FC2ブログ

して良い事と、悪い事。

とても親しくしている管理人さんがある災厄に見舞われまして、その対処に苦慮されております。
忘れた頃にガツン!! と来る、「無断転載」という災厄です。
それも一番やられたくない方法で、やられてしまいました。
そう、甚だ迷惑なのですが直リンならまだ対処しやすいのです。
今回は、被害にあったサイト様から無断でDLして、自サイト(ブログ)で作品公開しています。

こうなると、なかなか手を出し難いのです。
ましてや相手が日本語の通じない、海外の困ったちゃんだと。
それは困ります! と訴えたくても言葉の壁があり、それを乗り越えても、そのブログにはその声を反映させる場がない!!

どんな風にその持って行った作品にその困ったちゃんがコメントをつけて展示しているのか、確かめるのも怖いところです。
またこのブログを提供しているところが何かと問題の多いところで… ^^; 

基本的にして良い事と悪い事って、地域・年齢を問わず変わらないものだと私は思うのです。
親バカだと思いますが、これは我が家での実話です。

我が家には、オタク予備軍な長女(小5)がいます。この長女、小4の時から大のハヤテファンv (サンデー連載中)ファンが高じて、とうとうお絵描きを始めました。そう、サンデー片手に最初は上手に描けないから、トレーシングペーパーで映し描きから始めました。
「模倣の果てに、個性は現れる」とは、昨年私が広報活動で受講したベテラン記者さんの言葉。長女はこのお絵描きの初歩の初歩、模倣の練習の段階なのだなv と私は見ていました。

ある日の事です。
長女が引き攣った顔をして、目には涙まで溜めて今まで描いてきたトレーシングペーパーの絵を見ています。その様子が、普通ではなかったので気になった私は、「どうしたの?」と尋ねると、長女はサンデーの裏に書かれていた無断転載厳禁、の文字を指差しました。
「これって、勝手に絵を描いちゃいけないって事だよね? 私、悪い事しちゃったんだよね?」と怯えています。

僅か10歳の子でも、この言葉の意味がちゃんと判っているんです。

私は言いました。
大丈夫だよ。Sちゃんはハヤテが好きだから、皆に見てもらいたって思っただけだよね? それを「自分が描きました」「これは私の絵です」なんて言わなかったでしょう? 大好きな畑先生の絵だよv ハヤテってこんなキャラクターなんだよ、って皆に教えたかっただけだもんね。

こういうファン活動で大事なのはね、それが「誰の物」であるか、はっきりさせて応援する事だよ。いくらSちゃんが上手にハヤテの絵が描けるようになっても、それは畑先生の絵なんだって事を自分も、周りも分かっているって事が大切なんだよ、と。

おそらくここを見る事もないでしょう、その困ったちゃん。
何も作らず、他所から持ってきたものをもし「自分の物」だと、あなたが言い張るのなら、あなたの良識や自負心はわずか10歳の子にも劣ると、そうは思いませんか?
それはとてもみっともない事だと私は思うのです。

2006年05月02日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

<< お知らせなどなど~♪ | 気分は日曜日TOP | 5月分拍手SS入替えv >>












管理者にだけ公開する