スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

夏目クロスオーバー第二弾、脱稿v

たった今、夏目+かごちゃんのクロスオーバー、脱稿しました♪
先にUPした、殺りんとのクロスオーバーより少し短い話です。
今回は一晩置いて、ちょっと気持ちを落ち着けてから校正作業に入ろうと思います。

明日は、月一回の大学病院での目の定期健診。
午前中が拘束されるので、早くても明日の夕方くらいの更新になりそうです。
それよりも遅くなる場合は、別館の方のサイトデザイン差し替えを一緒にやっちゃうv な事態になった場合ですね。
GW中は、背後に人影がちらちらするので創作には不向き。
サイト弄りを隙間時間に出来ればとか思ってます。

GW空けに、「You will see fire but you're cool as ice」の七緒さんからいただいたイラストを、一文をつけてUPしたいと思っていますv
物書きとして作品を読んでイメージが湧く、それを形にしてもらえる! これほど嬉しい事はありません(^^♪
本当にありがとうございました!!

そんなイメージ、映像が浮かぶような文章を、これからも綴ってゆきたいと思います。 

今日、最終辺りを書いていて、この話のオマケのようなものまで浮かんできました。
ここでそれを解説するとネタばれになりそうなのですが、今度は犬夜叉が夏目を訪ねるような話をちらっと書いて見たいかなと。
夏目というより、にゃんこ先生かな?
ヤバイくらいハマっているような気がします^_^; それも、クロスオーバーで。
今の私の二次創作の基本ポジションが「犬夜叉」なので、そこを中心にちょこちょこと書いて見たいものも書いてみようかなと言う、余裕のようなものが出てきたのかな?
夏目に関しては、自分的最終回を思いついたりして、これもちょっと書いて見たいかなぁと(汗)

こんな風に流動的なので、サイト弄りもそのあたりを考えながら弄っています。

スポンサーサイト

2009年04月30日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

書いてます、その2

夏目クロスオーバー第二作目、進捗状況としては多分3分の2、あたりです。
内容的には、犬かご視点の最終回後の話になっています。

原作進行中から、犬かご視点での最終回後の話を何本か書いていたので、本当に原作が終了したときには、もうあまり書く話って思いつかなかったのですが、今回「クロスオーボー」という、少し変わった視点でなら、何か書けそう… と思ってしまったら、もう書きたくてっっvvv
頑張れば、今週中の更新も夢じゃないかも♪ です(^^)

今日、改めて別館のサイトデザイン及び内容を見ていて、ちょっと検討の余地があるかなぁと言う気がしてきました。
実を言うとこちらの別館、クロスオーバー物だけでなく、作品数は少なくともその作品単体の二次も取り扱いたい気持ちになってしまって…
いずれ、よろずサイトのような』スタイルで、本館から独立させようかという気持ちになってきたんです。
その為の、前準備と言うか何と言うか(汗)

サイトデザインを考えるのも好きなので、それも合わせてあまり急がずやってゆこうと思います。



2009年04月28日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

書き始めました^_^;

有言実行を心がけたいなぁと、思う昨今。
でもやりたい事が、次から次に増えてきてなかなかこなし切れないのが現状です。

自分でも、自サイトがここまで肥大するとは思いませんでした。
今、書き始めたのは

「はるかなる空の下」

……夏目+かごちゃんの話です(大汗)
季節的に、今書きたい気持ちが強くて他に書く予定だった2作を後に回しても! な勢いになっています。

「クロスオーバー物」を書き始めて、気づいた事があります。
もともとが自分の好きな作品を自分の思うままに組み合わせてみたらどうなるだろう? と言うのが基本。
本来なら交わる事のない「作品世界」を交わらせているのですから、ある意味特殊嗜好です。
自分の中で割り切っているせいか、こちらを書く時は比較的フランクなというか、「自分の萌え」を重視にしているような気がします。
そう、気付いたのは「犬夜叉」と言う作品の、どのキャラにたいしても熱く思える気持ちが健在だ! って事なんです。
書く本数は少なくても、本館では書く事の無い鋼牙君単体の話だって、桔梗さん×鬼蜘蛛の話だって書きたいv と思えばするっと出てきてくれるんです。

そんな気持ちで本館サイトを見た時、あまりにも本館内をCPジャンルで区切りすぎていたかなと思うのです。固定カプなので、混ぜても大丈夫なんじゃ…? と言う気がしてきたのです。
それよりも原作も完結した今、作品の並べ方も書いた時期や原作の流れに沿った物を読みやすく並べたほうが良いかなと。
原作沿いの話、原作先読み突発SS、オリジナルキャラが多めの作品、現代版などのパラレル… と分けた方がそれぞれの好みで読みやすいような気がしてきて…。

ここをしっかり考えて構成しておかないと、ちょこちょこ作業のサイト修正に影響してきます。
目次ページの修正だけでなく、フォルダ分け変更でページアドレスも変わってきますから。
それともCPメインで分けている今のままでもいいのかなぁ…、とも思うしでサイト内作品のこんがらがった関係に頭を悩ましています。

新しく作ったHPテンプレートはこんな感じv

新作HPテンプレート

現行のサイトデザインではテキスト部分も白背景で、少し眩しい気がしました。
全体的に薄く色を乗せると、今度は背景画像を置くのに透過処理した素材を探すのに一苦労。
自分で作れるなら良いのですが、なかなか気に入ったものは作れません。
やはり素材屋さん頼みです。
それを今回は、デザインの一部としてテキスト表示される部分をテーブルのように使ってみました。
ボックスの背景色を目に優しい色合いにしてみました。
本当は角の丸い角丸ボックスにしたかったのですが、画像を使うタイプは画像読み込みをoffにした時格好悪いなぁと思い、スタイルシートだけで作成しようとしたら文法的に非推奨されました。
修正しなくちゃ、と思った火狐でなら簡単な構文一つ足すだけで角丸ボックスが実装できるのですが、これは閲覧環境に依存する方法なので却下。

IE8にアップグレードされて、もし使えるようならやってみたい事の一つです。

このデザインに差し替えるまで、どのくらいかかるか判りません。
優先順位は、サイト更新>差し替え作業ですから。
と、言う事で書き作業に戻ります♪




2009年04月27日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

もう、1本かも

週末は創作モードをオフ気味に切り替えて、ちょこちょこと禁断症状が出ているサイトメンテ関係のあれこれを弄っていました。
本格的に、どん! とやるのは、年頭の目標に反するので、あくまでも創作が出来ない時のちょこっとした作業の一つとして~ と。(苦しい言い訳^_^;)

基本のHPテンプレートは完成して、サーバーに仮アップ後火狐で確認した所、レイアウト崩れはなしv
徐々に作業を進めてゆきたいと思います。

それで今日の日記のタイトルの「もう、1本かも」は夏目とのクロス・オーバー話の事。
ふと、今日頭の中であれこれ考えていたら、

「もし、夏目とかごちゃんが出会ったらどんな話をするだろう?」

と、思ってしまったんですね。
かごちゃんは高校3年生で、もう一度戦国時代へ行く直前、そんな未来が待っているとはまだ知らない頃の話で。
にゃんこ先生vs殺兄な話を書く前に、こちらを書こうかと迷ってしまっています。
その前に書く予定の話もあるのですが、もしかしたら順番が入れ替わる事もありそうです。

書きたい物を書きたい時に書く! がモットーなんで♪

趣味のサイトの管理人のワガママとお許し下さいvvv



2009年04月26日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

4月20日~25日分

拍手をありがとうございます!
前回更新から1週間ぼーっと休みまして、そろそろ次の作品に取り掛かろうと思っています。
来月初めくらいに更新できたらいいなと考えています。
こうして頂く拍手やコメントのお蔭で、物書きテンションが安定してきたようです。
本当にありがとうございます!!

頂いたコメントへ作品別拍手へのお返事です。

4月20日
「たんぽぽ、ゆれて」に拍手をありがとうございますv

こんにちは、おーたむぽいんとさん。
りんちゃんにとっては、まさしくそうですねv
にゃんこ先生の年齢が不詳なのですが、案外ご母堂様や殺生丸とは近いところにいる妖かもしれません。ご母堂様の前では斑の姿でしゃあしゃあと挨拶なんかしそうです。夏目の舞台がどうも地理的に西よりっぽいので、西国根城の犬妖族ともよしみがあれば面白いのになぁと思っています。
「拝みや横丁顛末記」はドラマにもなっているんですね。見かける事があれば、内容を見てみようかと思います。

4月21日
「たんぽぽ、ゆれて」に拍手をありがとうございます。

4月23日
「ここにあるもの」に拍手をありがとうございます。

4月24日
こんばんは、嘉月さん。
嘉月さんも「夏目友人帳」のファンなんですね! 私は本格的にハマったのは極最近なのですが、絵柄といい作品世界といい好みにツボってしまいました。
おそらく似ているようで違う、でもその全体を包む「人と人で無いモノ」・「時の流れが違う者同士」に惹かれているのだと思います。
タンポポの花言葉の「さよなら」、これも色んな取り方が出来るだろうと、今回の話の中ではまだそれがどんなものかは書いていません。
それも含めて、次に書く話の中で書いて行きたいと思っています。
あ、でv 名取さん、出る予定です(^^♪ 他にも、何人か(笑)
やりすぎるとパラレルになりすぎるので、どちらも「らしさ」を失くさないよう気をつけて書いて行きたいです。
嬉しいコメントをありがとうございました♪

4月25日
「結-ゆい-」に拍手とコメントをありがとうございますv 結納と物語の結と帯ネタだったので、このタイトルにしました♪

「逢瀬」に拍手とコメントありがとうございます。ハンサムウーマンな桔梗さん、大好きです!

「鬼棲樹」「慈雨」「一期一会」にも拍手をありがとうございましたvvv

2009年04月26日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

禁断症状、かも?

ここのところスローペースではありますが、定期的に更新出来るようになりこれが現在の私のペースかな? と思っています。
一作品仕上て1週間位ぼーとする、というインターバルなのですが。

そろそろ前回のクロスオーバー物をあげてから1週間。
次の更新作品の準備にかかろうと思います。
予定では「花ごよみ」の最終章、自分で決めたお題ではありますがようやくコンプリ出来そうです。
その後は、夏目クロスオーバーの二章目を書きたいv
こちらは一章目より長くなるのは確定です。

ん~、ちょっと三つ巴にしようかと考えているので^_^;
名取さんとか、七瀬さんとか、そのあたりで、ね♪
一応、伏線らしきものは入れたつもり(笑)
これをどう、偏り無く纏めるかを考え中です。
練り込み不足で書き出すと、自分の頭の中がグルグルしているせいか、書いた物もグルグルしていたりします。
状況や物語の流れを会話の中で流したはずなのに、同じ内容を状況描写の中でしていたりと、読み返してみたらくどいと言うか、先に進んでないよ~(汗) って事も良くあります。
今の私の目標が、出来るだけ平易な文章で、その書きたいと思っているものを表現したいv なんです。

独特の文体ではなく、さらっとしてすらすら読める文体。
さらっとしているのに読んだ後に何かが残るような、そんな文章を書きたいと思っています。
以前に比べれば装飾性は減ったと思うのですが、こればかりは自分でも良く判りません。
これからも心の赴くままに書き続けて、ある時ふと昔の作品を読み返して気が付くのかもしれません。

気が付いて、恥ずかしさでのた打ち回りたくなっても、それでもそれを楽しみつつ書きたい物を書いたという思い出があるので、きっとそのままWEBに晒し続ける事だろうと思います。

で、このさらっというか、シンプル萌えというか…。

はい、年頭の自分の目標が今年1年間はサイトのリニュはしない! と立てましたので、やりたい気持ちが湧いているのをぐっと、押さえ込んでいます。
現在のサイトデザインに不備があり、それを修正しないといけないのですが、その原因を解消するのとサイトをリニュするのとが余り変わらない手間なんですね。
もちろん修正の方が6~7割の手間なのですが。
見た目のデザインはあまり変わりませんが、ソースをすっきりさせたい気持ちもあって、堪え性もなくやってしまいそうなのです。
ついでに今度リニュする際には、黒背景のページを全部表のページと同じ様式にしようと考えています。
内容に合わせて… と思っていましたが、今までテキストにつけていた壁紙をバリバリと剥がして来たので、次はこれを統一するくらいしか残っていません。
いかにも~ な演出よりも、ここはもう文字表現一本で勝負する時期になったのかもしれません。

…更新に差し障りのない範囲でなら、サイト弄りも趣味の一環と割り切って更新を止めないで出来るのなら、やったおうかなぁ~(苦笑) な気分なのです。

……ホント、病気ですね^_^;


2009年04月24日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

週刊サンデー2009・21、22号、感想v

久々にこのカテゴリーで記事を書いてます♪

そう、今週から留美子先生の新連載スタートっっ!!
あらすじ書いてネタバレするより、叫びたい!!
「境界のRINNE」

きたっっ――――!!!

初っ端から留美子節、全開!
不思議っぽさ漂う中、笑いどころがいっぱいで、まさしくるーみっくわーるど
ギャグの中に、これからの展開であれ? と思わせるようなシリアスな場面も入りそうだけど、ワンエピソード毎の構成になりそうなので、緩急つけやすく読む方も描く方もいつも新鮮な気持ちで楽しめる作品になりそうな手ごたえをひしひしと感じています。

もう、読んでいる間ずっと顔がにやけていました。

ここからちょっと内容に触れますので、ネタバレを避けたい方は回避願います。




簡単にヒロイン&ヒーローの紹介。
ヒロインはお下げ髪の高校生、ユーレイが見えます。
ヒーローは正体不明の成仏屋。現世をうろついている浮遊霊をやっす~い手間賃で成仏させます。
この二人の出逢いは、ヒロインの教室に迷い込んできたチワワの霊をヒーローが追いかけてきて、思わず目があったところから。
ヒーローは羽織を羽織るとどうやら霊に近い状態になれるようです。ヒロインと会ったときは、羽織を羽織っていたので見えていたのはヒロインにだけ。
どうやらこのヒーロー、フツーの人間ではないようです。


