FC2ブログ

PTA活動もスタートです

今日は近隣の2つの小学校&1つの中学校合同のPTA研修会でした。例によって末っ子君は会場の託児ルームへv ここでの研修会は託児付きなので参加しやすく、すっかりこのルームの常連さんで人見知りしない末っ子君は水を得た魚(金魚?)のように生き生きと遊んでいました。こんな様子を見ると、早く入園させたくなりますね(^^)

今日の研修会で講師を勤められたのは真言宗のご住職。プロフィールを読んで、あらっ!? と思ってしまいました。袖すりあうも他生の縁と言いますが、私が現役OL時代勤めていた会社がお客様に配る為年4回出していたコミュニティ誌にコラムを書かれていた方でした。
私、このコラムのファンでしてお客様に配る前に必ず目を通していたものです。5歳の時に路面電車に両足を轢かれ、膝から下を切断して両足ともに義足という経験を持つ方です。

お話の内容は後日、オフ用の日記に感想として落としますが今回のお話もとてもよいものでした。どう生きてどう死ぬか、何を見るべきなのか。判っているようで、流されがちな事をまた改めて確認した今日の研修会でした。

親戚の中で特に私を可愛がってくれた伯父も下半身不随でした。勤務中の事故で脊髄を痛め、先ほどのご住職とは反対に足はありながら二度と自分の足では歩けなかった人です。この伯父も42歳の若さで他界したのですけど、まだ元気だった頃に言っていた事がありました。「もう一度自力で歩けるのなら、義足でも何でも構わない」と。

時期を逸して、とうとう書きそびれてしまったのですが鋼錬の11巻でのハボさんの状況が伯父と重なりまして^_^; 現実を知っているからこそ、例えマンガの世界の話でもその心境が判るような気がして…。
伯父が入院していた病院はそう言う障害を負った脊髄損傷患者さんが多数入院していました。みんな、ある意味元気なんですよ。病気とは違うので。ただ、下半身が動かない、もしくは首すら自分で支えられない、と言う障害の違いはありましたけど。

鋼錬で二次創作小説を私が書く事はきっとないでしょう。完成度が高く、内包するテーマも深遠で、まだまだ作者の手の内で遊ばさせられているような感じです。もう原作だけで満足しているような状況なのでv

私の場合、二次創作小説を書くのにあまり『萌え』要素は必要ないような気がします。そのキャラクターを使って、書きたい事が書けるのなら、今やっている犬夜叉の二次創作のようにどっぷりと嵌ってしまいますが。

書きたい事と、書きたい物、この二つは似ているようで微妙に異なる物なんだな、とつくづく感じている私です。

今後の予定をば、少し♪

抱えている物を1点集中型で書いて行く事にしました。やはり、全然別の設定の話を、頭を切り替えながらちょこちょ書いてゆくのは少しボケ(笑)の入り始めた私には、難しかったです^_^;
それで、今週は毎日頑張ってv 「比翼連理」の方を1か月分…、つまり4回分大体50KB足らずを書いてしまおう! と。
今年はこのブログ連載をメインに据えたいので、これの週1更新は堅持したいんですね。また、今乗ってもいますしv 家の事をしながら末っ子君に構いながらでも、半日で10~12KBはいけますので、どうにかなるでしょう。
 
そうやってまとまった時間を作って、22222キリリク分と111111分のキリリク、それからお祝い文のまずは2本に目途をつけたい!
今月末までには3周年関連のアンケートも設置したいし…。
と言う事で、まだ暫く篭るかなと思っています。


拍手パチ&メールコメントレスです。

明けましておめでとうございます、ななるさん。お年賀歌留多企画、楽しんでもらえて嬉しいです。頭のギアが錆びつきかけている割には、こーゆー突発物への瞬発力はあるみたいです。予定外でも、また何かやらかすかもしれませんv

鬼棲樹への感想、ありがとう御座いました。
サイトを立ち上げる前から書きかけていたものを見切り発車でサイトUPさせて、完結させるまでに2年以上かけてしまったというシロモノです。リアルな世界情勢の変化に、途中で全く書けなくなってしまって…。書きたい事を受けてめて下さったその感想がとても嬉しかったです♪



スポンサーサイト



2006年01月16日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |