スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「花ごよみ」4月分、脱稿

昨日、日記を書いていた時点では、実は背水の陣っぽい感じて日記を書いていました。

日記と二次創作では同じ「書く」でも、頭の使い方が違います。
どーしても創作が書けない時や自分への発破かけの意味で、ぶぁぁっと日記を書いたりもします。
そのおかげか、どうにか本日無事、脱稿出来ました。

あ~、良かった!!
4月2日に間に合ったよvvv

長さ的にはほぼ「観用少女りん4」と同じくらいです。
先ほどざっと校正もしたので、見落としもありそうな気がしますがページを作って更新できるよう準備しておこうと思います。
HTMLにした方がミスが見つかるのも良くある話。

遅くなったレス関係は夜にでもお返事を書かせていただこうと思います。

……あ~、まぁ 毎年この時期がサイト開設のなんだかんだでバタバタしているので、明日のエイプリルフール的な事って、出来た試しがありません。
来年はそれも込みで何か出来たら良いなと考えています。
でも下手したら30%くらいの確立ですが、またも引越しかも? の可能性が出てきました。

いきなり言い出すんだもんな、我家のダンナ。
マジ、リアルびふぉー&あふたーってことになりかねない気配です^_^;

スポンサーサイト

2009年03月31日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

進捗状況

サイト開設日に更新予定の「花ごよみ」、進捗状況は多分全体の3分の2、までは来ていると思います。
前回更新分「観用少女りん4」が5日間で17000文字ほど書けたので、少々油断をしていたのもあります^_^;
連休と春休み、この自分の背後に人影がなくなる時間の激減を甘く見ていたというか…。
実際書き始めたのが26日、と1週間位ぼーっとしていたのも痛かった><

で、自分で決めた期限に間に合うかどうかとあたふたしている訳で、この締め切り前に慌てる癖ってなかなか改善できないものです。
趣味だし、督促されている訳でもなし、イベント合わせの入稿が~って事でもありません。
ある意味、自由にやって良いと思うのですが、それでも「自分でこうしたい!」と思って口にした事ですから、それは守りたいと思うわけです。

とは言え、すでに「やるやる詐欺」っぽい前科が、一つ二つ……
今書いている「花ごよみ」も、本来なら1年前に完結させる予定のものでしたし^_^;
2・3年前に完結させるよ~ と言っていて未だ完結させていない幾つかの連載などは、時間が経ちすぎジャンルを離れた方に取っては「やるやる詐欺」だったよね…、と反省することしきりです。
それを踏まえて、パラレル系の連載は全て書き終えてからサイトUPさせる方針にします。
書きかけの物を放置状態にしないよう、いったん綺麗に片付けてから、本来の連載1本に創作を落ち着かせようと考えています。
時折、単発で読み切りやシリーズ物を書いたりしますが、「書きかけの物」を減らす方向でと。

この日記以降、日記を書いたり頂いた拍手や問合せやメール返信なども、「花ごよみ」を脱稿させてからと思っています。
明日中に、またここに顔を出せれば良いなと、頑張ってきますね!

恒例の更新予定のSSから、一部抜粋♪


 あの時、天空の庭から地上に戻り、殺生丸様の後を追ったあの時――――

 追いついたりんを見た、殺生丸様の金の眸。赤い妖光が眸の奥で揺れていた。そうして、言われたあの言葉。

( ……お前の望みはとうに知っている。あの雪の原の時より、共にあらんと。時が満ちれば、お前をこの手で―――― )
( 殺生丸様…… )

 殺生丸様の顔を見上げたりんを殺生丸様は抱き寄せ、そして深く口付けた。互いの口の中の桃の香りが混ざり合う。雪の中で交わした口付けよりも、もっと長く熱く、体の芯が蕩けそうになって、気が遠くなる。
 口付けが終っても、体の中の熱さが消えない。ぼぅとしたりんの耳元で、殺生丸様が囁いた。

( ……花が咲けば、もうお前を子どもとは思わぬ。お前も、それを覚悟しておけ )

 そう言われた殺生丸様を、りんは少し怖いと思った。怖いのは、仕方がない。だって殺生丸様は妖怪なんだから、物凄く強くて恐ろしいお方なんだから。そんなのは全部判ってる。でも、この怖さはそんな怖さとは、なんだか違う。

( 覚悟…? りんは何を覚悟すればいいの? )
( もう、この私から逃れられぬと言う事を。お前がどれ程拒もうと、この手を離す事はない )
( 殺生丸様……)

 それはりんが殺生丸様のお側にいられると言う事だよね? 殺生丸様もそれを望んで下さっているって思っていいんだよね?

