スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

調べて、書いて、ああ楽し♪

オフのあれこれが片付くまでは、もっぱら頭の中でプロットをぐりぐりさせているだけだったお届け物。
先週の金曜日に役員の引継ぎも終わり(…もう少し、状況見なところはありますが)、土曜日新築の打ち合わせ作業も1回目は無事に済み、空けて今日月曜日。

ワクワクしながら書き出していますv
今書いているのは、ちょっと変わった構成。
全体は「交差点」仕様のクロスオーバー物、でも一部抜粋すればちゃんと犬夜叉ジャンル物になるよう、場面転換を計算して書き進めています。

WEB創作の良いところって、ちょっと気になった点などを、その場で直ぐ調べられる所です。
現在の日本にあっても、戦国時代にはないものもあります。
自然の中にある野生種のように思えても、実は近代に入ってからの帰化種だったり。
以前書いていた「花ごよみ」のシリーズも、戦国時代のキャラである殺生丸一行が花言葉を知っていたら、それはそれで奇妙な感じかも? と思い、でもその花でその花言葉をイメージして書きたい!! と、文章の中に花言葉そのものではなく同じような意味を含ませて織り込むようにしたのです。

今回書き始めに当って、

「鶯って昔から日本にいたけど、夜鳴鶯(ナイチンゲール)は流石にいないよね? それと、鶯の鳴き始めの声ってどんなもんなんだろう?」

と言う事が気になって、ちょっとググってみました。
それぞれ調べてみたら、なかなか面白い記事に行き着き、「へ~、そうなんだ!!」と
鶯の鳴き始めに関しての記事は、とてもほのぼのとしたものがい多く、調べていたこちらもほっとした心持ちにv
夜鳴鶯の方は、その名のとおり夜更けや夜明け前に美しい透明感のある声でなく幻想的で叙情的なものだとの説明。
別名、「サヨナキドリ」あるいは「墓場鳥」
う~ん、妙にこの名前が私の琴線に引っかかった訳だなぁと。

「書きたいこと」があって、それを形にするために色々調べているうちにこうして見つけた要素を盛り込んでゆく作業が好きです♪
私が物語を読む時に、そんなちょっとしたウラのある文章が好きだって事もあると思うんですけどね。
調べた事をそのまま書くのは、レポートと変わりがありません。
それをどう上手く処理して、「物語」の味付けに使うか?
ここがまた、「書く面白さ」だなぁと思うところなのです。

自分の読みたいものを書くから、書く事そのものも好きなんだと、あらためて実感しています。
ここまで来ると、「自萌え」の域にいちゃってますね^_^;
自分の読みたいものをもっと面白く書きたい!! と思うから、色んな所の文章を読んで自分の引き出しに仕舞ってゆく。
自分とはまったく違う視点で書かれた物語を読んで、「そうか! こう来るのかっっ!!」というのは、物凄いエネルギーになります。
俗に言う死にネタ系などの後味の悪い作品でも、それが自分の中に与えたインパクトの強さに惹かれるものがあれば、やはりそれも大きなエネルギー。
色んな物を読んで読んで、どこに自分が気持ちを「持って行かれたか」、それをどう自分の中に仕舞うかが、私の文章修行のような気がします。

ここ暫くは、なかなかサイトに正面向いて取り組めなかった分、この春からはゆっくりでも着実に書いて形にしてゆきたい気持ちでいっぱいです。

2010年04月19日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

<< 4月15日~18日分 | 気分は日曜日TOP | 最終話までの感想UP♪ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。