スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

今日は無理だった^_^;

明日はサンデー購読&感想を書こうと思っています。
なので、どうにかして今日中に「覇伝4」をUP出来ないかなと、時間を詰めて書いていたのですが、今現在の進捗状況は予定の5分の3。
1話1万文字と大よその文章量を設定しているので6000文字を超えたところです。

残りは4000文字くらい。
出来るか、明日?
気持ちとしては、サンデー感想よりこちらがやや優先?
原作の展開しだいなところが大きいので、断言できないのがなんともです。
が、今週の展開はそう大きな変化はないと聞いてますので、少し時間が取れるかな。

オンもオフも心持ち詰め詰め感覚でやってゆかないと、あれこれ取りこぼしそうな今日この頃。
サイトのリニュも一気にスピードアップさせたいし、書きたいものや整理してサイト内に納めてしまいたい企画物もあります。
リンクページの更新もv
もう完全に閉鎖してしまったサイト様を削除し、新たにお迎えしたいサイト様を紹介したいと思ってます。





サイトのリニュに手をつけたのは、新年早々のチャットの話題の内容で自サイトの在り様を客観的に見た結果なんですね。
それで一括して「刷新」したくて、どの作業も全部平行してやっているんです。
ある意味、半分潜るような仕様でサイトのリニュを進めています。

二次だし、置いてるものが置いてるものだし^_^;
もちろん「二次」だからって、「なんでもあり」とは思ってないです。
「二次=妄想・捏造・100%別物」じゃ、オリジナルだしね。
そこまで行くなら、「二次」の看板を外してオリジナルに転向したほうが自由度は高いと思っています。
実際、殆ど稼動させる時間がなくて更新停止させてますがオリジナルサイトも持ってます。
だけど、「二次」で書きたいお話の方向と、オリジナルで書きたい話の方向は違うんですよね。

私に取っての「二次」は、その原作のそのキャラと世界観が好きだからこそ自分ならこう動かしてみたい! って言うのが創作の原動力。
一般的なファンからみれば、まさしく上であげた「妄想・捏造・100%別物」と取られても仕方のない事、ファンの気持ちを傷つけてしまう事をやっているかもしれない「痛い奴」。
著作権的にはグレーゾーンでお目こぼしに預かりながら遊ばせて貰っているという認識もあります。
そんな「痛さ」を自覚しつつ、この趣味に嵌まっている救いがたい奴なので原作者と原作と版権元に敬意を払うのは自分の中では当然な感覚です。

今まではその辺りが「甘かった」んですね。
敬意を払っているから原作のイメージを損なうような二次創作はしないから、と言うのはあくまでもこちらの言い分で、「二次」の時点で全てOUT!!
ならできるだけきちんとした住み分けと、さらなる自覚と覚悟をもってこの趣味を続けようと思ったわけです。
そんな風に思うあたりで、もうどれだけ痛いんだ~! って話なんですけど^_^;

サイトリニュにあたって導入した事。
サイト全体の検索避けと作品内容によってのセルフ・レーティングタグの挿入。
私、検索避けってかなり誤解していた部分があったんですね。
どんなに検索避けしていてもWEBに上げた段階で、どこかで関係者の目に触れる可能性はあると思っています。
だからたとえ触れたとしても、関係者がいやな気持ちになるような創作をしないと心がけていれば…。
これが一番大きな甘えでした。

その気持ちの延長で自分の書く物の内容についても、あからさまな扇情的・男性向きな表現がない、「それ」を目的にした作品ではないからと、これも甘い判断でそのまま閲覧できる状態にしていたのもマズイと思うようになったのです。

書きたいものは書きたい!

でもその「書いた事」に対しての責任もきちんと負わないといけません。
今までは何かあれば作品の削除、あるいは最悪の場合サイトのの閉鎖も…、なんて事も考えていました。
だけど、その前にしておかないといけない事をしてないと気が付いたんですね。
そして「大人向け」・「パス制」というものに、偏見を抱いていた事も認めないといけないなって。
それをサイト内で打ち出すことで捏造度の高いエロ要素での集客を狙って…、と思っていました。
ごめんなさい!!

そうじゃないんですよね。
書きたいものを書きたいから、でもちゃんと「住み分け」をしておかないと同じ作品のファンを傷つけてしまうからって配慮なんですよね。
今回それをじっくりと考え、今ある「隠し部屋」をあえてテキスト・サイト関係では嫌われる傾向のある「ブログ」にする事にしました。
最初はパスのかけられる「ブログ」とCGIの使えるサーバーとで検討してみたのです。
ですが、創作のメインが「大人向け」って訳ではないのでそうそう作品量が増える見込みはなし。
無料でCGIの使えるサーバーは広告が入るのもありますが、一定期間ログインしないとアカウントが削除されたりと管理が、ね^_^;
有料サーバーも選択肢の一つでしたが、ここでのネックは私のうっかり度。
サバ代支払い忘れや遅れで、サイト消失!? な危険性が…

そんなこんなで考えて結果、FC2のブログにパスをかけるという手段にしました。
念のため、ブログのテンプレに検索避けのメタタグとレーティングタグも挿入済み。
さらに用心をかさねるなら、記事を投稿する時にも同じように本文の上にタグを入れると良いそうです。

某大型テキスト検索サイトの閲覧者アンケートでの回答。
「こんなサイトは、即バック!」での堂々1位が、ブログ・サイト。
理由を読んでみると、一番の理由がブログ自体の「重さ」。この辺りの内容は先日書いたので割愛しますが、もうブログってだけで中も見ずに回れ右しますと言う意見の多さは、逆に見てくれる人を振るい分けるにはいいのかもと。
そんな重さも我慢してくださる方に、ブログであっても少しでも見やすくなるようカスタマイズした訳です。

状況が変われば、それに対応する方も変わって行かないといけないと思うのです。
もうすでにちゃんとされている方々から見れば、遅すぎるよ! と言われてしまいそうですが、気付いてやらないより遅くても気付いた時にちゃんとやっておく方が、先々の問題を回避できると思っています。







2008年02月19日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

<< 犬夜叉感想 第542話 「飲み込まれる光」 | 気分は日曜日TOP | あっちこっちの進捗状況 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。