FC2ブログ

とりあえず10月分

今日で9月も終わりますので、来月早々に入れ替える予定の拍手SSを書いていました。今月が艶笑系でライトに仕上がったのに、10月はまた殺生丸視点でのシリアス系。お借りしているお題に沿ってですので、その台詞を誰が言っているかで、ある程度書き出す位置が決まりますね。

ただ今回のネタは2パターン思いついてしまったので、月の途中で多分入れ替えると思います。最初は殺りん、後半は殺神で。殺生丸が二股と言うのではなく、また私の書くものが【恋愛】と言う枠組みから離れているとも思うので、微妙な話になるかと。

私にとっての恋愛感が基本としてどんなに山あり谷ありでも、その事でより成長し結果、建設的な幸せを構築する基礎になるもの、と。
だから私の中では【不倫】は【不倫】であって、【恋愛】ではない、みたいな上手く言えないけどそういう線引きがあります。

殺りんにしろ、殺神にしろ私の中に【建設的な幸せな未来像】と言うのがまったくないので(…未完成な姿はありますが、未完成なまま完結してます)、自分の中の恋愛感から外れるかな? と。

いや、そう言う恋愛感もあるのはあると思うのですが…、そこのところが難しくてこの歳になっても良く判りません。
ただ、恋愛的価値観から離れた【幸せ】も世の中にはいっぱいあります。むしろ私はこちらの方に親しみを感じるのかも知れません。

犬かごにしてもそうなんですけどね^_^;
この二人の未来予想図で円満な家庭生活を営んでいる世界、と言うのは私の守備範囲外。今まで犬一行物は40本ほど書いてきましたが、その中に1本だけ、キリリクで書いた物があるだけです。原作に近しい時間軸での話を捏造するのが一番楽しいです(^^)

殺りんでは、原作の縛りが緩いので何でもありで展開してます。
でもまぁ、殺りん二次設定の基本であるような殺生丸、【一国一城の主】設定は外してますね。何者にも縛られない存在であって欲しい、妖怪なら妖怪らしく、人間世界の模倣のような統治国家である必要はないよね、と。あえて例を挙げるとすれば、ヤクザの世界感的な感じ。力で抑えて、常にその境界は曖昧。力関係のバランスが崩れれば、その一家は消滅するみたいな。組長の息子であっても統率力がなければ跡目を継げなくて…、の方がらしい気がします。

パラレル展開も殺りん物の方が書きやすいv
今、お届け用に書いているのもその手の話なのですが、前振り部分のチョーさんこと○見と姐さんとの会話だけで、そちらのサイト様にお贈りした過去作品の長さと比べてすでに半分に近い文章量になっている…。
マズイかな? 長くなりそうな予感…(汗)
やっぱり舞台背景が【現代】というのは曲者のようです。
これはHIT数記念のお祝いなので早めにお贈りしたいなvと。

明日が12時から、公民館での広報誌の最終作業に入るので、もしかしたらこの日記も書けないかもしれません。
今日がんばって色々しておこうと思います。


スポンサーサイト



続きを読む

2005年09月30日 二次創作 トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |