勢だった側を助けるような結果になってしまい、彼らは助けた陣営の客陣として迎え入れられます。
歴史的には名も残らない小国の国主と、現代に戻れるかどうかも判らない中隊長は、この戦国時代を自分達の力で変えてやろうと、それが出来るだけの【武力】を持っていると。

…続きは、また後で^_^;

今度はちゃんと追記スペースに記入します(笑)

スポンサーサイト



続きを読む

2004年10月20日 オタヨタ日記 トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |