スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

さぁ、書くぞ!

と言う事で、取りあえず書く予定の話のプロットごとに「紙copi」に「箱」を作ってきました。
この箱の中に、大まかな話の流れのポイントになる言葉や物事を書き込んだ「紙」を場面ごとに入れて下書き代わりに。
中には箱しか作ってないものもありますが^_^;

そんな「箱」が現在10個。
うち一つは完結編感想用の箱で、もう一つは別館用に書いた「観用少女りん」の箱。多分、この箱はもう使用しないと思うので暇な時にでもお片づけします。あ、「花ごよみ」もですね。

別館用にはもう一つ、「夏目友人帳」の箱もあるんですね。こちらはまだ増えそうです。犬夜叉絡みでも最低でも、あと2本予定しています。にゃんこ先生斑バージョン+殺兄妖犬化で一暴れさせようかと。それとは別に、犬夜叉が夏目とにゃんこ先生を訪ねる話と。
夏目友人帳はあの独特の澄み切った世界観を大事にしたいので、犬夜叉よりももっと恋愛要素が皆無な話しか思い浮かびません。
そしてなぜか私が「ハマる」作品は、その作品のラスト部分からの妄想が最初に大きくウエイトを占めてきます。
夏目でも単独で書いて見たい話は、夏目とにゃんこ先生の別れのシーンだったりしますから。
その辺りの感覚が、犬夜叉での人と妖との関係にシンクロしているのかもしれません。

他には突発用の箱だったり、雨月企画の箱だったり。
ずっとお待たせしている「街角シリーズ」・「神儀」も今回続きを書くのに、こちらの紙copiを使うようにしたので箱をポポンっと。
「街角シリーズ」はりんちゃんの年齢ごとにSSを1ページ毎書いて行く様にしているので、こんな風に全体の流れが見えるのようにプロットらしきものが入れられるのは前後を確認しやすくてとても便利です。
パラレル連載の「白銀の犬」・「月華覇伝」も同じように箱で続きを書きます。
このやり方は連載をだらだら長くさせない方法としても良いかも? と。
更新間隔が今よりも空きますが、その代わり連載は完結した状態でこれからは更新します。
今までの連載未完のまま、長らく放置状態が続くのはちょっと自分自身だらしなかったなと反省。
書けたところからの更新は、全体を見た場合本筋にあまり係わり合いの無いマイ設定の説明やサイドストーリーで肥満しそうな傾向もあるしで。

もともとパラレルなのにそんな傾向が濃くなると、それこそなんの二次創作かわからない、オリジナルでやれ! なモノになる可能性が大なんですね^_^;
ここは「犬夜叉の二次創作サイト」なんで、自分がそうであるように遊びに来てくださる方も「犬夜叉らしい」二次創作が読みたいだろうなv って思ってしまうのです。
長い話を書こうと思うと、原作キャラや原作設定だけでは動かせなくてどうしてもオリジナル要素が入ってしまいます。
それをちゃんと頭に置きつつ、だからこそ原作キャラの性格やここは変えちゃいけない原作の設定を意識して書いて行きますね♪

丁度季節も合っているので(…ってちょっと過ぎてしまいましたが)、6年前に一旦筆を止めてしまった「神儀」の続きを書いています。
筆が止まった理由は、まぁちょっとした精神的なものだったんですけどね。
ずいぶんと長い事お待たせしてしまっています。
年内のお届けが出来れば! と考えています。



スポンサーサイト

2009年11月27日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

11月24日分

拍手をありがとうございますv
いつも励みにしています!!

こんにちは、chihiroさん。
リクエストの快諾、ありがとうございますvvv
chihiroさんの手で、どんな情景の二人が描かれるのかと思うと、今からワクワクして楽しみでたまりません。
今週末は公式でも、殺りん祭りですね♪
季節は寒い冬ですが、「萌え」の情熱で寒さも風邪も吹き飛びそうです。
chihiroさんのアニメ感想の叫びも楽しみにしています(^^♪


11月24日早朝にメールを下さった方へ
申し訳ないのですが、届いた文面が文字化けしていました。
頑張って解読してみたのですが、最初のお名前欄に書かれた「こんにちは」の文字しか解読できませんでした。
本文の方が解読しても「5」の羅列と漢文のような文字列になり、試しに翻訳してみたのですが、「邦文が少ししか判らなくてもやもやしている」、みたいな文意になってしまいました。
これが頂いたコメントの内容で合っているか自信がありません。
もしこちらを見てくださっていたら、もう一度文字化けに注意して送ってくださると助かります。

2009年11月25日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

Try and 断念^_^;

少し前の日記に書いた、新しいコーナーを作ろうかな? な件。
あれからちょこちょこサイト内の作品を見返して見て、時系列順に並び替えたページを作っていたんですが…、書いた本人ですらもう良く判らなくなってきました^_^;

基本的には一線越えた殺兄とりんちゃんの話をメインに、艶笑小話系のものを並び替えようと思ったのです。
でも並ばせようとすると書いた内容によっては時間軸がずれいて、上手く納まらないことに気付きました。
途中まではそれなりの流れがあるのに、あるところでポンっとずれてしまう。
バラバラで読む分にはそう気にならないけど、まとめると目立つみたいな。

また艶笑系ではないけど、その流れに影響するシリアス系の話もあったりで本当にカオス状態です。
それと自分でもそーゆー要素のある話を書き散らしていたのかと呆れるぐらい、一線越え後の話が多くて…。
それそのものを書くのではなく、既成事実が有る事を前提にした話が大半なんですがそれでもまぁ、ね(汗)

もうここは読んでくださった方の好みで、あの話とこの話とその話を繋げて、こんな感じv で楽しんでもらった方がいいかも~ と断念してしまいました。
そんな訳で新コーナーは途中で断念してしまいましたが、この作業中に殺生丸とりんちゃんの出会い当初の話がない事に気付きました。
一足飛びに一線越えをさせた反省を含めてそのあたりの妖怪と人間の少女という原点的な、不思議な係わり合いみたいな話を書いてみようという気になりました。
今更な感もビシバシなんですが、逆に一線越えのない関係の殺りんも手ごたえのある題材じゃないかと。

恋愛感情でもなく、親子や兄妹でもなく、主従というのは不似合いな、それでもなぜか側にいる二人、みたいな。
上に挙げた要素を外して、残った要素はなんだろうと思うと、かなり難しいですけどね。
でも、そんな殺りんもあっていいかなv と。

殺生丸が妖怪で最強の力を持ち長寿である存在で、りんちゃんがただの何の力も無い人間の少女(幼女?)で、非力で薄命(人間だから当たり前に)だからこそ紡げる物語を書いて見たい気がします。
まぁ、その前に書きかけのものを仕上ねば! ですが。

本当に、こーゆー要素が私に取っての『萌え』のストライクゾーンど真ん中なんだろうなぁ。
これが例えば殺生丸が妖怪じゃなかったり、りんちゃんがかごちゃん並の少女だったりしたら、ここまで萌えが持続してなかったかも。
好みの力って大きいですね!!

2009年11月25日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

アニメ感想v

週初めの恒例更新になりつつある、犬夜叉完結編公式動画配信分6回目の感想を、感想掲示板に投稿してきました。
いつもと違い、折角の動画が視聴できる環境であることを利用して、動画を流しては止め感想を書く、というスタイルで書いてみたら、とんでもなく長くなってしまいました^_^;

3400文字近くって、その倍を書けばSS1本分くらいにはなります。
感想なら感想らしくその回で一番印象に残った所を、すぱっと簡潔にずばりな表現で書いた方がいいような…
粗筋を追うような感想は読まれる方に取っては冗長で、退屈なものかも…。
でも、内容が解らないままの感想は、イミフだしとか考えると感想文の文体というかバランスのようなものって案外難しいものですね。

読みやすくて、ちゃんと話の流れがわかって、その文章を書いた筆者の感想が伝わるような書き方。
これからの感想書きのテーマかもしれません。

週末は桔梗さんの昇天回。
ちらっと感想をあちらこちらで読ませてもらったのですが、物凄い感動回だったんですね!
原作でも感動的な場面でしたし、それに動きと声(演技)と効果やBGMが加わると…。
2週間後の動画配信が、とても楽しみです(^^♪

そうそうv
9回の「冥道の殺生丸」の予告が公式で配信されていますね。
ご母堂様の冷ややかな声質と喋り方、妖怪っぽくていいですね~v
原作で読んだ時よりも硬派な感じ?
お茶目さ加減が薄いような気もしますが、どう演じてくださるか、それも楽しみです。
りんちゃんを抱き締め、歯軋りしている兄上の横顔がもう最高に萌えっっ!! です。

…しかし、次回もまたとんでもない時間帯での放映なんですね。
この寒さが増してきている冬場に、深夜とはいえないようなすでに早朝? 4時からの放映って、もう最初から視聴率なんて度外視しているんでしょうね。
もともと未放映地域の方は動画配信待ちかDVDのリリース待ち。
リアルタイム鑑賞&録画できる地域の方は録画視聴でどうぞv は口コミ効果って感じでしょうか?
最期に良い作品だったねって評価さえあれば、それだけでファンとして満足してしまいそうです。

しかし、本当に寒くなってきましたね。
身近な不安材料は、インフルの猛威。
下手したら、学年閉鎖あるいは学校閉鎖もありそうな気配。
各学年で30名づつ程休んでちゃね^_^;
冬休み返上は、目の前に迫ってきそうです。

今のところ我家ではインフルの影響はないのですが、今にも増して用心してゆこうと思います。

2009年11月24日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

IE9だって

ネット関係の専門ブログを読んでいたら、すでにIE9のベータ版が出ているそうです。
でもなんだか、え~ もう9なの? って言うか、8もそこまで普及してないよね?
VistaでIE8を積んで、Windows7ではIE8か9を積ませるつもりなのかな? と。

サイトをブラウジングする時に、IEだと表示違いが出るので最近はもうどーしようかと思うくらいです。
レイアウト確認用の火狐を、基準ブラウザにしようかな… なんて事も考えています。
素人の自作テンプレートなので、そんなにクロスブラウザに対応できないし、解釈的に一番正しい解釈をすると言われている火狐で行っちゃおうかと。

サイトに遊びに来てくださる方それぞれのブラウザに対応できれば一番良いんですが、それが出来ないヘタレな管理人だったりします。
まぁ、実際もうこれ以上サイト弄りに時間をかけるのは、自分的にもなんだし。
一応先々を見越して、ノンフレームでサイトは構築しているし、いきなり見られなくなる事は無いだろうと思いますし。

創作するだけでなく、サイトそのものの維持メンテナンスにも労力が必要なんですよね、サイト運営って。
そのお陰で色々勉強させてもらってもいますが、それにしてもIE対策はなかなか頭の痛いところです^_^;

2009年11月23日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

11月20日~23日分

拍手をありがとうございますv
三連休中はサイト関連にあまりタッチできずに悶々としていました。
今月も残りは1週間。
ちょっと頑張って、来月早々には更新出来るようにしたいと思います♪

11月20日
こんにちは、ひかりさん。
まずはお帰りなさいと(^^♪
もう一つの日記を拝見して、本当にびっくりしました。
色々あるのは仕方が無い事、オフを優先してこそオンでの趣味も楽しめると思っています。
どうぞ、まずは動きやすい状況を整えてからですね。
私はいつもここにいますので、いつでも声をかけてくださいね。

11月21日
こんにちは、chihiroさん。
メールをありがとうございましたv
嬉しいお声かけに、舞い上がりつつメールの返信を拍手の方ねさせて頂いています。
とても楽しみにしていますvvv

11月22日
「一期一会」に拍手をありがとうございます。
アニメオリジナルシーンの、犬兄弟で家族団らんがウケてしまったのと、もし殺生丸も骨喰いの井戸を潜り抜ける事ができたら…、なパラレル設定で書いた物です。
かごママ贔屓な所もあり、すこし意味ありげなミステリアスな伏線を入れています。
この辺りは、いつか全部まとめて一つの流れになるよう、それぞれの話を書き進めてゆきたいです。

2009年11月23日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

予約v

犬夜叉完結編のDVD、第1巻は予約済みなのですがそろそろ第2巻も予約をしようと犬夜叉関係のショップにログイン。ふと、そー言えば完結編のEDはもう発売されているけど、OPはどんなんだろうと? ちょっと検索してみたら、思わず「わぁぉvvvv」と言うような情報をGETしました。

OPの発売は来年の1月13日なのですが、その内容が凄いんです!!
ファンクラブの情報を拾ってきたので、その内容をお知らせします。

22th Single
「君がいない未来」
CD+DVD[初回限定盤]:AVCD-31807/\1,890-(tax in)
CD Only[初回限定盤]:AVCD-31808/\1,300-(tax in)
CD+DVD:AVCD-31809/\1,890-(tax in)
CD Only:AVCD-31810/\1,300-(tax in)
発売日:2010年1月13日(水)
--------------------------------------------------------
<CD収録内容>
新曲+過去のタイアップを含む4曲入りシングル!
<DVD収録内容>
「君がいない未来」(Music Clip)
「深い森」(Music Clip)
「真実の詩」(Music Clip)
「楽園」(Music Clip)
「君がいない未来」(『犬夜叉 完結編』オープニング映像)
「深い森」(『犬夜叉』エンディング映像)
「真実の詩」(『犬夜叉』エンディング映像)
--------------------------------------------------------
<各品番の特典内容>
■CD+DVD[初回限定盤]:AVCD-31807
「犬夜叉 完結編」描き下ろしイラスト巻き帯ステッカー(A)封入。
■CD Only[初回限定盤]:AVCD-31808
「犬夜叉 完結編」描き下ろしイラスト巻き帯ステッカー(B)封入。
■CD+DVD:AVCD-31808
「犬夜叉 完結編」描き下ろしイラスト巻き帯ステッカー(C)封入。
■CD Only:AVCD-31810
「犬夜叉 完結編」描き下ろしイラスト巻き帯ステッカー(D)封入。

どれも好きな曲&映像ばかり!
もう、これは買いでしょう!! 買いっっ!!!!
まぁ、現OPの映像は元気がよすぎる気もしますが、「深い森」などの幻想的な映像が見られるとなると、ここはなんとしてもDVD付きの初回限定版。
多分テロップなしの映像だろうしvvv

そんな訳でテンション、アゲアゲです(^^♪

明日はいよいよ桔梗さんの昇天回ですね。
予告を見ると、物凄く綺麗な映像でした。
桔梗さんが本当に可愛らしい感じで、常に孤高で凛々しくなくてはならなかったその本心を、最後の最後で出したような、そんな感じ。
それは原作中でも感じたのですが、それよりもアニメ映像の方がより可憐さに近いものを感じました。
私がこの回を見るのは2週間後。

動画配信映像は通信速度や画質音質でストレスがかかります。
それでも、「見たい」。
て、訳で今日も午後5時以降の更新待ちです(笑)
夕食の支度をしながら視聴できたら良いなv

今日は夜に定例会が入っているので、下手したら11時ごろ帰宅かもしれないので、それ以降かも……

とりあえず、サイト関係でちょっとしようかなと思うこと。
殺ファミリー物として、一つコーナーを作ろうかな? ってこと。
ある一つの流れを頭において書き散らしたSSがあちらこちらに散らばっています。拍手SSにだったり艶笑小話だったり、パラレル物のコーナーにだったり。
それを時系列順に並べてみたら、読みやすいかなぁって。
同じような設定でも違う流れのものもあるし、大まかな区分で分けるとバラバラにおかないと収拾がつかないっていうのもある。

次の話を書こうと過去作品を読み返す自分の為にも、そうしておいた方が良いような気がしてv
まだまだサイト内の整理整頓中です。

2009年11月20日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

11月15日~19日分

拍手をありがとうございます(^^♪
管理人は結構単純な人間なので、拍手をもらえるとテンションが上がりますv
それが『やる気』になります。
オフとの兼ね合いでなかなか創作に集中できなかったのですが、それも今月末あたりでかなり軽減されそうです。
せっかく頂いた『やる気』です。
形に残したいと思っていますvvv

11月16日
「花闇」に拍手をありがとうございます。
サイトを開設して一番最初に買いたキリリク作品です。脱稿日を見たら、2003年4月21日。
このサイトの開設日が4月2日ですから、どれほど昔かと…。
今でも書きたい犬かごの話は、こんな風な話だなと私自身懐かしく思ってしまいました。

11月17日
「霧雨」に拍手をありがとうございます。
犬夜叉と言う物語は主役以外にも魅力的なキャラが多く、深い人間性を感じさせるものがあります。
中でも楓さんは、その包容力の大きさと肝の据わった行動力で犬夜叉だけでなく、弥勒様の居場所も提供してくれたように思うのです。きらきらしいキャラではありませんが、楓さんも主役クラスのキャラ同様にとても好きです。

11月18日
「夢のあとさき」・「ここにあるもの」・「backstage」に拍手をありがとうございます。
「夢のあとさき」は久しぶりに書き上げたミロサン物。当サイトでは珍しい傾向のSSです。弥勒様の洒脱なキャラは何かと使い勝手が良いので、他のキャラメインの時の脇固めによく書くのですが、なかなかメインではですね。楽しんでもらえて嬉しいです♪

「ここにあるもの」、これは正真正銘私の犬夜叉二次創作の第一作目です。WEBに載ったのはその後に書いた「春なわすれそ」が先なのですが、脱稿日付はこちらが先。丁度7年前の事です。
これを見てもらいたく、これから始まるもう一つの「犬夜叉」を書きたくて、このサイトを立ち上げました。
まぁ、その7年の間に創作の方向性がこんなにも二股になるとは思いませんでしたが^_^;
最近ではこの頃のように初心にかえって、創作に向かいたいと思う今日この頃です。

「backstage」、この秋のいぬ夜叉完結編の告知を受け、その勢いでお祭り気分で書いたパラレルSS.
完結編も回が進み、そろそろパート2でも書きたくなっている私です。
楽しんで貰えて、私も書いて良かったと思っています。

本当にありがとうございます!!!

