FC2ブログ

今日は地獄の釜の蓋の開く日

って事で実家の父の生きていた頃は、漁止めの日でした。
外地からの引き上げ後、まぁ色々転々としていた母がようやく落ち着いた島原の方では、山止めといって猟師も山に入らない日だとか。

お盆でしたので、その手の話を。

お盆であの世から帰ってきていたご先祖様や、そのほかの亡者達が15日の送りでそれぞれの場所に帰ってゆくそうですが、実際に(?)帰り着くのは16日だそうで、それまでは地獄の(…不思議と極楽への門、とかは聞いた事がない)入り口である釜の蓋が開いているらしい。
ちゃんと子孫にお盆のもてなしを受けられた霊は、それこそ生きている人間でもそうであるようにほくほくと帰路に着くので問題は無く、そうでない場合は霊の世界でも肩身の狭いものらしい。

で、うっかりそんな霊に山や海で行き会ったりしたら、ええい、腹いせにと地獄に引き摺り込まれるから行っちゃ行けないと、幼い頃よく両親に言われたものです。

我が家の、と言っても私の実家の方のお盆の準備はお仏壇だけではなく、無縁仏さん、無縁さんの分も一緒に用意します。亡くなった父が無類の世話好きでしたので、これも父へのご供養の一環v

生前の父は、船着場で初めて話したような他県登録の漁師さんを家に招いて、お風呂に入れさせたり夕飯を勧めたりと。
小型漁船の海の上での生活で何が嬉しいかと言えば、やはり陸の上での食事とお風呂。漁場を追って1週間から10日くらいは船の上で生活と言うパターンは割とあるのです。
父が亡くなった時、香典返しの準備のために頂いた方のお名前を確認していて、「あら? これは誰かしら???」と首を傾げる事がよくありました。
早朝、沖の様子を帰って来た漁師仲間に尋ねるのも朝の日課でしたから、その時行き会ったパンクした自転車を修理してやった新聞配達のおばさんからのものだったり、母は名前も知らずに父が浜から連れてきたのでお世話した、和歌山の漁師さんからのだったり。

目の前で事故のようないきなりの父の死でしたが、悲しい気持ちをそっと和ませるように、その名も知らぬ香典袋を見たものです。

「お父さんらしいね」
「良かったね、お父さん」

…考えてみれば、漁師としては恵まれた最期だったかも知れません。
もしこれが、一人漁に出て海の上での事だったら、もしくはもう少し遅い時間で私たちがそれぞれ出社や登校していたら、父の最期には立ち会えなかったのです。早くに逝かれてしまったのは今でもとても悲しい事です。ですが、これほどの良い状態で鮮やか過ぎるほど鮮やかに去ってしまった父に、良かったねと思わず呟いてしまうのです。

父の葬儀がらみでの一騒動。

父が亡くなった頃はまだ、母の菩提寺との交流が始まったばかりで、実は実家の近くにこちらとしては仮のお寺さんと言う感じで母の養父の遺骨などを預かってもらっていたんですね。
父は前にも申しましたがこの母方の菩提寺がとても気に入ってましたので、ゆくゆくはこちらに納骨し直したいといっていたんです。その矢先の事でしたので、私たちは何も迷わずにその島原のお寺さんに葬儀を頼んだのです。
島原のご住職は自分もすぐ行くようにするが、交通の便が悪く遅くなるので枕経に間に合うようにと、わざわざこちらの近くのお寺さんに養子に行かれた弟さんを手配して下さって、一介の只の猟師の葬儀に二寺のご住職がお経を上げてくださったんです。

問題はここからです。
葬儀から1週間程たち、ああ心の篭った良い葬儀だったねと誰もがそう思っていた所へ掛かってきた1本の電話。そう、仮寺の住職からです。
用件は

葬儀を当寺でやり直せ ―――

でした。

はぁぁぁ~!?
向こうの言い分は、こちらの檀家でありながらなぜ他の寺で葬儀をしたのか、と。だからやり直せ、でした。母が言うには、もともとのお寺を持っているけど、中々行けないのでこちらで今の間は母の養父の遺骨を預かって欲しいとお願いしてたはず、だから本当の意味での檀家とは違うんじゃないかと。
聞く耳を持っていませんでしたね。やり直せの一点張り。

…あまり評判の良いお寺ではなかったのです。何事も計算づくのお寺さんで。

こちらもぶっち~んっっ!! と家族全員切れまして^_^;
その足で預かってもらっていた遺骨を持って帰り、島原のお寺さんに連絡して四十九日の法要の時に、父の遺骨と一緒に納骨させてもらったのです。

どちらともに非常識な事ですよね^_^;
葬儀をやり直せと言われた遺族も、言ったお寺側も。
ただ、檀家さんをあまり大事にしないお寺だったみたいでどんどん檀家さんが離れてしまい、今ではこれがお寺? というようなお寺の敷地に建てたビルばかりが目立ち、お寺そのものはものすごく寂れた感じになっています。お寺そのものも小さく鉄筋コンクリート製に立て直してしまいましたしね。
目に見えない【心】を扱う世界だけに、本当に心がけ一つで輝きもすれば曇りもするのでしょうね。


2005年08月16日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

<< 収穫v | 気分は日曜日TOP | 海と毒薬 >>












管理者にだけ公開する