スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

とりあえず10月分

今日で9月も終わりますので、来月早々に入れ替える予定の拍手SSを書いていました。今月が艶笑系でライトに仕上がったのに、10月はまた殺生丸視点でのシリアス系。お借りしているお題に沿ってですので、その台詞を誰が言っているかで、ある程度書き出す位置が決まりますね。

ただ今回のネタは2パターン思いついてしまったので、月の途中で多分入れ替えると思います。最初は殺りん、後半は殺神で。殺生丸が二股と言うのではなく、また私の書くものが【恋愛】と言う枠組みから離れているとも思うので、微妙な話になるかと。

私にとっての恋愛感が基本としてどんなに山あり谷ありでも、その事でより成長し結果、建設的な幸せを構築する基礎になるもの、と。
だから私の中では【不倫】は【不倫】であって、【恋愛】ではない、みたいな上手く言えないけどそういう線引きがあります。

殺りんにしろ、殺神にしろ私の中に【建設的な幸せな未来像】と言うのがまったくないので(…未完成な姿はありますが、未完成なまま完結してます)、自分の中の恋愛感から外れるかな? と。

いや、そう言う恋愛感もあるのはあると思うのですが…、そこのところが難しくてこの歳になっても良く判りません。
ただ、恋愛的価値観から離れた【幸せ】も世の中にはいっぱいあります。むしろ私はこちらの方に親しみを感じるのかも知れません。

犬かごにしてもそうなんですけどね^_^;
この二人の未来予想図で円満な家庭生活を営んでいる世界、と言うのは私の守備範囲外。今まで犬一行物は40本ほど書いてきましたが、その中に1本だけ、キリリクで書いた物があるだけです。原作に近しい時間軸での話を捏造するのが一番楽しいです(^^)

殺りんでは、原作の縛りが緩いので何でもありで展開してます。
でもまぁ、殺りん二次設定の基本であるような殺生丸、【一国一城の主】設定は外してますね。何者にも縛られない存在であって欲しい、妖怪なら妖怪らしく、人間世界の模倣のような統治国家である必要はないよね、と。あえて例を挙げるとすれば、ヤクザの世界感的な感じ。力で抑えて、常にその境界は曖昧。力関係のバランスが崩れれば、その一家は消滅するみたいな。組長の息子であっても統率力がなければ跡目を継げなくて…、の方がらしい気がします。

パラレル展開も殺りん物の方が書きやすいv
今、お届け用に書いているのもその手の話なのですが、前振り部分のチョーさんこと○見と姐さんとの会話だけで、そちらのサイト様にお贈りした過去作品の長さと比べてすでに半分に近い文章量になっている…。
マズイかな? 長くなりそうな予感…(汗)
やっぱり舞台背景が【現代】というのは曲者のようです。
これはHIT数記念のお祝いなので早めにお贈りしたいなvと。

明日が12時から、公民館での広報誌の最終作業に入るので、もしかしたらこの日記も書けないかもしれません。
今日がんばって色々しておこうと思います。


スポンサーサイト

続きを読む

2005年09月30日 二次創作 トラックバック:0 コメント:0

大聖・仙・斉 … ?

はい~ ^_^; またもや一日遅れのサンデー感想です。

まずは犬夜叉から。
先週ちょっと書き忘れたのですけど、今回のゲストキャラ妖霊大聖って、何だか物凄く偉い感じの名前でこれって仏教系の高位の僧侶が【悟】を開いた後などに付く肩書きみたいなもんだよねぇ、と思ったんですね。
それで気が付くと、妖怪の中でも由緒正しいというか、それなりの良い意味での実力者的な者には【仙】の文字が入っていたりするし…。
なんだか名前で属性分けされているのかな。

ああ、そういえば孫悟空も【齊天大聖】ですね。アレも一応妖怪は妖怪ですね。お釈迦様とタメグチきいてますが^_^; 犬夜叉の言霊の念珠と孫悟空の金輪も属性は同じだし。じゃ、かごちゃんは夏目雅子(三蔵法師)かな? と、これはまったくの余談ですね。

そのくらい、今回のお話の雰囲気が長閑な感じで緊張感の欠片もない展開です。どうやら妖霊大聖の掌の上で遊ばされているような…。
どうにも犬夜叉は短気でいけませんね。これは兄弟揃っての事ですが。
状況をちゃんと分析して、何故本物の妖怪が妖術で妖怪の姿にされた街の人たちの中に紛れ込んでいるのかとか、もともとの街の人たちは自分の身の上に起きた変化に気付いていないのかとか、そう言う追求はしないんですかね?

あの邪身の奥方様、案外妖霊大聖の奥さんだったりしてv
あの街そのものも大聖の妖術だったり、なぁあんて(^^)
来週辺り、謎解きがあるのかな?
閑話休題+α的お話のような感じです。現代での休息話のばかりじゃバランスが悪いからね。

で、道士郎 カッコ良すぎ!!!
でも好きだなぁ、こーゆー喧嘩のシーン。気持ちがすっとしますね。
圧倒的に強いからこそ出来る、相手も傷付けない自分も無傷って、強さの理想形かもv です。ちゃんと筋も通してるしね。
仲間からも凄すぎて恐すぎて、笑うしかないほど。あのにこやかさ、爽やかさ、そして時代遅れなアナクロニズムが全て、魅力な道士郎です。

結界師。これ今サンデーでアニメにして欲しい作品の1つですね、私的に。妖達との結界バトルを動きのある絵でみたいかなぁv と。
それとやっぱり良守くん、あの子中学生にしては未成熟ながら【男】の色気を感じさせます。格好良いという類のものじゃなく、どちらかと言うと【怖い】類のもので。敵サイドの妖たちの不気味さもデザイン的に気に入ってるんですよね。犬夜叉の敵キャラとはまた質の違う不気味さです。

からくりサーカスのマサルも形は【男の子】だけど、中身はしっかり【男】してますね。どことなく銀鉄の鉄郎を思わせなくもないですが。先週マサルとしろがねを助けた為に、強力な爆弾でボロボロになってしまったコロンビーヌ。助かるのかなぁ…、マサルの腕の中で、ずっと夢見ていたように抱き締められて逝くような気がします。

さて、来週は我が家の長女がとても楽しみにしているハヤテの連載1周年記念号! ここ暫く、サンデー系アニメの後に入っているサンデーの予告を見てはニマニマしている娘です。ますますオタク度に拍車が掛かりそう…。親の影響の大きさですね、いえ 私はハヤテに嵌っているわけではないですよ^_^;

気が向いたら、来週号が出るまでにまた他の作品の感想も書くかもです。

2005年09月29日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:0

SHOW-YA、復活!!

いや、さっき受け取ったダイレクトメールで知った情報でして。

結成20周年を記念してって、7年前に解散しているしその前にボーカルだった寺田恵子はバンドから離脱していたんだけど…。
でも、なんだかめちゃくちゃ嬉しい!!

