スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

拍手返信 1月18日~20日まで

久々のv 10連打を含むたくさんの拍手、ありがとうございます!!
嬉しいですvvvvv
寒いし、ちょっと予定がコミコミでも、「いやいや、書きたい、書きたいっっ~~!!」って気持ちになります♪
気持ちに張りが出るので、オフの用件も楽しく処理する事が出来ます。
「お楽しみ」があるって、本当に良いですね(^^)

作品別に頂いた拍手の返信はこちらから↓

1月18日
「むかしむかし」に拍手をありがとうございます。

1月20日
「ハミング・バード」・「胡蝶の夢」・「夜来香」・「雪の宿」・「言の葉」・「怒り」・「春遠からじ」・「微熱」に拍手をありがとうございます。
たくさんの殺りん話を読んでくださって、ありがとうございます!!
それぞれ趣がちがう、色んな傾向の話ですが、なぜかこの二人だと色々書いてみたくなります。
私の中でこの二人は、いろんな意味で枠にはまらない二人だからかも知れません。

本当にありがとうございました!!

スポンサーサイト

2011年01月21日 拍手お礼2011年分 トラックバック:0 コメント:0

「一月はいく」って言うくらい、あっという間に1週間が過ぎてしまいました^_^;
寒さも「大寒」に相応しく、ものすごく寒いですね。
庭の日陰に置いている植木の水受け皿の氷がなかなか解けないまま、次の冷え込みでまた凍りついたり。
でも、この大寒をすぎると「節分」
暦の上では、春間近v

ただ我家的に立春からの1週間は、ある意味臨戦態勢です(笑)
4日 長女の私立校受験
6日 WHF福岡大会参戦
8日 公立校推薦入試

さすがに私立入試と公立推薦入試が立て続けにあるんだから、今年のWHF参加はパスしたら… と言おうとしたら、長女に先手を打たれました。

長女曰く、
「入試だからと行って、今年行かなく、それで何年か後にやっぱりあの時行っておけば良かった! って後悔はしたくない! だから今、WHFに行っても大丈夫なように勉強を頑張ってるの!!」

……うん、そうだね。
日々、楽しみを後回しにして、「今しなくちゃいけない事」を優先しているもんね。
そして、それはこの3年間の成果として結果を残してる。
「楽しみ」をバネにして、本当に良く頑張ってくれています。
勉強も、お手伝いも。
無理に止める方が、マイナスになりそうです、長女の場合。
まぁ、本人もここまで来たら、あとは体調管理だと良く判っていて、寒さ対策とマスク着用で挑むから同行者もそのつもりで!! と言い渡されています^_^;
私も今年は、直ぐ入場できるくらいの時間を見計って家を出ようと思っています。
昨年は、ベイブレとイナズマ効果で物凄い事になっていましたから。
ヤフードームをぐるっと回って、3~4つ先のバス停辺りまで並びましたからねぇ。
でも並んだ甲斐あって、長女は大好きな畑先生の直筆色紙をGET!!
それも、サプライズで用意されていたヒナのイラスト付きv
そういう美味しいおもいをしているので、行かない訳にはいかないのでしょうね♪

私の方も、学年最後の広報紙入稿が丁度二月の初旬。
それまでに、記事を作らないといけないので多分、2月の中旬ぐらいまで半ネット落ちになると思います。
ネットに上がらなくても作業の合間とか、ヒマを見つけてはお話を書き進めてゆきます。
今書いているのは連載の続きと、お届け物にしたい天生牙の話v

天生牙って、絶対りんちゃんの事気に入っているよね? って言うか、むしろ好きだよねvvv
そんな天生牙視点での、殺生丸とりんちゃんの話にしたいです☆彡



2011年01月21日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

拍手返信 1月13日~17日分まで

サイトTOPのパチパチからたくさんの拍手をありがとうございます(^^♪
今年は特に寒さが厳しいにも関わらず、こうして頂く拍手に元気をもらって、いまだ風邪知らずで過ごしています。
この調子で、次の更新分に取り掛かりますねv