さて、相手はチワワの浮遊霊。
ここで、今では定番になりつつあるナウシカネタv
一見シリアスな表情で

「大丈夫、こわくない…」

巨大な散歩中のチワワの霊を慰めるように撫でてやる、主人公。

パクリ 

ヒロインの目の前で食われました。
ヒロインは幼少時に神隠しにあい、それからユーレイが見えるようになった少女。
るーみっくキャラらしく、そーゆーものが見えても前向きに強い子v
(少女漫画だと夏目みたいに後向きになりやすいのですが、さすが少年漫画の王道を突っ走ってます。後ろ向きは後ろ向きで好きですけどね♪)

このヒロインには、喪男のストーカーユーレイが憑いています。
この喪男の独白が、ちょっと切ない。
受験勉強に明け暮れて、女の子と話をしたこともない。
ないまま亡くなって、でもどうしても女の子と話をしてみたくて、ずっと声をかけ続けた。

―――― だけど、誰も答えてくえなかった。

ここで、ヒロインの桜ちゃん登場。
ユーレイも生きている人間と同じように見えるから、ついその声に答えちゃってストーカーされる事に。

今回は、この喪男とチワワを輪廻の輪に乗せて成仏させるって流れで、大よその物語世界の設定説明になっているようです。
もう、これは感想文やネタバレを見るより、本屋さんに行って実読GO! です。
コマの一つ一つを語りたいくらい、密度の濃い内容です。
読み終って、久々に読んだー と言う感じと、ワクワク感で楽しくなっています。
様子見ではありますが、ハマりそうな気配は濃厚。

でも、おそらくサイトでの取り扱いはないかなぁと^_^;
今好きでハマっている「夏目友人帳」や「鋼の錬金術師」のような、原作そのものを楽しみたい作品になりそうです。
(…夏目はクロスオーバーで2本だけ二次をやって、後はどっぷりと作品のみ楽しもうと思っていますので(汗))

次号が待ち遠しいです!!

以下、簡単に他の作品の感想もv
…全部書くと、あれなんで(汗)ピックアップしていくつかです。

「神のみぞ知る世界」
ハクアのバディである雪枝おばちゃん。
ありだよね、その攻略法。
深く立ち入るんじゃないけど、誰かが声をかけてくれる。
いつの間にか自分の事を知っていてくれる。
それが名前だけだったり、どこどこの誰ちゃんってだけの繋がりでも、それだけでも気持ちが前向きになれる。
…タミーは甘いもの好きだから、某健康飲料の販売員さんが良く来てるのかな?
その苦労話を聞いてないと、ああは書けない様な気がします。

「月光条例」
いよいよ「あかずきん編」クライマックス。
なんだか胸に迫るものがあります。
あかずきんの言葉が、おとぎばなしだけではない全ての読者に対しての、「読んでくれてありがとう」「好きでいてくれてありがとう」という言葉に聞こえて…。
それは、たとえ漫画といえどそれを生み出した作者とキャラと、それを受け取って楽しんでいる読者との間にあるとても大事なもの。
この作品そのものが、サンデー編集部が大揺れに揺れていた時期に始まったもの。
一部の圧力的介入で、雑誌の在り方が書き手と読み手で食い違いが表面化していた頃だけに、それらへの藤田先生の熱い想いが込められているような気がするのです。

「金剛番長」
これはもう、そのままありえねぇ~! と常識を飛ばして楽しむ作品。
すでに敵方の番長は、人間じゃないし(先週の海原番長、マカジキだし^_^;)
どこまで突き抜けられるかが楽しみな作品です。



2009年04月22日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:0

昼チャットのお知らせ → 終了しました

昼チャットのお知らせです。  (この記事はチャット終了時までブログのTOPに上がるようにしています)

4月21日(火) 11時から昼チャットを開催します
新学期のバタバタも一段落した頃ではないでしょうか?
長期休み中や夜のチャットは家族の目があって中々参加できないことってありますよね?

もしお時間が合うようでしたら、おしゃべりして行きませんか?
短い時間でも、遠慮は無用です。
楽しいおしゃべりが出来る事を楽しみにしています(^^♪


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

先ほど昼チャット、終了しましたv
色々お話できた事や、新連載についてのあれこれで盛り上がりました。
また機会を見て、開催したいと思います。
閲覧の方も含めて参加下さり、ありがとうございました!!


2009年04月21日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

100の質問

週末のバタバタが落ち着いてので、先日いつもお邪魔しているサイトさんの日記にあった
小説書きに100の質問」を貰ってきました。

内容が長いので、質問と回答は続きに置いておきますね。

さて、今週の水曜日にはいよいよ留美子先生の新作連載が読めます!
で、ふと気付くと留美子先生ってこのGWの時期には毎年何らかの「イベント」を仕掛けておられるような…?
それも殺兄がらみのイベントが多かったような気がします。
連載1回目はどんな感じで始まるのでしょう?
いきなりイベント!! な感じなのでしょうか?
ようやく、あるべきところに在るべき者が戻ってきた、と言う安定感のようなものを感じていますv

では、100質の回答です。


続きを読む

2009年04月20日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

4月10日~4月19日分まで

拍手関係、本当にいつもありがとうございます!
こうして拍手をもらえると、自分の書いた物で楽しんでもらえたんだなぁと思えて、とても嬉しいです(^^♪ 
気ままに書きたい物を書きたい時に書く、そんなサイトですが、これからも楽しんでもらえるような物を書いて行きたいと思います。

4月11日
「初花-さくら」に拍手をありがとうございます。

4月13日
こんばんは、七緒さん。サイト6周年へのお祝いの言葉、ありがとうございます。
振り返ってみれば6年って確かに長いですよね。でも、振り返ってみなければ、そう気付かないくらいあっと言う間だったような気もします。
書きたい事が尽きない原作に出遭えた事、無理なく創作活動が続けられるWEBというツールのありがたさ。何よりも、自分の書いた物をこのWEBの海の中で『誰か』が見てくださっているという手ごたえ。
そんな幸せな条件が重なって、ここまで来る事が出来ました。

「犬夜叉」、あるいは「殺りん」のお蔭で色んな方との出会いもありました。
それら全てが、私に取っての大事な宝物です。
私の方こそ、感謝の念に絶えません。

原作が好きだからこそ、自分の作る二次創作は原作のイメージを大事にしたいと言う想いがいつもあります。それが、今の私の二次創作の基本なんだろうと思います。
常に「原作のファン」である視線を忘れずにいたいと思うのです。

ご心配頂いた目の方も、主治医の先生が喜ぶくらいの回復ぶりです。幸い視力はほぼ回復し、残すは視界の歪みだけとなりました。気長に回復を待とうと思っています。
昼間のチャットはお仕事をされている方や学生さんには、申し訳ないなぁと思いつつ、昼間にしか時間が取れない方もあるのでと最近では昼夜1回ずつ開催するようになりました。次回のチャット、もしお時間が許すようでしたら短時間でもどうでしょうか?
勿論、ROMも大歓迎です♪