【女の子】バンドは当時も結構あったけど、私が一番傾倒した女性ハードロックバンド!! そのパワフルさと恵子さんの魂の篭った歌声に、ノックダウンされた一人です。

本当に、恵子さんは「SHOW-YA」ってバンドが好きだったんだ。何時までも惰性でバンドを続けてゆくよりも、その音楽性の転機、転機で自分で道を切り開いてきて、それでも戻る場所はここだったんだなぁって。

かなり嬉しかったんで、ちょっと日記ネタにしました(^^)

2005年09月28日 ひとりごと トラックバック:2 コメント:0

真昼の月

昨日の事です。末っ子君とお買い物に出た帰り、あまりにも吹く風が気持ち良かったので、思わず空を見上げたらトルコ石色だった空が少し淡いブルートパーズ色に変わっていました。

その空を飛行機雲が一筋、すっーと伸びてその横に二日月くらいの白い真昼の月が出ていました。何となく、こんな時に季節の移り変わりを感じますね。

今日、お届けに上がる予定だった二分の一のお祝い文。お届け先の管理人様のオフ事情により暫くの間、完全にネット落ちとの緊急連絡がサイトに出ていました。メールのチェックも出来ないとの事でしたので、オフ事情が落ち着かれて、ネットに復帰されてからお届けに上がる事にしました。その期間によっては二分の一ではなく全部一緒にお届けできるかも知れません。

年内ちょっと頑張って、少し身の回りに余裕を作りたいなv と思っている私です。色々このサイト以外にもしたい事がありますし、また材木屋のように【き】ばかり多くて、手を出して停滞させているものもありますから、こちらもスローペースでも流してやろうと。

時間が取れなくて最近はあまりサイト巡りが出来てない私ですが、そんな私でもやはり寄って見たくなるのが、少しずつでもコツコツと更新をされているサイト様なんですね。私はテキストメインですので、やはり小説サイト様にお邪魔する事が多いです。
そこで、本当に【書く事】が好きでご自分の手がけている題材がそう一般受けする事はないだろうなぁと自覚されつつ(私はそんな事はないと思うのですけど…^_^;)、それでも四の五の言わずに書き綴られている。書き始められたら、まるで【書く事】が当たり前のようにコツコツと綴られてゆく。

ああ、こう言う姿勢こそを見習わなければ! とそう思うのです。
評価や感想は後から付いてくる物、今はこれを書きたいんだ! と言うのが伝わってくるサイト様です。超然とした潔さ(?)と誇りの高さのようなものすら感じて…。

書きたい! と思った物を、書きたい!! と思った時に書くのが素人物書きとしては一つの正しい姿かな? とも思います。プロではないのですから、オファーに合わせた物を作る必要はないのですから、自分の心の感じたままにv だから、書いていて楽しんじゃないかな(^^)

とは言え、私もキリリクなど受けていますし…。
ただ私の場合、これがキリリクだとしても結局は【自分の書きたい話】になってしまうんですけどね。その結果がキリリクでありながら、自サイトメイン小説絡みの連載物になるような始末です。
幸い今までキリリクを下さったどなたも【私の色】を汲んで下さって、話を起こしやすいリクだった事に感謝です。

ドリームな話や、意味も無く真っ黒なくらいにあっま~い話を所望されたら、お手上げだったかも知れません。
無理して書いても、内容は甘くても私には苦い話になりそうです。

二年以上犬夜叉の二次創作を書いてきて、ようやくサイトを立ち上げた時に一番この話が書きたかったんだ!! と言うものに対して本腰を入れる準備をしている所です。【この話】と言ってもむしろ【世界】のようなものなので、そこそこの長さの話が一つに纏まって、【この話】になります。今までは【この話】を根付かせる為に畑の土を耕していたような感じですね。

2005年09月28日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

お届け物その2… の二分の一脱稿v

いつもお世話になっているサイト様の4周年お祝い文の二分の一を先ほど脱稿しましたv 

…ここで二分の一、と表現しているのが本当にお届けしたい内容の二分の一^_^; なもので。この話は【あるテーマ】に沿ってのオムニバス形式で展開したくて。そのうちの犬かごパートをどうにか仕上げた訳です。書き上げてみたら文章量が35KBちょい。私は犬夜叉の二次創作に関しては、かなり短文形式で書いてきてたので一話分でこの文章量は最長です。間延びのした展開になってないと良いのですが。
残りの半分は、桔梗・琥珀パートと殺一行パートなのですが、これはこの2パート合わせても、そこまで行かないだろうなと思っています。

書き上げたばかりで校正をかけると、見落としが多いので半日くらい間を置いて校正作業に入ります。明日の午前中に発送出来ると良いなv と。明日はまた、次女の授業参観ですので。

今日はこれから、昨日(今日?)3万HITを迎えられた「篠笛の音」様へお届けするお祝い文のプロットを固めましょう。シリーズ展開している話なので、書きやすいと言えば書きやすい話です(^^)

アンケートへのお答えもありがとうございます。
コメントも併せて頂いて…、とても励みになります。サイトの構成がブログサイトとの融合サイトになっていますので、迷子になりやすくはないか、表示が重くはないかなど常々気にしていた事を今回お聞きしてみました。今の所、そうご迷惑をおかけしていないようでほっとしています。これからも気付かれた点などありましたら、どうぞ一言お聞かせ下さい。

2005年09月27日 二次創作 トラックバック:0 コメント:2

報告のみですが… ^_^;


お届け物その2v
ようやくゴールが見えてきました! …でも、前半の犬かごパートだけ。30KBちょいで纏まりそうです。何でかなぁ…? 引っ張ったつもりはないのですが。石鹸で舌を洗われない内に、今週中には必ず!! お届けに上がりますね♪
後半部分はちょっと間を置いて、その間にお届け物4、3万HITお祝いに手を付け様と思っています。

2005年09月26日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

命名

今書いているお届け物の他に、隙間隙間で色々考えているのですが、私の楽しみ方なのか、裏設定を固めるのが好きみたいです。そこまで書くかどうか判らないのに、これはこうで、こうだからこうなるよねv みたいな、自分自身ある程度筋を通すというか納得しないとどうにも気が入りません。

その所為か、あまりにもなパラレルやドリーム物にありがちなキャラと自分とのラブゲーム的なものにはまったく食指が動きません。
また、そのカップリングのみに特化して犬夜叉という【物語世界】を無視したようなものも苦手ですね。
まぁ、これも好み色々v と言うことで。

さて、この設定を考えると言う段階で私が一番頭を悩ますのが、オリキャラの名前。私がオリキャラを出す場合、ある程度の背景を背負っての登場になります。その背景に関連性のある名前で…、と考えると私の少ない引き出しの中のネタはすぐ品切れになるんです。

その点、プロの作家はすんなりとまたキャラの性格を踏まえて、その物語に相応しいネーミングをするものだと感心する事しきりです。
犬夜叉のキャラネーミングは、仏教・神道それぞれを踏まえてある意味「もじって」つけられたものが多いですね。
その中でも、これは上手い! と思ったのが実は「邪見」
本来の意味は、邪なものの考え、見方。と言う事で【良くない】ものなんですが、どの回か忘れましたが邪見が自分の名の事を「邪(よこしま)を見ると書いて、邪見!」と叫んでいるシーンがありました。

見る、ではなく邪見る。

つまり、それは邪か否か見分ける力が在るという事。
それで、邪見は大した力はなくてもその一言で奈落が取り込むような妖怪達と少し違う位置にいるんだな、と思ったのです。

ついでに言えば「りん」もあの仏具の中の御鈴、お経の途中でチーンと鳴らすあれからではないかと思っています。
これはキャラ考にもならないので、日記ネタで落としておきます。

う~、未だに「一の姫」…、十六夜さんのお姉さんの名前が決まらない私です。一応ね、十六夜さんの家系は武内宿禰(たけのうちのすくね)の血統を継がせてはいるんですけどね。
この一の姫は、次に書く予定の犬神奇談の「三狐神の宝子」でちょろりと出てきます。

2005年09月25日 オタヨタ日記 トラックバック:0 コメント:0

遅れついでの、追加の感想♪

今週のサンデーでの一番の見せ場はやはり「金色のガッシュ!」のウォンレイの強さかと。魔力や体術としての強さではなく、【心】の強さ。守りたい者を守る為に、全身全霊をあげて闘うその姿。敵を倒す為ではなく、【守る為の闘い】 その前には、ウォンレイの身を守る為に、リィエンはもう二度と会えなくなる事を承知で魔物の本を焼く、その潔さと深い愛情。嬉しくなるほどの少年漫画の王道。そして、永遠の別れであっても【死別】にしない、優しさ。少年漫画の良心も感じます。