1月13日・16日
別館「交差点」に拍手をありがとうございます

1月16日
こんばんは、chihiroさん。
chihiroさんの再起動を正座して(笑)待っていました。
本当に、このお正月のお年玉をもらったような気分ですv
そして、「やさしい嘘」にコメントをありがとうございました。
殺りんにおける寿命差は、殺りん二次におけるある種の萌要素でもありますし、基本概念みたいなものでもありますよね。まだまだ書きたいネタが尽きない二人です。
それと、ページエラーのお知らせ、本当にありがとうございました!!
コメントを見て、慌てて確認して、フォルダをひっくり返して探して、最終的には昨年11月に取っておいたバックアップデータから復旧と言う運びになりました。
お知らせ頂かなかったら、どのくらい放置していたか分かりません。
本当に助かりました!!
しかし、どれだけボケていたんだか… ^_^;
なぜ、ローカルファイルの分のフォルダを削除していたのか、それすら原因不明のまま。
サーバーに上げていた分が、削除されていたのも…?
要らなさげなフォルダを削除したような記憶も微かにあるのですが、う~~ん。
つくづく、バックアップの大切さを実感しました。
今度はちゃんと「奇縁」の続き、読めるようになっていますので、時間のある時にでも遊びに来てくださいねv

1月13日
「春 遠からじ」に拍手をありがとうございます。

1月14日・15日
「花妖の杜」・「月華覇伝」に拍手をありがとうございます。

1月16日
「観用少女りん」・「Petshop」・「やさしい嘘」に拍手をありがとうございます。

次は何をを更新しようかと、考え中v
今年は連載物をしゃかしゃか仕上げて行きたいと思っています。





2011年01月18日 拍手お礼2011年分 トラックバック:0 コメント:0

覇伝6-3投稿とバックアップは大事だね

つい先ほど「先読みっっ!!」に覇伝6-3を投稿してきました。
丁度1ヶ月ぶりの更新になりました。
年末年始のアレコレも過ぎ、せめて今後は2週間に1回は更新したいなぁ…v

今回辺りから時間経過はかなりご都合主義でポンポン飛ばしてゆきます。
と言うかこの話、書き終わったら文庫本1冊分くらいにはなるんじゃないかとか思ったり^_^;
りんちゃんが殺生丸に拾われるまでに、どんだけ長く書いているんだって!? て話で、最終的な落ち着きどころはりんちゃんが13歳くらいを想定しているので、残り半分(自分的予定(汗))であと4~5年は経過させないといけないし、ダラダラ長く書くのも書く方も辛いし、読む方も辛いだろうと思うし。
で、ポンポンポン、と(笑)
今回は後半で1年ほど、すっ飛ばしています。
次回は、まぁ3~4ヶ月くらいかな?

前回までの時間経過が物語の初頭から、まだ一ヶ月たってないって話ですからね。
ちょっと巻き巻きでいきますね!

それと、タイトルのバックアップの話。
改めてコメントレスの付けさせていただきますが、本当にお知らせありがとうございました!!
そして、いつからか分かりませんが、カテゴリー「妄想文庫」に関してお詫びを、と。
サーバーどころかローカルファイルからもこのカテゴリー、ごっそり削除していた事に、今日気付きました!!

思わず、えええっっ~~~~!!!
なんで、どーしてっっ!! 

って軽くパニック。
カテゴリー別にフォルダ分けしているので、別のカテゴリーのフォルダに突っ込んだのかな? と、ローカルファイルをチェックするも、どこにもなし。
リンク切れ状態でどのくらい放置していたのかと思うと、何を管理しているんだって自分で自分に突っ込んでしまいました。
デスクトップに置いている最新サイトデータが入っているフォルダには、どこを探しても「妄想文庫」のフォルダはなく、別にテキストとして保管しているものからページを作成しないとダメかな…、と思った時に、そういえば去年11月頃にバックアップデータを取ったっけ! と保存用DVDを開いたら… ありました!!
このカテゴリーは「奇縁」完結移行、更新をしていなかったので、そのままコピーしてサーバーに上げるだけで、復旧完了!!

なにが原因か分かりませんが、どうにか事なきを得ました。
う~ん、サイトを運営するようになって約8年。
今まで、こんなミスをした事がなかっただけに、本当にバックアップを取っていて良かったなぁと思いました。
皆様も、大事なデータはバックアップをお忘れなく、です^_^;

2011年01月17日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

拍手返信 1月10日~12日分まで

拍手、ありがとうございます!
その1拍手1拍手で寒さに負けない元気をもらっています♪

1月10日・11日
「花妖の杜」・「春 遠からじ」に拍手をありがとうございますv
それぞれ趣は違いますが、ある意味幸せな殺りんかなぁv と。
りんちゃんりんちゃんであれば良い! 的な、唯我独尊な殺兄をもっと書いていきたいです(笑)

1月12日
「そっとふれた」に拍手をありがとうございます。
あの冥界編のフィナーレ、ご母堂様の寝椅子の上で目覚めたりんちゃんに初めてほっとした表情で触れた殺生丸と、小さな手でその指をきゅっと握り締めたあのワンシーンからの発展系です。
この二人には、どんな小さなワンシーンでも美味しく萌萌~~でいただけます!!

「ふたり」・「epilogue2」にコメントをありがとうございます。
早速修正いたしましたv
サイト内のテキストが自分でも呆れるほどに増え、昔書いた物を読み返す機会も中々無い今、こうして教えて頂けると、本当に助かります!!
自分が書いた物だからか、どうしても「慣れ」で読んでしまい、つい見逃しがちになってしまいます。
また、なにか気付かれたら教えてくださいね!

2011年01月13日 拍手お礼2011年分 トラックバック:0 コメント:0

…切れやすい (-_-;)

って、自分がとか、子ども達が~ とかではなく、愛用のdynabookのネットが^_^;
何度も接続修復をするのが日課になりつつあります。
で、ついつい通販のノートPCのページをじっと見ていたり。

今年の夏で、この愛用機も丸5年になります。
経年劣化でそろそろ不具合が出てきてもおかしくないゾーンに入ってきます。
今のところこれ! といった、不具合は先にあげたネットが頻繁に切れるだけなのですが。
ネットが切れる原因も、流石に10年ちかく使っているLANカードにあるんじゃないかとも思うんですよね。
なら、カードを新規にすればいけるかも? と思いもするけど、それ以外にもちょっと……。

昨年の猛暑では仕方がないと思うけど、それでもPCの作動具合が余りにも挙動不審だったのも気になるし、メモリーが小さいからか、処理能力がちょっとね(汗)と思うところもあるし。
かなりグラグラと悩んでいます。
う~ん、う~ん。
もともと、この手のモノには突っ込んでしまう傾向がある私。
OL時代から二次創作なんてヤクザ(笑)な趣味を持っていて社会人ならではのお金回りで、何台ワープロを買い換えた事か。同僚OLさんに、「あれ? また買い換えたの? この前のボーナスで新しいの買わなかった?」と言われることも度々^_^;
15年間のOL生活で、車3台、ワープロ5台は私の干物っぷりが現れているような気がします。

さすがに専業になった今は、と振り返ってみればすでに、この愛用機で3台目。
そして4台目をどうしようかと悩んでいると。
夏辺りに(?)

「てへっv 4台目、買っちゃったv この子がこれからの新しい相棒です(^^♪」

な~んて報告記事を、このブログに書き込んでいそうな気がします
うん。
せめて、今年の夏までは自重出来ます様に。自重、自重。

2011年01月12日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

三学期、スタートv

成人式を含む三連休も終わり、少し長めの冬休みも終了。
本日から、新学期です。
寒い地域の所は、もう少し冬休み中でしょうか?

と、言う訳で、今週からようやく本格的な日常モードに切り替え。
今週末までには、連載の更新をしたいなぁv と思っています。
先週更新をして、それからサイト様めぐり~♪ とか言っていたのに、直ぐ週末三連休でネット落ち状態になってしまいました。
加えて、その三連休中におばあちゃんが夕食後、急に倒れてしまい救急搬送。
まぁ、大事には至らずに済んでついでに細かい検査もしてもらい、一安心したのが今日。
明日には退院しますのでお迎えに行く用事がありますが、その帰りにサンデーを買って帰ろっとv

