スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

夏のまとめ

子供たちの夏休みの宿題の最終チェックをしていて、ほぼ半日潰れました。
終ってはいたけど見直しをしてなかったので、見てみるとミス続出。
付箋をつけて、やり直しをさせていました。これは、まぁ殆ど次女の場合。
長女は本当に手の掛からない子で、夏休み作品としてのスケッチ2枚の監修(?)くらいで済みました。

私の方はと言うと…、目も当てられない悲惨さかな(>_<)
お届け物その2の進捗状態が目標の7分の1くらい、書きかけの突発SSの仕上げが残ってたり、描きたいイラストがあったり。イラストの方は実は、子供たちの目があると、アブナイ内容の絵ではないにしてもちょっと恥ずかしくて(照)、小学生の女の子。何を描いてるか見てるし、どこで喋るか判らないので、ちょくちょくお姉ちゃんずの友達が遊びに来る間は落ちつかなったんです。末っ子君の相手を一人でしないといけないけど、そーゆー面での落ち着きは学校が始まってくれた方が出るかな?

9月は正直、かなり今まで以上に引き篭もるかなと。
贈呈先様の優しさに甘えて、先延ばしにしすぎて来た物をちゃんと形にしないと、自分自身これじゃダメだっっ!! と思っています。今月である程度の目途を付けないと、来月末頃には次のキリバンがきます。勿論、申請はスルーされても構わないのですが、それにしても自分の【けじめ】としての問題。
身軽になっておきたいな、との思いもあります。それでも、まだまだ抱えているものが多いので^_^;

あっ、でも引き篭もると言いながらも、常設のミニチャットの他に通常タイプのチャット・ルームも開設しました。PCに触れる時は午前・午後何回かは覗いてます。ここは、私が居ない時でもお友達同士待ち合わせして使われて構いませんので(^^) 夜、開催されるチャットにはまず今の状態では参加出来ません。数少ない昼間のチャットも、予定は未定な私です。
無理をせず、行き会えたら都合が付いたらその場でチャットv と言う感じで付けています。

うう、例のサーバーのテストもまだクリアしてません。今月も通常のスタイルのパチになりそうです。こちらの差し替え分のお話も書かないとですねv

スポンサーサイト

2005年08月31日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

毎日テスト

どうしても使いたいCGIがあるので、CGIファイルの置ける無料サーバーを前回探し出し、今 挑戦中です。
いえ、CGIファイル設置での挑戦ではなく、そこのサーバーを使わせてもらう事への挑戦。こちらのサーバーは個人で運営されているものなんですが、その運営思想が物凄く高い! 無料サーバーにありがちな広告の表示もないし、ファイルサイズも1回にUPするサイズが余程大きくなければ、無制限。もちろん、CGIファイルもおける。まぁ、ちょっとした制約がありますが。メール機能が使えないんです。例えば掲示板などに書き込みがあると、携帯の方にその事を連絡してくれる機能が付いた掲示板ってありますよね。そのメール機能が使えないんです。深夜にFTP制限がかかるのも難ですが、私の生活リズムで言えば、私もその時間帯は制限がかかっているので、問題なし。

特に私はCGIファイル置き場として使いたいので、そう頻繁なUP作業はないし。

ただここは、登録フォームに辿り着くまでが大変なんです。
YES・NO式のテストなんですが、これをクリアしないと先に進めない(>_<)
このサイトの主旨やシステム状況などの質問なんですけど、これが難しい。ああ、その専門的な質問と言うより、ちゃんとサイト内に書いてある事をよく読んで理解しているかを試される訳で…。

この時点で、ええい! 面倒くさいっっ!! と回れ右をされる方も多く、またこのテストをクリアするにも、それなりの熱意が必要。そんな手間をかけてもここを使いたい、というユーザーが集まるので、物凄く大人っぽいというか整然とした落ち着いた雰囲気です。

この難しいテストも掲示板を覗くと、防・省学生厨学生(…この表現はあまり好きではありませんが)対策も兼ねているのでは? と言う意見もあり、そんなものかと。

何回でもトライできるテストなので、もうゲーム感覚で挑戦しています。
4時間でクリアした方とか、2週間でとか、4ヶ月とか…。
まぁ、ね。一番使えないっっ!! と思ったのは、私が使っているプロバイダーが提供しているHPサーバーがCGIファイルをそこの提供しているものしか置かせない、って事ですね。

サイトをリニュして、今のような構成にしてなかったらとっとアドレス引越ししていたかも…? もう、年間3~4000円くらいならね、と。でも挑戦し始めて、途中で投げ出すのも自分としてん~、なので気長にチャレンジです^_^;

明日より30日まで留守に致します。
暫く、日記もお休みです。
今年も阿蘇・大分方面へv 昨年はバタバタとしか見学できなかったので【海たまご】をもう一度ゆっくり見学してきます(^^)

2005年08月27日 オタヨタ日記 トラックバック:0 コメント:0

浴衣

明日の校区のお祭りで着せる浴衣を今頃出している、暢気なダメ母。
一回洗濯して糊付けをと思い、ついでにここ2年ばかり着せてなかったので、丈を見ようと羽織らせてみたら、まるで時代劇の村の子供A・Bのような裾や袖の短さ。
慌てておはしょりや肩上げを全部解いて見ました。
次女はまぁ、良いとして、問題は長女の浴衣。
長さがギリギリ、いや… やっぱりちょっと短い。裾を下ろせればいいのですが、実はちゃんとした反物で仕立てた浴衣ではなく、私が浴衣柄の木綿生地で数年前仕立てた物。つまり、最初から生地の長さが短めだったんです。
だから、作った時から裾には余裕がなくて… ^_^;

今から悪あがきしても仕方がないので、今年まではこれで我慢してもらう事にしました。来年は二人共に新しい浴衣を仕立てるか、買ってあげるかしないとですね。

でも…、仕立てるより買った方が楽で安上がりかも、と。

子供の服って、大人の服に比べて割高ですよね?
生地面積だって、作業工程だって縫う所が少ないから安くてもおかしくないのになぁ、って思うんです。
浴衣なんて、子供サイズで買うとそう長い間は着れないのに、大人並かそれ以上のお値段。う~ん、と考えまして。