2009年11月20日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

そわそわ

ちょっとしたことが気になって、そわそわと落ち着きません。
こんな気分の時には、雑記めいた事は書けても創作の方にはなかなか気持ちが向きません。
明日の午後になれば、すっきり晴れやかになれそうな可能性が大なのですけど、今日はこんな感じなので、ちょこちょことサイト内のチェックをしていました。

実は先日サイトデータを差替えたあたりで、「?」と思う事を、そのままにしていたんですね。
サイト内の記述にページ見出しでh3を使っているんですが、どーもこの見出しをタグを使った部分の文字表示が前に比べて大きいんです。
あれ~? と思って、火狐やOperaで見てみるとちゃんと小さめの大きさで表示されている。
それがなんとなく気になってすっきりしないんです。
創作文を読むのには、なんにも影響の無いことなんで流そうと思えば流せることなんですけどね…^_^;

自分のノートPCだけじゃなく、家族用のデスクPCから見てもそうなっているので、IE8ではそう見えるのかも? それ以外のIEは確認出来ないのでどうしたものかと思っています。

それとサーバーに上げたサイトフォルダにインデックスページが入ってない時に表示される、~デレクトリーがWWW上に出ていて、それもなぁ な感じ。
勿論サイトフォルダ内にはサイトTOPとしてインデックスHTMLは上げています。
サイトの更新にしても閲覧にしても、差し障りのないことなんですけど、自分的に、ね。
ちょっと時間を置いて、調べてみようと思います。

次に書く創作はどれにしようかと、優先順位を考えていました。
あれもこれもと、いくつもつまみ食いをするような書き方は行儀が悪いような気がして、するとしてもせめて2本平行くらいに留めなくちゃと、反省しています。
長らく中断している連載も再開したいのですが、ここはやはりお届け物を仕上るべきだろうと、こちらを優先する事にしました。
来年早々に、連載も再開できるようにがんばりたいです。


続きは、そわそわの原因です。
オフの話なので、興味のある方だけどうぞv


続きを読む

2009年11月18日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

今日は感想書き&雑文投稿v

週末に視聴しても、それを感想にするのはどうしても週初めになってしまいます。
昨日はちょっとお堅いお役所に書類を提出に行ったので、お昼から外出していましたし。
今日もちょこっとオフの役員関係で小一時間ばかり出てましたが、昨日の時点で大体書きたい事が纏まって来たので、その勢いでがっ! と書き上げて感想掲示板に投稿しています。

で思ったのですが、このブログからも感想掲示板に飛べるようリンクを張ろうかな? って。

2週遅れの感想なので、そこまでのニュース性や粗筋紹介は要らないものと思い、どちらかと言えば感想と言うより考察色の強い文章。
眼が滑るほどの長文で、やっちまった感もありますが「今」だから書きたい、書ける文章でもあります。
書かないより、書いてその後で「あ~あ、こんなことも書いてたんだなぁ」と恥ずかしさとある種の愛しいさみたいな気持ちをゴロンゴロンさせながら、楽しむのもMっぽくていいかと^_^;

同じような主旨で、跡地ブログに昔語りの記事を一つ投稿しています。
完結編感想は最新の感想を書いたら、前回の分は跡地ブログに収容するようにしています。
無事26回分の感想を完走させるぞっっ!! と。

あ~でも、確か次回あたりは最速地域ではご母堂様の登場ではないでしょうかっっ!!
う~う~、見たいっっ!!
物凄く、見たい!!!!

2週間の壁がこれほど厚いものだとは…。

いえ、見られる方法は勿論知ってます。
知ってて、見て、それを叫ばすに黙っている方が、私としては消化不良になりそうで。
でも違法に見たものを、ファンサイトのコンテンツ扱いの感想文にしたくない気持ちが強いんですね。
特に今回の完結編は公式が最初から有料配信しているモノ。
それは違法動画の真反対にあるもの。

見たとしても、それを口外しなければ… あわわわわっっ(汗)

難しい条件の下、ほとんど再アニメ化を望んでいたファンの為に製作されたであろう完結編だけに、その感謝の気持ちを表す方法として、公式を利用したいなって気持ちも強くて。
何ともいえないモヤモヤした気持ちも一緒に楽しんでゆこうと思います。

2009年11月17日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

11月9日~14日分

拍手をありがとうございますv
先週はサイトのプチリニュをしていて、創作の方はストップしていました。
それも無事終わり、チャット会で色々お話できた事で「萌え」パワーも充填できました(*^^)v
オフでのあれこれがまだ少しありますが、ようやく腰を落ち着けられそうです。
拍手やコメントなどをエネルギーに、走り出しますね♪

11月9日
「夏への扉」・「野分」 に拍手をありがとういございます。
仲良くさせて頂いているサイト様へお祝いの意味で書かせてもらっている連作物です。
途中で中断してしまっているので、こちらもサクサクと二人のハッピーエンドまで書き上げたいと思いますv

「夢痕」に拍手をありがとうございます。
私が本格的に「殺りん」にハマった頃に書いた艶笑小話。
これも仲良くさせてもらっているサイト様へのお祝いで送ったSSの「おまけ」だったりします。
この頃から我家の殺りんは、とんでもない方向にむかっていたみたいです(汗)

11月10日
「鬼棲樹」に拍手をありがとうございます。
犬夜叉らしいお話を書きたいと思い書いた物です。読み切り連載で進めたいシリーズ物なのですが、ここから先が中々進んでいません(大汗)
サイトの改装の際にテキスト関係の目次ページを整理しなおし、改めてこれから「書きたい物」への目標をつけました。
こちらの話もこれから増えてゆくと思います。

11月13日
「月華覇伝」に拍手をありがとうございます♪
なんちゃって中華物のパラレル連載。勢いが付けば、ドンと進みそうな話なのでここはもう思い切りですね。続きを楽しんでもらえるように、頑張って書きますね!!

11月14日
「backstage」・「花いちもんめ」・「道標」・「月光浴」に拍手をありがとうございます。
同じ方がどうかは分からないのですが、サイト内の色んな所の作品を読んでくださっているんだと分かって、とても嬉しいです!!
殺りんメインのサイトですが、「犬夜叉」そのものが好きなので、どのキャラも好きなのですv
作品にする数は少なくても、その作品に書いたキャラへの思いはどのキャラに対しても変わりはありません。
これからも好きな「犬夜叉」の好きなキャラ達のお話を色々書いてゆきますねvvv

2009年11月15日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

チャットのお知らせ♪  → 終了しました(*^^)v

「犬夜叉完結編」放送から1ヶ月。

最速地域と動画配信待ちでは視聴状況も異なりますが、そろそろアニメ感想などで盛り上がりたいなぁ~v と。
今回は、夜では参加し難い閲覧者様向けに昼間のチャットを開催します。
ランチタイムでのチャットv

ちょっと一息入れるそんな時間に、気軽なおしゃべりをしてみませんか?

