スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ごへんかんとぎふとせっと

さっむいですね~~~
今日は、この冬一番の冷え込みだそうで、ほとんど気温が上がらないとか。
私が住む地域でも、夕方から霙になりそうな冷え込み具合です。

……えっと、本日夜から中学の広報委員会の定例会。
寒いよ~~、遠いよ~~~ (学年途中で転居した為、越境通学させてます^_^;)
もこもこに着込んで、行って来ますね。

で、今日の日記のタイトル(笑)
広報の原稿を作るのに、私は「一太郎」を愛用しています。
この「一太郎」のジャストシステムが丁度一年前くらいにWEBでやっていたCMが面白かったので、今頃日記のネタに引っ張りだしてきました。

このCM、「誤変換」ネタでショートコント仕立てのムービーが付いていたんですね。
暫くは面白くて何回も再生させていました(^^♪

ネタとして
「ごへんかん」→「誤変換」○
          「ご返還」×

「ぎふとせっと」 →「ギフトセット」○
            「岐阜とセット」×

いやぁ、そんな岐阜とセットにされても……by隣県民)

「はいしゃはさる」 → 「敗者は去る」○
              「歯医者は去る」× もしくは「歯医者は猿」
 そんなっ! 虫歯が痛いのにお医者さん、行かないでっっ!!  もしくは、猿が歯医者なんて嫌~~~

と、そんなノリであと、もう2~3本ありました。

Windowsの標準入力ソフトはその言葉の前後を「読んでくれないので」、複文節変換をした時にそういう誤変換する事が多い。
一太郎は日本生まれの、純粋日本語ワードプロセッサー。
文章の前後を「読む」ので誤変換率を低減させます、と言う事をアピールしたCMでした。
ここまでの誤変換ならネタにもなるのですが、こうしてPCで文章を書いているとネタにならない誤変換も結構あったりします。
私のPCは変換癖(?)みたいなものが付いているようで、気が付くと「居る」が大量発生していたりします。
私も普段はIMEで入力していますからね^_^;

それじゃサイト用に文章を書く時は? となると、わざわざ重たいワープロソフトを立ち上げるのも面倒で、軽い「紙copi」や「Storyeditor」を使っています。
なので、折角の文章の前後を読んで誤変換を少なくしてくれる機能の恩恵には預かってない訳で……。
そんな訳で、サイトUPした後にこそこそと修正をしたりするのでした(汗)
何でですかねぇ~、ローカルの時には見過ごしたミスがサイトUPしたら見つけやすくなるのは?
他力本願ですが、「ここ、誤字ってますよ~v」とこっそり優しく教えて頂けましたら、ありがとうございます~~!! と心で手を合わさせていただきますv

……それと合わせて、標準をIMEからATOKに変更してみようかな?
普段使いでは、ちょっとなんだったので使わなかったような気もするけど、最近誤変換が多い気がするので、修正ロスを減らすためにもやってみよっと。

誤変換ではない、てにをはや記号の使い間違いや文章作法はソフトを変えても減らないと思うので、そこは十分自分自身で気をつけないとですねv
他所の文章を読んでいて気になるのは、私が使わないからだと思うのですが「…」が「・・・」になっている場合。
明らかに、「…」と「・」では使用方法が違う。
「…」は文章中に使える「字」と同じ扱いで、「・」は中黒と呼ばれる区切りの「記号」
分かりやすい例えで言えば、買い物リストの区切りのような使い方。

りんご・みかん・大根・白菜・お豆腐  みたいな。

でも、これも使っている方の「こだわり」かもしれない。
「…」じゃ詰まった感じで好きじゃないから、あえて「・・・」という場合もある。
なんだか気になるなぁ、もぞもぞするなぁと思いながらも、そういうものだと割り切って好みのサイトさんなら通うし、そうじゃなかったら縁がなかったんだなという話。

オンノベ初心者に見られがちな表記なので、年数が経つうちに自然と「・・・」から「…」に変わってゆくような感じでもありますね♪

2010年12月15日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

<< 初積雪と覇伝6-2投稿v | 気分は日曜日TOP | 12月7日~13日分まで >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。