FC2ブログ

頂き物UP

サイトの改装&微修正も終わり、ようやくサイトの更新再開です。
改装工事に入る前に「as ice」の七緒さんより頂いたイラストをUPしました(^^♪

「ひとでないもの」という、殺生丸から外してはならない要素をヒシヒシと感じさせる美しく妖しいイラストです。
私に取って殺生丸が「妖」かそうでないかで、萌えツボが違ってくるなと実感してしまいますv
自分が「妖しいモノ萌え~vvv」なんだなって。
サイト改装の時には、どのブラウザからみてもレイアウト崩れがなかったので一旦そのままサイトUPしていた他のイラストページ。
新しくページを作るので、既存のページからコピペして作ろうとソースを開いて「うへぇ~」となってしまいました。
テキスト関係はサイトの改装をする度にページを作り変えてきたので、今現在かなり無駄の無いシンプルなソースになっています。
それに引き換えイラスト関係は、その都度レイアウト関係のソースをそのままコピペする事を繰り返してきたので、なんと言うか見事なくらいぐちゃぐちゃなソースでした。

テーブルレイアウト全盛の頃に、HP作成ソフトで作ったレイアウトソースだったので、テーブルタグが何重にも入れ子状態。
タイムスタンプを見れば、作成ソフト名の「ホームページNinja2003 for Windows Product Version 3.0.1」って入っていたり、<2006/07/05 16:02:27>って日付がはいっていたり。
基本情報のダブりもそのままで、見て一番あちゃ~と思ったのが、ちょっとしたテキストの改行一文ごとにフォントサイズ指定タグが入っていること。
古い自作イラストやオエビでの落書きも、「うがぁ~っっ!!」対象でしたが^_^;

そんなのを、ここまでがんばってすっきりしたソースでサイトv を目指したのだからと、せっせと書き直していました。
ようやく準備も終わり、いざFFFTPでサーバーUPしようとしたら……

なぜか接続できません

昨今のウィルス騒ぎが、頭を過ぎりました。
即刻、ざっとWEB上のファイルを階層ごとに幾つか目視し、それから感染確認法でレジストリやコマンドプロンプトの立ち上がりや、sqlsodbc.chmのサイズ確認。
どれも白、次はブロバイダーの障害情報を確認、障害なし。

え~、まさかまさかと、使っているセキュリティソフトとカスベル・オンラインスキャンでスキャニング。
これで3~4時間かかってしまいました。
そのどちらも、これまた白。

ここまでして、それでも接続できないなら今度はFFFTPの不具合かもと思い、もう一度パスワードを入れなおして試してみて、ダメだったらFFFTPではないソフトで接続するかと、その前にポチっとそのままの状態で接続ボタンを押してみたら、すんなり繋がりました。
何事も無かったのでほっとしましたが、最悪の場合は今長女に使わせているサブ機で更新するかとか考えていました。

このサブ機がある意味、家の中のPCの中で一番安全かつセキュリティの高いPCなので^_^;
メール設定もしていなし、ネット通販歴もなし。
アドビリーダーも入ってないし、ついでについ最近リカバリ済み。
余分なソフト一切排除した、ネサフ専用機。
長女もネサフには火狐のジャパスクオフで回っていますし。
元々は通信教育の「プラスI」の為に使わせているのですが、私の横でネサフさせているので今度のウィルスの事も知っています。
今度の件で、かなり用心深くなっています。
この用心深さを忘れないで欲しいなと思っています。

続きはセキュリティソフトの話。



サブ機をリカバリした話とも関係してくるのですが、実は原因不明な感染をしていたようなのです、このサブ機。
ウィルス情報が流れた時に直ぐ確認したのですが、その時は異常なかったのです。
各種ソフトのアップデートも済み、ネット徘徊も控え、そろそろ行きつけの安全サイトになら良いかな?と許可を出したところ、長女が

「お母さん、フラッシュプレイヤーが入ってないみたい」

あれ? 間違いなくプレイヤーの10をDLしたはずなのに…?
で、それから何度かプレイヤーを入れても入れた端から削除されてゆく。
おかしいなぁと思っていると、その次の日くらいにセキュリティーソフトのアップデートが降りた途端、今度はネットに繋がらなくなりました。
PCはネットに繋ごうとします。
一瞬、ホームに指定しているヤフーに繋がりかけるのですが、シャットダウンされます。
その他は、普通に起動し作業そのものは出来るのですが、どうしてもネットに繋がりません。

もしや…と思い、sqlsodbc.chmのサイズを調べようと思ったら、

ありませんでした、ファイルが。

やられた!! と思い、即初期化。
以前からあまり悪さしない状態で、ウィルスが潜んでいたのだろう思うんですね。
感染確認法でも、その症状に該当しない場合もありますと言ってますし。
立ち上がりがやたらと重たいのが自覚症状だったのですが、メモリが小さく(256MB)大きな壁紙を貼っていたのもあり、判らなかったのでした。

それがセキュリティソフトのアップデートであぶりだされ、セキリュティーソフトがウィルスの影響を受けそうなソフトやデバイスを片っ端から削除切断していたんじゃないかと。
ネットに繋げないんじゃ、それ以上の被害はでないですからね。

で、上でも書いたように一番何かあっても被害そのものが少ないPCだったのが幸いでした。
感染元は長女曰く、「某音楽サイトかなぁ…」と。
はっきりはしませんし、それが今流行のウィルスかどうかも判りません。
症状が、今まで見聞きしたものと随分違うからですね。

そんな訳で、リカバリ後このサブ機にはプロバイダ提携のマカフィーを入れました。
こちらの方が、まだ安全性が高いかな? と^_^;
zeroの場合は、安全性の低さを自覚してネサフしないといけないからですね。
徘徊先が物凄く限定されているとか、動画系・ゲーム系のサイトには殆ど関心がないとか。
あるいは、何かあってもそれなりに対処できるスキル持ちとか、そのどちらかに区分されるような気がします。
ネットの徘徊先もヒキ気味な私は、その前者に当るのでしょう。
まだまだ悪質化・進化形してゆくWEBウィルス。
その手の情報だけは、敏感になっておきたいと思います。

2009年06月09日 サイト更新 トラックバック:0 コメント:0

<< 5月26日~6月9日まで分 | 気分は日曜日TOP | IE8って… ^_^; >>












管理者にだけ公開する