それなら、自分で作っちゃえ!! って。

子供の着る浴衣。本物の反物じゃなくてもある程度広めの生地で和柄ならいけるよねv 失敗してもサマードレスくらいにはリフォーム出来るし。
と、言う訳だったんです。長女には紺地に紫陽花・夏椿・撫子の淡色花柄、次女には赤地に朝顔の柄。どちらも原価1000円くらいで出来ました。
自分で作ったものの良さって、もとが判っているので惜しみなく着せる事が出来る、汚されても平気v と言う所。

子供が着るものです。汚したり破いたりは仕方がない事。それを嫌がって着せなかったり、注意してばかりだと楽しくないですもんね。
なかなか着る機会がなかったので、今年は着納めと思ってしっかり着せようと思っています。

…しかし、末っ子君も着たがるのはちょっと(困) 甚平じゃダメ? ね、K君v

続きを読む

2005年08月26日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

サンデー感想のような… 

モノ 全国的に見て発売日が1日遅れの地域な為、ネタバレ感想などは書きようも無いのですが^_^;

多少の考察がらみからの感想のようなものを、と。
これが深まると感想SSになったりするんですね。

今週の展開を読んで思った事。
あの赤子は一体何者なんでしょう? 本当に奈落の片割れ的…、つまり神無や神楽のような存在なのか? 白霊山で生み捨てたあの夥しいほどの【人間の心】 その最終形として生まれて来た【赤子】 最初に生まれた形から、さらに半身を失った形になっているのに、それはそうなるべきだと言っていた奈落。奈落の中には、もう鬼蜘蛛=無双は居ないのだろうかと言う疑問。赤子と鬼蜘蛛は無関係なのか? など、なかなか先が読めなくなってますので最近は静観の構えです。

それと、今週は珍しく地道な殺兄のお姿がv

…うん、ただね 一抹の不安もあるのですが………
って、もう先にその設定での感想SSも書いちゃった私ですが、りんちゃんの存在がね、大丈夫かなぁと。
散った神楽を悼む、意識しない【慈愛】の心故に天生牙が本来の姿になろうとしている訳で、その証としての冥道残月破。技を極めれば開いた冥道の形は満月(笑)になるという、天生牙最大の奥義。今はまだ三日月程度、これは練習してもいくら鬼を山ほど叩き切っても、満月にはならないような気がするんです。【心】の成長がなければね。

と、言う事はりんちゃんの身に何かあるのでは、と。

と、ここからは久々に感想SSにもならないSSを^_^;

続きを読む

2005年08月25日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:0

三週間ぶりに更新!!

お盆前から引っ張っていた殺りん短編(SSの範囲を超えたようなので^_^;)、先ほどサイトの方にUPしてきました。

作品の傾向的にはほぼ1年ぶりの更新になる【隠し部屋】仕様。
まぁ、我が家の隠し部屋は殆ど隠してないのも同然ですが。
長さ的には原稿用紙24~5枚程度の話なんですが、うち半分くらいが殺生丸の語りによる【その手】のシーンの描写です。

描写と言ってもウチの殺生丸は喋らないんで【言葉責め】はまずない。
従ってりんちゃんの艶っぽい「ああ~ん、あん、あ、いや、やめ…っ」みたいな台詞もなし。ついでに、ぐちゅぐちゃぐちゅみたいな水気のある擬音もなし。ここでも色気もサービス精神もないなぁ、と一人苦笑いしています。

そのかわり、「怖い母親」とか言われそうな気もしますが^_^;

殺生丸を人間の男のようには書きたくない、って言うのがずっと根底にあるんです。妖怪はあくまでも妖怪らしく、と。小技を使う、小道具を使う殺生丸というのがあまりイメージにないので、それこそもう肉弾戦あるのみ! 相手は堪ったもんじゃないですけどね。
獣のように野合だし、生殺与奪者でもあるからこんなイメージになるんでしょう。そのくせ、どこかヘタレてる…、う~ん(困)

何だかんだ言っても、一番強いのはやっぱりりんちゃんなんですよね、私。
これで少しは殺生丸からみたりんちゃんへの【想い】の視点が定まるかな?
こーゆーのも【恋愛感情】の一種になるのかな…???

昨日は、午前中は胃が痛く、午後からは吐き気を伴う酷い頭痛で、どうにかしてこの話を仕上げてUPしたかったのですが、一日遅れになりました。
胃が痛く、頭も痛くなるようなものを書いていた、と言う事なのでしょうか。

そーいう物を書いていた反動か、今 無性に見てみたいものがあります。
サンデーに連載中の「兄 ふんじゃった」の兄風殺兄。ここで構いまくるのはりんちゃんではなくやはり弟の犬夜叉が良いなぁv あの傍若無人、天上天下唯我独尊な兄の強烈なブラコンぶりを犬兄弟で見てみたい(*^_^*)

すっごく似合うと思うんですけど、誰か描いてくれないかな?
小説よりもこれは漫画で見てみたいです。

さて、明日からはお届け物その2に着手。
急がないと、完全に季節外れに…、ってあちらはもう初秋なんですね。
うぎゃ~、季節 外してしまいました!! 9月の2週目辺りまでにはなんとかしたいです。

夏休みの母の宿題。
子供たちよりも終っていません…

2005年08月24日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

試行錯誤、悪戦苦闘 ^_^;

う~、う~、うっっっ~~~

久しぶりにかなり頭を使って書き進めています、殺りんSS。
最初は、暑中お見舞いSS程度のつもりで書き始めたら、なんだか最近ちょっと別口で考えていた事なども諸に反映してしまいまして。
イメージ的なものはあるんですが、それを【形】にするのに悪戦苦闘しています。

簡単に言うと、ウチの殺生丸は何故現行設定でりんちゃんに手を出したか、なんですが… ^_^;
当サイトでの殺りんにおける【背骨】の部分なので、一度自分自身ちゃんと見詰めておこうと思って。
まず私、殺生丸を【ロリコン】だとは捉えていません。また、現在のりんちゃんに対しても、恋愛感情は抱いてはいないと思っています。

…………、こんな前提条件があるのに、それこそ何故~っっ!!!?

