スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

びょ、病気が~

月初めのSS差し替えも無事終わり、お届け物も着信報告をいただきましたv
さて次の創作にかかろうかと思いつつ、サイト内をまたも見回して少し前に言っていた別館の処理をしようかなぁ~、なんて気持ちになったのが…

さくっと、ブログデーターを削除すれば簡単な話のですが、折角打ち込んだテキストがもったいないかな? なんて気持ちが顔を出しちゃいまして。
WEBからは下ろすにしても、一応ローカルサイト形式で保存しておこうかななんて思ったのが、病気の再発。またもHPテンプレサイト様巡り。
あれこれ見て回って、一応候補を2つばかりピックアップ。やり始めたらこの分は早いと思います。

で…、また、ね。

実は「隠し」の扱いにも関係してくるのですが、テキストの案内をもっと判りやすいものにしようかなと。サイト内で展開している話がかなりの確立でシリーズ展開しているんですよね。
今は犬一行メインと殺りんメインで、それから隠しと拍手SS・キリリクでテキストを分けているのですが、これを話の関連性のあるテキストで並べ替えてみようかなぁ、って。

判りやすい例だと、狂夜編と艶笑小話編と薄闇編。この辺りに入れている話は、「あのね」を発端に選択肢を狂夜(現代版)編へ続く流れと、艶笑小話&拍手SSへ続く流れに分かれるんですね。これを時系列別に並べた方が、読みやすいし。
その際、あちらこちらに移動するのは不便ですよね? それで、今隠しに置いてある作品の何本かを、もしくはほんの一部だけ隠しに残してもうレイティング・マークだけつけて表に出そうかなと。

正直、あそこにおいてあるもので流石にこれは自分でも「隠し」だろうと思うのは、「月の光」と「業」くらいなものなんです。確かに、我が家の殺りんは現行設定での一線超えではありますが、だからと言って幼女性愛を賛美してる訳でも推奨している訳でもないし、具体的な描写はない。ある意味寂しい事ですが、アニメ放送が終了して3年余り、原作も終盤間近。今でもこうして犬夜叉のサイトを訪ねて下さるのは、とても落ち着いた犬夜叉ファンの方だろうと思うのです。流行り廃りの早いファンサイト閲覧者には、すでに終わったジャンル。いろんな理由を考えてみてもレイティングで引っかかりそうな年齢の閲覧者がそう沢山来ているとは思えないというのもあります。

二次創作の管理人の妄想が主なので、一般的な犬夜叉ファンの方が目にしたら眉を顰める可能性もあります。その時には注意書きをもう少し個々の作品別に入れようと思います。
今でさえ、あんなぬるめな隠し。もともとあまり隠したくないと言う気持ちもあり、しかし昨今の青少年健全~の風潮からすれば、逆行するかとも思い色々考えていました。

幸いな事に、今までその手の作品でクレームめいたコメントを頂いたのは実は1件だけだったりします。それも、もう3年前ほどの事。あの頃から比べれば、ジャンル的にもずっと落ち着いた感じになってますし、全体の流れを見た場合、その方が閲覧者の方にはいいかなと思っているのです。

そんな感じでサイト内の表示変更はありと、今は考えています。



2007年12月04日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

<< 2008.1号サンデー感想 第533話「玉の気配」 | 気分は日曜日TOP | 2007.11月26日~12月4日(午前中まで) >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。