スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

犬夜叉感想 第543話 「消える矢」

はい、今週も犬夜叉感想行きますっっ!!
ネタバレ含む(?)なので、いつものように本文は続きにてv

昨日はサイト関連はオフ・スイッチにして、園関係の書類の打ち込みをしていました。
集中してやったので、こちらは終了。
その間に、新居探しで賃貸サイト巡り&問い合わせ。
電話&メール待ちな今日この頃です。
割とご近所でLDKが16畳余と言う物件を見つけまして、こちらの返信を首を長くして待っているところです。
新居が決まれば決まったで、今度は荷造りが大変ですね。
流石に10年以上住んでいるので、色んなものが溜まりまくり^_^;
隠匿している数少ない犬同人誌を、どうやって隠しながら新居に運びかむかが一番の問題かもしれません。






今週も見所が沢山!!
まず扉絵のりんちゃんを浮かせお姫様抱っこしている奈落の表情!
もしかしてその視線の先には、殺兄がいます?
や~い、や~いと見せびらかしてます?
そんな妄想さえ浮かぶ、今週号。

先週からの続きで、珊瑚ちゃんが投げた飛来骨でりんちゃん絶対絶命のピーンチっっ!!
奈落本体の呟きは、そのまま予想通り。
【負】の心、【陰】の想いを四魂の玉の闇の力に。
その次のシーンでのかごちゃんの表情が、ものすごっく良いです!!!
勇ましさと凛々しさが瞳に溢れていて、それが美しいvvvvvv
ここでは瞳子さんの言葉がかごちゃんを導いてます。
良く見極める=瞳の力、だから瞳子さんだったんでしょうね、ネーミング。
かごちゃん自身、瞳に力のある女の子ですから。

「信じて…」

この言葉が、全てのカギかもとまで思ってしまった今回の展開。
かごちゃんが放った矢は玉には当りませんでしたが(笑)、奈落の左腕をふっ飛ばしました。
ここで「ん?」と思ったのが、この時白夜も左腕が吹っ飛んでいるんですよね。
今まで、こんな事があったかなぁ…?
分身をどんなに壊されても、奈落本体は痛くもかゆくもなさそうだったし、珊瑚ちゃんの新生飛来骨で体を砕かれた時は、白夜はそのままだったし…。

この繋がりの強さと、白夜が呟いた『本体』って言葉がなぜか気になるのです。
まだ、なにか隠してませんか? 留美子先生v

かごちゃんの矢が奈落にダメージを与え、それが白夜にもダメージになって飛来骨が幻の奈落に当る前に、幻は消えりんちゃん落下。
落ちるりんちゃんを受け止めたのは、琥珀。

ここで殺りんファンの、「え~っっ!!」って声が聞こえてきそうです。
てか、私も「え~っっ!?」だったので。
そして、まぁ白夜が珊瑚ちゃんを言葉責めにしまくるしまくる!
珊瑚ちゃんが自分のした過ちの大きさに気付き、自責の念に駆られ、心バランスの針は『負』モードへ振り切れそう。

そこに遅刻常習犯な殺兄、登場。

怒ってます。

そりゃもうひとっ言も台詞はありませんが、あの辺りの邪気や瘴気を跳ね飛ばすほどの殺気を発しています。
珊瑚ちゃんが、「私はりんを殺すところだった」と自己申告した時の殺兄の顔。
怖いです。
静か過ぎるほどの、怒りに満ちて本当に怖い。

琥珀が命乞いをするのは良く判るけど、このシーンではちょっと動きすぎかな?
もう少し静かな命乞いの方が、場に合ってると思いました。

自分は殺生丸に引き裂かれても仕方がない事をした。
それは自分の罪として受け入れる。
だけど、弥勒様の風穴の呪縛が解けるその時まで、待って欲しい。

そう言った時の珊瑚ちゃんの涙に濡れた瞳にも、『力』がありました。
これも殺兄に取っては一つの試練。
本当に『慈』を体現できる者としての、力量を試されているのでしょう。
覚悟を決め、愛する者を救いたい一心で自分の命も顧みない珊瑚ちゃんの心に、何か感じるものがありそうな、この場面の殺兄の表情でした。

そして、犬君&かごちゃんと合流した弥勒様。
弥勒様は、自分を置いてゆけと言う。
その言葉には耳を貸さない二人。

「生きてみんなで帰る!」

この言葉を信じて、真っ直ぐ先を見据える二人の覚悟がもう、最っ高にたまらないです!!!


……本当に、最終章。
終わり間近なんだなぁと、毎回の展開にハラハラドキドキして楽しみながらも、コマの隙間や台詞の行間から感じるものがあります。
この後、殺兄は琥珀くんとりんちゃんをどうにかして奈落の結界の外に出すか、それとも自分達の側にぴったり添わせて行動するか。
ここまでりんちゃんをダシにされて、甚振られて黙っているような殺兄ではないでしょう。
この件に関しても、飛来骨を投げたのは珊瑚ちゃんであってもそう仕向けたのは、奈落。

本当にりんちゃんを殺そうとしたのは、奈落。

それに気付かないほど、兄も馬鹿じゃない。
そこまでやられて、その落とし前を他人任せにする兄でもない。
奈落本体に向かって、「光」の勢力が集結する流れになるんだろうなと思っています。





2008年02月27日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:0

<< 決まりました | 気分は日曜日TOP | どこが良いかなぁ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。