ではでは、お言葉本当にありがとうございましたvvv

4月15日
「ここにあるもの」・「初花-さくら」に拍手をありがとうございます。

4月17日
「たんぽぽゆれて」に拍手やコメントをありがとうございます。

こんばんは、れっかぽんさんv
れっかぽんさんもアニメ視聴組なんですね(^^♪
初書き「夏目二次」だったので、「らしい」の言葉にほっとしています。
書きながら思ったのが、夏目が琥珀君っぽくないか、にゃんこ先生が邪見っぽくなってないかと、ちゃんとキャラの書き分けが出来ているかが気がかりだったので。
最後の「さよなら」、この言葉には色んな意味を含ませてこの後に続く、にゃんこ先生vs殺兄編に繋ごうと思っています。
誤字のお知らせもありがとうございましたvvv
自分でも見過ごしていたミスを見つけてくださるなんて、読み込んで下さったんだなとそれが嬉しくて♪
それも合わせて、少し修正を入れた改訂版(?)を再度UPしました。
かなりおっちょこちょいな所があり、書き上げたら即! UPな私なので、こうやって教えて頂けると、本当に助かります。
ありがとうございました!!

殺りんが持つ、あの何ともいえないような関係性や背景に魅せられて、思いつく端から書き飛ばしています。自分の好きな物と合わせてみたら…、と言う発想でとうとうクロスオーバー物にまで手を出しました。それを楽しんでもらえる! とても嬉しいです。
この話、まだ続きがありますので早く形にしたいと思います。
コメントをあちがとうございましたv

4月18日
「たんぽぽゆれて」にコメントをありがとうございます。
なごまれましたか? 春の雰囲気を出したかったので、そう言っていただけると密かにガッツポーズだったりします。合わせて、落字のお知らせもありがとうございました。早速、修正させていただきました。

4月19日
「観用少女りん4」・「たんぽぽゆれて」に拍手をありがとうございます。

ちょっと休んだら、また次のお話を書く準備に入りますね。
本当にありがとうございました!!

2009年04月19日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

修正、完了?

金曜日の日記に、サイト更新連絡だけ書いて後で追記に来ます! と言ったきり、二日経過しました^_^;

思ったよりバタバタが長引いて、追記なしで今日の日記で仕切り直しです。
金曜日に更新したのは、クロスオーバー物。
パラレルの中でも、かなりパラレル。好みがはっきり分かれるものだと思っています。
にも関わらず、UPして早々に拍手&コメントを頂きました。

……そして、誤字脱字乱字のお知らせまで。

本当にありがたいことです!!
自分では見落としていたミスをすぐ教えてもらえるなんて、管理人として本当に嬉しいです!
連絡いただいた箇所と合わせて、時間を置いたら少し違和感のある部分や判り難いかな? と思える箇所を修正しました。
主に修正した箇所は、レイコさんの事を『祖母』と書いていた部分を殆ど『レイコさん』に統一、にゃんこ先生の台詞内の「じゃ」を削除&置き換えしました。
それから説明的台詞の不足分を補うのと同時に、その前後の状況描写も追加。若干読点も追加。

そんな感じで、話の内容そのものに変化はありませんが、もう少しスムーズに文章が流れるよう手直ししました。
自分の中で台詞の量を最長でも今の文章レイアウトで見た場合、4行くらいまでを目安にしています。
一カッコの中が10行くらいの長いものになってしまうと、読んでいる方が息苦しくなりそうで^_^;
そんな訳で、割と短い台詞が多め。でも今度は台詞ばっかりになるのも目が滑りそうな気がして、台詞の数も5~6個続いたら一息入れる為に、状況描写を入れるというバランスなのです。

WEB小説の良さは、気付いたら直ぐ修正できる点ですね。
本当にご指摘ありがとうございましたv

コメント関係へのレスは夜に入れさせて頂きますね♪


2009年04月19日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

「たんぽぽ、ゆれて」(夏目友人帳+殺りんクロスオーバー)、更新しました

バタバタですが、先ほど別館に「夏目友人帳」とのクロスオーバーSSをUPしました。

今からまた家を出ますので、帰ってきてから追記します。

2009年04月17日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

脱稿しましたv

次回更新予定分のクロスオーバー物「たんぽぽ、ゆれて」、脱稿しました(^^♪
今週は週末に年度初めの色々色々総会やら定例会などありまして、今年度は書記というお仕事をさせてもらうことになり、その書類作りの合間に仕上にかかっていました。

りんちゃん視点とはいえ、話のベースそのものは「夏目友人帳」で書いてます。
ていうか、りんちゃんの話を夏目視点で、と言った方が正確です。
このパートでは殺兄の出番は殆どないし、本館で扱う「殺りん物」とはやはり色合いが変わってきますね。

「夏目友人帳」と「殺りん」で書きたい! と思ったものの一部作目、みたいな感じです。
次に書く予定のにゃんこ先生と殺兄メインの話が二部作目で、二つ合わせて一つの話、みたいな。
何というか前項編という感じでもなく、長くなった時に分ける「その1」・「その2」という感じでもないんですね。

「友人帳」の中の台詞一つ一つに、私が殺りんに感じている「モノ」と共鳴する要素を感じて、それを文章にしてみたい!! と思ったのが、このSSを書きたいと思った動機なので。

3巻よりの台詞抜粋
一騒動解決して、ゲスト妖怪の帰り際のシーン。

「 ――斑さま(にゃんこ先生の事)、いっそ一緒に帰りませんか?」
「――いや、もうしばらく」

( あっという間の、その時まで )

「私は、これの傍らにいよう」

これなんですよね、私が惹かれて止まないものは。
だから殺りんのパラレルでも、その要素が無いものにはあまり食指が動きません。
殺兄が人間になったり、りんちゃんが妖怪になったりでは、私の萌えゲージが下がってしまうのです。
その代わり、今までの自分を捨てる! という、また別口のゲージは上がるんですけどね^_^;
ただし、この手は1本か2本くらいしか書けないだろうなと思っています。

もし「犬夜叉2期」が入るとしたら、前作製作のサンライズから夏目製作のブレインズ・ベースでやって欲しいくらいです。
原作を大事にした脚本といい(…一部アレなところもありますが^_^;)、季節感あふれる背景描写といい、演出の美しさといい、本当にここでやってくれたらどんなに嬉しい事かとvvv
バトルシーンをどれだけ描けるか? だけが不確定要素だけど、それ以外はもう太鼓判を押したいくらいです。
ありえない話じゃないんですよね。「ハヤテ2期」も前作製作と今期では異なってるし。

まだ夢はあきらめていません!!
だって留美子先生の新作も入るし、なにか動きがあっても良いんじゃないかなって、そう思っちゃうんですよ。このままるーみっくアニメが未完のまま終るのかな? と。
時代もアニメ情勢も変わってしまいましたが、可能性が0とは言えないような気もしますし。
何よりも、古い作品のリメイクや続編が新規で作られている流れも気になります。
この新作に、これからの動きがかかっているんじゃないかと思います。

