スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ブログ連載「白銀の犬」全話、収容

「白銀の犬」のブログログを全部サイト内に収容しました。
収容の際に、少し修正をかけていますが校正レベルの修正なのでほとんど内容的なものは変っていません。
これで実験的に行っていたブログでのテキスト更新は終了です。

「ブログ」と言うツールが楽しくて、書きたい時に書いてWEBで発信できる手軽さにハマってあれこれやってみましたが、最終的に自分が一閲覧者として見やすいスタイルは? と振り返った時にサイトを持っているなら最初からHTMLでサイトに上げた方が見る側も見やすい、管理する方も二度手間にならずに済む、と落ち着きました。

リアルタイムで追いかける楽しさがあるブログ創作ですが、そうでない場合… つまり過去ログから見直さないといけない場合、これは本当に「見づらい!」の一言だったなと反省しています。
もともとブログはテキストサイト代わりに使うにはそのままでは見づらいレイアウトと機能なんですね。
表示の仕方や書き方でも、その差は大きく出てきます。
通常日記に挟まれた作品ではせっかく素敵な作品でも他の日常記事まで目に入って余韻もなくなってしまいます。
(HTMLで作成した作品でも、後書きでだらだらと日常の話を書かれるのを嫌がる閲覧者もいます。作品に浸りたい場合は、特にその傾向が強いようです)

そうならないようにと、作品オンリーのブログを作成してもただカテゴリー分けしただけでテキストを放り込んでゆけば、最終的に過去ログを見る時にとても苦労してしまいます。
それをどうにかならないかと、今考察ブログの方で「ブログでテキストサイトを運営する法」と言う記事を連載している次第です。
これはあくまでも「ブログでしか作品を発表しない場合、発表出来ない場合」を想定して書いています。

サイトが作れるのなら、または作れる環境にあるのなら「HTMLサイト」がファイナルアンサーのような気がします。
サイトそのものをデザインする、作成するというのは作品を書くのと同じくらい楽しいものですv
これもハマると私のように、リニュばかりしてしまい作品更新のほうが滞ってしまいますが^_^;
私の中ではサイト内コンテンツ・サイトデザインや機能まで含めて「一つの作品」、という意識なのです。

これもやりはじめるといろいろ壁があるんですけどね。
今、私の前に立ち塞がっている大きな壁は 火狐 
実に手強いです。
どーしてこれだけ言う事を聞いてくれないのかと…
インデックスページから、こちらの負け状態。どんなに調整してみても右上のサイトメニューが表示されないので、サイトメニューだけ別ページで表示できるようにリンクを張って対処しました。
いつかリベンジを果たしたいと思っています。

まっ、それはさておき、ここからは創作モードへ。
季節も季節ですので、年末から予定していた「雪の宿」のテキスト打ち込みに集中したいと思います。


2009年01月21日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

<< リアル「お茶にご」v | 気分は日曜日TOP | 1月13日~20日分まで >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。