勿論、鬼畜なエロ野郎扱いはしたくないですし、いや、鬼畜は鬼畜なんですけど、微妙にエロでもない。その辺りが、難しい。
今まで隠し部屋に置いていた話の視点はりんちゃんメインだったので、判らない&幼い者の表現を使う事で済ませていた部分も、今回は殺生丸視点。
かなりそう言う意味では【大人的表現】を使わざるを得ません。

【りんちゃん】に欲情もしてないのにやっちゃう殺生丸をどう書くか。

結果、とんでもなく【人で無いもの】の最初からりんちゃんを殺すつもりで抱く殺生丸、になりました。
最近では珍しいのですが、書きながら作品世界を捏ねている感じです。
普通はイメージが固まる、あるいはプロットが立った時点で、後は適切な言葉をリズムを整えながら引っ張り出す作業になるのですが、この話はかなり混沌としています。それでも、そのイメージを【言葉】に置き換えておかないとまたすぐ流れ去ってしまうので、少し書いては後戻り、前に書いた事との繋がり具合や同じ事を繰り返して書いてはないかを確認しつつ、進めています。

明日くらいにはUPに持ち込めると良いのですが…

然程長い話ではないんですけどね、私も作中の殺生丸と一緒に悩んでいる感じです。

続きを読む

2005年08月22日 二次創作 トラックバック:0 コメント:0

予定は未定

お盆前から書き始めた一応残暑見舞いのつもりだった殺りんSS。

…まだ上がりません。
一番の理由は、今週から入っていた「スカイハイ」の再放送に噛り付いていたせいなのですが^_^;
今日の放送で最終話まで行ったので、午後からの2時間は創作関係に回せそうです。今日の午前中はサイトの中TOPをちょっと弄ってましたのでv
すこ~し秋色を出してみました。

基本カラーは相変わらず藤色と白ですけど。

殺りんSS「ほうずき」
お盆を意識したせいか、どちらかと言えばトーンの低めの話です。その前に書いたのは熱中症予防をテーマにしたので(笑)、あんな感じなんですけど今回は殺兄視線のシリアス系。
ほうずきとりんちゃんのイメージを重ねようとも考えてまして。

ウチの殺りん話の背骨みたいなものが、例え鬼畜のような所業での現行設定一線超えが基本とは言え、この二人の間の関係は【恋愛関係】よりも【生死感】のような所に根ざしてます。
だからついつい重く暗くなるんですよね。

もともとの設定を考えても、大妖怪であるからこそ感情などという愚かなものに振り回される事などない、と言っていた殺生丸だし、りんちゃんに至ってはまず【幼い】 加えて人間関係が希薄。周りの人間関係からそう言う他者に対する恋愛感情などを学習する機会は少ないだろうな、と。また、りんちゃんにとっては殺生丸が世界の全て。他のものは目にも入らないでしょう。
奇妙な【縁】でお互い側にいる二人だけど、お互いを【恋愛対象】としては見てないような気がするんですよ。

でも、互いが互いを必要としている。
相手を必要とする思いは【恋愛感情】だけではないと思うし。
じゃぁ、なぜそこで一線超えかと言うとやってる本人も書いてる奴にも良く判ってない。その良く判ってない所をどうにか【形】にしようと足掻いている訳で^_^;

最初から固定概念のように殺りん関係=恋愛関係、なら書きやすいのかな?
色々な障害は山積でも、そこにゴールがあるのは。

一番近い例えの例として考えたのは、りんちゃんはもう殺生丸にとっては手足の一部のようなものかな? と。自分自身の一部でましてや何者にも負けない自負があるなら、その部分を【守る】と言う意識はこれも希薄でしょう。
自分のものだから自分がどう扱おうと気にも留めない。だけど、他の者が傷付けるのは絶対許さない。
そんな感じなのかなぁ…

そんなこんなを考えながら、今更ながらに【答え】を探している殺兄です。



2005年08月19日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

久しぶりにドラマに嵌った!

と言ってもねぇ~ ^_^; 夏休みでの再放送のドラマなんです。

何度か日記にも書いたのですが、ウチのダンナ ほんっとドラマを見ませんから。ましてや、深夜枠での放送なんてね。(苦笑)
今、こちらでは午後2時~4時の間に「スカイハイ」が入ってます。
凄く興味のあるドラマだったんですが、本放送での視聴は諦めてましたし、だからと言ってわざわざレンタルしてまでもとも思わなかったし…。

子供たちと昼間、ダンナの居ぬ間にと楽しんでます。
あの小倉さんと恵多くん(子役の子)の掛け合いや、その子とイヅコとの会話が良いなぁ、とv あの子、上手いですね。
原作のコミックの方は読んでないので、純粋にドラマだけでの楽しみですが、映画になったのも判るような気がします。

オカルト要素を下敷きにしてるけど、結局は人間の【心のドラマ】
もうしばらく楽しめそうです。

…しかし、性格的なものは合っているけど、ここまでダンナとの趣味の不一致もちょっと辛いかな? 「スター・ウォーズ」のメインテーマを、ちゃらちゃらした音楽、と言われた日には長女ともども何を話題にしたらいいか判らん! と二人で顔を見合わせてしまいました。いえね、夕食の時に丁度このメインテーマが掛かって、長女がクラスの友達がこれピアノで弾けるんだよv と話題にして、私がこの曲は主旋律だけならそう難しくはないと思うから弾けるんじゃないかな、とダンナに話題を振った時の答えがあれだったんです(>_<)

SF・ファンタジー映画は作り物、社会的テーマの映画は最初から見たくないとスルー。いいけどね、嗜好性は人それぞれだし。
オーソン・ウェルズを知ってる? と聞いて、知らないと答えられた時にその手の話題を振るのをやめようと思ったのに、つい やっちゃったのでした。



…いや、まぁ そのドラマに嵌ってしまって午後からのPCタイムをそれに当てちゃって^_^; あ~、書きたいのにっっ!! と言うのと、見たい~っっ!!! が拮抗してます。

2005年08月18日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

収穫v

う~ん、今日からダンナも仕事v

ようやく、かなりいつもの生活リズムが戻ってきました。お盆休み中は何かと、落ち着かなくて。PCに触れそうな気もするのですが、やはり創作は出来ませんね^_^;

お盆中はそんなに大変な事はないです、その嫁姑関係とか親戚関係のあれこれは。ダンナの実家にはまだ仏様がいらっしゃらないので、お盆と言ってもお盆らしくない。年に2回、親戚が集まる為の日の一日って感じです。

ダンナの妹さん、つまり私の義妹になる訳ですが集まるのはこの家族とウチだけですし(…長男であるダンナのお兄さん一家は最近見かけなくなりました^_^; 実家寄りしにくくなるのかな? お嫁さんが乗り気でないと)、こちらも気さくな家族ですので会って話すのは楽しいです。

我が家と違ってこちらはもう社会人の姪と今年大学生になった甥。
この姪や甥とは波長はあうのです、私や長女のv
つまり、漫画好きって事で♪ その上姪は出版社勤務なので、色々印刷関係の話やそれこそこの前ポカした校正の話などで盛り上がり。小説の校正などを手がけるそうですが、この言葉の使い方は間違っているのかそれともあえてそうしているのかで悩むそうです。
ここではいつもこの義妹一家のサービスでバーベキューが定番v
美味しいお肉を頂いて、頃合を見計らって引き上げます。

15日は私の実家でお盆の送りをする為に、私サイドの親戚が集まります。

今回、私は妹から蔵書の一部と最近天体に関心を持ち始めた長女の為に、妹が持っている天体望遠鏡を譲ってもらう予定でした。
残念ながら天体望遠鏡の方は以前、大きな方のレンズを落として割ってしまい、今は使い物にならなくなっているとの事。
その代り、子供たちへと沢山絵本をくれました。
ウォーリーが4冊、マジック・アイ(3D絵本)が3冊、望遠鏡の代りにと3D星座の絵本が1冊、みけねこ探偵団の絵本が3冊、B・Jの文庫本サイズが2~16巻まで(1巻目が行方不明^_^; 地震で本棚が散乱してしまい、普段使わない部屋なのでそのままにしているとの事。実家は妹のクローゼット代り)

ダンナにはどこに収納するのか? と聞かれましたが、このくらいならどうにか納められるので親子で楽しもうと思っています。
マジック・アイは視力回復効果もあるんですよv

気兼ねなくまた本の収集を始めたいような気もしますね。

続きを読む

2005年08月17日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

今日は地獄の釜の蓋の開く日

って事で実家の父の生きていた頃は、漁止めの日でした。
外地からの引き上げ後、まぁ色々転々としていた母がようやく落ち着いた島原の方では、山止めといって猟師も山に入らない日だとか。

お盆でしたので、その手の話を。

お盆であの世から帰ってきていたご先祖様や、そのほかの亡者達が15日の送りでそれぞれの場所に帰ってゆくそうですが、実際に(?)帰り着くのは16日だそうで、それまでは地獄の(…不思議と極楽への門、とかは聞いた事がない)入り口である釜の蓋が開いているらしい。
ちゃんと子孫にお盆のもてなしを受けられた霊は、それこそ生きている人間でもそうであるようにほくほくと帰路に着くので問題は無く、そうでない場合は霊の世界でも肩身の狭いものらしい。

で、うっかりそんな霊に山や海で行き会ったりしたら、ええい、腹いせにと地獄に引き摺り込まれるから行っちゃ行けないと、幼い頃よく両親に言われたものです。

我が家の、と言っても私の実家の方のお盆の準備はお仏壇だけではなく、無縁仏さん、無縁さんの分も一緒に用意します。亡くなった父が無類の世話好きでしたので、これも父へのご供養の一環v

生前の父は、船着場で初めて話したような他県登録の漁師さんを家に招いて、お風呂に入れさせたり夕飯を勧めたりと。
小型漁船の海の上での生活で何が嬉しいかと言えば、やはり陸の上での食事とお風呂。漁場を追って1週間から10日くらいは船の上で生活と言うパターンは割とあるのです。
父が亡くなった時、香典返しの準備のために頂いた方のお名前を確認していて、「あら? これは誰かしら???」と首を傾げる事がよくありました。
早朝、沖の様子を帰って来た漁師仲間に尋ねるのも朝の日課でしたから、その時行き会ったパンクした自転車を修理してやった新聞配達のおばさんからのものだったり、母は名前も知らずに父が浜から連れてきたのでお世話した、和歌山の漁師さんからのだったり。

目の前で事故のようないきなりの父の死でしたが、悲しい気持ちをそっと和ませるように、その名も知らぬ香典袋を見たものです。

「お父さんらしいね」
「良かったね、お父さん」

…考えてみれば、漁師としては恵まれた最期だったかも知れません。
もしこれが、一人漁に出て海の上での事だったら、もしくはもう少し遅い時間で私たちがそれぞれ出社や登校していたら、父の最期には立ち会えなかったのです。早くに逝かれてしまったのは今でもとても悲しい事です。ですが、これほどの良い状態で鮮やか過ぎるほど鮮やかに去ってしまった父に、良かったねと思わず呟いてしまうのです。

続きを読む

2005年08月16日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

海と毒薬

私は趣味で二次創作という物書きの真似事をしている訳ですが、私が文章を書く時の指針とさせて頂いているのは、星 新一・遠藤周作・赤江 曝・西村寿行の諸先生方の作品です。

今日はその中の作品の一つで、遠藤周作の「海と毒薬」の話を。
この話は私の住む街のK大病院で戦時下に行われた生体実験をテーマにした作品です。戦時下での生体実験と言えば森村誠一の「悪魔の飽食」で描かれた731部隊の話は有名ですが、国内でもそれも身近な所ででも行われていた事に初め読んだ時、訳の判らない恐さを感じました。

今年は戦後60周年と言う事もあり、ここ暫くは夏場でもあまり取り上げられなくなっていた【戦争】と言うものに、それも上から見た視線ではなく否応無く【戦争】と言う愚行に巻き込まれ、その手を汚さざるを得なかった人たちの視線で、また何も出来ずにその運命を受け入れていった人たちの姿を伝える報道が多いように感じます。

何気に家族揃って昼下がりの居間で、ダンナがスポーツ中継の合間にチャンネルを変えていて、目に留まった番組。地域の放送局がその時何が起きたのか、何をしたのかの検証番組。
その場面には、何処かで見たことがあるような老医師の姿と、もう長年私の中に【核】の一つとして存在するこの「海と毒薬」の背景が語られていました。
はっとして、体勢を整え画面に見入りました。

老医師はその現場に立ち会った、医学生でした。

直接手術には関与しませんでしたが、その後の軍事裁判にも証人として出廷しています。軍部の力に抗し切れず、またその権勢に乗らざるを得なかったのだろう教授達。【医者】でありながら、生きた人間を助ける為ではなく、あくまでも実験の為に切り刻み…。

遠藤周作はこの作品を書いた事で、随分とまた重たい命題を自分の中に抱え込みました。この作品は実際にあった事件をモデルにしたため、当事者との摩擦が生じるのは仕方がない事だったのです。遠藤周作は作品を通して当事者を弾劾しようとした訳ではなく、【誰の】心の中にもある【罪と罰】を見詰めていたのです。私がこの作品を読んで恐いと思ったのは、平凡な私でさえそんな状況にあれば、この手を汚すかも知れないという恐さだったような気がします。

この老医師は、その現場に居た者の視線からまたこの事件を取り上げた作品を書き上げています。戦場で戦う兵士でもなければ、この現代で【医師】ほど【生と死】の狭間に立つ者はいないでしょう。当時医学生だったこの老医師がその後の選択を、【命の溢れる現場】にしたとしても判る様な気がします。


…老医師は、私が長女を出産した折の主治医でした。途中で息子さんと代替わりしたので、診てもらったのは5ヶ月くらいまででしたが不思議な縁のようなものを感じずにはいられません。


蛇足ですが、私の母は外地生まれです。当時オランダの植民地だったスマトラ島で生まれ、オランダ人学校に通っていました。学校の行事でクリスマス会やお楽しみ会でのディズニー映画の映写会。戦前にフルカラーの白雪姫を観たような人です。戦争が始まり内地に引き上げてきた時、子供心にも国内の様子は色褪せたもので、「ああ、この戦争は負けるな」と思ったそうです。

何が出来るか判りませんし、何も出来ないとも思います。
でも、【思う】事は出来ます。

【戦争】なんて馬鹿げた解決手段は、使ってはならないと。

続きを読む

2005年08月13日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

明日から16日まではびみょ~にネット落ち


…はい、明日からダンナの夏期休暇に入ります。

なので、どれだけPCに触れるか?
いや、触れたとしてどれだけ集中してキーボードに向かえるか、ですね。
残暑見舞いを兼ねた殺りんSSを書きかけなんですが、お盆過ぎのUPになりそうです。昨年の8月9日の殺りんスペシャルからの殺兄視点でのお話。
やはりこの日は色々な意味を含んだ特別な日でもありますから、その辺りも含ませて書きたいのですが。

タイトルは「ほうずき」
ほうずきって花言葉はいつわり、なんですね。何が「いつわり」なのか…
私がみた花言葉の本には、ほうずきは昔の子供たちの遊び道具の一つ。見た目は果実のようなのに、実際は皮と種子だけ。騙された! と思うんでしょうね。ただその本にはこう言う一文が添えられていました。

――― きっと、まだ実を結ぶ前の子供の、可愛い嘘なのです。

と。この子供を【りんちゃん】に置き換えると、また別の物語が浮かんでくるのです。ほうずきを手にしたりんちゃんがその時、殺生丸に何と言ったのか?
それが、なぜ「いつわり」になるのか。そんなイメージを織り込んでみたいです。

お届け物その2v
これも夏の暑い盛りを外すと、ちょっと何なのでそろそろ書き始めようと思います。コミカル系の話なので、書き始めたら早いかな? (…いやいや、油断は大敵!)ポイントは、オバケ屋敷とイタコと浮遊霊ですv

二次創作以外のあれこれもあるのですが、それは本当に何も出来そうに無い時にちょこちょこ片付けて行きましょう。今はやっぱり、書きたい~!!

2005年08月11日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

カラオケ♪

前々からせがまれていましたので、折角の夏休み。
あまり、どこへも連れて行ってないので近所でもありますし、久しぶりにカラオケに行ってきました。

その前に、これも前々からの約束だったのでまず長女に夏のスカートを1枚、作り上げてからそれを着せて出掛けました。
子供の服は縫う所が少ないので、(…なるべく少なく済む様に型紙を取ります^_^;)取り掛かれば、早いんです。型紙を起こす所から始めて、3時間くらいでしょうか。少し光沢のあるピンク地に花柄の全円フレアーのギャザースカートv 次は次女の分を作らねばです。

カラオケはお昼もそこで済ませようと思っていたので、12時を回ってから出掛けました。久しぶりにカラオケを利用したので、部屋代とかも判らなかったんですが、今は凄く安くなっているんですね! 
お昼代わりにと、幾つかフードメニューを頼んだんですが、それを外すとドリンク飲み放題で部屋代と入会金の合計が418円。それで2時間遊べるんですからっっ!! レシートをよくよく見てみたら、計算が1名、になっている… と言う事は、保護者同伴の小学生は数に入らないんですね。目がきら~ん、遊び場が一つ増えたような(笑)

カラオケのナンバーは子供たちメインですから、今のアニソンが中心。
私としては懐かしのアニソンナンバーで行きたい所なんですが、子供たちが知らないでは飽きちゃいますので、合わせました。
でも、見てみるとへぇ~、こんなのが入っているんだ\(◎o◎)/! と思わず噴出しそうなナンバーもありまして。とある、バトンの答えを思い出しながらクスクス笑っていました。ええ、○リカのバラードも○球へのテーマもv ある程度の年季の入ったアニメファンでないと、この辺りは歌えないですものね。

本当に久しぶりに歌ったので、全然声が出てない事にちょっとショック! それと、覚えていると思っていた曲が歌えなくなっていた事にもダブル・ショック!! あ~あ、年は取りたくないものです。(>_<)
一番気持ち良く歌えたと言うか、まともに歌えたのは135の「我愛尓」(←本当は尓の字の横に人偏が付くのですが、流石に入ってませんね)ウォ・アイ・ニー。こう言うアジアンテイストな曲は好きです。本当に、古い曲なんですけどね。

