スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

犬夜叉感想 539話「捕らえる」&サンデー9号感想

今週も色々ありな一週間v
一言感想は、二度でお終い? ほ~ん~と~に?
な、疑り深いイヤな大人目線でつい物語を見てしまいました。

これ以上はネタバレになりますので、いつものように続きにポン。

ちょこっとオフの話。
今日、午前中に洗濯機の入れ替えをしました。
ドラム式ではないのですが(スペース的に入らないため^_^;)、一応乾燥機付きの機種。
完全に乾燥させるタイプは乾燥時間が3時間~6時間かかるとあって、うわっ電気代が!! と二の足踏んだら、説明してくれた係の人が「こちらの風乾燥タイプでしたら、そんなに時間はかかりませんよ」と。

もちろんこのタイプは完全に乾燥させる事は出来ないタイプ。
乾燥時間を短くする為に、脱水後風圧で洗濯物の水分をメーカー比3~4割飛ばすという仕組み。
こちらは比較的雨の^_^; 少ない地域です。
それでも冬場や梅雨時など日差しが少なかったりすると、乾きが悪くなります。
外に(あるいは室内干しでも)干せない訳ではないので、ならこれくらいの機能でいいねv てことで決めた機種。

今まで使っていた洗濯機も、使えない訳じゃないのです。
ただ、脱水のたびにエラー音で呼び出されてしまうようになってしまって…。
ちっとも「全自動洗濯機」にならなくなった、って事。
8年超えのシロモノなので、そろそろ良いかなって。
そんなこんなで、午前中がバタついてしまいました。

そして今度の日曜日には、恒例のWHFに行ってきます。
いつもは昼近くに一波落ち着いた頃に着くように出かけるのですが、今回はサイン会の集合時間があるので、9時には着いてないといけません。
余裕を見て、幼稚園児込みで7時半に家を出ることになりそうです。
我が家のアッシーは当てにしちゃダメだろうなぁ…。
車なら30分くらいなんだけど、私の運転じゃ(マイカー手放してからはお抱え運転手つき(笑)の生活)きっと子どもたちが怯えるだろうし。
お天気が良い事と、余り寒くない事を祈っています。





まずは犬夜叉感想v
犬君のかごちゃんへの誓いの言葉が、曲霊の呪縛を解く切り札でした。
その成り行きを冷静に見ている殺兄が、この上も無く頼もしく見えて…v
今週の展開は、割と想定内。
想定内過ぎて、ついウラを探りたくなる物事を斜めに見てしまう大人です。

曲霊はこれで二度、殺兄に切り捨てられて滅された訳ですが
本当にもうこれっぽっちも曲霊はこの世に残ってないのでしょうか?
いえ、かごちゃんの曲霊の呪縛が解けた様子を見てもそうなのかもしれないけど…、その前に曲霊はどうやってかごちゃんの霊力を封印したのかな? と。
あの一睨みで?
でもその前に、瞳子さんに言われた謎の言葉がありますよね?

つまりかごちゃんは、曲霊に霊力を封印される前から「本来の力」が覚醒してない状態だって。

そこが気になるのです。
このままかごちゃんの霊力がフルパワーになっているとしたら、この闘いはあっさりと片付いてしまいそうで。
しかしそうなると、なんだか物足りないような気がしてしまうんですよね。
いえいえ留美子先生の事ですから、そう見せかけて何か大きなどんでん返しをかましてくれるんじゃないかなと期待しています。

あ~、でも今週も殺兄の表情の良さに惚れ惚れしてしまいましたv

今週はこのまま、サンデー感想も。

先週は「ワイルドライフ」が、来週は「あいこら」が最終回。
連載ラインナップ的にちょっと寂しさを感じる今日この頃。その前に「ガッシュ」や「兄ふん」の最終回も入りましたし…。

最近の新連載を見てみると、面白い事に系統が大きく二つに分かれるようなんですよね。
一つは原作・作画が分業のタイプと昔ながらの一人でストーリー・作画をこなすタイプと。
私の主観では後者の方が少年読者にターゲットを合わせた作風で、前者は…ねv
どちらも甲乙つけがたいのですが、なぜか気持ち的にプッシュしたくなるのが後者のタイプに偏りがちなのは、私が「少年マンガ」好きだからかもしれません。

技術的に見ればまだまだ未完成な作画なのに、マンガとして見た時の面白さで応援している作品も何本もありますし。
原作付きのものも文字で読む場合はそう感じなくても、作画された時にネームとして読まされる専門的な内容がややマイナスに働く場合もありそうだなと感じてみたり。

連載2年以上の作品は、それこそ安心して楽しめるものばかり。
この春からの「絶チル」アニメも楽しみだしvvv
金剛番長のありえないほどの漢気もポイント高し、お茶にごのちょっと変わった(?)ハイスクールライフも一種の癒し♪
黒の組織がらみになりそうな予感がするコナン君も期待してますし、ハヤテに関しても我が道行ってください、ってもんで。同じく我が道派はメジャーもそうですね。
結界師も安定飛行ですね。残念な事にこちらでは昨年秋以降の放送が入ってないんですが^_^;

それと読み切りマンガのレベルの高さも嬉しいですv
今週は先週・先々週の読み切り作品はメジャーな執筆陣、今週は私が知らないだけだと思いうのですが新人なのかな? と。
画面の処理は荒いような気がしますが、作品世界というか雰囲気は物凄く好みでした!
パターン的には良くある種類の話かもしれません、それをその作者の「色」で読ませる事が出来るのがプロなんだなぁと思うのです。
今年もサンデーで大いに楽しもうと思います(^^♪

2008年01月30日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:2

<< 2008.1月27日~2月2日分 | 気分は日曜日TOP | チャットのお知らせv >>

サンデーの今週の読み切りは以前に本誌に掲載されたものだったのですね。
スーパーとかに掲載された読み切りを本誌に持ってきてその後、連載化させるとか、あるいは今ブームの「ハヤテ」のように読み切り作品の反応が良かったので、その読み切り分を連載の初回としてもう一度掲載、と言う事もやってますから過去の作品の掘り起こしもありかもしれません。

編集方針もあったのか、留美子先生・剛昌先生・あだち先生・満田先生などのベテラン勢と新人クラスの先生方との間を繋ぐ中堅クラスの先生方の層が薄くなって、バランスの良くない状態が少し前まで顕著だったように思います。

実際作品の連載歴を見ると、4年以上で線引きをすれば「犬夜叉」・「コナン」・「メジャー」・「ケンイチ」の4作品だけという偏りがあるのです。
ゆっくり時間をかけて中堅クラスを目指せる作家を育てるために、一度振るい落とされた人材からの掘り起こしを考えているのかもとも思えますね。

今、流行っているものを小奇麗に纏める作家ではなく、「オリジナリティ」を持っている作家を、と言う事かもしれません。
昨秋に編集長が替わったと言う事ですので、これから色んなところで変革が起きてくるかもです。
これからも一緒に雑誌としてのサンデーも応援してゆきましょうねv

2008年02月04日 杜 URL 編集

始めまして、りーと申します。おもに犬夜叉感想を読ませてもらってます。
今週の読みきりは前にほぼ同じ状態のものを見た憶えがあります。画面の粗さは前はなかった気がするのでわざとだと思っています。好きな作品だっだのでまた逢えて嬉しいのですが、過去の作品を掘り起こさなければならないほど、サンデーはきゅうしているのかとも思いました。
長文失礼しました。これからも読ませて頂きます。

2008年02月02日 りー URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。