年末にリンクページのチェックをしていた時に、急に表示が英数文字だけになっていたサイト様があり、こちらでエンコードを変更しても表示が直らなかったので、ウィルス感染を疑って一時リンクを解除していました。
ちょっと時間が出来たので再度そのサイト様にお邪魔して、今度はfirefoxとOperaでブラウジングしたところ、きちんと表示されたので、これはIE特有のバグだと判断してリンクを復帰させました。

どうして今まで表示されてたものが、急にこんなになっちゃったんだろう? と思い、ごめんなさいと思いつつもページのソースを拝見させていただくと、言語指定の meta http-equiv="CONTENT-TYPE" content="text/html; CHARSET=Shift_JIS" と言うタグの入っていないページで文字化けを起こしているようでした。
それで自分の所は大丈夫だろうかと、緊急点検。

ざっと確認した限りでは、大丈夫でした。
他のブラウザや携帯等からの閲覧が増えてきてはいますが、まだ半分近くはIE。
あわてん坊の私が勘違いしたように、文字化けのページを見て「ウィルス感染!?」と誤解しないよう日記の記事にしました。
先月のWindowsアップデートの際にIEもアップデートされ、その時にHTML構文を厳しく(笑)チェックするようになったというか、融通が利かなくなったというか、まぁそんな感じ?
IE9のベータ版も配布され始めていますが、こんな状態なのでまだまだ手が出せないでいます。
動きが軽いと評判のOperaやchrome、Lunascoopも魅了的で、よっぽどそちらをメインブラウザにしようかと思うこともあるのですが、サイト作成者の立場から見れば一番使用率の高いIEでの確認は必至事項でもありますし、う~ん^_^; と思う今日この頃なのです。

2011年01月11日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

拍手返信 1月6日~9日分

新年最初の更新に、たくさんの拍手をありがとうございます(^^♪
こうして拍手やコメント頂くと、よ~し、次もがんばっちゃうvvv と元気もやる気も満々になります!!
返信不要のコメントも、返信したい気持ちを抑えてありがたく読ませていただきました。
みんなみんな、本当にありがとうございました♪

1月7日・9日
別館「交差点」に拍手をありがとうございます。
なかなか更新できずにいますが、次に更新予定の話は「夏目友人帳」とのクロスオーバーになる予定です。
一応、夏目とのクロスオーバーは4作品(+番外の夜鳴鶯も)で一つのシリーズっぽくなるかな? と。
残りの2作品は「たんぽぽゆれて」の続きと、「はるかなる空の下」の続きで夏目と犬夜叉の話。
ここまで書くと、人区切りついた感じになります。

1月6日
こんにちは、みどりんさんv
お仕事で忙しい年末をすごされたのですね。オフを優先してこその、オン活動だといつも思っている私ですので、その気持ちよく分かります。
殺りん絶ちの解禁に、新作は間に合ったでしょうか?
お時間の出来た時に、ゆっくり楽しんでいってくださいねv

1月6日・7日・8日
「花妖の杜」に拍手をありがとうございます。

こんにちは、みきさん・りちょまるさんv
ご無沙汰しています。二人らしいとの言葉に、ほっとしています。
殺りんのメインの世界観が「刹那・切ない系」で基本固まっているのと、妖と人間の「違い」を書こうと思い、前半があんな殺伐としたものになりました。この話を書こう! と思った時の最初のイメージは、ラストシーンのお花畑状態だったのですが~(笑)
お気に召していただけて、とても嬉しいです(^^♪

1月7日
「やさしい嘘」にコメントありがとうございますv
健気なりんちゃんとの言葉、嬉しいです(^^)
元気で逞しいりんちゃんも好きなので、健気過ぎないよう弱々しくないようにと思って書いています。
実はずっと以前からりんちゃんの出産秘話ネタは温めているのですが、なかなか書き出せずに今に至っています^_^;
「豊穣の月」と「ほおずき」で伏線は入れているのですが……。
今年、書けるといいなぁ~ なんて遠い目で思っていたりします。

「くちづけ」に拍手をありがとうございます。
なんとも、どこかちょっとズレた二人のファースト・キス話(?)、楽しんでくださって嬉しいです。

1月8日
「焔」にコメントをありがとうございます。
りんちゃんに「狂って」しまった殺兄を書いてみたかったので、頂いたコメントが本当に狙い通りの言葉で、とても嬉しかったですv
「人でないモノ」であるからこそ、殺兄とりんちゃんとの関係に魅かれるんだと思っています。