( りん、殺生丸様になら殺されようが食べられようが、それが殺生丸様のお望みであれば、従う覚悟はとっくに出来ています )
( ――判った。近いうちに、お前を喰らおう。互いに喰らいあい、一つとなるために )

 そう言われた後、りんはもう一度口付けされた。りんの舌の根に牙を立てられ、りんの口の中で桃の香りと血の臭いが混ざり、ああ本当にりんは殺生丸様に食べられるんだと覚悟した。


……って、こんな内容なものですから、後ろが気になってですね(大汗)
あ、でもちゃんとオモテで大丈夫(…多分^_^;)な書き方で書いてますからっっ
妄想したり書きたい事をそのまま全部書くのも楽しいですが、それをあえてどこで留めるか、それをどう纏めて表現するか、そんな事に頭を使うのも楽しいです。
一つの表現に複数の意味を持たせるような、そんな言葉遊びのような楽しさも感じています。
回りくどくなりすぎないような、そんな婉曲表現のトリッキーな表現をこれからも磨いてゆきたいです。



2009年03月30日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

3月22日~24日分

ブログ拍手、新しい記事だけでなく古い記事にも拍手をありがとうございます。
原作へのスタンスや、サイトメンテナンス関係の記事、停滞中の連載やシリーズ物への呟きに頂いた拍手のお返事は、これからのサイト更新などでお答えしたいと思います♪

パチパチシステム&メルフォ拍手にも沢山の拍手をありがとうございます。

3月23日 「日高川」に拍手をありがとうございます。
3月24日 「ここにあるもの」・「こぼれ話2」・「観用少女りん4」に拍手をありがとうございます。古い作品から一番新しい作品まで、テイストの違う物もありますが、楽しんでくださって嬉しいですv あれこれ色々書きたい病がまだまだ治まりそうにないので、これからも何か増えてゆきそうです。

Ikuちゃん、メールありがとうございましたv
お返事を書きたい気分でしたので、今メールの下書きをしています。
近日中にお送りしますね(^^♪

2009年03月26日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

お花見

今日は当地も2月下旬並みの気温、お花見には少し肌寒い感じです。

お花見をしたのは昨日の話で終業式も済んで、自宅でお昼ご飯となった時に末っ子君の発案で、急遽外で食べよう! と言う事になり、簡単なお弁当を作って目の前の公園に出かけました。
お天気も良く、暖かく、桜はほぼ満開。
他にお花見をしているようなお弁当を広げている人影もなく、ほのぼのとしたひと時でした。

お花見気分をおすそ分け♪

桜1

桜2

桜3

桜4

……え~、まぁ^_^;
一応児童公園ですので、ふつーに遊びにきている子ども達はたくさんいるのですが。
子ども達の眼に晒されながら食べるお弁当も、なかなかの妙味でした。
子ども達が喜んでくれたので、それはそれで良し! と言う事で。

この寒さで、花見の時期が延びたかな? と思う開花具合。
それでも今週末が、一番のピークにかかる事は間違いなしです。
昨年は入学式まで花が持ったのですが、今年はそんなに持たないでしょう。

今日からは、春休み突入!
お昼ごはんのメニューに頭を悩ます2週間です。


2009年03月25日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

気が付けば、あと10日ほど…

来月早々にサイト7年目に突入する当サイト。
今まではサイト開設記念日に若干遅れ気味ではあったものの、「記念作品」なる物を用意したりしていました。
5周年記念も半年以上遅れて、それも30万打お礼と抱き合わせになってしまいましたが形にしました。

昨年は丁度いまの時期、リアル引越しで旧居と新居の2箇所の片付け&プロバイダ切り替えによるサイト移転+リニュ作業などで、3月4月はロクに日記も書けずじまい。
他に卒園・卒業+入学2件と義父母同居と、怒涛の春でしたし^_^;
保険のCMではありませんが、引越しも専門家に任せようよ! を実感した春でもありました。

早くオン復帰したい気持ちもありましたが、ここで優先順位を間違えちゃ、大人としてはダメだ!! と自分を言い聞かせ、オフを優先。
オフを優先させつつも、妄想魂や萌え魂は健在♪
これが終れば、アレをやるんだっっー とそれを励みに過ごした昨年の春。

そして、今年の春。
生活も落ち着きはしたものの、今年も準備はまだ。
気が付けば、あと10日ほどの話。
記念チャット会のお知らせはサイトTOPに出してきたのですが、他に何が出来るかなとこの期に及んで考え中。
記念作品も、前回が企画っぽくやったので出来れば遊びに来てくださった方皆さんと、楽しめるような物にしたい気持ちもあり、ちらっと考えた事をやろうとしたら、とても今からでは間に合いそうにありません。

ここは地道に通常更新がベストかも。
そう考えてみたら、次の更新予定が1年遅れになっている「花ごよみ」の4月分。
モチーフはこれから満開を迎える桜がテーマ。
これを更新日「4月2日」で、出来るよう頑張ってみようかと。

この日の誕生花なんですよね、桜って。
私にとっても、とても意味深い日でもあるので、それを目標に頑張ります!!
この話の殺りんは原作風味の、ちょっと春色な話vvv
桜色に染まるりんちゃんの話になります(^^)

あと「見やすいサイトをめざして(笑)」でアンケートを設置しようかな考えたのですが、その前に自分でもうこうした方が良いよねv と思える箇所を改善してからにする事にしました。
そう、まずは火狐対策。
ブラウザ情報から見ると、一位はIE、2位が携帯、3位がこの火狐。
これはやはりちゃんと対処しなくては! と思う訳です。
今のサイトデザイン・スタイルシートを元に、いろいろ内々で弄っている最中。
これで火狐での表示が正常になれば、全面的に修正をかけようと思っています。
あっ、これリニュ作業じゃないですからっっ!!
今年初め約束したとおり、向こう最低1年はリニュはしないと宣言してますからね(汗)

それからテキストの長さも表示する方向に気持ちが固まりました。
長編に分類された分にはDLファイルを付けるかどうかまでは、もうちょっと考えてみます。
文章の長さの基準は、WEB小説検索サイトさんで見かけたものを適用させてもらう事にしました。
自分の物差しで分類するよりは、ある程度他の方もそう思われているだろう数字の方が単位として適切に思えたからです。

短編 原稿用紙(400字)で15枚くらいまで
中編 原稿用紙(400字)で60枚くらいまで
長編 それ以上

と言うのが、その検索サイトさんの分類基準。
私が良く使うバイト表示と照らし合わせてみても、短編(6000文字 約12KB) 中編(24000文字 約47KB) 長編それ以上なので、比較的短文傾向のWEB小説の分類基準としては妥当な線引きに感じました。

丸6年書いてきて、作品数もそれなりになりました。
書いたら読んでももらいたいのが人情。
でも、あまりにもドン! と沢山ありすぎたら、それだけでお腹いっぱいになって読めないと言うのも聞く話です。
そんな時、【短編】の文字で、お試しでまず1本読んでみようかな? と言う気持ちになってもらえれば「しめたっ!!」となる訳で(笑)

マイペースで書きたい物を書きつつ、来年の春も同じ事を思ってたりするんだろうなぁと、思っています。





2009年03月23日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

さくら さくら

自宅近くの桜の木がほぼ満開になりました。
ソメイヨシノと異なる、白い桜でヤマザクラの種類だと思います。

早咲き桜

右側はソメイヨシノなので、まだ花は一・二輪しか咲いていません。
このヤマザクラが葉桜に変わる頃、ソメイヨシノが満開になります。
タイムラグで長く桜を楽しめる良い場所ですv

ソメイヨシノが満開になったら一度、夜桜撮影を試みようと思っています。
ただ月齢との関係が今年は巡りが悪く、朔にかかりそうなのです。
出来れば満開の桜と満月を撮りたいと思ったのですが…。
満開まで行かなければ、二十六夜月と七部咲きの桜なら撮れそうな気がします。

犬夜叉のキャラは、どのキャラも桜が似合うように思うのです。
特に犬妖の殺兄と犬夜叉は。
物語の舞台が戦国時代の日本という事もあり、古きよき日本の原風景のような自然溢れる場面ほど「妖」に相応しいのでしょう。
殺生丸にしろ犬夜叉にしろ、「妖」と言う特性を持つからこそこうも惹きつけられるような感じです。

これが同じような性格で見た目でも、ただの人間ならここまでハマってなかったでしょうね♪
桜の舞い散る美しさはどこか妖しく、その妖しさが「妖ーあやかし」に重なるようで、ついつい妄想に拍車がかかりそうです。



2009年03月21日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

09年3月9日分~21日分まで

作品更新の方に全力投球していましたので、こちらへのお返事がすっかり遅くなってしまいました。纏めてのお返事になります。

3月9日~21日分まで
「観用少女りん」に沢山の拍手をありがとうございました!!
予定通り、ちょっと文章量オーバーでも今月中の完結を迎えることが出来たのは、こうして見て下さった方が押してくださって、一つ一つの拍手のおかげです。
本当にありがとう御座います。

3月13日10連打、ありがとうございます。

3月14日
全編的に意地悪というかなんというかあまり甘々な殺りんではないですね。
りんちゃんの逞しさが、この話の肝です。
ラストはちゃんとハッピーエンドになってますvvv

3月18日10連打、ありがとうございます。

こーゆーパラレルもありかな? と(笑)
わくわく、ドキドキで楽しんでもらえて私も嬉しいです!

3月19日
こんにちは、れっかぽんさんv
更新早々のコメント、ありがとうございます(^^♪
>「観用」だけに大きな鉢植えの女の子

感覚的には似たような物かと。
普通のドールが造花だとすると、プランツ・ドールは盆栽のようなイメージがあるのです。
だから大きくしすぎてはダメ、とかねv
私の中のキャラ像が確定しているので、そうブレがないのかもしれません。
二次創作やパラレルでの捏造した設定に合わせて、キャラの性格や人間関係を改変することを好まないからだと思います。
とは言え、親に対してのコンプレックスみたいなものを自覚している殺兄、は原作じゃありえないよね~(苦笑)、今回はパラレル、パラレルと自分に言い聞かせていました。
サイト作成、これもハマると泥沼ですね。
取り合えず今は、IEメインでちゃんと見れれば良いかと対処しています。
ですが火狐で見た場合、現在のサイトデザインも不備があるので、それを修正すべくぼちぼちとスタイルシートとHTMLを平行して弄っています。
勉強し甲斐があります!
チャット会の方も、そろそろインフォメをサイトTOPに出しますね♪
お待ちしてますv どうか遊んでやってくださいね~vvv

3月15日 「熱視線」に拍手をありがとうございます。

3月16日 「Petshop」に拍手をありがとうございます。

3月17日 「雪の宿」に拍手をありがとうございます。

3月18日 「arakune」に拍手をありがとうございます。

3月19日 「雪の宿」に拍手をありがとうございます。

サイトに遊びに来てくださった方が、楽しめるような作品をこれからも書いて行きたいと思います。
本当にありがとうございました。

2009年03月21日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

高橋留美子展詳報

ようやく今週号のサンデーで、当地での開催詳報が発表されました。
開催場所の詳細を見てみると、リバーウォークと言う商業施設内の美術館分館での開催。

えっと…、遠いですが^_^;
てっきりこちらの同じような商業施設内にあるアジア美術館でやるかなぁv とか思っていただけに、移動手段をどうするか思案中。
WHFのように子ども達をダシにつかえそうにもないし(…興味の対象が移ってしまっているので)、一人で行くことになるかなぁ、と。

高速バス使用だと片道2時間、新幹線利用だと片道1時間、料金を比べると高速バスだと新幹線利用の片道分でおつりが来ます。
な~や~む~~~~(汗)

一人で出かけるとすると、平日の家族が出払った昼間ってことになりそう。
そうなると子ども達の下校時間まで帰ってこなくてはならないので、3時頃には帰宅しておかないとアウト。
土日にオタク趣味のない旦那に、留守番を頼んでというのも気が引ける話ですし…。
現実的に考えると、平日新幹線利用かな。
どちらにしろ、ばっちり計画を立てて、新作アニメを見逃さないようスケジュールを確認しようと思いますvvv




2009年03月19日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

「観用少女りん4」脱稿&更新

ラストスパートのかかった、今回のクロスオーバー作品。
前回更新分よりも、1,7倍増量になってしまいました^_^;

美味しい所を最後に持ってきて~♪ な書き方をしたせいか、最後の最後纏めるまでに予定よりまた少し文字数を食ってしまったみたいです。
はぁ、でもこう「書いたっっ!!」って充足感が一杯です。
だんだん書いてきて、自分が乗ってきているのを実感しました。

紙Copiと言うソフトは書き始めの日付と最終更新の日付が記録されるので、それを見ると徐々に加速してゆく自分の執筆スピードが判ります。
「1」の時は2月5日~2月24日、「2」は2月25日~3月6日、「3」は3月9日~3月16日、「4」は3月13日~18日、と日にちが短くなってきています。
「1」を書いている時は、右目の調子が悪いのもあり通院とオフの締め切りなどもあったのも遅かった理由ですね。

校正作業の方は今まで自分で読み返す事にしていたのですが、前回からワープロソフトの校正機能にお願いしています。この機能、本当の事を言えばあまり役に立たないんですけどね^_^;
明らかな誤字脱字は注意してもらえるので、使わないより使ったほうがマシかな? なレベル。

読み返し校正のよい所は、小さな表現のブレや説明不足な所の修正が出来る点。
しばらく時間を置いて、全編通して読み返してみて気になったところをぼちぼちと修正してゆこうと思っています。

連載(?)中は控えていたのですが、無事完結したので久しぶりにサーチの情報も更新してこようかなと思っています。
この調子で更新停滞している連載を、きちんと終らせて行きたいです。

「観用少女りん」を書いている間、ずっと応援の拍手を頂きました。
その拍手にパワーを貰って最後まで勢いを落す事無く書き上げることが出来ました。
本当にありがとうございます!!

2009年03月18日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

一部咲きと、残り一割

先週末、何処よりも早く桜の開花宣言がされた当地ですが、週末の春の嵐で一体どこに桜が咲いてるの!? っという状態でした。

週空けて、本日。
見事な晴天とうららかな気温。
今の住まいの目の前にある公園の入り口の桜が一本だけ、一部咲きになっていました。
この公園は種類の違う桜を色々植えていて、咲く時期もタイムラグがあります。
公園の入り口には二本の桜を植えているのですが、左側の桜と右側桜では咲く時期がぜんぜん違います。
左の桜が葉桜になる頃、右側の桜は満開を迎えます。
昨年は引越し作業の為、ネット落ちや新旧住居の片付けなどで、ゆっくり花見も出来ませんでした。
今年はゆったりとした気分で、この春を迎えられそうです。

別館で更新中の「観用少女りん」、残す所あと一割の所まで書き上げました。
作品全体の文章量は、大体4万4~5千文字。
「4」の方もほぼ1万文字まで書いて、決の部分は書き終わりました。
残りは締めの部分。
最後の最後での纏めになります。
この進捗状況からして、水曜日辺りには最終更新掛けられそうですv
今回、主役の二人以外に力を入れて書いたのがこのキャラ♪
今書いている回の一部分、抜粋ですvvv


「さぁ、あたしはあの子じゃないからね。ただ、駆け引き無しで、あんたを喜ばせたいと思ったんだろうよ。今までのあんたを知ってると、ちょっと考えるのも難しいんだけどあの子、あんたにも笑って欲しいんじゃないのかい?」

 確かに想像すると、背中にうそ寒いものが走りそうだ。

「馬鹿な事を……」
「ふん、どっちが馬鹿だか…。言葉を持たない人形じゃあるまし、自分の気持ちさえちゃんと言葉に出来ない奴に馬鹿呼ばわりされたんじゃ、あの子が可哀想だ。愛情を糧に育つプランツだからこそ、そういう気持ちが育っていたっておかしくないさ」
「そういう気持ち?」
「あー、まぁ、あんたを喜ばせたいって言うか、好きって気持ちみたいなもんかね」

 振られた相手に、プランツとはいえ好意を抱いている者の気持ちを仲介する巡りあわせの可笑しさを、女経営者は感じていた。


って感じです。
作品中、固有名詞は出してませんが、モデルは当然あのキャラです♪
好きなんですよね、神楽姐さん(*^^)v
当サイトでは、神楽姐さんとりんちゃん仲良しだしvvv

あ、で。
文章中に小道具として『纏足の靴』を使おうと思い、ちょっと調べてみたら、『纏足の作り方』をレクチャーしているページに当りました。
私の心許ない知識では、纏足って古代中国の上流階級や後宮などに入れそうな美人になりそうな幼い女の子の足を大きくしない為に、布なので硬く締め付けて人工的に変形させたもの、と思っていたんですね。
足の小ささは美人の条件の一つでもあったし、裕福な家の娘の証明でもありで。
大人でも12センチ以下のサイズが良いと言われてて、歩くのも幼い子のようなよちよち歩きでは畑仕事なんか出来ませんし、身の回りのことも侍女か付いてないと上手くこなせません。

美しい女性はそれを持つ男の財産と見られている一面もありで、逃げ出させないためにも、大人用の利用目的の単にも都合が良かったんですね、纏足と言う風習は。
足が小さければ玉の輿に乗れて、幸せになれると信じて辛い工程を耐える幼い少女。
大人になれば、有力者の財産として着飾り男の機嫌を取り寵を得る事だけが目的な日々。

どこか淫靡さが漂う風習ですが、実際に纏足が出来上がるまでの工程は「残虐」の一言でした。
3歳くらいの女の子の足の指を、親指だけ残して特殊な下準備をした上で内側にバキっと折って、綺麗な形になるように固定して、無理に歩かせて形を整えるために、それから……。
全部書くと、あまりな内容になるのでこのくらいにしますが、ある意味凄い! としか言えませんでした。
ネットの海を漂うと、こうして雑学の引き出しが増えてゆきます。
いつか使う事があるのか、そのまま忘れてしまうのか。
それはその時にならないと判りませんが、物書きとしていつも引き出しの中は一杯にしておきたいと思っています。


2009年03月16日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

「観用少女りん3」、更新

先ほど別館の方に、「観用少女りん3」をUPしてきました。
この回、思いっきり地の分が多いよねと自覚はしていたのですが、ノベルチェッカー先生に見てもらったところこんな判定を受けました^_^;

【台詞:地の文】 7:92(%)
【ひら:カタ:漢字:他】 54:3:35:6(%)
【平均地の文例】  ああああああああああああああああ、ああああ。ああああああああああああああああああああああああああああ、あああああああああああああああああああああああああああああああああ、ああああああああああああああああ。
一行:103(字)読点:34(字毎)句点:44(字毎)
少し一文が長すぎる印象。

……うわぁ、自分的目が滑る文章構成だと、ひたすら小さくなっています。

まぁ、本来なら「」付き台詞になる所を、地の文に入れているのもあるのですが、一文が長すぎるって、初めて評価されたような気がする(汗)
改行少なめで、詰めたせいかな? 
一文中の読点はいつもより一つ多いかな? と感じる文節がままあるけれど、1行100文字以上平均って、そんなに長くないはずなのになぁ(^^ゞ

でも後はもう一気に完結に向かって書き上げるだけ!
美味しい所を最後に残したような書き方をしているので、更に書くスピードが上がりそうです。
最後だけは「1~3」までよりも少し長めになりそうだし。
今使っているエディタは「紙Copilight」なんですが、これ 物凄く使いやすいです!!
前書いたのはどこまでだったかな? とか、あれ、これ同じ言い回しを使ってなかったかな? と思った時に確認するのが簡単なんです。
開くのもメモ帳なみの軽さだし、何より随時バックアップしてくれるので操作ミスでデータを飛ばす心配がないのが良いです(^^♪

ここでDL出来ますのでメモ帳派の方、あるいは開くのに重いWordを使っている方、物は試しで使ってみてはどうでしょうか?

