スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

犬夜叉第540話「よみがえった光」

ひゃっほ~~~vvvvv
今週は犬かご&殺りんファン的にはなかなか美味しい振りでした!
ネタバレ含む、ですので続きは追記に入れておきます。

さて、一昨日・昨日とで幼稚園での委員の仕事が一応全て終了しました。
残すは今月末の役員・委員さん方との打ち上げくらい。
それでも卒業・卒園前でなにかと出ごとの増える季節になりました。
でも、この大山を越えれば今までよりも有効な時間の使い方が出来るようになります。
さぁ、もう一頑張りです!

一頑張りと言えば、またもビョーキのサイト改装なのですが…^_^;
ようやく基本のテンプレートが完成しました。
まだ一からサイトをデザインするには力不足なので、DLしてきた配布テンプレートを元にカスタマイズ。
携帯閲覧やブラウザによる不具合を回避する為に、初心に戻って「ノーフレーム」のデザインを採用しました。
ついでにジャパスクリプトも使用は出来るだけ控えて、シンプルを目指しています。
文章を読む時は基本の壁紙以外は目障りにならないように、目立たないようにフッターにリンクを仕込む他は何も置かないようにします。
目次も今のように何枚にも分けずに、殺りん系と犬一行系、それからキリリク関係の3ページに纏めます。

で、最後までどうしようかと考えていたのが隠しに置いている作品。
これは今までと展示法を変えようと考えています。





今週は久々に、おもいっきり「犬かご」シーン!!

犬君、良い顔してたしかごちゃんも美人さんv
今週は「表情」で見せる回ですね(^^♪

かごちゃんに浄化の力が戻り、犬君は変化が解けます。
優しい、大人びた表情でした。
しかし笑ったのが、その次の殺兄連続3コマ。
うんv 奈落もなりふり構ってないけど、殺兄もじゅーぶんなりふり構ってないですよ(笑)
かごちゃんのお陰で、ようやく愛しいりんちゃんの匂いを察知する事ができたんだもんねv

今回は殿も凛々しいお顔をしてましたねぇ。
今までで一番「男らしい」表情のようにも見えたのですが。
まぁ、見ようによっては「絶チル」の京介風にも見えなくはない、と。
まだ、色々仕掛けてきそうですね。

来週は、弥勒様の進退がどう決まるか!? でしょうか。
今週と、先週の感想をもう少し掘り下げて、「叫ぶ会」の感想掲示板に後で投稿しておきます。
あちらも、いろいろ手を加えたいのですが…^_^;
無理せず、ぼちぼちと書き足してゆきます。


それから、上のサイト改装の話の続き、隠し部屋の件です。
勿論今現在もきっちり検索避けをしているのと、アダルト系の単語で引っかかるような言葉を避けているので隠しの入り口経由の閲覧者のみ。
問題は無いかなぁとも思えるのですが、私が時々遊びに行くオリジナルと版権モノを扱っているサイトさんでの対応を見ると、それではやはり甘いな、と実感したのです。
そこはオリジナルでロリ系の作品もWEBに上げていたのですが、それを全てWEBから下げていました。まぁ、男性向けと言う内容であったのも、その判断につながったのでしょう。

振り返って見て、自分の所は… と考えると、隠しに置いているものは決して男性向けを意識したものではありません。
ありませんが、如何せん対象がりんちゃんなので十分ロリ系範囲。
私自身殺りんはロリと思ってないのですが、周りはそうは見ないでしょう。
そのサイトさんも対象が成人であればそのまま掲載していましたので、それだけに「幼年者」はアウトなんだな、と。

またそこの版権モノでその手のモノを見た時の感覚的な拒否感を、私も誰かに与えてしまうかも…、と考えました。
それでサイトの改装が終わり差替えをする際に、隠し部屋はブログを使った「パス制」に変更します。
パス制と言っても、ご存知の方はご存知だと思うのですが、我が家の隠しにおいてあるモノは対象者が幼年者でなければ、描写的にはそう扇情的でも過激なものでもありません。
メールでの問い合わせをするほどのアレさはないと自分では思っていますので、きちんとサイトから入り口を見つけ、そこに書いてある事を理解していただけたらそれがパスワードになるように設定します。
WEB状況も日に日に変わって行きます。

自分が活動しやすく、なお見てくださる方の気持ちをある程度汲めるようなサイト運営を心がけたいと思います。

2008年02月06日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:0

<< 色々進捗状況 | 気分は日曜日TOP | 2月3日~5日分 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。