♪~ 遊星まで ちょいちょい尋ねて 当てない旅に 二人
       永遠ゆられて 舞い上がれ 聖少女 ~♪

マイナーなグループなので入っている曲も少ないですけどね。
本当は「フォーチュン」が歌いたかったのですが。

今度は子供たちより、私の方が行きたくなっているようですv

2005年08月10日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

一日ドック


注:翌10日の記述です。


今日は初めての人間ドックの日。
幼い頃はそれなりに虚弱な体質な私だったのですが、小学校5年の夏を境にすっかり健康優良児になりました。
それまでがまぁ悲惨と言えば悲惨なと言うか、何が悲しゅうてわずか5歳で持病もちにならなならんのかと。
私、幼稚園に上がる前から【胆嚢炎】と言う持病を持っていました。これが大体半年おき位に炎症を起こしまして、その炎症が治まる1ヶ月程の間は食事制限です。まず脂肪分を大量に含んだ食材はカット。ですから肉やお菓子類やクリーム系などもアウト。その間、自宅でも学校でも炭水化物メインの食事。取っても大丈夫なたんぱく質は牛乳と白身の魚と卵の黄身。何故か薬代わりにと卵の黄身は生のまま1日2個は飲まされていました。

どちらにせよ食事制限する以前に、炎症を起こしている所為であまり食欲はないんです。ずっと胃や胸がもやもやしたような、苦いものがこみ上げてくるような感じがあるので。総じて炎症が治まっても、小食傾向でした。

成長期でそんな栄養状態でしたので、その炎症が引くまでは毎日足りない栄養を補給する為にブドウ糖の注射を打ちに行ってました。
ある時はほんっとうに栄養状態が悪い所為で脚気にまでなってしまって、合わせてビタミン注射のを二の腕の筋肉に打ってました。
あの頃の私の腕は、それこそジャンキー患者の腕です。
両腕の肘の内側に内出血の青痣。肩にも筋肉注射の痕。同じ所ばかりに注射を打つと、そこがカチカチになってしまってもう針が入らないんですね。最後の頃は、手首の血管に針を打ってました。

そんな幼少期をクリアすると、それからはパタっと病院との縁が切れましてv

実を言うとブルーデーも凄く軽い方で、大人になってから「絶対人生の何分の一かは得している!」と思っていました。

それから、病院にかかった~ と思うのは妊婦だった時期のみという人間です(^^) ですから、今回は久々の【病院】行き。ちょっと、ドキドキ。

以下、報告♪


産院で経験した事以外のびっくり! は…  眼圧検査。
目の前で、あのパシャッ!! って思わずうわぁっっ! と声を出して驚いたら、看護士さんが「最初は大抵驚かれますね」って言って下さったんですけど、私 二度目でも声出しそうです。あっ、でも視力落ちてなかったんですよv 散々、PCのディスプレイを見ているから落ちているよね、裸眼で運転できるギリギリの筈。下手したら、次の更新の時には眼鏡が要るかも…、と位思っていたんですが、左 0.9 右 1.0。自分でもへぇ~、な感じです。…しかし、乱視の方は進んでいるみたい。ブレてよく見えないんです。

マンモグラフィーは、痛かった! 乳房そのもののレントゲンを撮るので、縦と横からなるべく押しつぶして平らにした状態で撮影するんですね。貧乳の私でさえあんなに痛かったので豊乳な方ならどれほどかと。押しつぶされる面積が広くなりますからね。

意外な事に、初めて飲んだバリュウムは結構いけました。
朝から飲まず喰わずで、お腹も空いていたし喉も渇いていたのであまり抵抗無く飲めました。ほのかなイチゴ味が美味しいようにさえ感じられてv 後から口に含んだ発泡剤が口の中で弾けてちょっと痛いような感じでした。

結果は2週間後です。
後は何事もない事を祈るだけです。

思ったよりも早く終ったのですが、気圧のせいかそれとも病院で病気の【気】でももらったのか、どうにも頭が痛く家に戻ると薬を飲んで伸びておりました。おかげで夕食は出前です^_^;

今は(10日)は元気ですけどねv



2005年08月09日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

事後報告。

あううぅぅぅ~

ここ数日間、細切れタイムをつぎ込んで設定していたパチなんですが…
しばらく【お蔵入り】になりそうです(くすん)
先々の事を考え、加えて主婦的発想も加味し、無駄なく無理なく、どーにか出来ないかと、もう少し考えてみる事に。

ええ、前々からパチは付けたいなぁv と思っていたので付ける方向性は変えないのですがどの手で行くか、なんですね。
一番簡単かな? と思った方法はCGIファイルをUP出来る無料サーバー(…ここ、主婦的にはポイント)を使う手。
で、設置も出来たし作動も確認したのですが! ここで大きな落とし穴。

外部ドメインからの呼び出しは、そのドメインのindex.htmlを経由しないと呼び出せないと言う事。作動を確認した時は直接そのページのアドレスを入れて確認したので、気が付かなかったんですね。UP前に確認したのも、ローカルからの直アドレスだったので、問題なく作動したようなのです。これがサイトに貼り付けてからだとダメっっ!! なんです。dionドメインで直アドレスを呼び出すからでしょうね。

昨夜、お風呂前にちょこっと時間が出来たので再チェックを兼ねてサイトの方からアクセスして気が付きまして… ^_^;
慌てて応急処置。

その後、お風呂に入りながら、夜休みながら色々考えていました。
二次創作以外のHPをアップさせるつもりだったそのサーバーにミラーサイトとしてこの本サイトをUPさせ、ミラーサイトの方は中TOPをindex.htmlにしてそこにパチをつけて、作動させると言う案。本サイトのTOPページから一旦ミラーの中TOPの様なindexページにリンクを張って、そのページからはまた元の本サイトのコンテンツへリンクを張る…。

出来ない事はないんですけど、今 現在でさえ我が家はブログサイトとの融合サイトです。ここにまた別のサーバーを持ってくるのは、ねぇ…?
それに、この形だと完全にそのサーバーに置いたサイトの管理までは手が回らなくなるのは目に見えていて、それは嫌ですし。
(…多分に広告が入る関係で、自動配置などでレイアウトした画面が崩れる可能性が高いんですよね)なんとなく、この案は却下になりそう…
最近サイトをリニュしたばかりで、ようやく落ち着いた所です。今のスタイルは私としては、動かしやすいので余程行き詰まるまではこのままでいたい。

