スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

新学期

今日から新学期。
いよいよ春、本番です。

実を言えばこの春休み、終業式の時まで割りと暖かく、その後が気温が下がってしまって肌寒い日々が続いていました。
今年は国内で一番早い開花宣言を出した地域住まいですが、この寒さのおかげか週末までお花見が出来るくらいに花が残っていました。
今日は、その残った花がようやく暖かくなってきた春風に舞い散っています。
明後日・明々後日の入学式は葉桜で新入生を迎えることになりそうです。

買い物などに出歩くたびに近所の桜を撮り貯めていたので、名残の桜ということでブログに載せますねv

境内の桜

逆光なのと住宅地内にある小さな神社なので、周りの建物の影が落ちて画面が暗いのが残念!
ものすごく大きくて古い枝振りの立派な桜の木。花の中に埋もれそうな、そんな空間でした。

山桜と染井吉野

これは家の前の公園入り口にある二本の桜。左が山桜で右が染井吉野。
今では桜と言えば染井吉野ですが、150年ほど前まではいろんな種類の山桜が「桜」でした。中には樹齢2000年にもなるような古樹もあり、60年寿命説のある染井吉野よりも長寿です。
若々しい新葉と鮮やかな桜色の組み合わせが目を惹きます。

図書館への道

この画像は図書館に行く途中の並木道を撮ったものです。
春休み中はあまりお天気に恵まれず、こんなどんよりとした日が多かったです。
日差しがないので、花の色がくすんで見えるのが残念です。

こんな感じで今年の春は沢山の桜を楽しみましたv

新学期、と言う訳ではないのですが、別館で取り扱うジャンルを一つ増やす事にしました。
増やすと言っても、その題材で書くのはおそらく2本くらいなので、「観用少女」と同じ少数取り扱いって事になります。あまりに少ないのでジャンル分けするのも何なので、よろずコーナーみたいにして、作品説明で取り扱い作品名を入れようかと。

増えるのは、「夏目友人帳」です。
だってねvvv 作品中に

―――― 妖と人の子
―――― 人間は嫌いだ。儚くてすぐ死んでしまう

人と人で無いモノの繋がり、おいてゆく者とおいてゆかれる者の、「切なさ」

叙情的な世界観を背景に、妖モノが見える夏目の目を通して綴られる物語。
そんな殺りんにも共通する要素で、思わずハマってしまいました"^_^"

殺りんは言うまでもありません。
齢何百年にもなる大妖怪の殺生丸と、ただの人の子であるりんとの不思議な繋がり。
無心に慕い信じるりんと、何者にも増してそんなりんを守りたい殺生丸。
殺りんから「恋愛要素色」を抜いたら、かなり夏目とにゃんこ先生(斑)の関係に近くなるような気がします。

夏目は身寄りのいない男子高校生。
妖モノを見る力と強い妖力を持つが為に、人の輪に馴染めずにいた少年です。
その力は性格が悪く若くして亡くなった祖母レイコ譲り、レイコが少女時代暮らしていた町に引き取られた来た所から、この話は始まります。
祖母は性格の悪さからその町近郊に住んでいた妖に勝負を挑み、イビリ勝っては相手を子分に出来るよう名前を奪い、それを書き付けた書類の束が「友人帳」
「友人帳」を手に入れた者がそれに書かれた妖の名を口にし命令すれば、使役する事ができる。他の妖の上に立つ事が出来る。
祖母の遺品を受け取ってから、妖に襲われる日々の夏目。

ある日妖に追われ、注連縄を切って封印されていた何かを開放してしまいます。
それがにゃんこ先生こと、犬妖の斑(まだら)。

うんv にゃんこ先生はぶっさいくな招き猫スタイル(封印の際の依り代)なんですが、本性を現した時が殺生丸系の犬妖なんですね!
それが友人帳目当てとは言え、夏目を他の妖から守る用心棒(お助け)妖怪として、夏目の側にくっつく訳でvvv

いいんですよ~、その二人の掛け合い漫才のような遣り取りの中にある、ふとした切なさめいたものが。
「夏目友人帳」単体での二次はやりませんが(やれませんが^_^;)、クロスオーバーでそんな二組が出会ったら、どんな会話をするだろうかと、そのシーンだけ書いて見たくなっているのです。
本当に久しぶりにハマりました♪
一期放映時には視聴してなくて、噂だけは聞いていたんですね。
で、たまたま本屋に行って1巻1話だけ立ち読みして、「あ、久しぶりに読みやすい少女漫画だな」と。
TL系の漫画や話は受け付けられない性格なので、随分と少女漫画から遠ざかっていたのです。
そうじゃない作品もあるけど、性コミと揶揄される少女漫画の近況を横目で感じ、地雷は踏みたくないとスルーしているうちに、すっかり少女漫画から卒業していたのでした。

アニメ二期を視聴して、その背景描写世界観の再現率の高さなどに目は釘付け。
毎週楽しみにしていたのですが、それも先週で終りました。
終ってみると寂しくて、コミックスの収納スペースに限りがあるからと控えていたにも関わらず、既刊を纏め買い。
今日から一期の再放送も始まるしで、当分このテンションを維持しそうです。
どちらも好きな作品だから、大事に気持ちを込めてどちらの作品のファンの方に見てもらっても、違和感の少ないものになるよう頑張りたいと思います。





2009年04月06日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

<< 今月の予定みたいなもの…? | 気分は日曜日TOP | 追加3月27日分、4月1日~5日まで分 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。