スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

カラオケと伯爵

毎回長期休暇のうちの1日は、家族でカラオケに行きますv
カラオケといっても歌うのはアニソンなのでアニカラ^_^;

昨日はそのカラオケに昼間3時間ばかり行ってきました。
だんだん手馴れてきた長女が片っ端から自分が歌いたい曲、皆で歌えそうな曲を入れ、その合間に私がまた古~いアニソンを入れ…、なカオスな予約状態。
時間がなくて歌えなかったのですがなんと! 初期の「エリア88」オリジナルアニメのMIOが歌った0Pもあったりしてびっくり!!
常に15~6曲は入れたままで、ガンガン歌いまくってきました。

アニソンのカテゴリにーにはそのアニメのキャラソンもけっこう入っているんですね。
噂の「業」のタイトルを見た時には、思わず指が動きかけましたが聞いた事がないんでそっと心の中で薄く笑って次の曲をさがしました。
今週の「ぷっすま」で映画版の「999」が問題で出されて、その時ほんのワンフレーズだけ流れた映画の挿入歌がその当時割りと好きな曲だったので、あるかなぁ~と思って検索してみたらあったりしてv

機械伯爵の時間城でリューズが歌っていた「やさしくしないで」
これを歌いながら、ああこの頃からなんて言うのかな? 「生身」の限りのある命の重みと「機械」の永遠の命の在り方の違いみたいなものに惹かれていたんだろうなって。

人間のりんちゃんを「人でない」、永遠の命を持つものに作り変えたくないって感覚は、この辺りに根っこがあるのかもしれません。

あ、で
今日の日記の「伯爵」は別にこの機械伯爵のことじゃなくって、最近また嵌まり始めたペットショップのオーナー、通称「D伯爵」の事。前シリーズ10巻分はお盆に実家の妹から譲ってもらって読み返したんですね。その完結はもう10年以上も前。
でも終り方がトルゥーエンドだったんで、もしかしたら私がマンガやアニメから離れていた間に続編が出たかもと検索をかけてみたら、ドンピシャv
現在「新Petshop of horrors」として5巻まで出ていました。
早速、近所の本屋3件はしごしてみたんですが、さすがにある意味マイナーな本なので店内在庫なし。セブンアンドワイのお世話になることにして、今日5巻まとめて注文しました。
この作品を簡単に説明すると、「D伯爵」というのは謎の中国人。中国拳法の達人で女と見まごう麗人。人間嫌いで冷淡な一面をもち、その反面とても繊細で優しかったりもする。その伯爵の店で扱うペット達は『人間』意外なら何でもあり。普通の犬猫から絶滅危惧種や霊獣・妖怪・精霊までより取り見取り♪ ペットの飼い主にはそのペットたちは擬人化して見えるという特典付き。
何か問題ありげな人間たちとペットと人間嫌いな伯爵とが織り成す不思議な短編集なんです。

ここまで嵌まると、またも突発で書きたくなったりしてるし。
いえ、「ペットショップ~」での二次じゃなく、クロスワールドで^_^;
そうするとこれもパラレルと言うか現代版(?)になるんですが、妖怪のまま現代まで生きている殺兄と転生したりんちゃんと邪見。殺兄はそれなりにうまく現代に適応して、そこそこの資産家になっていたりしてv
そんな殺兄と伯爵の「かけあい」を書いてみたいなって。


パラレルネタはあまり書かない私ですが、時にこんな風にぽん! ととても書きたくなるネタが降ってくることがあります。
自分の萌えシチュに無理にキャラを当てはめるパラレルは苦手ですが、もともとの性格を残したままのこんなお遊びならたまにはいいかなv
この作者の絵柄で殺兄を見てみたい気もするしvvv

久しぶりでいろんなタガが緩んでしまいました(笑)

下の記事の「ハミング・バード」と今日降ってわいた「ペットショップ」、突発だけど次回の更新にしようかなとマジになっています。

2008年08月29日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

<< 8月26日~31日分まで | 気分は日曜日TOP | シンギンク・バード >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。