次は低価格でのCGIファイルの置けるサーバーを探してみようと。
今の所、さくらネットが一番使いやすそう。ただ、折角確保したサーバーをどう使うかで、あまり数は使わないだろうCGIの為だけというのも、勿体無い話。しかし、これ以上サイトを増やすのははっきり言ってもう、手一杯です。現段階で言えば、CGIファイルが置きたい! ってだけですから。でも探して見るものですねv ちょっと制限はありますが、CGI置き場にしてもいいですよと言う無料サーバーを発見。
…考えています。

自宅サーバーと言う手もありですが、私如きの知識と理解力ではかなり恐いものがあり、それは二の足を踏んでいます。
今、完璧に「作業頭」になっていて「創作」モードに切り替えが出来てません。ああ、そうそう! 病院に出す書類も書いておかなくちゃだし。

明日は半日日干し状態で、人間ドックに入ってきますね。
貧乳だし、子供は3人いてもそんなに授乳期間は長くなかったし、乳がん検診のマンモグラフィーは外してもいいかな? とダンナに言ったら折角だから全部受診しておけ、と言われました。
ダンナに子守を任せて、一人で動けるのは良いのですがそれが総合病院の中に昼過ぎまで缶詰、と言うのが何とも。
検査待ちの間の時間つぶしになるように、何か本を持って行きましょう。

今週は子供たちとのカラオケの約束もしましたし、あまりPCタイムは確保出来そうにありません。

…この日記を書いて、区切りが着くといいなv
またもや突発で書きたいSSがあったりします^_^;

続きを読む

2005年08月08日 オタヨタ日記 トラックバック:0 コメント:0

とりあえず、出来たみたいです…

昨日は11時前には就寝。
おかげで朝の早い事、早い事! 5時前には起きてしまいました。
起きたのが私だけならちょこっとでもPCを触ろうかと思うのですが、私より年寄りのダンナも一緒。朝っぱらからなんばしようとやっっ!! と言われるのが目に見えているだけに、二度寝するにはもう明るく何と言って朝食にするには早すぎる時間。新聞を読んでいるダンナの横でぼ~っと早朝のラジオを聴いていました。

その後は朝の何だかんだでバタバタバタバタ。
姉からもTELがあり、最近起きた事件の件でもあれこれ話し、気が付けばもう11時過ぎ。
お昼を外に食べに行き、戻ってきたのが1時頃。
それからが、末っ子君の構ってタイム!
2時半頃にようやくお昼寝をしてくれたので、それから急いでPCを立て、昨日もうちょっとで終わりそうな感じだったパチシステムの作業を手がけました。

しかし、どうやってもコメントのメール返送機能の設定がうまく行かず、今回はメール返送機能をオフで使う事にしました。
取りあえず、これで行きます。ログは12ヶ月分取れるように設定してますし、それまでにどうにかメール返送機能も使えるよう頑張ってみようと。
多分、ちょっとした事なんだとは思うのですが… ^_^;

拍手SSを入れ替えたばかりなので、パチに乗り換えてもまだ内容はそのままです。今から付け替え作業が出来るかな?
そろそろ話が書きたいなぁ…

続きを読む

2005年08月07日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

問題発生!!

う~、落とし穴でした。
外部ドメインからだと、中のページの呼び出しが出来ない…

ちょっと対策を考えますので、一旦つけたパチシステムを外します。

2005年08月07日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

で、出来たかな… ?

溶けそうな頭で家人の目を気にしつつ、或いは持ち運びの出来ないデスクトップPCの代わりに、エアコンの効いた部屋でゲームを楽しむダンナに占有されようとも、頑張りましたよ~、今日は!!

はい、ここ数日掛かり切っていた「パチパチシステム」の導入の件。
4日からかかって、今日はもう6日。
頭が固くなっているもんでなかなか理解が出来ず、試行錯誤。
まず4日には二次創作外のHPをこのCGIを置けるサーバーに作りました。
そして、5日。いよいよパチの設定。
お礼画面を5面作ってそれぞれに背景色を変えて、コメント欄も少し大きくしました。そこまでして、最初はサーバー付属のファイルマネージャーで上げ様としたんですが、フォルダ毎上げる事が出来なかったので面倒くなって、FFFTPに変更。

…ここで私がちょっとしたミス。

以前これを使った時に設定したホストをもう使わないからと、【新規】ではなく【変更】で上げたものだから、その時上げようとしてローカルに置きっぱなしだった関係ないファイルまで一緒にあがってしまい、あれっ? て事に。
それを修正しようとして、何だかぐちゃぐちゃな感じになってしまって…。

今日、一晩ぐっすり寝てすこしすっきりした頭で考えてみて、一からアップロードをやり直して見ました。そうすると、すんなりとUP! バーミッションの変更はファイルマネージャーでやって、作動も確認。
ログの作成も確認。コメントの送信状況もOK!

でも…、コメントなしでなら10回までは次のお礼画面が出るのに、コメントを送信した後は、それが出ない。
まだ、何かミスがあるようです。
もう少しなので、頑張りたかったのですがすでにタイムアップ目前。

焦らず、明日に回しましょう。

そろそろ「書き物」頭にもどりたいのですが…。
暑中見舞い殺りんSSを残暑見舞いに差し替えようかとも思いますし。
昨年の「8月9日」の続きの話でも、と。
予定もまだですしね^_^;

やりたい事ばかりで、時間が足りません。
それでも私の納得の行くように

2005年08月06日 オタヨタ日記 トラックバック:0 コメント:0

あまり暑いので…

どーにも文章が纏まらず、こーゆー時は作業に徹した方が良いので、前々から思っていたパチパチシステムの導入に取り掛かっていました。

変更する所は変更して、お礼画面も作成して後はUPロードだけ。

…ところが、このUPロードでまた引っ掛かっている~ (>_<)

頭が溶けている時には何をやっても上手くいかないのかな?
まぁ、もう週末ネット落ちですのでその間にクールダウンしましょう。

2005年08月05日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

あ~ぢぃ~っっ!!