サンデーに載っている連載のどの作品にも、この【守る為の闘い】と言うのは必須要素として組み込まれているようです。
これをどう演出して作品に投影するかで、作品の迫力やメッセージ性も変わってくるなぁと。
小手先の【守る為の闘い】をインターバルでやっていては、回を重ねるごとにその意味合いを損なってくると思うのです。

そう言う意味合いからも一つ一つのエピソードを丁寧に、またキャラクターに存在感や【役割】を与える為にも、伏線をしっかり張った作品を読むのは楽しいものです(^^)

あと今週のサンデーで来週が気になるのは「からくりサーカス」
コロンビーヌの「自己犠牲」がどんな結果を呼んだのか…。
感情などないはずの機械人形のコロンビーヌ。人形であっても「生」のある存在である彼女は永い時間の果てに、「自我」という物を目覚めさせていたんですね。敵でありながらマサルに魅かれ、マサルとしろがねの二人を案じる彼女の「心」に生まれたのは「無償の愛」なんでしょうね。この話も、そろそろ最終章に入るのでしょう。

どんなに惜しまれても、終わるべき所で終らせられない連載は、よほどの力技でもってその作品の方向性を修正・補強しないとテーマのぼやけた面白くない物になってしまいますからね。

よくあるパート2物がなかなか1作目を越えられない現象が、同じ作品の連載開始と転載終盤で同居するようなものだと思います。
それはとても勿体無く、そしてマンガファンとしては悲しい話です。

今週号での感想はこのくらいで。
時間が許すなら、ほぼ全作品に一言づつでもコメントを入れたいくらいにいつも楽しんでます。

2005年09月24日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:0

ちょこちょこと…

休みの日は中々創作体勢に入り辛い私です。
この壁を乗り越えなきゃならんのでしょうが…。10分~15分の細切れタイムでも、一行でも二行でも書き進められるだけの切り替えの良さを身につけねばですね。

でもこれが出来るようになれば、日常でも有効だなぁ、と思います。無駄にしがちな、この細切れタイム。これを無駄なく使えれば、もっと【自分の為】の時間を作り出せますもんねv

で、今日はちょこちょことサイトの方を弄ってました。
昨日の日記で書いていたアンケートの設置とサンデー系の検索サイトへの登録作業。

思えばこのサイトも大分様変わりしたかな? と。
基本的に和風で花をモチーフにし続けている事は変わりないのです。「名は体を表す」じゃないですけど、サイト名も含めてのサイトデザインかな? と考えてる所がありますので、今のところサイト名を変えるつもりはないので、この路線は継続の予定です(^^)

2005年09月24日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

アンケート

この春、2周年記念の作品を書くに当たって、お客様にアンケートをお願いしました。このアンケートそのものは2月末でサイトからリンクを解除しました。

私、この時点でこのアンケート項目も解除された筈と思っていました。
ええ、レンタルサーバーの中にはそのデーターが残っていても、アクセス出来ないだろうと。

夏休み頃からぽつぽつと思い出したように、アンケート回答が舞い込むようになり、それが私の思い違いだと気が付きました。でも、まぁ(笑)そこそこに面白いな、と思っていたので今日まで放置していたんです。

しかし、よくよく考えてみれば始末の悪い事だな、と思い直しアンケート項目を初期化しました。多分、これで良い筈。
それと同時に、新しいアンケートを設けても良かったかな? とも思い始めました。

サイトのデザインや構成などについてのアンケートを考えています。
見やすいデザインかどうか。案内はわかり易いか、文字は小さすぎないか。サイトの構成は迷子にならないかどうか… などなど。
後、重たくないかとかIE以外のブラウザソフトやMac機から見て、作動しないスクリプトや崩れた表示がないかなどもですね。

大幅なサイトの改装はしばらく考えてはないのですが、不備やこうした方がもっと良いよv とのお声を頂けば是非参考にしたいと考えています。出来る事を出来るところから少しずつ、ですね(^^)

2005年09月23日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

一日遅れでも、いいもんv と開き直る

昨日から、こちらのブログと今までのメイン日記の両方から赤い魚さんの「赤魚独り言草子」をリンクさせて頂いています(^^)
米国在住のホットな犬情報&落ち着いた視点での考察&犬夜叉の台詞を元に生きた英会話(現役の通訳をされています)をレクチャー。
考察好きな私にはとても楽しみな日記です。
これからも、ひょこっと日記のリンクのお願いに上がるサイト様があるかも知れません♪

カテゴリーをこちらのブログはサンデーメイン&犬ネタに絞って書き殴ってますから、サイトのメイン日記をこちらにしようかな? と考えています。

以前の日記は、【通常日記】というスタイルでその時書きたい事があれば書いてゆく事にして。時間的に書けない事はあっても、日記ネタに詰まる事がない私。むしろ、書きすぎなくらいですから^_^;

その結果、今までのブログの方は一度カテゴリーをリセットし直したにも関わらず、またもやごちゃごちゃと。ついでに、バックナンバーが検索出来なくなってるし。

、早速犬感想。
うふふ、楽しいですね、今回の展開。ホント、いかにも【御伽草子】って感じで。大聖さま、お茶目(笑) もともと刀々斉も只者(只妖怪?)とは思っちゃいませんけどね。ここまでくると、既に妖怪も仙人も神も仏も全てごっちゃ煮状態。この状態が私的にはとても美味しい(^^) 兄弟揃って【剣】の修行、良いじゃないですか。どちらが先に物に出来るかな? 以前、この【剣】がそれぞれ持ち手が入れ変わってみたらどうなるかと考えてみたんですけど…。

殺生丸に鉄砕牙。
…屍累々と言うか、地形が変わりそう。山なんか簡単にふっ飛ばしますもんね。そのくせ、【自分】に何が欠けているか判らないまま【力】だけ手にした、【最強】という幻影を追い続けるお子様。

犬夜叉に天生牙。
そりゃもう映画「黄泉かえり」の世界でしょう。犬君、甘いから^_^; かごちゃんだけじゃなく、桔梗さんは勿論、それこそ戦で村一つ全滅したのならそれを全部生き返らせるくらいしそうだもの。
選別する、切り捨てるって事は出来ないんじゃないかな? 犬君には。

だから、殺生丸には天生牙。犬君には鉄砕牙、なんですね。

他のサンデー感想も。
ってこれ、「結界師」なんですけど、話そのものも面白いんですが、最近出てきてる敵キャラが、とある殺りんサイトの管理人さんが描かれる殺兄とりんちゃんの間に生まれた次男坊君に良く似ている! ええ、こちらの管理人さんの方が早くから発表されていたので、思わずキャラデザ原案で採用されたのかしら? と思ったくらいでした。

でねv 「道士郎でござる」も面白いんですよ!!
あの有無を言わせぬ、強さ。健助君の今週の最期の台詞、あれ カッコイイよね! 「カスリ傷負わず勝って見せろ」って。そう言われて眼に力が篭る道士郎がやっぱ侍だよねぇ~ってvvv

書き始めたら止まりません。
取り合えず、このスレッドはこの三作品で。

オマケでとちょいとした犬考察を書き落としています。

続きを読む

2005年09月22日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:0

ハヤテのピンバッジv

サンデー感想と言う訳ではないのですが… ^_^;

もう一月以上前に締め切りの全員プレゼントだった、ハヤテのピンズ。
実は、申し込み期日を過ぎての申し込みだったので多分、ダメだろうなぁ、と半分諦めていたのでした。

いえ、これ 私が欲しい訳ではなく、長女が激ハマリしているんです。
それで、早くから申し込みしてね、と言われていたのに私がのほほ~んとしていた為に、上記のような次第に。

あ~、悪い事したなぁ、もんのすごくグッズを欲しがっているしネットショップで何か買わせようかと思っていた矢先、このピンズが届いたのでした。おかげで、ちょっとない胸を撫で下ろしほっとしています。

だけど、我が家の長女。しっかり「オタク」の道を歩み始めている様で…、課外クラブもマンガ・イラスト部ですし(苦笑)
来年ヤフードームであるホビーフェアには今から行く気満々ですし、さらにグッズを買い集める様子です。


あっ、でもですねv このハヤテ。中にりんちゃん変換して使いたい萌え構図が結構あるんですよ(^^) 構図的にはパクリになるので、その旨明記して描いてみたいかなぁ、と。しかし、ハヤテが殺兄とはいかないでしょうね、ハヤテも強いのは強いけど。

やっぱり「兄ふんじゃった」の兄だろうな、殺兄は。

2005年09月20日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:0

休みの日は仕方がない

今週お届け予定の話。勝手に二部構成(…文章量の長さと、話の背景から)にしてその前編部分を仕上げようと思っていたのに…。
昨日は意志薄弱にも突発書いてるし、今日は今日とて構えている分、家族の目が気になる~っっ!!