2011年01月10日 拍手お礼2011年分 トラックバック:0 コメント:0

「花妖の杜」更新

昨日の日記に書いた通り、無事午前中に更新作業を済ませました(^^♪
年末に、ちらっと誤字脱字を無くすのにIMEからATOKに切り替えちゃえ! と言う事で、暫くやっていたのですが、やはりIMEの方が普段使いには使いやすかったです(汗)
IMEの方が英語辞書が使える分、普段使いの文章中の英単語変換がスムーズなんですね。
もうそれだけで、やっぱりこっちに、って。

その代わり、今まで使ったことの無かった一太郎の校正機能って奴を使ってみました。
うん、まぁ割と使えるかな? って感じです。
でも私は文章を書く時に、割と漢字の意味を合わせて造語っぽいものを使う事があります。
今回の「花妖」なんかはそうですね。
これを一太郎の辞書に名詞登録しておかないと、全部誤字脱字でピックアップされてしまいます。
そんな作業をしながらの校正作業は、かえって書いた物をそのまま読み下す校正作業より意識が違う方向に分散されるのが良いのか、表現の重複っぽいところとか、気になる語尾とかも目に付いて校正作業が進みました。

それでもまだ本当にざっと1回だけの校正なんで、誤字脱字の類が多分まだどこかにあるんじゃないかと思います。見つけたときは、どうぞ教えてやってくださいね!

さて次は、「覇伝6-3」に取り掛かります。
それと平行して、去年思いついてネタだけだしたままの天生牙の話も書きたいです。
それとリクアンケートSS、その2も話を練らないとですね。
……これ、書き上げる頃にはサイト開設8周年が来そうな気もしますが^_^;

とにかく、書きたい物をどんどん書いてゆける1年にしたいなぁ~ と言うのが今年の抱負だったりvvv
一息つきつつ、ようやくこれで他のサイト様めぐりに出られそうです♪

2011年01月06日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

拍手返信 12月21日~1月5日分まで

年末年始、2週間ほどこちらのお返事が滞っていました。
新年最初の更新も済ませ、どうやらサイトの運営も通常モードに戻せそうです。
頂いた拍手やコメントへのお返事も、もう少し早く出来るかと思います。

なかなかネットに上がれない間も、沢山の拍手をありがとうございました!!
2011年も、どうぞよろしくお願いいたします♪

12月22日
「チャットでリレー小説挿絵付」に拍手をありがとうございます。
これこそ、ファンの萌心と深夜のハイテンションぶりと管理人の無茶振りの産物ですね。
楽しんで貰えて嬉しいです(^^♪

12月23日
「祝事」に拍手をありがとうございます。
完結後の、犬かごの「それから」を妄想したらこうなっちゃいました(汗)

12月26日
「美禄一献」に拍手をありがとうございますv
なかなか珍しい、酔っ払い殺兄です(笑)
楽しんでもらえたら、それこそ上々です♪

12月27日
「やさしい嘘」に拍手をありがとうございます。
殺兄らしい台詞と、その台詞を「嘘じゃ!」と突っ込む邪見が書きたかった1本です。

12月28日
「花残月」に拍手をありがとうございます。
すっかり殺兄の妻として落ち着いたりんちゃんとその子ども達、父としてそれらの者を見守る殺生丸。
そんなさり気無い風景を書いてみた1本。
お気に召していただけて、嬉しいです。

1月3日
「睡蓮」に拍手をありがとうございます。
この話が、原作連載時の突発SSの第一号だったりします。
そして、桔梗さん×かごちゃんv といユリっ氣に目覚めた(笑)のも、これでした^_^;


1月4日
こんにちは、はじめましてv ひろみさん♪
私も犬夜叉大好きv 殺りん大好きvvv で思いつくまま、書き散らしてきました。
ひろみさんから頂いたコメントで、ますます元気とやる気が漲っています。
今年も、気の向くまま心の赴くまま書き散らしてゆくと思います。
書きたいように書いている文章ばかりですが、それで少しでも楽しんでもらえるのなら、これほど嬉しい事はありませんv
どうぞ、いつでも遊びにきてくださいね!

