スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

5月4日~5日分

この2日間で、沢山の拍手を頂きました!!
ありがとうございます!
この嬉しさを、更新パワーに変換して「奇縁」の仕上げにかかりますねv
上手く行けば、贈呈先様と連動で公開予定のクロスオーバーSSと一緒に公開できたらいいなぁ♪ と考えています。

5月4日
別館「交差点」に拍手をありがとうございます。
夏目友人帳とのクロスオーバーだけでなく、他の作品とのクロスオーバーもそろそろかな? と思っています。
夏目の方はちょっとシリーズっぽく展開しているので、あと最低2本は書く予定でいますv

「奇縁」に拍手をありがとうございます。
春先のバタバタさに追われて、最終話を書きかけのまま今になってしまいました。
次の更新には、これを完結させてサイトUPの予定です。

「雪の宿」に拍手をありがとうございます。
相互先様の素敵なイラストに触発されて書き落としたSSです。
殺りんと言うCPに、野にある獣の番(つがい)ってイメージを抱いている私です。

「日高川」に拍手をありがとうございます。
サイトの割と初期に書いた、原作に近い設定でのお話です。
原作ではりんちゃんは楓さんに預けられていますが、この話では山寺の和尚さんに預けようとする殺兄。
私の中のりんちゃんのイメージは、自分の足で殺兄をどこまでも追いかける、そんな強い意思を持った女の子なんです。最初の頃から、今現在でもずっとそのスタンスは変わらないできています。

「野の花は」
私が殺りんに惹かれ始めて創作を始めた頃の第2作目。
殺りん創作での基本に「刹那さ」があるので、りんちゃんの「生死」は要素として良く書いています。

連作「花ごよみ」に拍手をありがとうございます。
一番最初の「紫陽花」は、もともと拍手お礼用のSSとして書いたものなので、物凄く短いです。
半分くらいは拍手お礼SSなので短めなのですが、途中で拍手システムを本来の機能に戻し作品コンテンツ扱いをやめたので、後半からは一話ごとに長くなってきています。
文章量のバランスが悪いなぁ~^_^; とは思うのですが、その時は「それ」が書きたかったのであえて加筆もせずにそのままにしています。季節感にあった花と花言葉を探して書いてゆくのはなかなか面白い作業でした♪
「紫陽花」から始まって、「さみどり」・「ときしらず」まで来ると、二人の変化振りが判ってしまいますね。
ご母堂様も好きなので、よく登場してもらいましたv

5月5日
拍手10連打、ありがとうございます!!
頂くどの拍手もとても嬉しいのですが、わざわざ10回も押してくださるそのお気持ちが本当にありがたいです!

2010年05月06日 拍手お礼2010年分 トラックバック:- コメント:-

<< 2010GW総括 | 気分は日曜日TOP | アニソン三昧 >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。