スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

脱稿しましたv

次回更新予定分のクロスオーバー物「たんぽぽ、ゆれて」、脱稿しました(^^♪
今週は週末に年度初めの色々色々総会やら定例会などありまして、今年度は書記というお仕事をさせてもらうことになり、その書類作りの合間に仕上にかかっていました。

りんちゃん視点とはいえ、話のベースそのものは「夏目友人帳」で書いてます。
ていうか、りんちゃんの話を夏目視点で、と言った方が正確です。
このパートでは殺兄の出番は殆どないし、本館で扱う「殺りん物」とはやはり色合いが変わってきますね。

「夏目友人帳」と「殺りん」で書きたい! と思ったものの一部作目、みたいな感じです。
次に書く予定のにゃんこ先生と殺兄メインの話が二部作目で、二つ合わせて一つの話、みたいな。
何というか前項編という感じでもなく、長くなった時に分ける「その1」・「その2」という感じでもないんですね。

「友人帳」の中の台詞一つ一つに、私が殺りんに感じている「モノ」と共鳴する要素を感じて、それを文章にしてみたい!! と思ったのが、このSSを書きたいと思った動機なので。

3巻よりの台詞抜粋
一騒動解決して、ゲスト妖怪の帰り際のシーン。

「 ――斑さま(にゃんこ先生の事)、いっそ一緒に帰りませんか?」
「――いや、もうしばらく」

( あっという間の、その時まで )

「私は、これの傍らにいよう」

これなんですよね、私が惹かれて止まないものは。
だから殺りんのパラレルでも、その要素が無いものにはあまり食指が動きません。
殺兄が人間になったり、りんちゃんが妖怪になったりでは、私の萌えゲージが下がってしまうのです。
その代わり、今までの自分を捨てる! という、また別口のゲージは上がるんですけどね^_^;
ただし、この手は1本か2本くらいしか書けないだろうなと思っています。

もし「犬夜叉2期」が入るとしたら、前作製作のサンライズから夏目製作のブレインズ・ベースでやって欲しいくらいです。
原作を大事にした脚本といい(…一部アレなところもありますが^_^;)、季節感あふれる背景描写といい、演出の美しさといい、本当にここでやってくれたらどんなに嬉しい事かとvvv
バトルシーンをどれだけ描けるか? だけが不確定要素だけど、それ以外はもう太鼓判を押したいくらいです。
ありえない話じゃないんですよね。「ハヤテ2期」も前作製作と今期では異なってるし。

まだ夢はあきらめていません!!
だって留美子先生の新作も入るし、なにか動きがあっても良いんじゃないかなって、そう思っちゃうんですよ。このままるーみっくアニメが未完のまま終るのかな? と。
時代もアニメ情勢も変わってしまいましたが、可能性が0とは言えないような気もしますし。
何よりも、古い作品のリメイクや続編が新規で作られている流れも気になります。
この新作に、これからの動きがかかっているんじゃないかと思います。

早く来週のサンデーが読みたくて堪らない私ですvvv

でも留美子先生、今度の連載は休める時は休んでください。
タッチや背景処理の指示の出し方など、体が疲れ切ってきてはせっかくのクオリティが下がってしまいます。
正直犬夜叉連載終盤の画面の荒さに、12年間蓄積された疲れに右腕が悲鳴を上げている気がして仕方がありませんでした。
それよりも、タッチそのものが変わってしまったのかと、そちらの方も心配でした。
でも、そんな心配は無用だったようです。
予告カットのラフ画でさえ、留美子先生、来たー!! と思った私です。
これから、また楽しみが一つ増えました(^^♪

…えっと、続きはちょっとアレな画像ネタ(笑)








緊縛のポッチャマ!!


緊縛のポッチャマ

あ~、まぁ 部屋を掃除中に末っ子のおもちゃ箱の中から上娘が見つけたのですが(汗)
末っ子のごっこ遊びの中で、悪い奴に掴まって人質になっているらしいのですが、大人の腐った目には、どーしても

緊縛プレイ  にしか見えん

と、ポツリと呟いて、速攻で上娘に「ばかばかばか!!」と突っ込まれたオタな母です(大汗)

2009年04月16日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

<< 「たんぽぽ、ゆれて」(夏目友人帳+殺りんクロスオーバー)、更新しました | 気分は日曜日TOP | もう少し >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。