紙copi Lite → http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/browser/webextn/kami.html

今回、ザカザカ午前中に書き上げて、ざっと校正してさっさとページを作って更新しているので、多分誤字脱字のある可能性が高いです(大汗)
ちゃんと寝かせてから、誤字脱字のチェックも二度三度としてから上げれば良いのですが、それよりも気持ちの方が先走ってしまいまして…。
完結まで書き上げてUPした後に、少し時間を置いてから改めて全体を通して校正しようと思っています。不思議とWEBに上げてからの方がミスを見つけやすいんですよね。

その前に見つけられた方は、こそっと教えてくださると物凄く嬉しいですvvv

2009年03月12日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

「3」が三分の一

「観用少女りん」の3、書いてます。
今丁度、文字数的には3分の1あたり。
今日は筆の進みが良いので、予定の半分くらいまで書けたら良いなと思っています。

…でも、今回ものっすごく地の文が多いのが気になる^_^;
台詞が少ないから、読まれる方が読みやすいよう目が滑らないように気をつけて書いて行きたいと思います。
WEB小説なら段落の行頭一字下げはそこまできっちりしなくても、文意的に一まとまりの所で改行空けしてブロックにすると読みやすいような気がします。
あとテキストを載せる横幅との関係も、かな?

一行辺り50文字~60文字辺りが見やすいかなと、レイアウトしています。
文字の大きさも関係してきますけどねv

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■
「■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■」
■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
「■■■■■■■■■■■■■■■■■」
■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


このレイアウトよりも、同じ内容でもこちらの方が見やすいと思いませんか?

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■

 ■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■

「■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■」

 ■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■

「■■■■■■■■■■■■■■■■■」

 ■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

わぉ、昔懐かしいデフラグ状態(笑)
一字下げと、改行と空行でのブロック表示です。
WEBでの作文作法はまだ模索中の状態。
色々試してみて、これなら見やすいかな? と思える表示方法を探してゆきたいです。
個人のサイトであれば文章作法に違反していても、自分がこうしたいと思う事を優先して出来ます。
見易さ、読みやすさを考えてのお行儀の悪さなら、それもありと思うのです。

今書いている「観用少女りん」は来週中に完結させたいと思っています。
そして、取り合えず4月のサイト開設記念にはまたチャット会をやろうかなと。
その予定を決めたりアナウンスを出したりの準備もしたいです。
アンケートは…、どうしようかな?
もう少し更新予定をクリアしてから、余裕が出来たころを見計って設置してみますね。

2009年03月10日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

久しぶりにバトン回答v

「月に叢雲、花に嵐」の紫堂さんから久しぶりにバトンを頂いてきました。

バトンのタイトルは
*「愛してるんだけどバトン」*
キャラ指定はご母堂様で(^^♪

じっくり回答したいと思いますので、バトンの回答は続きに入れておきます。

さて、早3月も上旬が終ろうとしています。
今の住居は昨年の3月下旬に引っ越した所なのですが、目の前がどん! と公園なんですね。
花樹は割りと色んな種類が植え込んであり、この1年PCをしながらふと顔を上げると目の前に花や緑があると言うなかなか良い環境です。
そのおかげかどうかは判りませんが、意外と視力が上がっていた事にびっくり!

それに気付いたのも、今度の眼底細静脈梗塞症を発症して大学病院にかかるようになったからですが(汗)
あれだけ覚悟していた治療の方ですが、なんだかとっても順調ですv
この前の検診では、左1.5の右0.8、視力だけはほぼ回復したように思います。
ただ、右側の乱視度もすごくあがっています^_^;
ピントが合うまでに時間がかかる感じ?
右側だけずっと寝ぼけた状態っぽいものの見え方。
ブラックホールは消えたのですが、その後のぐにゃぁ~と物が歪んで見えるのがまだまだです。

それでも経過良好との事で、次の検診は1ヶ月後になりました。
なんでも最初に施した白眼に注射は3ヶ月有効とのことで、今となってはあの時覚悟した色々は、取り越し苦労になったみたいです。
良い機会だし、このままウォーキングは続けますね。

では、バトンの回答に行きますv

続きを読む

2009年03月09日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

2月26日~3月8日分まで

更新後、直ぐに拍手で反応をいただき、嬉しさでいっぱいです!!
コメントやお知らせなど、本当にありがとうございます♪
お知らせいただいた箇所は速攻で修正させていただきました。
重ねて御礼申し上げます。

日記や考察ブログへも拍手をありがとうございます。

更新した作品以外のものにも拍手を頂きました。
これからもいつ読んでも楽しんでもらえるような話を書いてゆきたいです。
今は次の更新予定の『観用少女りん3」に全力で取り組みたいと思います。

こうして頂く拍手やコメントなどで、さらにやる気が満々になります(^^♪
今月中に「観用少女りん」は完結させて、次の作品の下準備にもかかりたいです。

2009年03月09日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

「観用少女りん2」、更新

今週中更新の予定通り、先ほど別館に「観用少女りん」の2をサイトUPしてきました。
この時点でこの話、3万~4万文字になること決定です^_^;

パラレル度合いが高いと、どうしても話のバックグランドを書き込む必要が出てきて、普通の二次創作よりも文字数がかさむようです。
でもこのバックグラウンドも、あくまで二次創作の中のパラレルであるのでそこばかり強調するのも、読む方にはまどろっこしいかなと、どの程度書き込んだものかと匙加減に悩みます。
あと、話の時代設定にあわせた事柄や台詞の裏を取るのに時間が掛かったりもしますね。
調べたそれを踏まえて、台詞の中の一言として入れたり名詞を出したりで

調べた時間 > 書いた文字数

な事がちょこちょこと。
昨日は1930年代の大陸の鉄道事情や旅程関係を調べたり、世界情勢を調べたり。
それがどれだけ今回書いた中に出したかと言うと、後半部分のご母堂様の帰路のコース設定だったり、世界恐慌を匂わせた部分だったりです。
この話のバックグランドではあるけど、話そのものの本筋ではないのでこのくらいにはしょって脚色してわかりやすく雰囲気だけ伝わればそれで良しv と。

で。
「起」と「承」まできたわけですが、まだぜんぜん殺りんっぽくありません^_^;
むしろご母堂様×りんちゃんvvv、ですよね、これ。
この話のご母堂様は今まで書いてきたご母堂様よりも「デレ」部分が濃いです。

カッコいい「デレ」が書けたらいいなぁとかんばってます。
次からが、ようやく「殺りん」になります。
りんちゃんは、この話の中ではほとんど台詞なしですが、最後に一言だけ言わせたい台詞があります。
それを書く時を目標に、またせっせとのたうってきますね。

2009年03月06日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

あと3000文字ほど

今週中の更新目標に、あれこれ試行錯誤しながら打ち込んでいます。
が、予定の半分を過ぎたところでどうやら最初の目測文章量では足りなくなりそうだなぁ、と^_^;
今までかなりの本数の殺りん物を書いてきましたが、殺兄とりんちゃんが対立しあうシチュエーションは初めてのような気がします。

これは多分、あまり私がパラレルを書かないからだろうと思いますが、いや~手強いですね、このシチュエーション。
対立する二人、何か事件があって共同でその事件を解決してゆくうちにお互い理解しあって、惹かれて行くって王道テンプレなんですけどね。
台詞が少ない分、状況描写で書かないといけなくて私の文章力の限界にチャレンジしている感じです。
なんせこんな二人をラストでラブラブほのぼのに持ってゆこうと目論んでいるのですから。
書きかけの「2」から一部抜粋。


 殺生丸も【観用少女】プランツ・ドールの事は聞いて知っている。とても愛らしく、その笑顔を見たものは一目で虜になると言う。決して安くは無い人形本体の代金もさることながら、育てるのに必要な諸経費も馬鹿にならず、よほどの資産家で物好きでないと手を出さないシロモノ。

「ペットと同じにするな。りんは良い子じゃぞ。ちゃんと自分の身の回りの事は出来るし、煩く吼え立てることもせぬ。何よりも愛らしいではないか」
「それでもたかが人形。母上も馬鹿らしい遊びは早々にやめられるがよい」

 険悪な雰囲気の中、りんはじっと殺生丸を見ていた。自分がいるから、この人は苛ついているのだろうか? それとも本当にこのご母堂が嫌いだから、側にいる自分にもこんな冷たい言葉を投げつけるのだろうか。
 そう、りんは見ていた。殺生丸が温室に入って来た時の表情を。苛立ちと怒りの陰に仄見えた疎外感のようなものを。その視線に殺生丸が気付く。

「……何か言いたげな目だな。言いたい事があれば、言え」
「無茶を言うな、プランツは口は利けぬ。ただそこにあって、見るものを癒すのみ」
「癒す? ああ、あの天使の微笑みとかいうやつか。それにしては、この人形は少しも笑わないな」
「りんは少し事情があってな……。それでも、最近は柔らかな表情をすることもあるぞ」

 ご母堂の話を聞き流し、殺生丸はりんの前に顔を近づけた。その表情に浮かぶものは明らかな侮蔑。視線には冷たい棘を含んで。

【観用少女】プランツ・ドールは笑う事しか能がない。噂に聞くほどのものならば、私の前でも笑ってみせろ」

 殺生丸の物言いに、りんは怒ると言うよりも呆れた。この人間は一体何を言っているのだろう? こんな者の為に、ご母堂は心を痛めているのだろうか。僅かにりんの眉根が寄り、不快気な表情を浮かべる。

「いやか? 生意気な人形だ」
「殺生丸……」

 ご母堂は自分の殺生丸に対する接し方がここまで間違っていたのかと、ひどく落胆した。りんの殺生丸を見る瞳の色が強さを増す。ご母堂が最初にりんに感じた、もともとの気性が目覚め始めていた。


…とまぁ、こんな状況です。
残りあと、3000文字~っっ!! と唱えつつ、がんばって筆を進めたいと思います。

ちょこっと更新記録。
考察ブログに新記事一件、投稿しています。
最近考えている、「二次創作」についての杜としての解釈とスタンス、みたいなことを書いてます。
別館でも触れていることですが、もう少しはっきりとしたすこしきついかな? と思えるような文章になっていますので、読まれてご不快になる方もあるかもしれません。

「いや、それは偏見だろう!」
「自分の主義主張を押し付けないで」
「自分の萌えは他人の萎え、人それぞれなんだから」

それらを踏まえた上での、私見です。
「原作ファン」が運営している「二次創作サイト」として、自分はこうありたいという事を書いています。

2009年03月04日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

でたよ、ビョーキが^_^;

昨日の日記、って言うか12時過ぎていたので今日の日記(?)に書いていた、日記テンプレの差替え。
気になり始めたら他の事に手が付かなくなるのは判っているので、もうとっとと差替えちゃいました(汗)
いつも幾つか気に入ったテンプレートをストックしていて、暇な時にちょこちょこカスタマイズしているので、よし! これを使おう!! と思ったら、最終的な仕上のカスタマイズをするだけで済みます。
一応二次創作サイトの日記なので、検索避けのメタタグは仕込んでいます。
そんな作品ファンが引くような内容は書いてませんが(エロとか原作批判とか)、それでも二次創作と言うだけで受け付けられない作品ファンの方もいらっしゃるかと思うので、お互いの為の住み分けの呪文です。

さぁ、これで言い訳はなし。
あとはもう書くだけです。
接点なしの状態から書く殺りんの展開の難しさに、ちょっとめげそうですがあれこれ打ってみて、自分なりに自然に感じる流れを引き寄せたいと思います。

うん、なんと言うか「殺りん」と言う、ゴールが見えているのは大前提なんですけど、この話の設定では、まず全然接触のない二人、どちらも人を警戒しているような簡単に言えば「一目ぼれ」のパターンが使えない性格。
ある意味「種」が違う、見た目の年齢差もある。
お互い第一印象は悪しで、会話そのものが成り立たない。

それをどー転換させるか、う~ご母堂様を絡めたいばかりに難しい展開にしてしまいました。

最初の殺兄がプランツのりんちゃんを買う設定なら、もっと簡単な流れだったんですよね。
しかしあの兄が、プランツまぁ言わばお人形さんを買うか? と思えば、いや~それはどうだろ? と思ってしまった訳で。
それが思い出の人形だとか、何か曰くのある物ならそれもありなんですけど、今回はお互いに真っ白の状態から関係を作って行きたいと思ったりしてしまいました。

ちょっとうんうん唸ってきます。

2009年03月02日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

やってしまってました

昨年ネットのプロバイダを変更した時に作りなおした当サイト。
念願のパチパチシステムを導入しました。
以前もCGIの使える別サーバーで設置したことがあるのですが、重たい時間帯がある事とCGIファイルそのものを直に呼び出せないので一旦インデックスページを経由しないといけない事ややはり広告が入る点などが引っかかって、使用中止にしていたんですね。

今回のプロバイダはCGIも使えるのが魅力で、此処に決めたようなものv
ところが昨年末にサイトをリニュした際に、パチパチシステムのリンクを張るのを忘れていたのに昨日、気付きました><
2ヶ月以上ですよ、気付くのが遅すぎるって…(汗)
タイトルが判るように作品ページ毎に一行メルフォを拍手替わりに付けていることもあって、こちらが無くてもそう問題はなかったみたいです。
ですがせっかく設置したものですからインデックスページにだけ、またリンクを張りました。

3月に入ったので、背景画像も差替えv
春っぽい、でも桜にはまだ早い感じのイラストをお借りしてきました。
来月あたりにまた、差替え予定です♪

来週中に「観用少女りん」の2を更新したくて、せっせと打ち込んでいます。
今回、犬夜叉的には完全にパラレルでお話が展開しています。
殺兄もご母堂様も人間ですし、りんちゃんはプランツだし。
そのせいかご母堂様の性格が、かなりはっきりとした「ツンデレ」になっています(^^ゞ
誰にデレかと言えば勿論旦那と息子に。
で、初対面の殺兄とりんちゃんはかなり険悪なムードです。
これをどー殺りんv に持って行くか、かなり力技でごり押し展開を持ってこなくては…、と考えています。
りんちゃん自身がまだ、「秘儀とっておきの笑顔」を出せる状態ではないので、まずはそこに行けるよう話の流れを持ってゆく途中。
このターニングポイントを乗り越えるのが、全体の一番の難所だと思っています。
ここさえ乗り越えれば、後の流れはもう完全に固まっているので勢いで書いてゆけそうですvvv

あ~、この話を書き終わったら、またまたこの日記のテンプレートを差替えたくなっています。
本当に落ち着きのない管理人ですが、考察ブログよりももう少しシンプルなそれでいて日記らしいテンプレートの方がかえって落ち着きそうな気がしているのです。
というか、ブログ単体で見たときの横幅の広さに、ちょっと… と言う気がしてそれをどうにかしたくなっているのです。

2009年03月01日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。