予定は11月13日(金) 午前11時~午後2時あたりでと。 

と、予定でしたが途中管理人が1時間ほど中座しましたがそのまま4時半くらいまで、大いに語り合いましたv
とっても楽しく濃い内容の犬話に花が咲きまくりっっ!!
ご参加くださったられっかぽんさん、しのさん、o-bさん、本当にありがとうございました!!

また時期を見て、チャット会をも開催したいと思います(^^)




2009年11月13日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

プチリニュ、完了♪

先ほど改装したサイトとデータを差替えてきました(*^^)v

今のところ私的には、このスタイル・デザインが最終形態かなぁ、と。
TOPをすっきり、好みのCPやシチュで選択しやすい(?)テキスト案内になるよう知恵を絞りました。
先日協力頂いたアンケートの結果も反映させ、そのままの部分を残し時系列順に作品を一部並び替え、またシリーズ物は傾向別に集めたり、パラレル物や突発物は別メニューに。

一応パラレル物の基準として、

・話の背景が戦国時代ではないもの
・犬兄弟が妖怪じゃない場合
・原作のキモ的設定が反映されて無いもの
(犬かごにおける時間の壁や、殺りんの種族差や寿命差みたいなもの)
・キャラの性格改変が大きいもの

このあたりを自分的ボーダーラインにしています。
私としては、「この原作のこのキャラのこの性格だからこそ、書いて見たいプロット」が浮かんでくるタイプなので、一番下に上げた要素を含む作品は桔梗×かごちゃんのユリネタくらいかもしれません。
犬かご物ではネタ要素の強い「こんな最終回」的なものが殆ど。
「骨喰いの井戸」を通れる二人なので、現代舞台の話でもあまりパラレルっぽくならないのです。
なので、こちらはあまり作品数が増えません。

殺りんメインの場合は、プラス要素としてオールキャラで動かす事が多いのです。
サブキャラ扱いですが、こちら側の方が割りと色んな犬かごだったりミロサンだったりが見られるかも?
単発物はパラレル傾向にあるように思います。

目次を作りながらちょっと悩んだのが、殺生丸が骨喰いの井戸を通って現代にやってきた「一期一会」ネタ元は、アニメオリジナルの犬兄弟で一つのお膳を挟んで「一家団欒」。
原作(アニメ設定も含む)よりのような気もするし、パラレルのような気もする。
何より「IF物」で重要位置付けをしている「かごママ」絡みの話なので、それも……。
最終的に、この話は「IF物」連載ページの目次に入れました。

こう一旦整理整頓してみると、これから自分が書いて行こうと思っているものがはっきりと位置づけられて、目安になっていいです。
その反面、もうこれ以上目次が増えない部屋もあるなぁ…、とちょっとしんみりしたり。
「突発妄想文」の目次を作りながら、ああこのあたりの「萌え」の勢いって、丁度今の「完結編」とシンクロしてるんだよねv と、作業の手を止めて読み返したりしていました。

完結編2回放送分の「神楽の風」に対して「風花」・「葬風歌」、闘鬼神が折れた魍魎丸に握りつぶされそうになった時には「真意」・「絆」

3回放送の「冥道残月破」あたりでは、「ゆくもの」・「冥道」

7回放送の「梓山の霊廟」では、「きんのおもい ぎんのきずな」

それ以降は割りとコンスタントに何か書いてますね。
でも原作突発で最初に書いた話が、「睡蓮」
……この時点我家の桔梗さんとかごちゃん、すでにユリユリしていますね^_^;
それこそ「おねえさま~~vvv」な
最初からこの二人には、「対立する他人」のような捉え方をしていなかったからかな?
この時代の桔梗さんが存在しなければ、現代のかごちゃんはいなかった。
かごちゃん丸ごと桔梗さんと言う訳ではないけど、でもそこには切っても切れないモノがある。
それをこんな形で感じたのかもしれません。

それにしてもリアル引越しでネト落ちしていた間、突発文がないのが寂しいです。
08年12号から29号までの間、あの展開ならもう2~3本は書けていたかもしれません。
もちろん、今でもその当りを読み返し創作する事はできます。
でもこの「突発先読み妄想文」の一番の意義は、「その次の号が出るまでの間の滾る妄想を形にしたもの」と言うコンセプトがあるのです(笑)
だから、今ではあの時と同じようには書けないのです。

まずはキリリク&お届け物を消化し、書きかけのパラレル連載を完結yさせること。
それからまったりと、「IF物」のシリーズを再開したり、殺りんの「狂夜」シリーズ、またはクロスオーバー物を書いたりとしてゆきたいと思います。



2009年11月12日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

いつか、リベンジ

サイトのプチ改装、テキスト関係のフォルダ分けは終わりましたv
ファイル数の少ないフォルダから、リンクを張りなおしドロップダウンメニューの動作確認もして……


思いっきり、コケてしまいました


早い、早いんです!! ドロップしたサブメニューの閉じるのがっっ!!
テキスト関係の項目は全部6つ。
それを縦に表示させているのですが、上から3段目あたりで閉じてしまう。

これじゃ、使えません。
ゆっくり選んでクリックする間がないナビゲーションなんて意味ありません。
最初のうちはそう早く感じなかったのが、動作確認のため、何度もクリックしているうちにもうパタン、パタンと閉じてしまって……

スクリプトで制御していない分、スピードの調整が出来ないみたいです。
これ以上、その部分だけで時間をかけるのも勿体無くなってきました。
今回は自分の力不足を反省し、今出来る最善の方法としてイラストページで使っているジャパスクリプト仕様のドロップダウンメニューを使うことにしました。

もともと今回使おうとしたドロップメニューも、IE6以前のブラウザでが作動しないものだったので、その対策用に別メニューに飛ぶようにしていたんですね。
これをそのままリンクさせて、ジャパスクのオン・オフ対策にあてようと思います。

はぁぁ、サイト構築って奥が深い。
そして、挫折することの多さに凹む日々。
しかし、それを「楽しい」と感じる私は M なのかもしれません^_^;


2009年11月10日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

頑張れば… もうちょっと?