いえ、もう1本手がけ始めたお届け物に比べれば、堂々と子供の前にでも出せる内容なのですが、ここがまぁ私の弱い所。集中する時の一種の限定条件みたいなもので、きっちりその時間が確保されてないと、いくらも書けないんです。
こう言葉を組み上げている時に中断させられると、気合が抜けるというか切れが悪くなると言うか…。

自サイト用とお届け物とでは、その辺りの集中力が違うようです。

明日が勝負! かな?

21日も午後からは小学校の広報委員会が入りました^_^;
23日は公民館。

もうこの時間しかない!! と言う方が勢いがつきますね。
昔、同人やっていた頃の原稿の入稿日。朝早起きして、出勤直前まで書いていたあの緊張感。あれこれ悩まずにもうこれを書くしかない!! で、効率が物凄く上がるのです。

進歩がない人間です、私って(苦笑)

…そしてもっとビョーキだな、と思うのはそれを楽しんでいる自分を自覚している事ですね。



拍手レスです。

初めまして、お声かけありがとうございます。話を考える時に出来るだけ【有り得そうな設定】を重視して考えますので、ウソっぽさが少ないのかも知れません。元々二次創作そのものがウソと言えばウソの世界なのですが(笑)
これからもあれこれ書いて行きたいと思っていますので、また遊びに来てくださいね。

お久しぶりです、赤い魚さんv 「冥道」への感想ありがとう御座います。本来のりんと神楽の存在の意味は、こう言う事ではないのかなと常々思っている私です。殺生丸を殺生丸たらしめる為の【天の配剤】 色んな角度から書いてゆけたらいいなと思っています。後日、お願いしたい事がありますのでそちらにお邪魔させて頂きますねv

2005年09月19日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

今日は犬イベントですね。

同人誌販売会。

懐かしい響きですね。その世界から足を洗ってもう十三~四年にはなるでしょうか。
大分様変わりもしていると思いますが、もし 今も続けていたとしても、私の作る物はやはり、今サイトにUPしているものと大差ないものだろうと思います。

一冊の同人誌を表紙から裏表紙デザイン、目次のレイアウトに遊び紙を入れたり、一部分二色刷りのページを入れたり。とことんその時考えて出来る限りのあれこれを詰め込んで作り上げる【作品】的な本でした。中に載せる小説も、その作りたい本のイメージにあわせて話を起こして。ページ数を制限しなかった、って言うか最低これだけは入れておきたいというページがあって、それは削っても本の内容的にはそう響かない部分なのですが、その一見ムダに見える部分が私にはその人となりが見える、と思っている部分だったので、割愛せずにいつもどんな小さな本にでも入れていました。奥付や後書の部分。大体2ページくらいなものなんですけどね。それと小説と小説の間にすこし間を入れる感じで、ちょこちょこと。

こんな事をやるから、資金的にはかなりきつかったですね。
今のようにコピー技術、コピー単価が安ければ必要な部数だけの発行が可能で大分楽だったろうな、と。
素人が作る本なので、ページ数が多くてもそんなに高い値段は付けられないと思ったんです。単価を下げるにはある程度部数を刷らないといけなくて…、総額的にかかるんです、オフ印刷の場合。でも、後からこうして置けばよかったと思いたくなくて、その時はその時なりに頑張りましたね。

今では青春の甘酸っぱい恥かしさと懐かしさで一杯の【思い出】です。
出来た事も出来なかった事も全部ごった煮にして。


流石に今は、もう無理ですね。
せめて犬夜叉で一冊くらいは作ってみたいかな? とは思ったんですけど…。
まず、置く場所がない。ダンナの眼に晒せないばかりか、最近では長女の眼も危ない。収納場所が限界に達したのと長女が同人誌に手を出し始めたので、通販も今は停止しています。読みたい設定の話はあらかた読んだかなぁ、と思いますし、二次創作で亜流というのも変な表現ですがすでにマンネリ・パターン化した話はもう良いかな、と。あっ、でも自分で書いてもこの言葉、かなり耳に痛いですね。ギター侍のように、切腹っっ!! って感じです。

余裕が出来てまた新たにネット界を徘徊する時は、今度は男性管理人さんの書かれる【男性向き】ではないお話をさがしてみようかな? 【恋愛】がメインではない、わくわくするような犬夜叉らしい冒険譚が読みたいですね。その中の一要素として、恋愛感情が含まれるのなら是ですv

もう一つのブログに、とあるお話の設定的プロット小話を落としています。
こちらのブログの方がサイト日記らしいかもしれません。犬夜叉のファンサイトとしては^_^;

2005年09月18日 オタヨタ日記 トラックバック:0 コメント:0

欲張ってみましょうv

暫くは自サイトの更新がストップするかも知れません。
お届け物を優先させたいな、と考えていて…。キリリク作品と違いお届け物は現在、自サイトでのUPを見合わせいているので。

で、このお届け物を欲張ってまた贈呈先を増やしました(^^)
【その時】でないとお声かけ出来ないタイミングや、節目みたいなものってあると思うんです。周年記念やHIT数記念みたいなv 
私が今、そうそう創作にかけられる時間って取れないもので、いざ声をかけてみてお届けに物凄く時間がかかってしまったら申し訳ないと、随分自粛してきたのです。

でも、自分と似た環境でいやそれ以上ハードな状態でも頑張っている管理人さんを応援したい気持ちやありがとうと伝えたい気持ちも抑えられなくて、このくらいなら出来る、自分の所をさておいても【お届け物】の形で伝えたいと思っているんです。
そう言う訳で、自サイトの方はこの日記や最近稼動させ始めたブログがメインになります。

まぁ、私の事ですからそうは言っても突発SSくらいは何処かに落とす事くらいしそうですが。

現在のお届け物リストv

サイト開設4周年記念のオールキャラ物。
えっとこれ、どうにも犬かごパートとその他のパートに分かれた2部構成になりそうです。犬かごパートは来週中にはお届けの予定v 桔梗・琥珀、殺一行パートはもう少しお待ちくださいね。

10万HITお祝い文
返信、確認いたしました。こちらは書き出したら早そうです、まりんさん。
タイトルは「狂花-ものぐるい-」です。これは今月中に。

お返事待ちが1件。何かとお声をかけてくださる汐崎様に、イラストを1枚。これが一番難しい^_^; でも、その分頑張りたい!