早く来週のサンデーが読みたくて堪らない私ですvvv

でも留美子先生、今度の連載は休める時は休んでください。
タッチや背景処理の指示の出し方など、体が疲れ切ってきてはせっかくのクオリティが下がってしまいます。
正直犬夜叉連載終盤の画面の荒さに、12年間蓄積された疲れに右腕が悲鳴を上げている気がして仕方がありませんでした。
それよりも、タッチそのものが変わってしまったのかと、そちらの方も心配でした。
でも、そんな心配は無用だったようです。
予告カットのラフ画でさえ、留美子先生、来たー!! と思った私です。
これから、また楽しみが一つ増えました(^^♪

…えっと、続きはちょっとアレな画像ネタ(笑)




続きを読む

2009年04月16日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

もう少し

次回更新予定分の「夏目友人帳」とのクロスオーバー作品、ほぼラスト近くまで書きあがりました。
長さもだいたい予定どおりv 
今週末までには、UP出来そうです。

今回の話のスポットは夏目とりんちゃんの、どこか似たような境遇でのそれぞれ妖怪に思うこと、みたいな。
夏目キャラがまだこなれていないのか、書いていて微妙にズレを感じるんですね。
原作版とアニメ版が混じっていて、それが上手く融合していないような。
ややクロスオーバーでの夏目の方が元気度20%増しになっているような気もします。

この話、書いている途中で最初2本だったものを1本に纏めようかととちょっと悩みました。
が、それでは上手くプロットを組み立てられなかったので、「りんちゃん編」と「殺兄編」みたいな感じで、話の視点が誰メインかで分けました。

「たんぽぽ、ゆれて」はりんちゃん視点。
タイトル未定ですが、上の話の続きのようなスタンスで殺兄視点のSSを書きます。

書きにくいなと感じるのはクロスオーバー物の難しさと言うよりも、「夏目友人帳」は原作やアニメそのものをそのまま楽しみたいという気持ちが強いからかもしれません。
好きだからこそ、「二次創作」にしたくない種類の作品なんだなぁと。
この春から入った「鋼の錬金術師」もそんな好き作品。

好きで好きで「二次創作」したくなる作品と、好きだからこそそのままを楽しみたい作品との線引きが、自分でも良く判りません。
とりあえず2本、これを書いてみて気持ちを落ち着けようと思います。

で、恒例の更新予定分のチラ見せです(笑)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「どうした、夏目。変な顔をしとるぞ」
「あ、先生。いや、今そこの野原で珍しいものを見たから……」

 ん~と伸びをするとにゃんこ先生が、ぽんとおれの肩に飛び乗ってきた。

「珍しい? ま~たお前は厄介な事に首を突っ込むつもりか」
「首を突っ込むって……。おれは何もしてない。ただあの女の子には側にいた妖怪が見えていたみたいだけど、それが当たり前みたいな感じだったからどうしてだろうと」
「女? 美少女か!?」

 からかう気満々でにゃんこ先生は、そんな事を聞いてくる。

「……普通の小学生だよ。側にいたのは頭が二つある竜みたいな奴だったけど」
「双頭の竜? それは大物だ。ここらの妖怪が騒ぎ出せねばいいが。それにしても、そんな大物を従えておるとは、その娘只者ではないかも知れん」
「先生?」
「よし! そいつの顔を見てやろう。私をそこに連れてゆけ、夏目」

 おれは内心溜息をつく。にゃんこ先生は招き猫を依代に長年封印されていたせいで、今ではその姿に馴染んでしまっている。もともと妖怪などは、『見える者』でないと見えないもの。にゃんこ先生の場合、招き猫そのものが実体化して動き回っているから普通の人にも見えるけど、本性は巨大な犬に似た妖だ。
 妖怪の人間(?)関係は良く判らないが、にゃんこ先生の本性である斑(まだら)はかなり大物で強大な妖力を持っていると他の妖怪達に認識されている。
 にゃんこ先生曰く、『まわりの妖怪達から一目置かれる高貴な妖(あやかし)』らしい。

( それか。つまり、敵愾心ってこと? 確かに竜なら犬より上かもしれないし )

 気紛れで勝手なことばかりしている先生だけど、いざと言う時の力は本物だ。

( 力比べでも仕掛けそうだな、先生。あの竜の妖、そんなに悪い気は感じなかったのに )

「夏目!」
「判った。ちょっと着替えてくるから」
「なんじゃ、デートに誘われた女みたいな事を言いおって。小学生相手に格好つけるつもりか」
「……なんで、そうなる?」
「いや、お前と同類なら分かり合えるかもしれんじゃろ? 年の差が気になるが、そんなの私たち妖からしたら些細なこと。なにしろお前、いい年をして女っ気皆無じゃし」
「先生……」
「ん、いや。おったな、お前にちょっかい出してるのが。ヒノエもあれもいちおー女妖(おんな)か」

 へらへらと笑いながら言う先生の様子に、思わずいらっとしたものを感じる。

「うるさいよ、先生! 行きたければ勝手に行けば!?」

 おれはそんな捨て台詞を残して、二階へと上がっていった。階段を上がりながら、あの女の子の様子を思い返す。あの子は間違いなく、隣にいた妖怪が見えていた。そしてまるで友だちか何かに向けるように、笑顔で接していた。

 本当ににこにことした、明るい笑顔で。

 あの子の側にあの竜の妖怪が居なければ、本当にただの小学生にしか見えない。おれや祖母のように周りの人間達に気味悪がられて、避けられて仲間はずれにされているようには思えない。

 だけど、それは本当にそうだろうか?
 
 あの子もおれや祖母のように『人の輪』に馴染めない子なのかもしれない。ただ祖母と違うのは『友人帳』などと言う手段ではなく、本当に妖怪と友だちなのだ。いつも、あの妖怪が側に居てくれるから、笑っていられるのかもしれない。

( 『友人帳』、か。レイコさんも面倒な物を残して逝ってくれたよな )

 おれはいつでも持ち歩いている『友人帳』に軽く手を触れた。
 『友人帳』とは、妖怪が見えることで周りの人々に冷遇された腹いせに、祖母レイコが八つ当たりで手当たり次第妖怪にケンカをふっかけいびり負かしては、子分になる証にその妖怪の名前を紙に書かせ束ねた物だ。これに名がある妖怪はそれを手にした者に、逆らえない。名前を返して欲しい妖怪や、『友人帳』を奪って自分の物にしたい妖怪などが祖母の前に現れるのを見越して。

 そんな事をしてまで祖母は、友だちが欲しかったのだ ――――

 階下からうるさく催促する先生の声を聞き流しつつ、そんな事を思う。

( にゃんこ先生…… )

 今のおれは、レイコさんよりあの子に近いのかもしれないと思う。
 もし、そうなら ――――

( やっぱり、あの子と話をしてみたいな…… )


と、こんな感じです。

このSSの後は「花ごよみ」の最終話を更新します。
「花ごよみ」もまとめて読むと、その章ごとの文章量に大きく差があって正直どーしたものかと。
最初が拍手お礼用の本当に短いSSからスタートさせて、途中発表形式をちゃんとしたサイト内作品に格上げした頃から、まともな文章量にシフトしてきたものですから…^_^;

あの頃は拍手お礼SSと言う、本来の目的から半分外れたサイトコンテンツ的な使い方が面白くていろいろやっちゃってました。
サイトリニュの際、シンプル化出来るところはシンプルに。
本来の姿に出来るものは、本来の姿にと変更した結果。
だからといって、短い分を修正書き足したいとは思わなくて、全体を見てそのアンバランスさに苦笑いするだけなのです。

2009年04月14日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

昼チャットは20日くらいかな?

自宅目の前の公園を、ぴかぴかの一年生(小・中ともに)がお昼前にもかかわらず帰宅しています。
中学校の方は来週初めから、小学校も15日あたりを目処に給食が始まるかな?

多少のズレを見込んで、20日あたりを一応開設記念チャットの昼の部。ってことで開催しようかとおもっています。
具体的には21日か23日。
おじいちゃん&おばあちゃんのデイサービス利用日にと(^^♪
来週早々にまた、このブログとサイトTOPに案内を出しておきますねv
今度も、色んなお話が出来たら良いなぁと思っています。

ぼちぼち次の更新予定のクロスオーバー物も書き始めています。
またも進捗状況は多分、3分の1くらい。
1万文字ちょいオーバーくらいで納めたいと思っています。
これも最後まで書いてみないと判らないですけどね(汗)

あまり説明過剰な文章にならないよう、判りやすくかつ端的な文章になるよう頑張ってます!
1から10まで説明しないといけない文章ってそれだけで目が滑りそうで、原作を知らない方にも判るようにと思って書き込んでも、それが作品そのものを侵食して「あっ、目が滑る」でスルーされたら意味がない。

クロスオーバーだと原作2つ分の世界観やキャラ像を扱うので、特に説明っぽくなりそうでどのくらい判りやすく纏めたら、その話に必要なバックボーンになるかと考え考え書いています。
「話」そのものを生かす為には、過剰な説明も修飾語も邪魔だなぁと感じる方なので、私の書くものは飾り気の無い素っ気無くて説明不足な感じがある文章かもしれませんね。


2009年04月10日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

4月6日~9日分

ブログの記事にも拍手をありがとうございます。
とても古い記事にも関わらず、今も目を通してくださる方があるのが嬉しいです。
よく頂く記事はサイト改装関係の記事や更新記録&予定の記事など。
マイペースながら、少しずつでも予定をこなし見やすいサイトになるようあれこれ弄ってゆきたいと思います。
パチパチの方へ拍手をいただきました。これからも、よろしくお願いします♪


4月7日
こんにちは、o-bさんv 
サイト開設へのコメント、ありがとうございます。気が付けば6年目を過ぎ、7年目に突入。
小学校2年生だった長女も、今年は中学2年生。かごちゃんの年齢まであと僅かです。
リアルとの線引きは明確に、目一杯「原作」の世界で遊ばせてもらおうと思っています。
原作好き同志(あえてこの表現で(^^))、これからもサイトマスターの先輩としてどうぞ後を付いて付いて行きたいと思います。

「初花ーさくら」への感想もありがとうございますv
今回のテーマがりんちゃんを桜色に染めるvvv だったので、こんなお話に(^^♪
話の内容や雰囲気で、文章表現に幅を持たせます。
こういう艶っぽい話は特に、その匙加減を間違えるとただのエロ話になりそうで、どこまで含みを待たせた婉曲表現ができるかを楽しみながら書いてます。
1から10まで書き込んだ説明文っぽいのも興冷めだなと思って。
桃花を書いた時にはなかった御母堂様御下賜の器の特性、話の展開でのご都合主義とはいえ、載せるだけで美味しくなるお皿なんて密かに私の願望が現れているかもしれません(笑)

桜前線、北上中ですね。
こちらではせっかく桜が咲いても、妙に肌寒かったのでそれが残念でした。あと月の巡りが悪くて、夜桜と月を一緒に撮りたい! と思っていたのが出来なかったので。来年にリベンジです!!
はいv 「夏目ー」にハマってます♪
良いですよね、あの雰囲気。
クロスオーバーは「混ぜるな危険」を承知でやっていますので、どちらの作品のキャラも原型を壊さない、どちらかを引き立て役にしない、「ありえねー」な感じにしない、を肝に銘じてぽちぽちと打ち込み始めています。
チャット会も新学期が始まって落ち着いた頃に、昼チャットを考えています。
ご都合がよければ、覗いてみてくださいv

4月8日
「月光浴」にコメントをありがとうございます。
邪見様の台詞、楽しんで貰えてよかったです。
このSSは、もうただ月の光を浴びるりんちゃんを書いてみたかっただけのものなので、何かありそうで実際には何も起こらない(ただしお互いの胸の中に何が芽生えたかは、また別の話)話なのです。
雰囲気を楽しんでいただければ幸いですv

「初花-さくら」に拍手をありがとうございます♪

そろそろ次のお話の準備でもと思っています。
こうして拍手やコメントを頂けると、キーボードを叩く手も元気になります。
原作やキャラが好きで、妄想が好きで、書く事が好き。
それを楽しんでくださる方が居てくださるのが、とても嬉しいのです。

2009年04月10日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

今月の予定みたいなもの…?

油断すると更新後1週間は腑抜けになると言うか、ぼーっとするインターバルになっているようです。
今月1日に更新した「花こよみーさくら」、そろそろ次の更新作品をと。

……書きたい物を書きたい時に! が、楽しいサイト運営のあるべき姿かなとも思いますので、ここは一つ、自分的ビッグウェーブが来ている「夏目+殺りん」のクロスオーバーをやるって事で、決定!!
今のところ書きたいのは本当に2本くらいしかないんですけどね。

1本目は仮題も決まりましたしv

「たんぽぽゆれて」

「花ごよみ」を書いた後って事もあり、花言葉絡みでつけてみました。
りんちゃんってひまわりやたんぽぽみたいな明るいお日様をイメージさせる花が似合うと思うんですよね。

春先ならたんぽぽって野の花の代表だし昔からある花だし、なじみがありそうv
アニメ「夏目友人帳」での特筆すべき点って、あの物語世界を包む自然描写の美しさ!! 物語の中で、ちゃんと季節感が描かれているんですよね。桜の花が咲いた週の3週後の放映では、ちゃんと葉桜に変わって少し日差しが強くなった木漏れ日に、春の深まりを感じるような。

夏目の世界の妖ものの中には「人との関わり」を持ったために、「人の信じる心」のみがその妖ものの存在を支えているような話があって、当然信じてくれる人がいなくなればその妖ものもいいられなくなる。
妖怪って、そんなものだと私も思うんです。

犬夜叉の世界でだってそうじゃないかなって。
次元を異にする「妖怪だけの別世界、あるいは妖怪帝国」みたいな、確とした領土的なものを持ってはいないんじゃないかなぁ。
妖怪も人間も同じ空間に生きているって感じているんですよね。
人間の世界の隙間や陰に棲むモノ。
必要であれば豪華な屋敷だって持つし、典雅な装束だって纏うだろう。強大な力だって持ってもいるけど、連綿と続く名もなく地に満ちてゆく人間の勢いの前にはやがて飲まれ消えてゆく、そんな存在。

