FC2ブログ

ジェンダーってなんだ?

は~、只今研修会から帰って参りました(^^)
今日の日記はオフネタですので、前もってお知らせをv

いや~、今日の研修会はほんっと面白かったです。
コント形式の寸劇を2本、それからグループ分けされたテーブルでのディスカッション。
テーマは『ジェンダー』について。

ジェンダーってなんだ? と副題がついてまして、まずその説明から。

・ジェンダー … 社会的性差の事。社会的に役割分担された、俗に言う「男らしさ・女らしさ」 例 男は仕事、女は家庭。 男子、厨房に要らず。女は三界に家なし、など。

・セックス … 生物学的性差の事。 余程特別に鍛えない限り女性の筋力が男性を上回る事がないように、またどんなに男性が逆立ちしたって、子どもを産む事が出来ないように。


人権尊重と言う観点から言うと、あると息苦しいのが上にあげた「ジェンダー」な訳です。しかし、いままでの長い慣習や、刷り込みなどによって、自分の中にこのジェンダーがしっかり根付いていたりするんですね。それに気付いて、よりよく男性も女性も生き易い社会を作ってゆこう! と言うのが研修会の主旨。

この研修会を受けていて、ああ こーゆー思い込みや決め付けって自分の中にいっぱいあるなぁ、と。

大切なのは、「その人らしさ」

判っていても、ついつい言っちゃう「男の子でしょ、女の子でしょ!」って言葉。または「お兄ちゃんでしょ、おねえちゃんでしょ!」
括っちゃいけないんですよね、これは。

講師の方に具体的な問いかけで、コンビニの前の駐車場に2~3人の女の子が立膝をして座っていたのを注意しようとした時、つい
「女の子が、みっともない!」
って言ってしまいそうなんだけど、これもジェンダー? って意見。

そうそう、つい言ってしまいそうだけど、でもこれは女の子じゃなくても、男の子でもみっともない事だよね、と私は思う訳で。
同じように男性が咥えタバコをしてもそう思わないのに、女性だとみっともない、って年配の男性の意見。この男性は、これもジェンダーですね、と反省していたのですが、私に言わせれば、喫煙マナーのなってない人は男であれ女であれみっともなくて格好悪い! なんですけどね。

喫煙に関して言えば、未成年は問題外で成人男女の場合、これは一応嗜好品なので、喫煙する事を差してマイナス評価で決め付けちゃいけないんですけど、「私」の中ではやはりマイナスですね。
タバコはどんなに言い訳しても、百害あって一利なし、な物なので^^;
それをあえて摂取するという行為を否定するのも、「私らしさ」かな?

「その人らしさ」をそのまま容認する、ってなかなか難しいです。
ついつい「自分の物差し」が出ちゃいます。
その物差しがジェンダーやまた別の偏見に塗れないよう、こうやって研修会に参加して、自分が「気付く」事が大事なんだな、と思ったのです。


…と、言う内容を人権尊重協議会地区版の広報紙に記事として纏めないといけないんですけどね。
今月一杯は、この記事と小学校の広報委員会で発行する分の5・6年生の記事のデジタル入力作業に追われます。

とは言え、「比翼連理」も更新したいので来週はこれ1本に絞って、オフ作業の合間に、書こうと思っています。


スポンサーサイト



2006年02月18日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |