スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

1月28日~2月4日分まで

なかなか予想通りには行かないこの時期ですねぇ…^_^;
ちょっとネット落ちしていましたので、お返事が遅れてしまいました。
1週間ほど動きの無いサイトでしたのに、拍手と嬉しいコメントを頂き嬉しさで心がポカポカしています!!
本当にありがとうございます♪

2月1日
こんにちは、Chihiroさんv
「奇縁2」へ、コメントをありがとうございます!!
楽しんでもらえて、書いた本人がとても嬉しいです。
私も「天下覇道の剣」で本格的に殺りんの嵌まりました♪ あの映画は4作品の中で、一番好きな作品です。
それでも「映画」脚本なため、いろいろ描かれていない所があって、「あれ?」な疑問がそのままだったりします。
なによりこの映画の目玉は、犬父の存在!!
いいですよねぇ~、壮年の男前な父vvv
硬派な色気さえ感じます。
原作では殆ど描写のなかった犬父と、原作終盤でのビッグゲストなご母堂様♪
どちらもツボに嵌まりすぎなキャラです(^^♪
この時代の、ましてや大妖怪の妻となるようなお方なら夫に自分以外の女がいてもなんら動じる事はないだろうと考えているんですね。その方が、ご母堂様らしいよねv って。
猛丸と十六夜の関係も曖昧なままでしたし、あれだけの大騒動の後で普通に貴族らしく暮らしている十六夜と幼犬夜叉の待遇もなんでだろう? と思うところもあり……。
鉄砕牙と天生牙の在り方もあわせて、そのバックステージ的なお話が書けたらないいなと思ったのです。
それと殺りんがどう結びつくかと言えば、りんちゃんが天生牙に「選ばれた」女の子ってイメージがどうしてもあって、その天生牙を殺生丸に形見として残した犬父の思いみたいなものも書きたくてv
妄想まみれで捏造部分が溢れているのですが、次の回ですぱっと終らせられるようガリガリと書いて行きますね。

2月1日
「花残月」にコメントをありがとうございます。
サイト開設5周年を記念して書いたお話。
幸せな殺りんや犬かごや弥珊、そして現代に残してきたかごちゃんの家族などに気持ちを寄せて書きました。
今尚こうして読んでもらえて、嬉しい言葉をいただけるのが本当に嬉しいです。
これからも、犬夜叉ファンの方に喜んでもらえるような話を書いて行きますね。

「雪の宿」に拍手をありがとうございます。
丁度1年ほど前に書いた話です。
今まで書いてきた殺りん未来物とあわせて、この話の続きになるような話も考えてみたいです。

2月3日
別館「Crossover」に拍手をありがとうございます。
こちらでもまだ書きたいお話がありますv
なかなか更新出来ない別館ですが、気付かれた時にまた覗いてみてください。

本当にたくさんの拍手を頂きました。
重ねてお礼申し上げますvvv

2010年02月05日 拍手お礼2010年分 トラックバック:- コメント:-

<< ネット落ちしていました^_^; | 気分は日曜日TOP | 見ました♪ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。