そんな「刹那さ」もまた、魅力なんです。

以前読んだ殺りん物の短編に、こんな一篇がありました。
本編の話が終わり、数年の時が流れた後の話です。
戦乱の世も治まりつつあり、荒れていた村々も再興の兆しを見せ始めています。
それを少し離れた場所から見ている殺生丸一行。
りんが殺生丸に語りかけます。
殺生丸様は強い、人間の自分は弱く短い命しか生きられないと。
それに対し、殺生丸はこう答えます。
人は弱いかも知れぬが、その「生」は強い。ああして地に満ち、人でないモノを駆逐してゆく。消え行くのは自分のような妖だろうと。
りんはその殺生丸の言葉を聞き、遠くに見える村に視線を投げかけ、そして先に歩み始めた殺生丸の後を追い、森に中に入ってゆきます。
消え行く定めの妖であろうと、隆盛を極め始めた人間であろうと、自分たちには関係ないのだから…。

そんな余韻を残すSSでした。
この短編を読んだのは、私がまだ犬かごメインでサイトの更新をしていてちょっと行き詰まりを感じ、方向性を模索していた時の事でした。
犬夜叉とかごめや桔梗、あるいは犬夜叉の両親などのように種を越えた繋がりを持つ、「種族差」とは大きな魅力でした。また、曖昧だからこその「萌え」も感じました。
ああ、こんな感性でこの作品を見てゆきたいと思った頃から、サイトの方向性を殺りんメインに切り替えたのでした。

印象深い殺りん作品にこの当時幾つも出逢い、大きな影響を受け今に至ります。
私が種族差に拘るのも、殺生丸一行を漂泊の旅に置くのもその流れなのです。
これからも果てしなく旅を続ける一行を書いてゆくと思います。

2009年04月08日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

新学期

今日から新学期。
いよいよ春、本番です。

実を言えばこの春休み、終業式の時まで割りと暖かく、その後が気温が下がってしまって肌寒い日々が続いていました。
今年は国内で一番早い開花宣言を出した地域住まいですが、この寒さのおかげか週末までお花見が出来るくらいに花が残っていました。
今日は、その残った花がようやく暖かくなってきた春風に舞い散っています。
明後日・明々後日の入学式は葉桜で新入生を迎えることになりそうです。

買い物などに出歩くたびに近所の桜を撮り貯めていたので、名残の桜ということでブログに載せますねv

境内の桜

逆光なのと住宅地内にある小さな神社なので、周りの建物の影が落ちて画面が暗いのが残念!
ものすごく大きくて古い枝振りの立派な桜の木。花の中に埋もれそうな、そんな空間でした。

山桜と染井吉野

これは家の前の公園入り口にある二本の桜。左が山桜で右が染井吉野。
今では桜と言えば染井吉野ですが、150年ほど前まではいろんな種類の山桜が「桜」でした。中には樹齢2000年にもなるような古樹もあり、60年寿命説のある染井吉野よりも長寿です。
若々しい新葉と鮮やかな桜色の組み合わせが目を惹きます。

図書館への道

この画像は図書館に行く途中の並木道を撮ったものです。
春休み中はあまりお天気に恵まれず、こんなどんよりとした日が多かったです。
日差しがないので、花の色がくすんで見えるのが残念です。

こんな感じで今年の春は沢山の桜を楽しみましたv

新学期、と言う訳ではないのですが、別館で取り扱うジャンルを一つ増やす事にしました。
増やすと言っても、その題材で書くのはおそらく2本くらいなので、「観用少女」と同じ少数取り扱いって事になります。あまりに少ないのでジャンル分けするのも何なので、よろずコーナーみたいにして、作品説明で取り扱い作品名を入れようかと。

増えるのは、「夏目友人帳」です。
だってねvvv 作品中に

―――― 妖と人の子
―――― 人間は嫌いだ。儚くてすぐ死んでしまう

人と人で無いモノの繋がり、おいてゆく者とおいてゆかれる者の、「切なさ」

叙情的な世界観を背景に、妖モノが見える夏目の目を通して綴られる物語。
そんな殺りんにも共通する要素で、思わずハマってしまいました"^_^"

殺りんは言うまでもありません。
齢何百年にもなる大妖怪の殺生丸と、ただの人の子であるりんとの不思議な繋がり。
無心に慕い信じるりんと、何者にも増してそんなりんを守りたい殺生丸。
殺りんから「恋愛要素色」を抜いたら、かなり夏目とにゃんこ先生(斑)の関係に近くなるような気がします。

夏目は身寄りのいない男子高校生。
妖モノを見る力と強い妖力を持つが為に、人の輪に馴染めずにいた少年です。
その力は性格が悪く若くして亡くなった祖母レイコ譲り、レイコが少女時代暮らしていた町に引き取られた来た所から、この話は始まります。
祖母は性格の悪さからその町近郊に住んでいた妖に勝負を挑み、イビリ勝っては相手を子分に出来るよう名前を奪い、それを書き付けた書類の束が「友人帳」
「友人帳」を手に入れた者がそれに書かれた妖の名を口にし命令すれば、使役する事ができる。他の妖の上に立つ事が出来る。
祖母の遺品を受け取ってから、妖に襲われる日々の夏目。

ある日妖に追われ、注連縄を切って封印されていた何かを開放してしまいます。
それがにゃんこ先生こと、犬妖の斑(まだら)。

うんv にゃんこ先生はぶっさいくな招き猫スタイル(封印の際の依り代)なんですが、本性を現した時が殺生丸系の犬妖なんですね!
それが友人帳目当てとは言え、夏目を他の妖から守る用心棒(お助け)妖怪として、夏目の側にくっつく訳でvvv

いいんですよ~、その二人の掛け合い漫才のような遣り取りの中にある、ふとした切なさめいたものが。
「夏目友人帳」単体での二次はやりませんが(やれませんが^_^;)、クロスオーバーでそんな二組が出会ったら、どんな会話をするだろうかと、そのシーンだけ書いて見たくなっているのです。
本当に久しぶりにハマりました♪
一期放映時には視聴してなくて、噂だけは聞いていたんですね。
で、たまたま本屋に行って1巻1話だけ立ち読みして、「あ、久しぶりに読みやすい少女漫画だな」と。
TL系の漫画や話は受け付けられない性格なので、随分と少女漫画から遠ざかっていたのです。
そうじゃない作品もあるけど、性コミと揶揄される少女漫画の近況を横目で感じ、地雷は踏みたくないとスルーしているうちに、すっかり少女漫画から卒業していたのでした。

アニメ二期を視聴して、その背景描写世界観の再現率の高さなどに目は釘付け。
毎週楽しみにしていたのですが、それも先週で終りました。
終ってみると寂しくて、コミックスの収納スペースに限りがあるからと控えていたにも関わらず、既刊を纏め買い。
今日から一期の再放送も始まるしで、当分このテンションを維持しそうです。
どちらも好きな作品だから、大事に気持ちを込めてどちらの作品のファンの方に見てもらっても、違和感の少ないものになるよう頑張りたいと思います。





2009年04月06日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

追加3月27日分、4月1日~5日まで分

新作「さくら」に10連打を含む、たくさんの拍手を作品末メルフォやパチパチから頂きました。
またブログの記事にも拍手を頂いています。本当にありがとうございます。
頂いたコメントへのお返事です。

3月27日
シキミ様へ
嬉しいサイト感想をありがとうございます♪
我家は殺りんメインサイトですが、「犬夜叉」と言う作品が好きでどの登場人物も好きv と言う節操なしな所が、キャラ達の絡みに出てくるのかもしれません。
それを楽しんでもらえた!! と言うのがとても嬉しいです(^^)

そして、お問合せのお返事が遅れまして、本当に申し訳ありません。
もしかしたらもう自力で入室されているかもと思いながら、この文章をタイプしています。
隠し部屋の案内はサイト案内のページから行けます。
そこから先は、隠し部屋案内に記載している通りです。
もう一つのお問合せのレイティングフィルタと言うのは、携帯やPCにかける「キッズ・ガード」と対応する処置です。
サイト全体にレベル2のR-15を、隠し部屋作品にはレベル3のR-18をかけています。
R-15は私のサイトが著作権的に微妙な立場である「二次創作」を取り扱っていますので、その微妙さが判ってもらえるかな? と思える年代で線引きをしています。
それぞれのレベルのタグをページに挿入する事で、「キッズ・ガード」をかけた端末からのアクセスを弾く効果を発揮します。
誰もがどこからでもアクセスできるWEBに上げている責任として、こういう処置を致しています。
ガードのかかっていない端末であれば、閲覧には問題ありませんのでどうぞゆっくり楽しんでくださいね。

4月1日
こんにちは、おーたむぽいんとさん。
「さくら」にコメントをありがとうございました。
はいv この話、私も琥邪コンビを書いててとても楽しかったです(^^) 
ご母堂様はどちらかと言えば行き当たりばったりな性格だと思うのですが、なぜかそーした行動が後で思わぬ事柄の呼び水になる、という事が良くあるお方かと(笑)
名もない薬種問屋の主人を気に入ってくださってありがとうございます♪
こういう名もない脇キャラを動かすのも好きなので、とても嬉しかったですvvv

4月4日
こんにちは、Ikuちゃん。
お祝いの言葉と「さくら」へのコメント、ありがとうございます。
メールも拝見しましたv
折を見まして、また返信いたしますね。
どうぞこれからもよろしくお願いします♪

4月5日
こんにちは、りちょまるさんv
「さくら」へのコメントをありがとうございます。
はい、「春」です(^^)
想像してもらうと艶っぽい、だけど出来るだけさらっと当たり前な春の風景を描いて見たくて(笑)
楽しんで貰えて、嬉しいです☆


 

2009年04月06日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

サイト開設記念チャットのお知らせ

当サイトも4月2日で、開設丸6年を迎えました。

犬夜叉は完結しましたが、まだまだ続くこの萌え魂!
全国展開する原画展での話題やこの春から始動する新たなるーみっく作品へのわくわく感なども、一緒に語りませんか?

予定はこちら↓

4月4日(土) 午後10時から~ チャットルーム入り口

無事終了しました。
参加下さった皆様、本当にありがとうございました!!


2009年04月04日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

4月2日

はい、本日は当サイトの開設6周年に当ります。
記念作品と言う訳ではありませんが、とりあえず「今日」と言う日に合わせて書き上げた殺りんSS、フライング気味で昨夜のうちにUPしました。

明日から今度は7周年を目標に、またも妄想垂れ流しの日々にv
振り返ってみれば、本当にこんなに長く活動できる作品に巡り会えて、なんて幸運だったんだろうと思います。
二次同人の旬の短さを実感して知っているだけに、正直ここまで長く一つの作品に取り組んだ事はありませんでした。拙い物でも人様に見てもらいたいと願えば、同人誌を作るしかなかったあの頃。
今と違い、遅筆な私にはかなり過酷な状況でした。4ヶ月くらいかかって1冊の本を作ってみても、旬を過ぎていれば手に取ってもらえることも稀です。
その作品で書きたい物があっても、在庫を考えると二の足を踏みお蔵入りさせた話も…

その点、オン同人にはそんな心配が要りません。
昔と違って「自分の書いた物」を見てもらいやすいネット創作のありがたさを、つくづくと感じるのです。
書きたい物を書きたいだけ書ける!
WEBの海の中で、誰かが読んでくれている。
もう、それだけで十分かもしれません。

あとは、自分が「その作品のファンとして読み手に回ったとしたら」という、想像力を失わない事かなと。
書き手本位の独断に走った創作で、大事なモノを忘れたり傷つけたりする事のないよう、これからも心がけたいと思います。

本当にいつも遊びに来てくださる方、声をかけてくださる方、拍手を送ってくださる方、そんな方々のおかげがあって、今ここにいます。
本当に、本当にありがとうございます!!

2009年04月02日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

フライング?

って言うか…
2日更新予定分のSSを先ほどサイトにUPしてきました^_^;

久しぶりに、ちょっと「アレ」なのは、季節が  って事でvvv
いろいろ書けば書く事がある話なのですが、それをやっちゃうと何と言うか品がなくなる・俗っぽくなると言うか、生臭くなると言うか…
大人描写なくても成り立つように話を構成していますので
「あ~、あともうちょっとっっ!!」な部分は、読んでくださる方の想像力で補って楽しんでもらえればと思っています。

このシリーズも、残すはあと1本。
今回書かなかった部分(邪見達のお土産や留守がちだった殺生丸の訳など)を書いて、綺麗に纏めたいと思います。

今日はこの更新の他に、少しリンクページを修正しました。
お引越しをされたサイトさんのアドレス変更や、お世話になった素材屋さんが閉鎖されたのでその削除、ジャンル変更や犬夜叉二次更新休止・サイト休止のところのページ移動や休止マーク付けなど。
少し落ち着いたら、リンクページにご紹介したいサイトさんを何件かリンクしようと思っています。
犬夜叉二次創作サイトさん&サイト作成支援サイトさん数件♪

特にサイト作成支援サイトさんにはよくお世話になっていますし、とても便利なサイトさんなので是非ご紹介したいと思います。

2009年04月01日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

3月25日~3月31日分

ブログ記事への拍手、ありがとうございます。
サイト改装関係の記事や、サイト更新などの記事に頂く拍手は、自己満足な趣味なのですが、こうして反応をいただけるととても嬉しいです。
記事を読み返し思うこともありますので、時間が掛かっても一つ一つ形にしてゆきたいと思います。

3月30日
「雪の宿」・「陰獣1」に拍手をありがとうございます。
「陰獣」も続きを書きたいのですが、なかなか手が回りません。上の言葉と合わせて、少しずつでも形にしてゆきたいと思います。

3月31日
「結-ゆい-」に拍手をありがとうございます。
少しテイストは違いますが、明日更新しますのも殺りんの婚姻話? なSSです♪


3月23日付けで頂いたメールの返信をお送りしています。
お手隙の時にでも、ご覧下さい。
返信は任意で(^^♪

2009年04月01日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

| 気分は日曜日TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。