このお届け物作成が一旦完了したら、次はキリリク優先に。こちらも書きでがありますから。3本あるうちの2本はそれぞれに関連性があって、また自サイトの【骨】の部分にも絡んできますから、ここまで来ましたら自サイトの更新v と言う感じになってきますね。

それが終ったら、その次は集中的に【雨月物語】企画の方を更新してゆこうと。

これらがこの年内に終れば、ようやく身軽になれそうです。
そうなれば、そうなったでまた何か書きたくて、うろうろしていると思いますが(笑)

今日は、お昼から授業参観&懇談会。+来年度の役員・委員の選定委員決め。
明日は、公民館での広報委員会。
来週も今度は次女の授業参観&懇談会。小学校の広報委員会も入ってくるでしょう。本当なら15日が予定だったのですが、急遽変更になってしまって…。

判る範囲での予定はこんなところでしょうか?
週末の予定は未定。家に篭るならもう少し何か書けると良いけどなぁ。

今週のサンデー感想は、もう一つのブログの方でv

2005年09月16日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

教育的指導v

今週の犬夜叉を見て確か以前、あの世とこの世の境でもこんなシーンがあったよねv と。
あっ、私 基本的に男同士殴り合って理解しあうパターンは大好物です。殺生丸ももっと圧倒的に強い所を見せてくれると嬉しいのですが。大妖怪、という先入観があるのでそれらしくあって欲しい。美青年、と言う枠に囚われたくないし、人間っぽさも必要ない。
何を考えているか判らない、超然とした存在であって欲しいのです。

でも、そう言いながら連載の最初の方から殺生丸って犬夜叉に対して【優しい】 確かに最初の頃の殺生丸は、いまいちキャラの性格が不安定、いや別人のような所があったんですが、これは作者である留美子先生もまだ「殺生丸」と言うキャラを掴んでなかったからだと思います。

設定どおりの【大妖怪】で、八つ裂きにしても足りなくらい半妖である犬夜叉を憎悪していたのなら、とっくの昔に殺してますよね? 左腕まで叩き斬られているんですから。
しかし、そんな事を感じさせないくらいに殺兄って犬夜叉に教育的指導を施すんですよねv ある時は鉄砕牙の使い方だったり、暴走しかけた犬夜叉を鎮めたり、案内人だったり、殴り飛ばして庇ったり。

以前、もう一つのブログにも書いたんですが、殺生丸の犬夜叉に対する接し方って、獅子が我が子を千尋の谷底に投げ落とすような指導法だな、と。その上に大岩をいくつもいくつも投げ落とし、殴って殴って殴り殺してしまうかもしれないけど、本人そんなつもりはまるでない風。
そんな風に感じるんですが、今回はすこし迫力に欠けるかな?

…迫力に欠けると言えば、ここ最近の犬夜叉の作画が特に背景が手薄な感じがするのですけど気のせいでしょうか?
効果線の入り方とか、背景処理とか、人物の立ち位置とか。
キャラそのものも、3巻~30巻目あたりの方が特にかごちゃん、美人だったような気もするんです。
アシさんが変わったのかな?

…犬夜叉のファンサイトである手前、あまり大きな声では言えませんが、私的に今一番サンデーで面白いと思っているのは、「結界師」と「道士郎でござる」だったりします^_^; あ、「こわしや我門」や「D-LIVE」もv アマゾネス・亜鳥も出てきたし、今回は派手なアクションが楽しめそう♪ 「クロザグロ」「チルドレン」もいいなv 「ガッシュ!」も今、ウォンレイが凄く頑張っているので目が離せないし、「絡繰サーカス」はあれ、そろそろ終幕に入るのかな?

少年マンガはアクションと友情と純情さだよねv と思う私なのでした。


拍手コメントレスです。

9月15日

嬉しい一言でした! はい、頑張りますねっっ!!

他にも沢山の拍手、ありがとう御座いました(^^)

2005年09月16日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:0

タダパソv

最近親しくさせて頂いている管理人さん宅のパソコンの調子が悪い話を良く耳にします。若しくはそろそろセカンド機が欲しい、自分専用のマイパソが欲しいとお考えの方も。

その気持ち、良く判ります。
私もそうでしたから。元々我が家のパソ環境はダンナが長女の為に買った98デスクから始まります。当時まだ幼稚園年中さんだった長女。小学校に上がればパソコンの授業もあるから、そろそろ買ってもいいだろうとの判断で。
それまで私、ウィンドウズは使った事がありませんでした。私のOL現役時代のオフコン(オフィス・コンピューター)は、米国バローズ社のものでOSはさてなんだったのでしょう? 端末のデーター入力作業しかしていませんでしたが、古いタイプの物でした。コボルかフォートラン? 懐かしいコンピューター言語です。

判らないなりにも、そこそここの手の物を弄るのは好きな性格。
ダンナも管理はしないくせに遊びには使うし、長女はこんな母の背中を見て育った子ですから、パソコン大好き少女です。幸い、ネットジャンキーではありませんが^_^;

暫くは使用者3人でパソ1台でも間に合ったのですが、そのうち私がサイトを開設したり、使用者が増えたりして私のストレス回避の為にもマイパソをゲットする必要性が出てきました。これが2年前の話です。

オークションで98ノートを落とし、それなりに使いこなしてきたのですが、メモリもHDDも小さいのが珠に疵(?) 動作が重かったり、固まったり。これが新たなストレスになり始めていまして、今年の2月自分専用にXPノートを購入した私です。

勿論、主婦ですからそんな高価な物は買えません。
購入に際してはそりゃもう、色んな所を見て回りました。そして、機能的価格的に手を売ったのが今の愛機、ソーテックのAfinaです。無線LAN付きの機種を新品で税込み8万4千円くらいで購入したのです。

しかし、もう少し待てばもっと安く手に入れる事も出来た、このパソコン。
今ならソネットとB-フレッツ光プレミアム加入を条件に、タダでデスクタイプでもノートタイプでも手に入るキャンペーンを開催中です。
いや、プロバイダーは変えたくないと言う場合でしたら、どうかオンラインショッピングのアウトレットのコーナーを見てください。新品でも型落ちや箱の汚れなどでかなりお安くなってます。これも一つの選択肢にはなるのではないかと。

詳しくはサイドバーのソーテックのバナーからオンラインショップに飛べます。
自分がそうだったように、少しでも快適なPCライフを送って頂きたくて、そう言うお得な情報を発信できたらと思い、このソーテックに関してはアフィリエイト契約をしている私です。
もう一つお得な情報はサイトやブログをお持ちの方でしたらこのソーテックのアフィリエイト・プログラムに参加して自分の所にバナーを張り、そこから入って商品を購入すると、また別に特典が付きます。

趣味のサイトですからビジネスっ気を出すつもりはありません。
ただどうしてもサイトの運営をしてゆくには自分専用のパソコンがあるかないかで随分と精神的な負担も違うと思うのです。
その解決策の一つとしての提案です。

2005年09月15日 オタヨタ日記 トラックバック:0 コメント:0

調子に乗っちゃったみたいです

お届け物書きをしながら、時々息抜きもしつつ、気が付けばまた長くなってます、犬かごパート。今回長くなっているのは、その前書き直したみたいなどうにもな【切れ】の悪さではなく、私が調子に乗っているからみたいです。

基本的に私、アクション物って好きなんですね。それと、舞台をパラレル気味な現代に持ってくると、犬一行物でも殺りん物でも文章量が増える傾向にあるようです。状況描写を割愛出来なくなるからでしょうね^_^;
舞台が整って、今からがアクション、スタート!! なのですが、すでに15KB超えました。このパートだけで25KBいくかな?

残りの2パートは原作設定なので、ここまでは増えないと思います。う~ん、実際書いてみないと判らないですが。
リクにちゃんとお応え出来てるか、ちょっと心配になってきました。
勘違いでお笑いになってるかなぁ…?

