スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

11月1日~4日分まで

日記や別館、そして本館にとたくさんの拍手をありがとうございますv
折角頂いた拍手への返信をログとして見やすいようにと、こちらのブログのテンプレートを変更してみました。
これからは、マメに返信をしてゆこうと思っています。

11月1日
「運命」に拍手をありがとうございます。
これはもう随分と前に書いた犬かご物です。大人向きな内容ですが、書きたかったのはかごちゃんの「危うい存在感」みたいなもの。
原作が終了するまで、どちらに転がるのだろうとずっと物語の追いかけてきました。
最終回でかごちゃんの笑顔を見て、安心した私ですv

11月3日
匿名希望様v
長い時間をかけてサイト内の作品全て読破との言葉に、嬉しくて舞い上がるほどです!!
本当にありがとうございます!
自己満足で、殺りんが好きで、ただただ妄想を書き続けてきたので、その気持ちが報われたような心地です。

>原作沿いの未来長編が~

はい、そうですねv
今はまだ書きかけの物がありますので、そちらが仕上がりましたら前向きに考えてみたいと思います。
犬一行物でなら、そんな位置付けの書きかけの作品があるのですが、殺りん物ではまだありません。
今まで書いてきた物を踏まえ、原作をもう一度読み込んで私なりの「それから」のお話を作ってみたいです。

「花ごよみ-さくら」に拍手をありがとうございます。
あからさまに書いてしまうと生々しくなりますので、あえて暗喩で書いてみました。
イメージ的には「たけくらべ」の美登利のようなを意識して、りんちゃんの「子どもの時代」が終って、それから…、なのです。
昔の女性が着物の胸元に入れていた筥迫(はこせこ)、その中にはさくら紙と呼ばれる和紙を入れていました。このさくら紙は丈夫で吸水性の高い、ほぐすと綿花のようになる和紙。それを衛生用品として使っていました。
またお目出度い事があると出される、「さくら湯」と言うものもあります。
塩漬けした桜の花を、お茶代りに熱い湯で入れて香りを楽しんで飲みます。
そんな事からも、このSSのタイトルを「さくら」と付けたのです。
色んな妄想を織り込んだSSを楽しんでくださって嬉しいです♪

2009年11月05日 拍手お礼2009年分 トラックバック:- コメント:0

<< 掲示板 | 気分は日曜日TOP | 雨月物語企画「夢のあとさき-弥珊+α」、更新 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。