FC2ブログ

そこを見る

最近はあまりTVも見なくなって、どれがトレンドか判らないおばちゃんになりつつあります。
それでもこの秋のドラマで楽しみなのは「相棒」と「夢をかなえる象」v

「夢をかなえる象」は先週SPで2時間入った後、深夜枠での連ドラの1回分まで見ました。
んでー、このドラマ全編小栗旬で通すんじゃないんだな、と思うとちょっと期待値が下がってしまったのですが、でも久しぶりに面白かったです。
SPドラマの方はそこそこ良い会社に入った脱力サラリーマンの小栗旬が同級生で夢を叶えている姿を見て、心の底から「生まれ変わりたい!」と願う所から始まります。
その願いを聞き届けたのが有給休暇中(笑)だったインドの神様のガネーシャ。
関西弁をしゃべる、どーしようもない象の姿をした神様。

課題を一つずつ出して、それを実行してゆくことで今の自分を変えてゆく。
簡単でそれにどういう意味があるんだろうと思いながらも、課題をこなしてゆく小栗。
最終的には、本当にやりたかったカメラマンへの夢をかなえるために順調に行きだしたサラリーマンをやめる。

原作ではカメラマンではなく、建築家だったんですけど。
いや~、この話。夏の終わりに公民館で「子育てに夢とロマンを」ってタイトルの講演を拝聴したのですが、その時の講師の方が勧めていた本だったんです。
勿論ドラマ化の事にもふれていました。

その中で

「才能があるかないかを決めるのは自分じゃない。他人が決めるものだ。やりたい事があったら、何でもいいから応募してみろ。そしたら審査員がお前の才能を見てくれる」

ああ、なるほどなって。
ないならないで、また違うものを見つけるもよし、さらにその道に励むもよし。
ガネーシャはそれで大成しろとは言わない。
大成=夢じゃないんです。
やりたい事をやれる事、やれるようになる事が「夢をかなえる」事。
やりたい事もやらずに終る人生なんて、意味がないだろう? って。
そうなった時、それまでの課題の積み重ねが大きくモノを言ってくるって構成のお話でした。

子ども達に「道理」を説くには、良い題材だと思いました。
連ドラの分は、それの女性バージョン。
こっちはちょっと微妙かもです。時間も今のところ不規則みたいだし、

そのドラマのガネーシャのいい加減さを出す場面で、小栗のお金を使い込んでしまうシーンがあるのです。ゲームソフトとハードとお菓子と大量のコミックスやマンガ本を大量に買い込んで。
そのマンガがコナンや犬夜叉やサンデーならぬヨンデーだったりして笑ってしまった訳で。
連ドラのオフィスにはコナン映画のフルスコアのポスターが貼ってたし。
中の人繋がりなのかなぁ、とか思ってしまいました。

小栗旬も今年は流石に実写版の新一は無理っぽそう。
新一と言えば先週は、「世紀末の魔術師」が入っていましたね。
キッド絡みの話は好きなので、10月後半のコナン新作1時間枠物は期待できるかも。
今までの帯ドラマ式放送から読みきり連載式の「その回だけ」見ても楽しめるようなスタイルに変わって行くのかもしれませんね。
30分枠×2回、もしくは3回でやっていた分をぎゅっと1時間枠にする。
この方が見るほうも見やすい、番組編成もしやすい、作る方もクオリティを維持できると。
月曜7時からの1時間枠は「何かのアニメの枠」になるのかもです。
それがコナンだったり金田一だったりヤッターマンだったり。

……期待したいのですが、犬夜叉もね^_^;

「世紀末ー」の時の白鳥刑事は、塩沢さんなんですよね。
久しぶりに聞いて、ああこの雰囲気を出せるのは塩沢さんだけだなと実感しました。
なんというか、真面目に話していてどこか可笑しい風になる、決めるときは決めるけど同じキャラの中でのギャップを得意とするような、ですね。

今、自分的に波が来ているのは「Petshopー」なんですが、もしまたアニメ化されることがあって塩沢さんが存命であったなら、伯爵の声は塩沢さんにやって欲しかったなぁと思います、
前回の伯爵の声は関俊彦さん。
今をときめく(笑)モモタロスだし、忍玉の土井先生だし。
それはそれ、これはこれでという叶わない希望なんですけどね。

今週の絶チルv
モブの中に前番組で二期も決まっているハヤテキャラがちょこちょこ出るもの判るし、椎名先生の前作アニメのGS美神キャラが出るのも判るんですが~^_^;
今週のゲストモブキャラがさすがの猿飛って…、一応絶チル視聴者対象層である小学高学年~20歳くらいの視聴者に判るのかな? これって、て。
我が家の長女には、これ誰? 状態でした。

「さすがの猿飛」細野不二彦著、コミックス持ってたなぁと懐かしく。
「GUGUガンモ」は持ってなかったけど、でも多分イントロが流れたらOPは歌えそうな気がする。
あっ、猿飛もv  ~スキトキメトキス♪ だよね!

秋の新作アニメ、っていうか春も夏も新作はすべてスルーしちゃったな。
絶チル以外は。
来年の春アニメの方に早くも期待しています。

スポンサーサイト



2008年10月07日 オタヨタ日記 トラックバック:0 コメント:0

10月5日・6日分

拍手をありがとうございますv
勢いづいてあれこれ手を出しています^_^;
もう、自分どうしたんだって感じ!!
これもいつもこうして拍手を送ってくださる方や、コメントを寄せてくれる方があってこそv
自分の楽しみが少しでもおすそ分けできているのなら、とっても嬉しいです。

10月5日
「木蓮の涙」にコメントをありがとうございますv
頂いたコメントを読んで、私の方こそ勿体無い気持ちになりました。
もう、嬉しすぎて嬉しすぎて!!
丁度5年前に書いたお話で、サイトを立ち上げて半年を過ぎようやく1万HITを迎えようかという頃の古い作品。原作完結した今の時点で読んでくださって、BGMまで気に入ってくれてDL購入までって、本当に嬉しすぎますっっ!!
私の中の二次創作は自分の『好き』なものを、自分の妄想で包んでいても、『原作』を良く見て欲しいって気持ちが大きいのです。もちろんSSのBGMも自分の好きな曲ですv こんな風に自分の好きなものに共感してもらえる嬉しさは、言葉ではなかなか美味く言えません。
今書いているお話も、これから書いてゆくお話も、いつかずっと後で読んでくれる方の為にも、少なくとも自分が恥ずかしいと思うものは作るまいと思っています。
本当に嬉しいコメントをありがとうございましたv



……ここしばらく、「隠し部屋」関係のお問い合わせを続けて頂いています。
案内ページまで行けない方にはこちらで誘導をかけていますが、そこから先には案内ページにあるとおりの対処しか致しておりません。
個別に返信をすることも、パスワードのヒントを差し上げる事も致しません。
住み分けの意味も含めて、TOPページに隠しページ案内のリンクこそ張ってはいませんが、サイト説明の中にきちんと表記しています。
ジャンルによってはもっと厳しいパス制、あるいは期間限定でしか受け付けないパス・URL請求制のサイトもありますが、そこまでの厳しさは強いていません。
ウィザード画面まで行けたら、あともう少しです。案内ページの文面をシンプルに受け止めてがんばってください。
きっと入室できると思っています。

2008年10月07日 拍手お礼2008年分 トラックバック:- コメント:0

| 気分は日曜日TOP |