2005年09月14日 二次創作 トラックバック:0 コメント:0

書きたい・読みたいv

お届け物を書いています。
犬かごパートv コミカル要素で頑張ってますが、頑張れば頑張るほどまた別の話も書きたくなる… (悩)
ネタを溜め過ぎちゃっているのがマズイんだろうと。
書きたいものに当てられる時間が絶対的に少ないのが原因だから、こりゃもうコツコツ書くしかないしね。

それと、少し気分的に余裕が出てきたのか他のサイト様のお話も読みたい気持ちが出てきて、ますます首絞め状態。

気分転換、息抜きを兼ねてお届け物以外の小文をちょっと書き落として置きます。サイトにつけているweb拍手に入れているSSの続きv みたいなオマケの話。

続きを読む

2005年09月14日 二次創作 トラックバック:0 コメント:0

我が尻を叩いてます

ここ暫く、自分自身を追い込むような内容の日記を書いていたのは実は今、新たに何件かお届け物をしたい管理人さんがいるからです。

前出のような事を考え、どうしようかと思ったのですが、「今やらなければいつやるんだ!!」との思いもあり、また今手がけているお届け物も半分は目途が付いたのを踏ん切りに、先ほどその旨の申し出のメールを出させて頂きました。

後、もう数年越しのキリリク作品もあるのですが、こちらはキリリクとは言えサイトの背骨の部分にかなり絡む内容の話になるので、何が何でも書き上げる事に変わりがないと、はっきり自覚してます。
ですのでこれは別格にして、他に書きたいものがあれば並行しても作業に入ろうと思っています。

幸い二重人格の所為か、同時にいくつものプロットを動かす事が出来ます。カップリングも複数に渡っていますから、平行している話が最終的に一つに纏まる事もそうはないです。その時書かずに仮没状態でも、後々で復活してくる事も私の場合良くありますし。
勿体無い精神が働いているようです。

最近UPした殺生丸物でもあれは、その前にやはり原作からの感想SSで起こした話の書けなかった、または書かなかった神楽・りんの部分を収容してます。神楽の最期の台詞が書きたかったんですよね、私。

久しぶりに、書き落としていたプロットを読み直したら、あれもこれも書きたくなって…。気持ちはあるのに、限りなく時間のないのが辛いけど、気持ちはあっても【書けない】よりは、ずっと精神状態がハイなので、まぁ、いっかv な感じです。


…もしかしたら、この文章。
酔っ払っているかも、です。買い物に出たら、なんだか無性にお酒が飲みたくなって、昼間から缶入りのスクリュードライバーを1本、空けてしまいました。若干疲れもあるのかな? 甘い物も欲しくなってでも、ケーキまでは行かなくてシュークリームを買ってしまいました^_^;

2005年09月13日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

まだ修正されていないみたいです

日記用のliveブログ、まだカレンダーや月間アーカイブでのバックナンバー閲覧が出来ないようです。

今日は少し頑張って、没原稿の書き直しをほぼ終えました。
リズム感が違うだけで、こんなにも文章がスリムになるんだなとまた実感。内容的に同じ内容+αを最初の原稿の半分以下に纏める事が出来ました。それでも、一つのパートで15KBぐらいはやっぱり行きそうです。全体で30~40KB、文字数換算で15000文字~20000文字くらいで纏まると善いのですが^_^;

お届け物なのであまり嵩張る(?)のもどうかとは思うのですけど、間に合わせのやっつけ仕事みたいなものは書きたくないので、ワガママを通させて頂こうかと。

ふと、気が向いたので交流メインの掲示板を幾つか覗いてみたのですが、年齢的に入って行けない世界でした(苦笑)
年齢も嵩んでるし、性格的にも難がありますから、ここならお邪魔してもご迷惑をかけないかな? と言うのを良く良く見定めてからご挨拶にと考えています。

その前に書きたいものを書いて、気持ちにもう少し余裕を作ってからですねv 

力不足で叶わぬ希望や約束なら、しない方が礼儀かも知れません。
気持ちはあるけど、余りにも時間が経ち過ぎてしまうと、却って失礼になりそうで。時間が掛かっても良い場合と、ある程度その時期内に履行しないといけない場合とがあるように思うのです。八方美人的に誰彼構わずそんな事ばかりしていたら【信】を失う結果になるのでは、と。自分を省みてそう思うばかりです。少しでもこの状態を打開し、そしてもっと身軽になって、お贈りしたいと思った時にすぐ取り掛かれるようになりたいとそれを夢見ています。

ここが踏ん張りどころですね。

2005年09月12日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

メイン日記不具合にて

ライブのブログを使っているメイン日記の方が、現在バックナンバーが見れらない状態になってます。
何かと使い勝手が悪くなってきているので、そろそろ引越しを考えようかと。このブログは、元はプロットノートがわり。その後は別館の更新用に使おうかと考えていたのですが、今回緊急の臨時措置としてこちらを流用しています。

日記は書かないと、欲求不満になる私ですので。

2005年09月12日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

子供とゲーム

昨日は朝の9時から小学校の友愛セールのお手伝いで、ヨーヨー釣りの水風船を、200個近く膨らませていました。11時半の開店に間に合わせようと、力入れてやっていたので、今日は肩と腕と左手の親指・人刺し指が痛いです。

その時一緒に作業をしていたお母さんとお話をしてたのですが、話の内容は子供の友達関係とゲームなどとの共存の話。我が家は上が女の子なのでそこまでゲーム関係での友人関係はないのですが、男の子になるとやはり必須アイテム化しているようです。

その話は姉からも聞いてました。
やっぱりね、ある程度は持たせないと仲間はずれになるからねぇ、と。
TVゲームの面白さは、私自身はしませんが判るつもりです。ただ、それを端から見ていると、TVゲームの創生期ですら何か【恐い】ものを感じて、手を出さずに来た私です。今のように更に進化したTVゲームに、何でも吸収する柔らかい頭を持っている時期に漬かってしまう恐さは、実際に色んな所で弊害を生んでいます。

その一緒にお話をしていたお母さんも、子供の友達が遊びに来て無言でゲームに興じている姿を見ると、どうしても【遊んでいる】とは思えない、何か嫌なものを感じるんですよね、仰る。私もその意見には同感なんです。それならまだ、カードゲームの方が良いよね、と。まぁ、これも色々聞き合わせてみれば、まったく問題がない訳じゃなさそうなんですが、そこまで親が完全無菌な状態を作る訳にもゆかず、また作るべきでもないので、子供たち同士で解決しないといけないのでしょう。

どう折り合わせるか。
ここがポイントなんですね。もし手を出さずに済む物なら、手を出させずに済ませたいと考えている私です。ダンナも同意見で(…いや、むしろ物凄いアナログ人間なので、パチンコすらしない人です^_^;)、この先子供たちがTVゲームを欲しがったとしたら、親VS子供で攻防戦を繰り広げそうな予感がします。

その手のゲームに無縁だった長女も、今 流行のたまごっちを欲しがっています。買おうと思えば、4年生に進級してから月々お小遣いをあげるようにしたので、買えない事はありません。が! 私、ここで釘を刺しました。
今買えば、間違いなく末っ子君のおもちゃになるよ、と。
その一言で、思いとどまっている長女です。末っ子君が5歳になって、もう少しお利口さんになったら買ってもいいよ、との約束で。
ええ、勿論 親は買いません。買うか、買わないかは長女の判断。
後、半年余り。それまで、この【欲しい】気持ちが持続する物であれば、買わせてもいいでしょう。

我が家では、そう言うTVゲーム対策の一環としてパソコンをかなり早い時期から子供たちに使わせています。させるゲームもパズル系の一人で黙々と解くようなゲームだったり、学習ゲームだったり。使う時間も原則として上限1時間、と決めて。

私もパソコンは大好きです。
いつまでも遊んでいたいネットの世界もあります。しかし、子供の為にもちゃんと大人がお手本を見せておかないといけないだろうと思う場面もあります。
TVゲームにしろパソコンにしろ、【遊び】であればそれで生活のリズムを崩すような事はしてはいけないと思います。高学年になれば、夜更かしをする子も出てきます。そんな時、親が遊びで夜更かしをしているのに、子供だけ【親の特権】で早く寝かせようとしても、それで子供が素直に従ってくれるだろうかとも思いますし、またそう言う自分もだんだん後ろめたい気持ちになりそうです。

親と子供の関係では、何が大事か見誤らないよう時に立ち止まり、周りを見回す余裕を失くさないでいようと思います。【親】になって、やっと十年。自分の人生のまだ何分の一かです。その子のその歳の親でいられるのはその中でもたった1年…、いや その瞬間だけかも知れません。判っているのに、ついつい自分の我侭を優先させる事の多い自分を反省しつつ、子供との時間を重ねて行きたいと思います。

2005年09月11日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

夢は枯野を…

はは、私 やっぱり根っからの日記書きでもあるかもしれません。
ちょっとした、他の方から見ればなんて事のないネタでも、私が書きたい! と思ったら、書かずにいられない。
二次創作とはまだ別次元の話ですね。

多少、関連はあるかもですが。

記事タイトルの「夢は枯野を…」、これ 松尾芭蕉の辞世の句の一部分です。
昨夜の「世界・不思議発見!」のテーマが松尾芭蕉の奥の細道。その中で、俳句の極意を伝える芭蕉の言葉として

「俳諧は事実に非ず。上手に嘘をつく事なり」

とありまして、おお、なかなか面白い言葉だと思いました。
つまり俳句も創作の世界、フィクション性を含むものだと。確かにちょっと現代風に考えてみれば、俳句が事実を伝えるものであれば、たった17文字の言葉で表すものはそれこそ記事のメモ書きのような物になるでしょう。それでは、人の感性に訴えるような物にはならない。俳句を俳句たらしめる為にだからこそ、たった一文字の使い方にも推敲を重ねる、と言うのがよく判る気がするのです。その一文字で、表す世界がガラっと変わるからです。
私のような、小説の中の一文字・一言葉をあれこれ差し替えてみてもそう変わらないような文しか書けない素人物書きでは、【推敲】と言う作業の出来るレベルはまだまだ先のように思います。

そして、まさしくその通り! と思った芭蕉の一言。

「全てを書かぬから、全てを表す」

細かな描写、この場合俳句ですからまず書きようがないのですが、ならば【自分】がその対象に対して【感じた事・思ったこと・感じた事】を17文字に凝縮して表現する。それは事実ではないにしても。

「荒波や 佐渡によこたう 天の川」

この句は、事実と照らし合わせると有り得ない情景だそうです。
芭蕉がこの佐渡を遠景に望む場所に来た時、季節的に佐渡島はもやがかかり、実際には見えないのです。また、荒波とは天候が悪い事を表し、本来なら天の川も見えないはず。では、この句で芭蕉が謳ったのは佐渡を望むその場所の美しさではなく、見晴るかす【宇宙の広大さ】。
それを、読み手の想像力に訴えた訳です。想像力は一人一人違う物。この句を読んで頭の中に広がる情景は、何万・何十万の言葉を書き連ねても表しきれないでしょう。それこそ、17文字の中の無限。

この感覚は、私も拙い文章を書きながら良く思っていました。
想像力を掻き立てる表現と、事細かに精緻に描写すると言う事は、時として相反する事が在ると。詳しく書く事で、情景が限定される場合があると感じていたのです。

私は古いタイプの物書きのようで、文章の言葉運びに基本として五・七調が根付いているようです。今では、私特有の【リズム感】で文章を運ぶせいか、殺風景なほど言葉を削り込んでしまいます。やはり【小説】としてみた場合、破調なんだろうなと思うのです。

続きを読む

2005年09月11日 二次創作 トラックバック:0 コメント:0

書きたいことがいろいろ~v

日記では日記ネタで書きたい事が出てくる私。
ほんの些細な事なんですが、それはそれで書き留めたい。
今日の日記ネタは、デスクトップの壁紙について。
9月に入って何時までも夏気分ではないだろうと、秋の散歩道というタイトルの見事に公孫樹が紅葉した画像を壁紙にしました。

で、その壁紙を見ていて思い出した母の言葉。

「小学校2年生の時に、初めて樹や道が赤や黄色になっているのを見てビックリしたよ」と。

そうです、母は外地生まれの外地育ち。2年生の頃まで、常緑樹しかない熱帯雨林のスマトラ島で暮らしました。戦争が始まるからと、日本に引き上げてきたのが2年生の秋。初めて祖国の土を踏んだ八歳の母の目には、母国はどんな色に見えたのでしょう。きっと、最初に目に飛び込んできた赤や黄色の鮮やかさに叶う彩りはなかっただろうな、と思うのです。

…しかし、この秋の散歩道という壁紙。
この残暑厳しい私の住んでいる地域には、まだちょっと早すぎたようです。PCを立ち上げるたびに、別の意味で暑苦しい^_^; で、とりあえず今はXPの標準壁紙にしています。夏でもなく秋でもない今の時期だけ。


どうしてか、何時にないほど今手がけているお届け物の文章量が、書けば書くほど増殖しています。最初の読みだとこのくらいの文章量を書けば、大体犬かごパートは終る筈なんですが、どうにも長文化ループに嵌ってしまったみたいです。
一つ考えられるのは、通常の【自分の】文章スタイルではないからかな? と。
違和感がないように、お届け先の文章レイアウトを踏襲して書き始めたのですが、これが却って私の文章リズムを外してしまったようです。

私は自分の文章スタイルがお行儀の悪い、破調なのを自覚してます。
それで今回正調のスタイルに近いと思う文章レイアウトで書く良い機会だと思って、書き出してみたのですが、どうにも切れの悪い物になりそうなので、元に戻って書き直そうと思います。一応、今現在で15KB程書いてはいるんですが、不本意な物をお届けしたくないので。

そんな訳で、ごめんなさい!
もう少し、お届けが遅くなります。
でも、楽しんで書いてますのでv ← 結局はこんな奴^_^; 究極の自己満足です。



2005年09月09日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

進行状態。

す、すみませ~ん_(._.)_

今週はPCタイムの殆どをお届け物書きに費やす予定でしたのに、ついついついつい【読みたい】気持ちに駆られて、いままでずっと我慢していたとあるパラレル物に手を出して、昨日と今日の半日を費やしてしまいました。
読み始めたら嵌るのは判っていたので、しなきゃいけない事を終らせたら自分へのご褒美として【読みたい三昧】タイムを設けようとv

つまり、あれです。
馬の顔の前に人参を釣って走らせるようなもので。
それなのに、走るのをやめて先に人参を食べちゃったような、なんとも意志薄弱な私です。ここ最近は【書く事】に専念していて、読み物は毎週木曜日に更新される連載物だけにしていたんです。後、イレギュラー的にぽつんぽつんと読むくらい。

それで、昨日か今日辺りで目途を付けるつもりだったお届け物の犬かごパートが全体的に書きたい事が増えたために、書いた割には進行状態としてはやっと半分くらい。
夏にお届けしたかったので作品的には納涼仕様なんですが…、大丈夫でしょうか? (苦笑)犬かごパートには、私の中学時代の体験をちょびっと盛り込み(勿論、脚色して)ます。次のパートのキャラ付けを細木数子でゆくか、美和明宏でゆくかちょっと悩んでます。どちらを使ってもそれなりの味は出せそうでv 最期のパートは、まぁ 落とし噺風に上がれば良いなぁと考えています。こちらは少々、艶笑小話風味になるかな? アブナさはぐっと控えめにして。
明日こそは、初志貫徹で行くぞっっ!!

今週の「ワイルド・ライフ」もなかなか面白かったんですが(^^)
犬夜叉本編じゃなく、こーゆー所で萌えネタゲットしているような気がしますv
今回のお題は恋愛感情を左右する生物学的フェロモンv なお話でした。

2005年09月08日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

台風一過

直撃コースだったにもかかわらず、幸いにもこれといった被害もなくやり過ごす事が出来ました。同じ市内でも地域によっては、風の害・大雨の害などを受けられた所もありますので、我が身の事ばかりは言ってはなりませんが。

昨日、拍手SSを差し替えた効果でしょう(笑)
びっくりするほどの拍手を頂きました。
あれこそヤオイな小話なのですが… ^_^;
こーゆー軽めな話の方が【オマケ】としては良いかも知れませんね。

お借りしたお題をその時の気分で料理しますので、何が出るやらではあるのですけど、この【オマケv】と言うコンセプトを私自身楽しんでますので、まだまだ続けますね。月恒例として更新作業にしっかり組み込みたいとv

以下、拍手レスですv

続きを読む

2005年09月07日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

台風、直撃!! 

