スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

修練場でリハビリ中^_^;

ご無沙汰しております。
2月も終ろうとしている現在、オフの状況は無事臨戦態勢解除となりました。
長女の公立推薦入試の合否が出たのが15日。
一月早い終了となりました。

それと先週末は、自宅の見学者を案内するというイベントもありまして^_^;
ハウスメーカーさんとハウスオーナーさんが協力し合う、パートナーシップ契約? みたいなものがありまして、まぁ 面倒だなぁと思えば、別に強制ではないので見学者を受け入れなくてもいいのですけどね。
モデルハウスじゃ実感が掴めない、実際に住んでいる人に、その家の事は聞くのが一番! ってことで。

思い返せば、我家も丁度一年前のことだったんだなぁ~ と。
一年経つのは、本当にあっと言う間でした。
新居に移って、そろそろ半年近く。
ここでの暮らしにも慣れてきましたし、新しい家にもすっかり馴染みましたv

そんなこんなですっかり身軽になり、そろそろ創作の続きを… と言う所で、あれっ? と……
書きたい気持ちも、書きたい話の大まかな流れも、それなりにやる気もあるのに、キーボードを叩く手に『勢い』がつかないのです。
趣味だから無理はしないと、調子が乗らない時は乗らないんだなぁと他の事をするようにしているんですが、それがあまりに続くと、「もしかしてスランプ?」、なんて気にもなってしまいました。

今犬夜叉で書いている話は、比較的ライトな話です。
ライトな話はテンポが命。
書くときの『勢い』がモノを言います。
それが、なんだか書いていて重たくて、なんだかなぁ~となっていたところ、「一気」で違う方向に勢いがついてしまいました。

物凄く「書きたい!!」、この気持ち。

でも、こちらも書きたくて前から書いているのに……、な気持ち。
しばらく悩んだ後、「書きたい物を書きたい時に書く!!」が心情なら、今 書いちゃえっっ!! て、割り切りました。
そうして、サイトやジャンルを少し離れ、気持ちの思うままこの10日あまり勢いに任せて書き飛ばしてみました。その間に書いた文章量は、約3万文字ほど。
某所での反応もまずまずです。
こちらはサイトを作るつもりはまるでなく、書きたい時に書いて某所に投稿するスタイルで行くと決めています。
本館や別館で取り扱いジャンルとして増やす予定はありません。
今書いている話は、残り半分ほど。
来週中には終るかな? と思っています。

今度はその勢いを、本館の更新に繋げるぞ!! と考えている私なのです。
犬夜叉の更新予定は、「刀がたり-天生牙」を書いたら、次は「月華覇伝」を集中して更新してゆく予定です。
今書いている連載の勢いで、ぜひ書き上げてしまいたいと考えています。

それまで3月上旬までは、更新停滞すると思います。
次はサイト更新、という内容で日記を書きに浮上してきますね。



スポンサーサイト

2011年02月26日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

拍手返信 2月15日~25日

留守がちな本館のパチパチから、いつも拍手をありがとうございます。
またも前回の返信から、また10日ほど経ってしまいました^_^;
実はやりたい事がありすぎて、渋滞している感じを解消するために某所にてリハビリ中です。
今、手がけているものを書いてしまえば、すっとこちらにシフト変更できそうな感じ。
勢いはそのまま持ってきて、書きたい物を書きたい時に書く! で行きたいと思います。


2月18日・23日
「花妖の杜」・「やさしい嘘」・「としのはじめの」に拍手をありがとうございます。
少しずつ雰囲気の違う殺りん話ですが、根っこのところは同じですね。
切なさをふんわりと包んだような、この二人の話をこれからも書いて行きたいです。

2月19日・24日
別館「交差点」に拍手をありがとうございます♪
なかなか更新できずにいる別館ですが、夏目の三期も入ることですし今年はクロスオーバーの分と単体の分をせめて2~3本は書きたい!! と思っています。



2011年02月26日 拍手お礼2011年分 トラックバック:0 コメント:0

…一気って、コワイ ^_^;

