FC2ブログ

ケアレス・ミスとサイト更新

う~、9月1日に頂いたコメント&拍手のお返事をレス専用ブログに2日書き込んでいたのに、うっかり『下書き』モードにしていました><
今日、そちらのブログを見直して、「あれ? 入れたはずのレスがない???」と確認してみたら…、です。
お返事が遅くなってごめんなさい! です。
少し前の日記にも書いたのですが、9月からは頂いたコメント関係のレスはレス専用ブログで、そうでないものはこちらの日記でのお礼に代えたいと思います。

9月2日・3日・4日・7日・8日、と拍手を送ってくださりありがとうございます。
その拍手をエネルギーにして、どうにか本日ほぼ前編部分になるかな? なところですが当サイト初のクロスワールドSSをUPしましたv
後編部分もなるべく早めに書き上げて、サイトにUPしたいと思います。
多分、どんなに長くなっても「2」・「3」以内には納める予定で書いています。
「Petshop1」はほとんど兄上の出番がないので、殺りんファン的には少し寂しい内容かも? と。
クロスワールドのデメリットって、片方の作品は知っているけどもう片方を知らない場合の「なんでこうなるの?」な部分。同じ作者の作品同士ならそれもまだ補いやすいのですが、今回はまるっきり畑違いな2作品。共通点は「人外なモノ」が大きな顔をしているっていう所でしょうか?

王道少年漫画の「犬夜叉」
マニアックなホラー系(小数部発行)な「Petshop of Horrors」

同じホラー系でもマイナーメジャーな作品もありますが、そういう枠でもなさそうな。
発行元は意外と老舗というか大手(朝日新聞社)なので会社が倒産という事はないのですが、掲載雑誌が廃刊ってことはありえそう。
まぁ、今のところ朝日新聞出版が定期発行しているコミック雑誌は隔月間の「ネムキ」と「ほん怖」、それから季刊誌の「夢幻館」の3誌なので、これ以上のリストラはなさそうと言えばなさそうなのですが^_^;
マジでバックナンバーの取り寄せも考え中なんですね。
っ言うか、もう定期購読申し込んじゃおうかな? ってくらい考えています。
「ネムキ」はまだしも、「夢幻館」は買いそびれそうな可能性が高くって(大汗)、下手をすると本屋さんに入らないこともありそうなんです。
どちらの雑誌も私の好みの作家さんが多いので、それもいいかなv

「夢幻館」掲載作家さんは読みきりや読みきり連載含めて、秋乃茉莉先生・紫堂恭子先生・池田さとみ先生・森川久美先生・樹村みのり先生。
「ネムキ」の方だと、波津彬子先生・篠原烏童先生・吉川うたた先生・諸星大二郎先生などなどです。
もともと妖しいモノ好き、ホラー系好きな奴。
そんな属性があるから、きっと何を書いてもホラー判定もらっちゃうのかなと、この記事を書きながら自分で納得してしまいました。

殺兄と伯爵の絡みは「2」でいっぱい書く予定v
どちらかと言えば、殺兄を言葉攻めする伯爵? になりそうな流れです。
ラストにはちょっとしたゲストも入れますね~♪

と、ここまで書いてきてあれ? クロワとダブルパロの違いってなんだろうと? とふと思ってしまったり。
「白銀の犬」は自分的にはダブルパロのつもりで書いていたので、どこが違うのかなと考えるとクロワの場合は本当に二つの世界がそれぞれの設定をあまり変えない状態で重なること、ダブルパロの一番判りやすいパターンを上げればある物語のキャラを別の作品のキャラと取り替えてその違いやギャップを楽しむ作品ってことになるのかなと。

あれあれ、それだと「白銀ー」はあまりダブルパロとはいえないかも…。
曖昧で大きなくくりでの二次創作(オマージュやインスパイア的意味合いを込めて)になるのかなと思ったりしています。
二次だからこそのありえなさに萌えを見出すこともあれば、原作ありきの二次だからこそその原作キャラらしさを留めて、原作補完な内容に萌える場合もあります。
私はどちらかと言えば後者なような気がしますが、ときたま突拍子もないネタで書く事もありますから、これもた曖昧なことなんですね。

では、私の趣味丸出しの「Petshop」の続きを書いてきますねvvv








スポンサーサイト



2008年09月09日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |