FC2ブログ

サンデー感想のような… 

モノ 全国的に見て発売日が1日遅れの地域な為、ネタバレ感想などは書きようも無いのですが^_^;

多少の考察がらみからの感想のようなものを、と。
これが深まると感想SSになったりするんですね。

今週の展開を読んで思った事。
あの赤子は一体何者なんでしょう? 本当に奈落の片割れ的…、つまり神無や神楽のような存在なのか? 白霊山で生み捨てたあの夥しいほどの【人間の心】 その最終形として生まれて来た【赤子】 最初に生まれた形から、さらに半身を失った形になっているのに、それはそうなるべきだと言っていた奈落。奈落の中には、もう鬼蜘蛛=無双は居ないのだろうかと言う疑問。赤子と鬼蜘蛛は無関係なのか? など、なかなか先が読めなくなってますので最近は静観の構えです。

それと、今週は珍しく地道な殺兄のお姿がv

…うん、ただね 一抹の不安もあるのですが………
って、もう先にその設定での感想SSも書いちゃった私ですが、りんちゃんの存在がね、大丈夫かなぁと。
散った神楽を悼む、意識しない【慈愛】の心故に天生牙が本来の姿になろうとしている訳で、その証としての冥道残月破。技を極めれば開いた冥道の形は満月(笑)になるという、天生牙最大の奥義。今はまだ三日月程度、これは練習してもいくら鬼を山ほど叩き切っても、満月にはならないような気がするんです。【心】の成長がなければね。

と、言う事はりんちゃんの身に何かあるのでは、と。

と、ここからは久々に感想SSにもならないSSを^_^;

――― 夥しい程の、鬼の残骸。

冥道の形(かた)は繊月よりもなお細く、今までこの爪で引き裂いて来た死骸と大差ない。辺りを覆う血臭と怨念が、新たに獲物をおびき寄せる。
もう、どの位ここで天生牙を振るい続けている事か。

思うようにはならないこの仕儀に、焦りがあったのか?
それとも己の力を過信していたのか?
己の足元を中心に、禍々しい【気】が満ち不要な怨嗟の呻き噴出している。

目指す天生牙の奥義は、冥道を開き【生きたまま】相手を冥府に送る技。
この世に、恨みも怨念も遺さぬ究極の奥義。

しかし、目指すものとはほど遠く ―――


「りんっっ―――!!!」
「殺生っっ…」

 
  ――― !!! ―――


自分の背後で突如、上がった悲鳴。
鬼の血臭の中に、自分がよく知っている者の血の臭い。

振り返り見ればそこには、小さなりんの体を串刺しにした鬼の姿。今まで切り捨ててきた鬼の頭領か。二回り以上も大きな鬼が、目を怒りで地獄の炎さながらに赤く染め、牙を打ち鳴らしていた。

何時にない焦りから、隙を突かれた。
背中から巨大な鬼の手で串刺しにされたりんの体は、半分に千切れかけていた。壮絶なほどの怒りの気が殺生丸から吹き上がる。

「殺生丸様っっ!!」

邪見の絶叫。
巨鬼と視線が絡んだ瞬間、鬼の腕は切り落とされていた。
一瞬、殺生丸はりんを助ける事よりも、目の前の鬼を切り伏せる事に心が動いた。千切れかけた体のりん。おそらく、もう息はあるまい。
だが…、この天生牙がある。

いつでも、この私が黄泉の国からお前を引き戻してやる!

りんを傷付けた事への怒りは凄まじく、唐竹割りで脳天から尾骶骨まで一瞬で切り裂き、返す刃で胴を真横一文字に薙ぎ払う。
巨鬼はその体を四つに切り裂かれ、そのままどうっとその場に倒れ伏した。
その体に、四辻の冥道を刻んで。

…そう、この時点まで殺生丸は【天生牙】のもう一つの力を過信していたのだ。

滂沱の涙で目が流れ落ちそうな邪見を払い、りんの体に刺さっている鬼の腕を抜く。気を鎮め、あの世の使いの姿を捉えようとして、気が付いた。

( ――っっ!? 馬鹿な!! )

見えないの、だ。
あの世の使いが。
そして、天生牙も鳴かない。

有り得ない事実に、殺生丸の背を冷たいものが駆け上る。

( …まさか? まさ……か… )

驚愕で見開いた眸に更なる怪異。
りんの千切れかけた屍が、ゆうらりと浮き上がり巨鬼に刻まれた四辻の冥道に吸い込まれて行った。

やがてその冥道も閉じ、後には無惨にもそして無益にも殺された鬼の屍が転がるばかり ――――


あっ、途中で終らせてしまいました。
これ、ちゃんと最期まで仕上げてサイトの【SSのようなもの】コーナーに落としておきますね。週初めの(28日~30日)の家族旅行空けになるかと思います。


WEB拍手コメントレスですv

伊達さん、早速の感想ありがとう御座いました。色々私自身どうしてそうなんだろうと悩んだせいか、それがそのまま文章に出てますね^_^; 今まで書いてきたものも、全体にそう言うものが根底にあってニュアンス的には沿わせてはいるのですが、こうして【文字】にしてしまうと、それもまた少し違うような気がして…。矛盾もいっぱい含んでます(笑)

匿名のお客様v ツボ、ど真ん中でしたか? 甘さのない、どちらかと言えばイタイ我が家の殺りんです。おまけに何故かヘタレ気味になる殺兄ですし^_^;
それでもお気に召して頂けて、うれしいですv

他にも、たくさんの拍手ありがとうございました♪



2005年08月25日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:0

<< 浴衣 | 気分は日曜日TOP | 三週間ぶりに更新!! >>












管理者にだけ公開する