結局、末っ子君はこの三連休+1日でほぼ復調し、今日から登校。
症状的には、インフルでもノロでもなく、ただの風邪だったみたいです。
その間、末っ子君に付き合って、いつもに倍してTVを見ていました。

下の記事で書いたように、この三日間はスカパーの開放日。
我家は未契約なので、普段見られない番組を次々に見られるのは体調を崩した末っ子君にはラッキーでした。
犬映画の3弾・4弾とも無事視聴できましたv
スカパーって、BSと違って雪の影響は受けないみたいですね?
こちらでも結構、積もりはしなくても大雪だったのですが。

そして、今日の日記タイトルの「一気ってコワイ」なんですが……
前々からチラチラ見ていて、「あ~、円堂くんv 可愛いなぁvvv」なんてショタ心を擽られていたんですが、やっぱりちゃんと最初から見ると、それはそれなりに「ハマ」りますね!
この「ハマ」り方は、私が犬夜叉にハマった時とちょっと似ています。

ただ犬夜叉の方は、最初から見たくて仕方なかったのに非オタなダンナの手前色々ありまして、辛抱たまらなくなって制約を強行突破、放送開始からすでに1年半たってからの視聴開始でした。
それをきっかけに単行本は大人買いし、見損なった分はレンタルで追いかけ、追いついた時点で週刊誌購入も開始。半年後にはサイト開設、とそこまで一気に突っ走りました。
いや~、なんというか……^_^;

「イナイレ」はあくまでも、TVアニメ限定って感じです。
正直な事を言えば、視聴そのものは1年以上前から何気に見てはいたんですけどね(汗)
でも、それぞれのゲーム設定でシリーズが別れていて、それによって主役とチームを組むメンバーも変わるし設定も変わるで、イマイチ理解できなかったり。
そんな感じだったのですが、それでも1期分に関しては物語や登場人物の相関図的なものが把握できたので、まぁ、悪い虫がウズウズと(笑)
ちょこと書けば収まりそうな虫なんで、別館を作るとか何かをするつもりは一切ありません。
たま~に、某所に投稿するくらい?

本館や別館「交差点」で扱っているものと、傾向がまるで違いすぎますからね!
さすがに一緒にはできません。
浮気とも違うし、そろそろ春先の木の芽時なだけに、そんな気分なのかも知れません。

2011年02月15日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

拍手返信 2月8日~14日分

更新停滞中にもかかわらず、いつも拍手をありがとうございます!!
ぼちぼちと復調しつつありますが、なかなか以前のようなスピードに戻れないでいます。
やりたい事がありすぎて、渋滞している感じ^_^;
ひとつひとつ形にして、すっきり流れるようにしたいなぁと思う今日この頃です。

2月10日
「Summer Vacation」に拍手をありがとうございます。
現代版パラレルです。たまにはこんな風なライト話も書いてみたくなります♪

2月11日
「あさきゆめみし2」・「雪の宿」・「夜鳴鶯」に拍手をありがとうございます。
それぞれに異なる殺りん話3種、楽しんでいただけたでしょうか?
「あさき2」には実は続きがあるのですが、いったい何時になったら形になるのかなぁ~ と遠い目でいる私です(苦笑)

2月12日
「お題18. 振り返れば、なぜ視線がぶつかるのか」に拍手をありがとうございますv
そーなんですよねぇ、殺ファミリーには、もう一人家族が増える予定なんですけど… ^_^;
いつか書きますねv

2月13日
「野の花は」に拍手をありがとうございます。
私が書いた殺りんSSの中でも2番目に古いお話です。
一通り書いた感のある今、初心に返ってこういう原作沿いの「あやかしと人の子」と言う感じのお話しを書きたいなぁと気持ちが湧いています。

本当にいつも見てくださってありがとうございます!!

