FC2ブログ

サンデー感想 48号

先週も書いたサンデー感想v
今週もやりますよv

「名探偵コナン」
ようやく軌道修正が稼動し始めたみたいです。
以前から「黒の組織編」でサクサク話を進めて欲しい~っっ!! と思っていたのが、ここ最近のアニメ枠放送分と今週からの長編新シリーズではっきりと。
この流れで、来年の新作映画まで盛り上げてゆくのでしょうね。
今回はその序章、と言うことで感想は様子見です。

「ハヤテ」
本来のポジションに戻った感じ。
仕事の最忙繁期を乗り切ったみたいで、作画が丁寧で綺麗になったように思いました。
ちなみにここの管理人は伊澄は好きですv

「神しる」
作者自身がほんっとうに好きで好きで描いているものって、自然と人をひきつけるパワーがあるように思います。ゲーオタでも萌えオタでもないのですが、このマンガは読むと楽しいっっ!! て気持ちになります。時間限定イベントが降って来る、っていうのはなかなか笑えましたv 桂馬君の動作に(^^♪

「アーティスト」
スバルがなかなか良い! 最初はどうなるかなと思っていましたが、面白みがましてきました。

「金剛番長」
番長連がいなくても、熱いね!
マシン番長がどう出るか、ですね。

今週の1・2番は「お茶にご」と「月光条例」
なんだか読んでてすかっとするというか、もっとやれやれっっ!! って気分になります。
自立したシンデレラが生き生きとして、褒め称えられるだけのお姫様じゃなくなったのが良い!
まぁ、あの流れはちょっと爆笑問題がやっているあの番組ノリな気もしますが^_^;
みんなが一生懸命なのに、「勝ち」がないと見るやパフォーマンスに切り替えて勝負を誤魔化した、あるいは貶めた柔道部にはきっちり落し前をつけて欲しい。デビルまーくんの活躍に期待しています。


サンデー以外の感想は続きにポンv








まぁ、サンデー以外でそうそう買う雑誌、読むマンガもないのでカテゴリ的に居候させてもらいます。

立ち読みで済ませようかなと考えていた夢幻館の秋号(vol19)、結局購入しました。
一番の目的は「新Petshop」なんですが、結婚する前そろそろ少女マンガから足を洗いつつあった頃に一番読んでいたホラー・サスペンス系の雑誌に載っていた作家さんなど割りと馴染みの方が多いので、落ち着くというかなんと言うか(汗)

マンガ少年でなじみのある朝日ソノラマ発行の「眠れぬ夜の奇妙な話」や「ハロウィン」
それから、「アップルミステリー」(主婦と生活社系列の宙出版、三原順の遺作もここで発行)

少年マンガとも少女マンガとも言いがたいニッチな立ち位置な雑誌でした。
今の少女マンガ(少コミ・花夢・りぼん・なかよし・マーガレットなどなど)はもう手を出すのも恥ずかしくなってきましたし、合わないのも感じています。中には合う作品もありますが、雑誌全体で買うほどではないと言うかなんと言うか……。

では簡単にvol19の感想をv
「新Petshop」、久しぶりに妖しい雰囲気の伯爵を見た気がします。ただ、ペット達が活躍しないのが寂しいなぁ…。ペット購入者とペットの関係がちと希薄な感じなんですよね。
こちらもほんの少し、軌道修正してくれないかな?

池田さとみ先生「新外科医」、淡々と怖くて優しい内容の話を書く作家さん。派手さもないし大きな事件も起きないけど、淡々と染みてくる良作です。

久しぶりに読んだ森川久美先生、LALA以外ではなかなか読む機会がなかったのですが(…読む少女マンガを限定していたため)、相変わらずのテイストとクオリティでした。絵柄はあの頃よりふくよかな感じですが、きらきらしい顔の半分以上が瞳な絵柄より受け入れやすいです。

同じくほんっとうに久しぶりだった山田ミネコ先生。絵柄の微妙さもそのままで、それがネコ先生の味だしv やっぱり馴染みますね(^^♪ このあたりの年代の作家さんの作品は。

次の号には、曽根まさこ先生の「呪い」のシリーズの読みきりが入ります。
このシリーズも好きだったなv
依頼人の10年分の寿命を代償に、呪殺を受け負う「カイ」
人間関係がかなりシビアで面白かったです。
「なかよし」で最後に読んだのがこの曽根先生の「不思議の国の千夜一夜」でした。
人語を話す伝説の名馬、ヘンデクアトラタンがい~い性格をした馬で、主役の王子(女)との掛け合い漫才が楽しかったです。
ゲスト希望としては、佐々木淳子先生もこないかなぁ…。
WEBで「ダークグリーン」の続編を描いているから無理かな?
でも、それで言ったらネコ先生もだし。
自分の趣味丸出しで先生方を集めたら、それこそニッチすぎてカオスな雑誌になりそうです。

ざっと振り返ると、まぁやはりびみょ~なラインの雑誌と言えそうです。
物好きを自認されて方なら、目に付いた時にでもぱらぱらと見てみてはどうでしょうか?

最後にどーでもいい呟き。
懐かしい雑誌の名前を挙げていたらふとイメージがダブったのですが、高橋葉介先生の「夢幻紳士」の主人公・夢幻魔実也と絶チルの兵部京介がどことな~く似ているような(タイプが)気がするのは、気のせいでしょうか? なんとなく、あの人を食ったような感じが好きなのですがvvv




2008年10月30日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:0

<< びょーきが出そう… | 気分は日曜日TOP | 頂き物イラスト2点、UP >>












管理者にだけ公開する