余りにも暑いので、またもやそれっぽいお話v

昨日は島原の母方の菩提寺までお盆前の墓参りに行って参りました。
早くに亡くなった私の父は訳あって、肉親の縁の薄い人でした。母もまた、伯父方のそれも婿養子先に跡取りとして養女に行かされたと言う、はやり親の縁の薄い人です。

もう、昔の話ですから。
係累のない身軽さからこの父も母方の姓を名乗る、つまり婿養子なのです。
今ではこの母方の菩提寺が父の終の棲家。

私は父が亡くなるまで、この寺を訪れた事はありませんでした。
菩提寺参りも父が亡くなる2~3年前から、「いくら血の繋がりは無いとは言え、【家】の跡取りとして迎えられたのなら、ご先祖様の事はちゃんとしておかないと」と言い出して、それからの事。【家】と言っても養父であった伯父が飲み潰してしまい、家屋敷手放して何も残ってはないのですけど。
もともとが酷い車酔いをする体質なもので、私は留守番役を引き受けていました。

父が亡くなって、三日目に見た夢。
きらびやかな大広間にご本尊が鎮座して、その右手側の間には黒檀つくりのような地味目の、でも普通の家に置けばそれなりに重量感のある仏壇。左手側の間には、昔風のガラスの引き戸の付いた茶箪笥とちゃぶ台と肌着姿の父がお茶を飲んで寛いでいました。その顔はいつも家で見かけていたあの表情そのままに、まるで生きているかのような錯覚さえ覚えました。

49日の法要の時に納骨の為、私は初めて菩提寺を訪れました。
そしてびっくりしたのです。そのお寺の本堂が夢で見た三間続きの広間そっくりな事に! 勿論、父が居た左手側にもちゃんとお仏壇が設えてあって、ちゃぶ台なんてないのですけど、私は「ああ、父は今ここにいるんだな」と実感したのです。

そして…

昨日、私の実家関係の者達で墓参りした訳ですが、姉の所の長女が何か言いたげに姉の顔を見ています。この子は親戚の中で一番霊感の強い子で、今でも【見える】のです。我が家の長女も2歳頃までは見えていたようですが、今はもうその力はなくしたようです。
私が「どうしたの?」と姉に聞くと、姉が「うん、お父さ… いや、お爺ちゃんが見えたって。今年も良く来たね、ってニコニコして頭を撫でてくれたって…。でも、他の人に話したら引かれるよね、って」

そうですね、普通ならそうかも知れません。
でも、我が家の場合それは割りと当たり前に受け入れられる事柄。

「良かったねv」と声をかけてやりました。

…【生きている】って、どう言う事なのでしょう?
【死ぬ】とは、その物体である肉体が動かなくなる事なのでしょうか?
その肉の器の中に在る考えたり感じたり思ったりする、【心の働き】は何処から生まれてくるものなのでしょう。

その器に中にあるものを【魂】と呼ぶなら、私たちの身近な所にあるものだと思うのです。それならば、必要以上に大げさに騒いだり恐がる事もないのでは、と。勿論、【ゆくべき所へ】いけない何かの引っ掛かりを持って、この世に残っている場合もあるでしょう。その理由が問題な訳で、全部が全部恐ろしい者だとは、私は思っていません。

生きている人間だって色々です。それと同じです。優しい人も恐い人も。
この季節、ついついそんな事に思いを馳せる事が多くなる私です。

…少しは涼しくなったでしょうか^_^;


2日・3日と拍手SSを入れ替えた効果でしょうか。
コメントはありませんでしたが、沢山の拍手をありがとうございましたv

2005年08月04日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

8月分拍手SS入れ替え

先ほど、入れ替え&その他細々とした作業を終えました。
しかしねぇ~ ^_^; 夏だと言うのに、お題も「かつては戻る場所など持たなかった」と言う、いくらでも殺りんで甘い展開が出来そうなお題だったのに、何故かシリアスモードの殺・神・犬かご・桔琥のモノローグ詩作仕様になってます。

神楽・りんで話が書きたいせいか・神楽のモノローグは7月分のSSの続きみたい。うん、良しっ! 何処かで時間を見つけて書こう!!

あ~、でも今日はびっくりした!
予告もなくダンナがお昼を食べに帰って来たりして…。
丁度、末っ子君の相手をしていたから良かったようなものの、PCを突付いている所を見られたらちょっとバツが悪かったかも^_^;

時間的にも、今日の作業はここまでですね。

2005年08月02日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

あれこれ、ぼちぼちv

先週中に申し込みをしていたCGIの置ける無料サーバー、何故か記載不備で登録拒否されてしまいました。ん~、何か書き忘れあったかなぁ…? と考えてみるに本当に書き忘れならまず受付はされない筈だから、他の理由だろうと。その理由に心当たりがないので、まぁ いいやv 次 行こうー! でもう一つ目を付けていた所に申し込みをしたら、即行でレンタル出来ました(^^)

ただCGI置き場だけのご利用は禁止です、との事ですから二次創作とは別口関係のHPをそこで作ろうと思っています、まぁ、中身は既に用意しているブログを2つと、リンクページがメインですけどね。
これでようやくパチパチシステムの導入の目途が立ちました。

それでも今月分の拍手SSは今までどおりのUPになりそうです。
↑のサイトの作成は今月中にUPすればいいので、CGIの設置はその後の話。

同じ【書く】でも丸々趣味の二次創作と、まだどうなるかわからないけどビジネス的なサイトの運営とでは、表現方法や【読み手であるお客様】に対する姿勢が変わってくるだろうなと。1つの視点からではどうしても偏りがちな書き方を見直し勉強する場にしたいな、と思っています。

8月に入りましたので、入れ替え用SSのうち1本を上げました。
ああでも、これSSと言うより殆ど詩作ですね。
今度のお礼画面には、それぞれが思う「帰る場所」みたいなものに対しての短文を入れます。モノローグ構成です。

昨日、私がお世話になっている管理人さんの日記で紹介されていた【箱庭】に遊びに行きました。
いや~、凄かったですっっ!!
そして、私以上に受けたのは我が家の長女。

ホント、好きですからねぇ~ こう言う手のは。
でも、これを見るにやはり色々な可能性みたいなものを感じて嬉しくなる私なのでした。

…なぜか、その後で星 新一氏の「声の網」が読みたくなってしまいました。


2005年08月01日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。