(多分…) 今年の台風は、何故か関東圏ばかり狙っているなぁと思っていたら、それらしい大物がこちらに近づきつつあります。
今の所、雨はそこそこに降ってますが、風がないのでそこまで怖くありません。ベランダにある風に飛びそうな物は全て室内にしまうか、飛ばないように固定したので大丈夫でしょう。

一番のピークは夕方から夜にかけてのようです。

朝、出勤したダンナも1時半には帰宅しました。
子供たちも今日は台風の為、休校。昨年はこれで、3日潰れたんですよね。今年はどうだろう…?

今週末はもう早々と友愛セールなど学校行事が入ってきているんですが、影響がないといいなぁ、と。今月はほぼ土曜日は学校関係か、公民館の広報関係で潰れている私です。今週も午前中は友愛セールのお手伝い、午後は2時から公民館。でも、実際忙しい方が気合が入って良いようです。

今週の予定の一つ、9月分のWEB拍手お礼画面用のSSの差し替えも出来ましたしv 8月の分が夏だというのに、ちょいシリアス風味。ここしばらく続けて書いたものもそう言う路線だったので、今月のSSははっちゃけてみました(^^)
お題は「いっぱい教えてね。知らなかったいろんなこと」と言う、甘くて黒い話が書けそうなシロモノだったのですが、まぁ 甘いと言えば甘い、黒いといわれれば黒い仕上がりの、りん×犬一行の艶笑小話風味で仕上げました♪
相変わらず殺兄は鬼畜ですが、今回台詞は一切なし! です。

さぁ、お次は「夏夢 -かむ- 」、お届けものその2の仕上げ。
明日中に犬かごパートが仕上げればいいなぁ、と。
…その次が、桔梗・琥珀パートで最期が殺一行+α(笑)
1パート1日単位で物に出来れば、予定通りですね。

やっぱ、気合ですよ、気合!!
この調子で、今月は突っ走ってみますv

2005年09月06日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

更新しましたv

ちゃっちゃっと終らせるつもりだったサンデー39号からの感想SSのようなもの、思ったよりも長くなったのでSSっぽい短編扱いで壁紙つけて本サイトの方にUPしました。

しかし私、殺りんにおける建設的な【幸せ】と言うものの追求には、ひどく冷淡な奴だなと、つくづく思っております。
犬かご話より殺りん話の方が、人死にが良く出る。りんちゃんなんて、この私に何度殺されている事か。ごめんね、りんちゃんm(__)m
ついでに、殺兄も何度か殺してるな…

いかに恋愛関係よりも生死・それこそ殺生事に視点が傾いているかですね。
とりあえず、まずは一本。
今週は、WEB拍手お礼画面のSSの差し替えもしたいので、今日この日記を書いた後に当たりをつけて見ましょう。
後、今週全力投球するのはお届け物その2v
今週はPCタイムの大半はこちらに注ぎます。

その反動で日記の内容が短くなったり、書くほどの事がなかったらパスする事もあり、です。
限られた時間での、優先順位って事。【けじめ】とも言えますね。
ここまでお約束のものや、キリリクを遅らせている私が口にするのはほんと己知らずなのですが。
何よりも【書く事】が好きですので、引き篭もるのもそう苦にはならないのが幸いです。

色々お声かけしたい、お邪魔したいとの思いもありますが、こっそりロムっているのが精一杯な所なんです。また別の意味で、欲張りなところもあって…^_^;

作りかけの二次創作サイト以外のサイトもちゃんと立ち上げたいし、別館の更新もいい加減にしないと、なんなんだ~っっ!! 状態。
勿論、犬話はまだまだ書きたい!! 比翼連理の続きも、雨月の続きも。
で、結局篭るか、になっちゃう訳です。

そろそろ犬夜叉の放映が終了して1年。
それなりに犬ファンサイト界も淘汰の嵐に晒されてきたのでは、と思います。
第2部の方も今だ未定ですし、この状態が続けばさらに淘汰されて行く事でしょう。現実問題、どの位原作が進めば第2部製作に着手出来るかと考えると、コミックスで10巻分は欲しいところかな? と。
来月出る新刊42巻で今年のサンデーの34号分くらいまで収録。それで昨年終った鬼の腹あたりから数えてストックが6巻分。まだ4巻分足りないな、と私は見ています。留美子先生が余白を残した描き方をしているので、原作どおりにアニメ製作をすると、あっという間にストックを食い尽くしてしまいます。その余白部分をアニメ製作スタッフが埋める訳ですが、大きな解釈の相違からこちらも度々激しいバッシングの嵐でした。
もう、あんな状況はどちらものファンである私は見たくないです。

原作を追いながらも、その余白をちゃんと筋の通ったクオリティの高いオリジナルな話で補いつつ、それもまた本筋に絡めるように… と考えると、まだまだ準備期間は取った方が良いだろうと言うのが私の考えです。

そう考えると、早くても来年の秋以降か再来年の春くらい? と予想してます。今度は急がず、じっくりと腰を定めて製作に掛かってもらえると一ファンとしては嬉しいです。受けとか萌えだけでなく、【戦国御伽草子犬夜叉】らしい楽しめてまた意味のあるアニメ犬夜叉が見たいと思います。

それまで、細々とでも頑張ってサイトを続けて行きますね。
遅筆なので、書きたい物がなかなか書き終らないというのも理由ですが^_^;

続きを読む

2005年09月05日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

サンデー的、殺りん考(?)

今週のサンデーv やっと、犬一行と殺一行がクロッシングしてくれそうでちょっと楽しみです(^^) 前回、闘鬼神を失ったあの接合はこれからの布石だったのかと。前々から思ってたんですけど、犬夜叉って隠れブラコン、いやファザコンの気がありますよね。でも、ああまでして殺生丸の臭跡を追うのは、何処か警察犬のようでもあり、また主人にはぐれた飼い犬のそれのようで、なんだか犬夜叉、丸くなったね^_^; と言う感想です。
可愛いから許すけど(苦笑)

それよりも、私的に受けたのは「ワイルドライフ」と「道士郎でござる」かなv
そっか~、鳥って優しくすると種族を超えた恋をしやすい生き物なんだね。
優しくされているかどうかは判らないけど、りんちゃん自身はそう思っているんだろうな。雛の「刷り込み」体験もあるし。と、思った鉄生君の解説でした。

道士郎の方は、たった4歳違いでも小学生と高校生だと世間から後ろ指指され組なんですね。そうすると殺りんの場合、実年齢だととんでもないので、見かけ年齢としても19歳と8~9歳。(…りんちゃんが伸び縮みするので6歳~9歳くらいかも)
やっぱり言われちゃうんでしょうね、このロリコン!! って。(笑)
これが24歳と36歳くらいになるとそこまで言われないんじゃないかな?
道士郎のところのサータンもたった4歳違い、世間じゃよくある年齢差だと思う。現に我が家はダンナが5つ上。まっ、この場合 サータンは妹が出来た、と思い込もうとしているけどね(^^)

毎週、楽しく読んでますvvv


…こんなに山ほど(下の日記も後日、つまり今日書いてます)日記を書く時間があるなら、後ラストシーンだけの突発SSを仕上げればいいのに、と自分でも思います。そう思って、昨日は仕上げようとしたのですがやはり日記を書くのと創作、それが二次創作でも集中出来る体制という物があるようで、この壁を越えなければいけないなぁと実感しているところです。

結果、昨日は日記すら書けずまるで朝起きて顔を洗い忘れたような気持ちの悪さを感じてしまいました。書きたい事がない時には感じずに済むのですが、書きたい事がある時などは、遣り残したようで(-.-)となってしまいます。

2005年09月04日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |

» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。