スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「奇縁6」、UP

午前中に、「奇縁6」をサイトUPしましたv
今度こそ、次の更新がラストになります。
1月9日に「奇縁1」をサイトUPしてから約半年、どうにか完結できそうです♪
話全体の文章量は、ほぼ「比翼連理」と同じくらい。
少し前に、この「奇縁」と言う話は「比翼連理」と対になるような話だなぁと書き込んだ事がありまして、今回改めてサイト内でのバランスを見た時、うん、やっぱりこれを「殺りんSS」というカテゴリーに入れておくのは、ちょっと場違いだなと思い、カテゴリーを「殺りんSS」から「妄想文庫」に移動させました。
殺生丸一行は最初と最後にしか登場しないし、補完妄想と捏造+オリキャラ塗れだし。

自分の中では、かつて闘牙王と十六夜さんのこんな出会いと関係があってこそ、殺生丸とりんちゃんとの関係も鏡写しのようになるのかなぁと思ったりもしています。
その上で、あの父を越えると言う事はどういうことになるのかな? な辺りでぎりぎり殺りん要素が含まれる、と。

殺りんメインでお話を書く事が多い私ですが、「だけ」ではなく、こーゆー「書いてみたい!!」と思えば何でも書いてしまう傾向があります。
原作の雰囲気や設定が好きで、キャラ造形や人間関係が好きで、そのくせ原作内でも明確に細かい背景は描かれていないという、二次創作し放題の美味しい原作vvv
とは言え、さすがに8年もこの一ジャンルで二次創作を続けているとつい、原作を逸脱しそうになります。それがまぁ、今回の様に大量のオリキャラの投入に繋がったりするんですね^_^;
物語を膨らませる上で必要な手駒としてのオリキャラなのですが、これが勝手に暴走し始めると、どんどんパラレル化してゆくので、あえて固有名詞無しの細かな描写(例えば髪の色や瞳の色、身長や年齢など)も無しで通しました。
なので読まれる時に、人物描写で曖昧な感じがして読みにくい部分が有るかもしれないなぁと思いながらも、昔話のおじいさんやおばあさんのような「記号」として捉えてもらえれば良いかv と割り切りました。

そろそろ次は何を書こうかと、放置中のあれこれを見ながら考えています。
次はこれを書いて完結させて欲しい! と言うご希望があれば、それを優先させたいなぁなんて考えたりもしますが、そこまで遊びに来てくださっている方に甘える訳にはいかないですねv






2010年07月12日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

<< またまた変更♪ | 気分は日曜日TOP | 7月5日~11日分まで >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。