2011年02月15日 拍手お礼2011年分 トラックバック:0 コメント:0

イナイレ三昧

この三連休はスカパーの開放日。
朝からずっと体調の優れない末っ子君にご指名で、リビングで膝枕しています。

で、気分を紛らわせるのに付けているキッズステーションでは、「イナズマイレブン」の1話~26話まで一挙放送中。

…はい、見てました^_^;
というか、ここ1年くらいはレギュラー番組として視聴していたりします。
私のご贔屓キャラは、主人公の円堂守君v
いいなぁ、あーゆー下町っ子熱血ショタキャラ♪
4月から、主役交代になるのがちょっと寂しかったりします。

お天気も悪いし、出かけるのも億劫だし、末っ子君は体調不良だしで、三連休はずっとTVを見ていそうな予感。
今日は夕方になれば、見たいものが重なっているしで、いつもの退屈な金曜日とは思えないほどのラインナップ。
明日は明日で、「天下覇道の剣」が入っているしvvv

気がかりは、明日のお天気。
雪の降る日は、BSやスカパーの映りが悪くなるので、雨風吹いても大雪にはならないで欲しいなぁと思っています。

う~ん、そのうち「ひかりTV]の導入も考えてみようかな?

2011年02月11日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

拍手返信 1月21日~2月7日分まで ^_^;

オフのあれこれでネット落ちしていたにもかかわらず、沢山の拍手やコメント・メール、本当にありがとうございました!!
うずうずする気持ちを抑えて、オフを頑張った甲斐がありました!
お返事が遅くなってしまいましたが、嬉しい気持ちいっぱいでお返事させていただきますねv
返信不要と言葉を添えていただいたコメントも、本当にお返事した気持ちであわあわしているのですが、そのお心遣いをありがたく受け取らせて頂きましたvvv

1月21日・2月2日・6日
別館「交差点」へ拍手をありがとうございます。
こちらの作品、特に夏目友人帳とのクロスオーバーは春先から夏前辺りの季節になると、無性に書きたくなります。今年前半で、何か1本は形にしたい気持ちです。

1月21日
「花妖の杜」・「月華覇伝」に拍手をありがとうございます。

1月22日
「奇縁3」・「奇縁4」・「奇縁5」に拍手をありがとうございます。

1月25日
「その後で殺したい」に拍手をありがとうございます。

1月28日
「やさしい嘘」・「Summer Vacation」に拍手をありがとうございます。

1月31日
「月光浴」に拍手をありがとうございます。

こんにちは、にあにさんv
リンクの連絡ありがとうございました。
こちらからもリンクを張らせていただきましたので、どうぞヨロシクお願いいたします♪
にあにさんの闘牙王に感化され(笑)、前々から考えていたのですが、カオス気味のサイト内のテキストを登場人物や時系列で並べられたらと思っていたこともあって、まず完結済みでまとまりの良い闘牙王メインのテキストをピクに上げて行く事にしました。
少しでも闘牙王ファンの発掘に繋がればいいなぁと思っていますv

2月2日
「やさしい嘘」・「サクラ サク」に拍手をありがとうございます。

2月3日
「花妖の杜」に拍手をありがとうございます。

2月4日
「Summer Vacation」に拍手をありがとうございます。

2月5日
「日高川」・「奇縁7」に拍手をありがとうございます。

こんにちはリリコさんv
メール、ありがとうございました(^^♪
直ぐにでも返信をお送りしたいところなのですが、リリコさんに見てもらえたらなぁと思うものを書いている途中なので、これが上がり次第完結した「変化」の感想と一緒に送らせていただきますvvv

今後の目処も立ちましたので、これからはあまりネット落ちせずに済みそうです。
書きかけのものをまず、形にしたいのでせっせと書いてゆきますね!!




2011年02月08日 拍手お礼2011年分 トラックバック:0 コメント:0

入試と入稿とWHFと合格通知

しばらくネット落ちしていましたが、どうやらオフの諸案件も片付きつつあり、少し早いのですがネットに浮上してきました。
我家的臨戦態勢も、残すは明日の公立高校の推薦入試を受けるところまで来ました。
推薦入試は、面接と作文。
長女に言わせれば、今更何をどうしようもないからv とかなり余裕な感じ。
今はせっせと返却期限が迫っている図書館から借りたラノベを読み込んでいます。

