FC2ブログ

三百字小説!

久しぶりにmixiの文章創作系コミュをぶらついていて、面白い記事に出遭いましたv

文源庫から出版されている「遊歩人」と言う文芸誌。
ここでSF作家川又千秋氏が主催している「三百字小説」の応募のお知らせです。

ジャンルフリーの300字以内での読切り作品v
詳しい内容はこちらから http://www.bungenko.jp/300.html どうぞ♪

たかが300字、されど300字。
いいですねぇ~、この遊び心と「粋」への挑戦。
私も時間を作って挑戦してみたくなりました(^^)

もともと日本人の文芸感には俳句や短歌などで培われた5・7調の「音」のリズムがあるんですね。
読みやすい、音読でも耳に聞き取りやすいこのリズム。
短編やSSを書くのであれば尚の事、このリズムや全てを書かずに読み手のイマジネーションに託すような言葉を選んで、書かない世界までも読み手に想像してもらう、と言うのが一つの理想ですね。

先日サイトUPした殺りんSS「誓文」を作品リストに加えようと、ファイルを開いてまた再確認したような訳なんですね。
つくづく私は、短編書きだなぁ、と。
ついでに殺りん系の話の色分けのカラーも変更^_^;

だって…、薄桃色ってエロっぽくて、いや… まぁ 確かにそーゆー描写のものが多いのは多いのですが、でもそれが目的ではないし、こんな事でそーゆー印象を付ける事も無いなと思いまして、薄青紫色に変更しました。
こちらの方が背景の雰囲気にも合いますしv

またmixiの話に戻るのですが、文章創作系のプロフィールなどを読んでいると、若い子ほど18禁物やエロ系の文章を書きたがるのかな? って思ってしまいました。って言うか、それが売り? みたいな。

若い、それも女の子が「18禁でエロくってゴメンナサ~イvvv」みたいな…、もちろん作品そのものは読んでませんが「お母さん」としてはちょっと悲しい(笑)

いや、興味のある部分だろうし。
恋愛至上主義万歳!!
恋してなんぼ、愛してなんぼ、やってなんぼvvv な風潮は仕方が無いとしても…。
私も先に書いたように、そういう描写の物を書いて無いわけじゃないので大きな事は言えませんが、それでもそう書かれた段階でただいちゃついてるだけの底の浅い甘いお話って先入観(…大抵にして当たっている)が働き、もう読もうという気が薄れてしまうんですね。

その辺りを上手に匂わす程度の紹介文を書けるなら、「おっv 読んでみようかな」って気にもなるのですが。

シリアスな話ばっかりが好きな訳ではないのです。
「バカップル」な話でも、要は見せ方、読ませ方。
そこなんですよね~、それを最初から「18禁」を売りにしちゃう辺りが、かえってまだまだ「お子様」だなと思う訳です。

あっ(>_<)
これって、自分にもイタイ文章だな…





週末のレス関係ですv

12月17日 「誓文」に拍手をありがとうございましたv

12月18日 レス不要とのお言葉でしたが、一言だけv なかなかエチャ版は敷居が高かったのですが、参加して良かったです。今、とってもお絵描きしたくなってま~すvvv ありがとうございました(^^♪

12月19日 「05.8月分拍手SS」と「06.2月分拍手SS」に拍手をありがとうございますv 最近はシリーズ物展開ですが、また時にはこんな感じの本当に短文(SSですらないような^_^;)で入れてみてもいいですねv 

拍手SSのアンケートv 今の所、やはり殺りん物が多いですねv
拍手SSのお題には勿体無いようなリクエストもあり、次の創作のネタにさせて頂こうかな? と、色々考えています。
どうぞ、何度でも誰でもお気軽に参加してみて下さいねvvv




スポンサーサイト



2006年12月19日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |