スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

4月後半まとめ

 下のコナン君映画いきま~す♪ 日記を書いてから、またも雲隠れしていました(^-^; その間、オタク的にもいろいろあったのですが、一番時間を取られたのがとあるPBWゲームのマスター試験を受けていたからなんですね。
 昨年2月にサイトの方に勧誘のテンプレメールを貰って、書いてある文面はどの小説サイトに出したのも同じだろうけど、なんだか凄く嬉しく感じてその気になって受験を始めて、今度で五回目。ゲームそのものはやってない、ルールも知らない状態で、与えられた課題を運営サイトの解説だけを参考にして頑張りました。今までの結果は、当然不合格続きだから今も受験し続けている訳ですが、それでも少しずつは得点も伸びてきました。今度は70点台に乗れば……っっ!! な気持ちです。
 実際、守秘義務からかこのマスター試験の合格点に関しては、ネットを検索しても出てきません。数少ないネット情報では、80点くらいで合格だったとか95点でも不合格だったとかで見当がつきません。今の私の心境は、山があるから山に登る登山家のように、出題者の望むように書く事が出来れば合格できるという目標があるから、受験を続ける! みたいな感じになってきています。
 このマスター試験の受験期間が毎月下旬にあって、コナン君映画を見に行った日から8日後が締切だったんです。課題を提出したら、GWに突入で4月も終わってしまいました。

 と、前置きはここまでで、ネタバレ伏せてのコナン君映画の感想!! 
 いや~、面白かっいたですっっ! 今回の映画の内容はちょっと硬派というか大人向き? な感じで、絵柄的のもすごく見やすかったんです。コナン映画では、臨場感を演出するためによく3D処理をした映像を使うのですが、コナン君達キャラの絵柄はどちらかといえばリアルな絵柄では無い分、その違和感は半端なかったんですね。例えばフルスコアの時の二次元的キャラが持つ、異常にリアルで立体感のあるストラディバリウスの描写とか、正直ストラディバリウスが浮きまくりでギャグかと。
そして子ども達と見終わった後の感想が、同じ言葉。
「なんだか今年の映画は、相棒っぽかったよね!」「いつもなら浮きまくる波とか艦船とかの描写がリアルだけど、キャラと一体化して見やすかったね♪」でした。
 後でパンフレットを読んでみると、脚本は相棒シリーズの脚本家さんで、映像関係はあえて2.5Dという特殊仕上げ。なるほどなぁと、納得した訳です。とにかく面白かったので、GW期間中の映画としてお勧めです(´∀`*)

 春のアニメ鑑賞感想としては、「とある科学の超電磁砲S」と「進撃の巨人」が私の中では群を抜いて高位置キープ。「超電磁砲S」のOPのPVで、常盤台の制服でバックダンサーズなシスターコスの皆さんに大ウケしてしまいました。「ハヤテ」と「ムシブギョー」も中々良い手応え。春休み中に「超電磁砲」はコミックスを全巻揃えたので、今度は「進撃の巨人」を大人買いかもしれません。「進撃の巨人」が映像化出来るなら、クラブサンデーで連載中の「今際の国のアリス」もありかな? な今日この頃。「ムシブギョー」がスーパー連載からの本誌移動でアニメ化したので、本誌で2回番外編を書き下ろしたアリスも可能性としてあるかな、なんてね。

 そして、今日。朝日新聞の3面(番組欄の裏ではなく、1面から数えての3面目です)のクールジャパンの記事の中に「犬夜叉」の文字を見つけて、ニンマリとした午前中でした。ベトナムでクールジャパン的なものは何か? との統計で出てきたキーワードが「犬夜叉」だったんですね。政府も後押しする、クルージャパン戦略の中に、重要なキーワードとして犬夜叉があるのが、やはりファンとして嬉しいですよね~♪♪





 

2013年05月01日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

<< 苺の収穫間近&拍手お礼 | 気分は日曜日TOP | 明日はコナン映画♪ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。