月初めの週末は、引き受けている地域の仕事関係でいつもよりネト落ち気味になります。
それでも土曜日には公式動画配信第4回「竜隣の鉄砕牙」、見ましたv
先ほど感想掲示板に、感想をポン! と(笑)

そして隙間時間に、前の日記に書いていたJavScriptを使わないプルダウンメニューを探していました。
どうにか使えそうなタグを見つけ、自サイト用に改造していたらあっという間に週末は過ぎてしまいました。
探せばあるものなのですね、スクリプトを使わないプルダウンメニュー。
最初見つけて弄ってみたのは、99%スクリプトを使わない奴。
大丈夫かな~ と火狐とOperaのジャyパスクを切った状態で見てみたら、アウ~っっト!!
…動きません。

で、もう一度メニュータグ探しの旅に。
今回のは、IEでも火狐でもOperaでも大丈夫!
もちろんジャパスクを切っていても動きます(*^^)v

しかし、これにも落とし穴が。
IE6以前のブラウザでは作動しないんですね。
PCの買い替えやセキュリティ面での対応からか、随分とIE6以前のブラウザは減ってきています。
ですが、完全に「0」でない以上、ちゃんと対応出来るようにしておかないと使い勝手が悪いと言う事になります。
その結果、サイト内のテキスト関係をもう一度グループに振り分ける事にしました。

・殺りんメイン … 本当に殺りんメインの「日高川」・「修羅」系のお話と艶笑小話系の話
・犬一行メイン … キリリクで書いたお話を主に持ってこようと思います
・原作突発SS … 作品リストに本誌掲載号数が書いてある原作先読み妄想文
・妄想文庫 … 原作設定を踏まえた「if物」で連載やシリーズ物。元からの犬神奇談や赤い月シリーズ、八百万神氏シリーズの他、かごママの話などを
・パラレル物 … 最終回予想パラレルやパラレル連載など、原作と設定や展開が大きく異なる話

こんな感じで分けてみました。
まだきちんとしたフォルダ分けはできてないのですが、この分け方で全部分類出来ると思います。
雨月企画と隠し部屋はそのままで行きます。

でも、たまにはこうして自分のサイト内を見直すのも良いものですね。
原作準拠でと思っていたのに、意外とパラレル要素が強くなっていた事に気付いたり^_^;
二次創作としての「パラレル」の自分的選引きがどこにあるか再確認したりと、一手間も二手間もかかってしまいますが、後々サイト内がカオスにならない分その後の更新がすっきり出来そうですv

二次創作そのものが原作に対しての「パラレル」な訳です。
でもその「パラレル」が、原作へのオマージュかパロ(原作はネタに過ぎない)なのかで「ファン」としての受け取り方も違うだろうし。
私自身が「その原作らしい二次創作が好き♪」なので、それ「らしく」書けたら嬉しいvvv
これからもそんな「らしい」二次創作を書いて行きたいと思っています。

2009年11月09日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

11月5日~8日分

拍手をありがとうございますv
なかなか続けての更新が出来ずにいるにも関わらず、こうして毎日のように拍手してもらえるのがとても嬉しいです!!

「犬夜叉完結編」放映のおかげでしょうか?
随分と以前の作品にも拍手を頂いています。
新規の方も、常連さんも、復帰組の方も、みんなに楽しんでもらえるようなお話を、これからも書いて行きますねv
って言うか、まだまだ自分が楽しみたいって言うのが本根です^_^;

11月5日・6日
「夢のあとさき」に拍手をありがとうございます。
久しぶりに書いた弥珊モノ。
って言えるほど、ミロサンしてないのがなんののですが^_^;
弥勒様の遊び人風なキャラが好きなので、書いていて楽しかったです。

11月8日
「くちづけ」に拍手をありがとうございます。
何と言うか、恋愛感情薄めの二人ならこーゆーやりとりもありかな? なんてv
一般常識の範囲から、殺兄は妖怪なのでりんちゃんは幼さ&村では迫害されていたからちょっと外れている、と言うのが当サイトでの設定です(笑)

本当にありがとうございました!!

2009年11月09日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

見た目か手間は…、な~や~む~~~

サイトの最終リニュというか、テキストの目次ページの刷新作業。
悩んでます、もう、物凄く悩んでます。

現在、サイトコンテンツへのリンクをページTOPに横に並べています。
クリック数を減らしたくて、テキスト関係はその内容別に直で目次ページに飛べるようにしています。
で、今考えているのは好きなように書き散らしたテキスト関係の整理整頓。
読み切り連載風なものやシリーズ物、お題関連などが割りとごちゃ混ぜだなと思ってしまって、これを初めて遊びに来てくださった方にも分かりやすい配列にしたいなと。

それで最初は簡単に今のコンテンツの並びに、さらに原作突発SS(+拍手SSやお題関係)とパラレル関係を別コンテンツとして並べようかと思ったんですね。
でもそうすると、ページTOPにずらっとテキスト関係のコンテンツが並びまくって、正直うっとおしい感じに。

いっその事、「文」と言う大きなコンテンツに全部テキスト関係を纏めて、それから中目次でそれぞれに分岐させたほうがすっきりかも? とか思っています。
いやいやそうなると、各ページに付けたパンくずリストをどうしようか… となって、自分が行き着きたいスタイルが見えなくなってくるのです。

色々考えてフレームを使わないようにしました。
フレームを使った場合の動線のスムーズさを、パンくずリストで代用して。
ジャパスクを使えば、見た目すっきりと今までのようなTOPページに内容別のテキストコンテンツを並べる事も出来るのですが、これはかなり一長一短があるので、出来れば使いたくないし。
久しぶりに文章以外のことで、頭をフル回転させています。

あ~、ジャパスクを使わない、ブラウザを選ばないタイプの折りたたみリストってあるのかな?
ちょっと探しに行ってきます。

2009年11月06日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

記事発掘

ほとんど放置状態のブログを片付けようかなと記事内容の確認をしていたら、少し時期は過ぎましたが「犬夜叉完結編」の第二回放送内容に関連した考察もどきを見つけました。

この記事を書いたのは、原作で神楽が散った回の1ヶ月後くらい。
原作で読んでも神楽の最後は衝撃的でした。
前々からこうなると予想されていたにもかかわらず、むしろ「死ぬ死ぬ詐欺」と言う口の悪い噂も聞こえていたんですが、それでも胸に迫るシーンでした。

何と言うか、神楽はあの場面で殺されてこそ「生きる」キャラだったような、とすら思えるのです。
私は殺りんファンではありますが、神楽もまた好きなキャラなんですね。
そんな気持ちで書いた4年前の考察記事を、コピペで貼り付けてみます。






神楽の起源                  2005年10月22日 | 考察もどき

今日は久しぶりの考察もどきをv

最初、奈落の分身の名前に神無・神楽なんて【神】の文字を使うのは、そういう神聖なものへの冒涜を含んでと思っていたんですね。

その中でも【神楽】
彼女は【風】の特性を持つ半妖。
そして、身を焦がすほどに【自由】に憧れる存在。
その性格付けの裏にあるのは、鬼蜘蛛が数多の妖怪の繋ぎなった時の状況が影響していると思われます。
桔梗に匿われていた、あの不随な身体。
あの不自由さゆえに、また盗賊として暮らしていた時のルール無用な生き方も反映しているかと。
何も奈落に心臓を掴まれていたからだけではないと思います。

遊女姿の神楽。
神楽の起源となったアメノウズメノミコトの天岩戸前での踊り。日本最古のストリップショーだとも(笑)
 ウズメも、いわば神々の娼婦的存在。また始原的な巫女の要素も含んでいます。
踊り狂ううちに神懸り状態になって、神の宣託を受ける。
神の言葉を伝えるのは、巫女の役目ですから。

この神楽の場合はそこまでの神性はありませんが、ウズメが踊った舞がアマテラスの心を動かし岩屋から引き出したように、神楽の命をかけた【舞】が殺生丸の心を動かした事には間違いないだろうな、と思うのです。
そこで何を引き出したのか…?

日本書紀では、この天岩戸事件での活躍によりウズメはアマテラスの寵愛を受け、側近に侍ったとの事。
これを殺神に置き換えて…、と思ったのですが、結局アマテラスの寵愛を受けたとは言え、アマテラスにユリ趣味はありませんから(…多分^_^;)、その後サルダヒコ命と結婚します。

ただ、このアメノウズメ命の神徳がこの踊りに代表される芸能上達だけではなく、武芸全般守護と言うところにおやv と思う訳です。
こう言う勝手なこじつけ解釈で遊べる所が二次創作の楽しさでもありますね。





とまぁ、恋愛色薄めの考察。
でも風になった神楽は殺生丸を守護しているかも…、と思えるんですね。
「強さ」そのものでは、きっと誰の手助けもいらない殺生丸ですが、「心」そっと支えてくれる「誰かの手」は、殺生丸が「殺生丸」として成長するのに必要だったんだと思うんですね。

そうして守護されている殺生丸こそ、「神」近しい存在で。
冥道編以降の殺生丸はジョブチェンジしてますよね?
残虐非道な妖怪から、まるで雷神の如き存在に。

互いを想う、唯一無二の存在が、必ずしも恋愛相手ではない、と言う関係が成り立つような三人なのかなぁと。
殺生丸に恋愛感情があるのか? と聞かれたら、なんだか無さそうだぁと思っちゃう私なんですね。
なので「嫉妬」も理解出来そうに無いような気がするし。

神楽が殺生丸の庇護を求めてきたら、あっさりその傘下に入れてやりそう。
しかし神楽が恋愛矢印を自分に向けてきても、それに関しては一切反応しなさそうだし、それはそれで神楽にはキツイけど、案外それが殺生丸だからって納得もしそう。
じゃあ、りんちゃんに対しては? と考えると、恋愛感情以前に無意識のうちに「すごく大事なもの」と言う位置付けがされているような気がするんですね。
なんでそうなったかと言われたら、そこは説明が難しい。
ん~、「すごく大事なもの」の前に、「自分のもの」と言う意識の方が強いかも?

宝物(自分に取っての)を守る番犬みたいな感じかもですね^_^;
自分が守る宝物に「恋」をする番犬はそうそういないけど、宝物であり対になれるかもしれない存在だと気付き始めたのがあの最終回のワンシーンなのかもしれません。

齢何百年も生きてきて、その強さは戦国一、女妖相手でなら生理的欲求を満たした事もありそうだけど、その実その方面での朴念仁ぶりは心の稚なさだったりして(笑)
その稚なさがりんちゃんと丁度良いのかもです。

時間の流れの違う二人だけど、その束の間の間だけでも同じ時をゆっくり歩んで欲しいです。

2009年11月05日 オタヨタ日記 トラックバック:0 コメント:0

掲示板

今日は完結編感想掲示板のサーバーが1日近く落ちていて、「どーしようかなー」な状態でした。
幸い夕方には復旧したようですが、これからもこーゆー事があるとちょっと…、な気持ちになってしまいました。

今はあまり掲示板は活用されない時代、感想掲示板も私のそれこそ「完結編感想専用」になっています。
最近は落ちる事が殆ど無いFC2ブログの方に移行したほうが良いのかな? と考えていました。
以前の企画跡地用のブログがありますし、それをちょっと弄って応援ページそのものをブログ化できないかな? とか。

そんな事を考えていて、つい(汗)頂いたコメント返信用ブログの方を試しにカスタマイズしてしまいました。
最近お世話になっている「ノベルテンプレート」さん配布のテンプレート。
こちらの管理人さんは、「ブログで小説サイトを運営する際に、いかにHPに近く読みやすいブログに出来るか」をテーマに、テンプレートをデザインされています。

こちらのテンプレートを見ると、ついまた別傾向のテキストサイト(ブログ)を作りたくなるほどです。
正直ここのテンプレートを見てしまうと、他のサイト代わりに普通のブログテンプレートを使っている所に教えたくなる程。
まぁ、そんな迷惑なお節介はしませんが^_^;

そんな訳で、もしかしたら「完結編」応援ページが、ブログになるかもしれません。
あと、しばらくサイトTOPに置いていたアンケートを下げました。
アンケートにご協力頂き、ありがとうございましたv

結果として、CP別ページはそのままに中のグループ分けをどうしようかという話になりました。
犬かご物はそう悩まずにすみそうなのですが、問題は殺りん物。
数の多さもありますが、その分類のしにくさにも頭を悩ませています。
どう分類して並び替えたら読みやすくなるか、使いやすくなるかじっくり考えて作り直してみますね。

そうそうv
来週昼チャットを開こうと考えています♪
サイトTOPと応援ページの方にはアナウンスを出していますので、こちらの日記でも明日にでも記事として上げておきますね。

2009年11月05日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

11月1日~4日分まで

日記や別館、そして本館にとたくさんの拍手をありがとうございますv
折角頂いた拍手への返信をログとして見やすいようにと、こちらのブログのテンプレートを変更してみました。
これからは、マメに返信をしてゆこうと思っています。

11月1日
「運命」に拍手をありがとうございます。
これはもう随分と前に書いた犬かご物です。大人向きな内容ですが、書きたかったのはかごちゃんの「危うい存在感」みたいなもの。
原作が終了するまで、どちらに転がるのだろうとずっと物語の追いかけてきました。
最終回でかごちゃんの笑顔を見て、安心した私ですv

11月3日
匿名希望様v
長い時間をかけてサイト内の作品全て読破との言葉に、嬉しくて舞い上がるほどです!!
本当にありがとうございます!
自己満足で、殺りんが好きで、ただただ妄想を書き続けてきたので、その気持ちが報われたような心地です。

>原作沿いの未来長編が~

はい、そうですねv
今はまだ書きかけの物がありますので、そちらが仕上がりましたら前向きに考えてみたいと思います。
犬一行物でなら、そんな位置付けの書きかけの作品があるのですが、殺りん物ではまだありません。
今まで書いてきた物を踏まえ、原作をもう一度読み込んで私なりの「それから」のお話を作ってみたいです。

「花ごよみ-さくら」に拍手をありがとうございます。
あからさまに書いてしまうと生々しくなりますので、あえて暗喩で書いてみました。
イメージ的には「たけくらべ」の美登利のようなを意識して、りんちゃんの「子どもの時代」が終って、それから…、なのです。
昔の女性が着物の胸元に入れていた筥迫(はこせこ)、その中にはさくら紙と呼ばれる和紙を入れていました。このさくら紙は丈夫で吸水性の高い、ほぐすと綿花のようになる和紙。それを衛生用品として使っていました。
またお目出度い事があると出される、「さくら湯」と言うものもあります。
塩漬けした桜の花を、お茶代りに熱い湯で入れて香りを楽しんで飲みます。
そんな事からも、このSSのタイトルを「さくら」と付けたのです。
色んな妄想を織り込んだSSを楽しんでくださって嬉しいです♪

2009年11月05日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

雨月物語企画「夢のあとさき-弥珊+α」、更新

もう随分と長い間放置状態だったSSを最後まで仕上て、先ほどサイトにUPしてきました。
雨月物語の中でも元ネタは夢オチネタの不思議系なのですが、あまりその特性が反映されていない出来に…^_^;

途中でお話の方が勝手に進み始めたような所もあって、その勢いのまま転がして見ました。
なので、どちらかといえばコミカル風味のSSに仕上がっています。
雨月ネタで考えると、どちらかと言えばダーク系に行きやすい私ですが今回ばかりは違いました。
たまにはこんなのも良いですよねv

それにしても今年は書いた本数が9本と少なくて、やはりちょっと凹みます。
サイトUPしていなかったものが10本ほどあったので、わりと頻繁に更新しているように見えますが、内情はそれ。
今年あと残り2ヶ月で、1本でも2本でも書いて仕上たいと思っています。
さて次はどれを書こうかな?

2009年11月02日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

もう11月っっ!!

早いものです。
もう11月です。

1年の終わりが近くなってくると、気持ちがちょっと焦ってきます。
実生活での事もありますが、私的にはオンでやりたかった事がやり終えていない!! って焦りですね。
書きたい物があると言いつつ、一体何本仕上たのか? と確認すると……
ちょっと心許ない気持ちになります。
自分の気の多さに、落ち着きのなさを感じて軽く凹んで見たり。

一つのお話を丁寧に書き綴っているサイト様を拝見するたびに、そう思ってしまいます。
早く自分もそうなりたいと思うのですが、ついつい他の話を手がけてしまう……。
どこかで自分の創作スタイルを見直さないといけないかもしれませんね。

サイトそのもののプチ修正。
サイトTOPにおいているアンケートの結果がそろそろ固まってきました。
半数近くはそのままで良いよv との回答なので、CP別の目次ページはそのままにしてそのページ内のグループ分けを考えようと思います。
時系列とシリーズ物と原作沿いとパラレル物との区別。

パラレル物も見られる方それぞれに線引きが違うように思います。
私が思うパラレルの線引きと、他の方の線引きの違いを知りたいなぁ、とも考えていますので次はそんな内容のアンケートを設置しようかな? と考えています。
そこまでしてその改装が終ったら、もうどんなにサイト弄りの虫が騒いでも、現状維持で創作の方に全エネルギーを注ごうと思います!(笑)

そうそうv
公式動画配信3回目の「冥道残月破」の感想を、感想掲示板に投稿してきました(*^^)v
まぁ、いつものようにあまり粗筋にそった感想でないのは、もうご愛嬌で♪
掲示板はこのブログとちがって下書きの一時保存機能がないので、ついつい長く書き込んで時間が掛かった場合、投稿ボタンを押した時にランタイムエラーがでて折角書き込んだ文章が飛んでしまうことがあります。
今回も投稿ボタンを押した瞬間、ファビコンがぐるぐる回りだしたのでヤバイ! と思い、すぐに全文選択のコピーをして保存しました。
これからは「紙copi」で下書きしてから投稿するようにしようと思います。
先々この完結編感想も、跡地ブログに転載の予定です。


続きはオフの病院関係

続きを読む

2009年11月01日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。