私の方も4日が実は広報紙の入稿でして、ギリギリまでバタバタしていました。
ついでに4日は長女の私立受験。
朝は5時半に起きてお弁当を作り、送り出しました。
その結果が、今日出まして無事選択コースでの合格♪
……まぁ、このコースの合格ラインに達して無くても、一般の合格ラインの得点であれば振り替え合格扱いになるので、大丈夫だろうなぁとは思っていました。

それでも、まだ結果が出ていないにも関わらず、昨日は思いっきりYahooドームで遊んできました☆彡
毎年二月第1週目の日曜日は、WHF♪
今年で、もう7回目になりました。
お天気も穏やかな温かさで、お昼前に着くように時間を調節したので、並ぶ事もなくスムーズに入場。
そう言えば、朝からの入場じゃなかったからかも知れませんが、手荷物検査も金属検査も無しのフリーパス状態での入場でした。

サンデーブースでのメインゲストは、高山みなみさんv
今年はもう一人スペシャルゲストである小山力也さんが来福していまして、お二人の楽しいトークで大盛り上がりでした。
特に最後のサイン入りポスター獲得大ジャンケン大会は、みなみちゃんがジャンケンが強すぎてチャンジャーが全滅する場面も!!
勿論、今年はちゃんと会場でコナン映画の前売り券をGET。
去年は会場でチケットを購入しなかったので、ポスターとクリアファイルは手元にないんですね。
なんで、去年の今頃は
「今年は、コナン映画はパスでいいかな?」
なんて思っちゃったんだろう^_^;
結局、見に行きたくなって近くのコンビニで前売り券を買うハメになったのに。
見た作品は数年ぶりの良作映画だった訳で、本当に後悔する事しきりです。

あ、で。
私のネット落ちの理由に、長女の受験期間中だからね~ と当の本人の前で言ったら、そんな理由でネット落ちする必要ないよと、軽く言われてしまいました(苦笑)
本人曰く、受験勉強とオタクライフを満喫しているんだから、それを理由にして欲しくないなぁ、と。
確かに、それだけが全面的な理由じゃないですしね。
むしろ、入試日と同じだった入稿の方がウェイトが重かったりするんで。

今回作成の記事は、アンケート結果を元にグラフを作成して、それからの分析メインの記事を作っていました。
委員皆で集計を手伝ってもらったので、これでグラフを作れば記事が書ける!! と喜んだのもつかの間、その主計データで作ったグラフだと、肝心の内容が見えないグラフしか作れませんでした。
目的のグラフを作るために、もう一度要素別に集計する必要が出てきて、それを一人でチマチマとやるところから始まったネット落ちだったりします。

グラフも集計も作っては、欲しい内容が見えなければまた作り直し。
そんな事を2~3回繰り返し、ようやく出来たグラフを今度は記事の文面の中に挿入するのに頭を抱えてしまって……
紙面スペースに対してグラフの数が多いのと、グラフそのものの大きさが合わないのとで、う~んう~んと悩む事さらに3日ほど。
印刷業者さんにまるっとお願いしてしまおう!! と割り切ったのが入稿の2日前。
そんなこんなの入稿も終わり、ゲラが上がるまでこちらからすることもなし。

なので、今週からばりばりネット復帰です♪
ネット落ち中にも関わらず、沢山の拍手やコメント・メールを頂きました、
ありがとう御座います!!
めちゃくちゃ、嬉しいです!!!
頂いたメール・コメントへのお返事は明日にでもさせて頂きますねv
そうして、書きかけの天生牙の話も勢いを付けて今週中には書き上げてしまいたいです(^^♪

とりあえず、出だしはこんな感じです。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 ―――― 私は、今は亡き大妖の牙から生まれた。

 生まれたといっても、今あるこの姿ではなかった。
 豪快な気性と、大らかでも燃え盛る激情の持ち主に良く似た幅広な刃の大太刀、鉄砕牙の内に、大妖の想いとともに未だ形にならぬものとしてであった。


  * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


「ったく、無茶させやがってよぉ。ワシが精魂込めて鍛えた鉄砕牙が内から砕けちまったら、打ち直しも出来ねぇーんだぞっっ!!」

 私が私として意識を持った最初に聞いたのは、そんな言葉。

「いいか、闘牙! 鉄砕牙は斬る刀、この世にある敵と見なすものをまとめて切り捨てるのが本質だ。その鉄砕牙に、死んだものの命を繋ぐ力を持たせるなんて、内で相反する力が限界超える直前だったんだぞ!!」

 そう言いながら、先ほどからうるさくまくし立てている者が、私と対になるものをその痩せさらばえた腕に抱き寄せた。骨と皮のようなその腕からは、見かけに似合わぬ力強さを感じた。

「そう怒るな、刀々斉。俺もまさか、鉄砕牙がそんな風に変化するとは思わなかったのだ」

 その声は、私の主であり私自身でもある大妖のもの。

「言ったはずだぞ、闘牙。鉄砕牙は打ち負かした相手の力を己のものにする。お前がワシにこの鉄砕牙を打たせたのは、あの人間の姫様を守り、やがて生まれ来る半妖の赤子の為のものだろう。お前の仔であっても半妖であらば、その妖力はとうてい高位の妖怪には及ばない。それを補わせるためのもの」
「ああ、そうだ」
「そして、妖怪だろうが人間や他の畜生だろうが、生まれたら死ぬのが定め。それを判っていながら、なぜこんな「この世のもの」ではない力まで持たせた!?」

 そう、この古からの刀鍛冶の言う「この世のもの」ではない力を納めるために、私は本体である鉄砕牙から打ち分けられたのだ。

「……俺が、望んだからだ。いや、俺だって天の理は弁えている。死ねねばならぬ者まで、現世に引き留めようとは思わぬ。だがこの世には、死ねぬともよい者が不慮の死を迎えることがある。そのような者達を救うことは、間違っているのだろうか?」

 真摯な響きのその声。
 ああ、その深い想い故に、今私はここに「存在」るのだ。
 刀鍛冶の手が、私たちを大妖に手に託す。

「ふん。どーせワシが何を言っても、お前はやりたいようにしかやらん奴だからな。一振りで百の敵を斬り伏せる鉄砕牙、一振りで百の命をこの世に繋ぐ天生牙。確かに、お前に渡したからな」
「無理を言って済まなかったな、刀々斉」
「いや、まぁ、いいさね。久々にワシも良い仕事が出来たしなぁ。どうだ? 一杯付き合え」

 そう言いながら刀々斉の手は、大振りの椀二つに並々と酒を注いでいた。
 闘牙はそれを美味そうに一気に呷り、同じく椀の中の酒を飲み干した刀々斉に返杯で酒を注ぐ。

「……しかし、半妖の赤子にお前の牙から打ち出した刀を二口とは、殺生丸が聞いたらその赤子、殺されかねんな」
「いや、この二口はそれぞれの息子に渡すつもりだ」
「それぞれに? でも、それじゃ……」
「ああ。鉄砕牙は十六夜の子に。天生牙は殺生丸に」

 そう聞いて、刀々斉は飲んでいた酒をぶっっと吹き出した。

「あの殺生丸に斬れない刀である天生牙をかっ!? よけい頭に来るんじゃねぇーのか? あいつなら」
「殺生丸は俺と奥との間に生まれた、生粋の大妖怪だ。親の力なぞ、生まれた時からとうに超えている。鉄砕牙の力は、あいつには余計なものだ」
「だからといって、慈悲の心無くば使えぬ天生牙を、殺生丸にかぁ…。あの冷血漢にゃ、無用の長物じゃねぇの」
「親の期待に水を差すな、刀々斉。あれも俺の仔、きっと判る日が来る。天生牙を使いこなせる日が」
「……来るといいな、そんな日が」

 刀鍛冶のその呟きに、私は内心そっと冷や汗を流した。
 私の主となる方の名は、殺生丸様。

 ……なにやら、性格に難のある方であるようだ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

とまぁ、こんな感じ。
この後から、だんだんギャグ風味が強くなる予定です(笑)

2011年02月07日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

| 気分は日曜日TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。