「月光浴」に拍手をありがとうございます。
なんとなく不思議で曖昧な二人の気持ちを、こんな形でSSにしました。
お話というより、雰囲気を感じてもらえたら嬉しいですv

「幕間」に拍手をありがとうございます。
サイト開設当初に書いたリク小説。
まだ殺りんに目覚めても居なかったのに、当たり前の様に二人の間の双子ちゃんがオリキャラで登場しています。
無意識のうちに、殺りんにハマる要素大だったのでしょうね。
天生丸と夜叉丸、この二人は結構長く当サイトに生息していたりします(笑)

返信不要で頂いたコメントも、ありがたく読ませていただきました。
こちらこそ、こんなノリと嗜好性の奴ですが、どうぞこれからもよろしくしてやってくださいね!!





2011年01月06日 拍手お礼2011年分 トラックバック:0 コメント:0

「花妖の杜」脱稿v

2日から書き始めたリクアンケートSS、初日はほんの400~500文字くらいからスタートして、二日目に1700文字台、三日目で3700文字台、最終日(?)の今日で7000文字ちょいオーバーで脱稿に漕ぎ着けました(*^^)v

だいたい予想通りの文章量におさまり、今年は最初から計画的に行けるかも♪ と嬉しくなっています。
一応一晩寝かせてざっと校正をかけたあと、ページ作成&サイト更新させますね。
年末年始に頂いた拍手やコメントのお返事も、明日一緒にしたいと思っています。

例によって、更新分のチラ見せです(^^)


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *


 主の帰還に、その地は生気を取り戻し曖昧だったものは鮮明な色と形を取り戻す。さわさわと風が動き、柔らかな薄ぼんやりとした光がどこからともなく差し込み、あたりを満たす。歳経た大樹へと変化した大妖の下には、やはり同じ性を持つ樹妖や花妖が集い来る。

 それからどのくらい時が経ったのか。

「まぁ、あれを御覧なさいまし! 汚らわしい人間界の花が、あんなお側に!!」

 姦しい花妖達の声で、大妖はまどろみから引き戻された。

「………………」

 その言葉に意識を傍らに向けると、そこにはあまりにもみすぼらしい小さく貧弱な黄色の野の花が咲いていた。艶やかな五弁の花びらを精一杯に開き、小さな小さな光の冠のようなしべが笑うように揺れている。


( ―― !! ―― )


 一瞬、花と眼が合ったように大妖は感じた。
 花がふわっと笑ったような気がした。
 あの娘が見せた、笑みのように。

「主様のお側には相応しくない。どこかにお行き!!」

 花妖の一人が手を翳すと、野の花はその妖気を受けてたちまちにのうちに枯れてしまった。

「どこから紛れ込んできたのでしょう。不浄な事!」

 険高くそう言い放ち、ようやく目覚めた主の目に留まりたいと、そのきらびやかな華美な容姿を披露する。枯れた野の花にしばし視線を留めていた大妖は、やがて何事にも関心をなくしたかのように、またその金の瞳を閉じた。
 何度かそのような小さな騒ぎが大妖の周りで繰り返された。おそらくそれは、人間の時の尺度で一年(ひととせ)ほどの間を置いての事だったのだろう。そんな繰り返しの中でいつしか大妖は、咲いてはすぐ枯れる野の花の、ささやかながらも一生懸命に咲き誇る様を見たいと思うようになっていた。そうして、時の流れなど一睡の夢の如きものとしか思っていなかった大妖に、その花は「待つ時」の長さを教えた。

「まぁ、また咲いているわ、この花!! この美しい花の杜で、よくもそんなみすぼらしい花を咲かせられること」

 そう言ったのは、絢爛豪華な黄金色の牡丹の妖。

「咲いてもすぐ枯れる、咲く意味もないような花ですのにね」

 この言葉は、いつも金牡丹の妖と妍を競い合っている真紅の芍薬の妖から。

「地べたを這いずっているような、卑しい花ですわ」

 立ち姿も凛とした白百合の妖が、見下すよう言い捨てる。
 確かに、この花妖達の誰か一人でもこの花の上に手を翳せば、たちまちのうちに枯れてしまう花である。ここに咲き誇る花は、その妖力の高さから美しい人型にもなれる妖花ばかり。その変化した姿は、先の人型を取った大妖とも釣り合いの取れるほどであった。
 それに比べこの花は、ただただ僅かな間咲くだけの野の花。人型になれるような妖力など、持ってはいなかった。いつもなら、させるがままにしていた大妖が、初めて野の花の上に翳されようとしていた花妖達の手を払いのけた。

「主様っっ!?」

 びっくりしたような顔をする花妖達に、独り言の様に大妖は呟いた。

「金は人間の欲を思わせる。赤は戦場に流れた血の色か。高慢な白は鼻につく」
「まぁ!!」

 それは自分たちに下された大妖の評価。冷酷ささえ感じさせる大妖の突き刺す視線に花妖達は怯え、その場から逃げ去った。考えてみれば、解る事。数段格下の花妖達の妖気で枯れてしまうような花が、なぜ大妖の側で芽吹き花を咲かせる事が出来るかを。

 言わずもが。
 それを、大妖が許したからに他ならない。
 時を刻んで、野の花は大樹の側で繰り返し繰り返し咲いては散っていった。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

とまぁ、こんな感じで。
ではでは、明日またブログにて更新報告いたします。

2011年01月05日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

あけましておめでとうございます、って もう三日目^_^;

2011年も本日で三日目、正月三が日も終ろうとしています。
出遅れ気味ではありますが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年の挨拶がちょっと遅れたのには理由がありまして、実は昨年1月に行ったリクアンケート作品の1本を仕上げてから、更新報告を兼ねて新年のご挨拶をv と思っていたんですね。
……で、そのアンケート作品、進捗状況が1700文字台。
おおよその掴みでは6000文字くらいかな? と。

もう、今日中の脱稿は無理だなと見極めて、新年の挨拶はせめて三が日中にと思い、ブログに出てきました(大汗)
このSS、タイトルは「花妖の杜」
アンケート初期に頂いたコメント「パラレルワールドでも二人だけの世界でハッピーエンドv」に触発されて、書き始めたもの。
プロットは年末から固まっていたのですが、書き出したのは昨日から。
ほら、二日は事始と言いますから(笑)
世界観やお話の背景は、原作に近いような違うような、どこか曖昧な感じで書いています。
ついでに言うと、作品中では固有名詞は使いません。
曖昧な感じと言うのがこのSSのポイントでもあるので、固有名詞と言う「記号」に頼らずに、「らしさ」が伝わればいいなぁ、と頑張っています。

この1700文字あたりまでは状況説明みたいなもので、現時点での殺兄とりんちゃんの接触ポイントはO。
ここから残り4000文字くらいで、綺麗におさめられれば!! と、ドキドキしています。
今回の「6000文字位」という縛りは、いつも思うお話の「内容」に見合った文章量ってあるよね? って事。
一通りプロットを頭の中で最後まで流した感じでは、6000文字~7000文字以内。
それ以上長くなるようならば、プロットの組み方が甘くてグダグダになっている部分があるはずと思っています。
この二人のファーストコンタクトが上手く行けば、あとは予定通りすんなりいける予想。
ここが書いていて、一番の思案処かも知れません。

ちなみにパラレルワールド前提なので、今書いている殺兄の性格描写はこんな感じです。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *


 もともと誰のものでもない山や地や川を、同じ人間同士で取り合い殺し合う。
 流される血潮で、その地は穢された。

 解らぬと大妖は呟く。
 なぜ、そのような愚かしい所業を重ねるのかと。
 殺しあう人間達の中に割り込み、その場にいた者全てを粛清したこともある。
 大妖を指差し人間達が、「妖怪!」と叫ぶのも聞いた。

( ……解らぬ )

 叫ぶ人間達を、その巨大な爪にかけ牙で引き裂きながら、大妖は思う。在ってはならぬモノならば、なぜこの人間達はここに「在る」ことを許されているのだろうと。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *


これ、新年のお年玉DLFの予定なんですが、あまりお目出度くないような一節ですね^_^;
私が「人でないモノ」としての殺生丸が好みなので、こんな感じになるのかもしれません。
今週中には、更新に漕ぎ着けたいと思っていますv

 

2011年01月03日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。