FC2ブログ

惚れさせたもん勝ちv

は~いv 今回も翌日記述です^^;

   * * * * * * * * * * * * * *

今日は、昨日の天気が嘘のようにとても良いお天気v
乾きが悪くて溜まりかけていた洗濯物も、ドン! と洗濯機を朝から回し、すっきり片付けました(^^)
それから、子ども会主宰(笑)の廃品回収&公園清掃。実際廃品回収は手間の割には収入にはならないんですね。古新聞は無料で引き取ってもらっている形で、売り上げの殆どは回収資源の代表格「アルミ缶」によるもの。

…これも大変なんですよね。
どこに出すかで。幼稚園や学校(これは毎月)、子ども会。回収スケジュールを確認しておかないとですね。あまり溜めたくないし、でも無駄にもしたくない。そのあたりの問題ですが。

さて、その後は公民館で行われる人権尊重協議会主宰の特別講演受付の為に、12時半から会場入り。会場の設置を手伝ったり、受付の準備をしたり。

今回の講師は、ご存知の方もあるかな?
女性A-1クラスの競艇選手、日高選手のダンナさんv
日高選手が月20日ほどレースの為、自宅から離れるのでその間、家事・育児を一手に引き受けています。そう、専業”主夫”なんですね。

その男性の目から見た、育児におけるジェンダー(性差)を素直に楽しく語られました。例えば上のお嬢さんがまだ3~4ヶ月の頃、天神に買い物に出かけた時の事。今の様に格好良くパパが赤ちゃんを抱っこしたりオンブしたりする機会も少なく、グッズにも恵まれていなかった頃。
オンブ姿で街を歩けば間違いなく奥さんに逃げられた情け無いダンナに見られる! と意地で抱っこ紐で前抱っこして出かけたのです。
ところが、トイレに行きたくなって気が付いた。

( …このままじゃ、出来ない!! )

そう、立ったままのスタイルでは。
誰か一時的に預かってもらえないかな? と周りを見回しても、いざとなると声が掛け難く、男子トイレにはベビーキープはない。当時は個室の方もまだ和式が主流。どうにもお手上げ状態で、天神中探し回ってようやく1箇所だけ、男子トイレにもベビーキープの或る所を見つけたときの安堵感。

今は、男子トイレにベビーキープどころかオムツ替え用のベッドや替えたオムツを処理する為のポリ袋の自販機まであるんですよ、ハードとしてのジェンダーフリーの一例ですね、と。

このダンナさん、奥さんと初めてあったのは20歳の時。それから卒業するまでの間、6回も交際を申し込んでその度ごとに振られて、その後14年を経て、ゴールインしたと言うカップル。
既にこの頃、一線のレーサーでバリバリ活躍中の奥さん。結婚・出産しても、まだ現役を続けたいと要望。

このダンナさん、とても大らかな性格の持ち主。それがどう言う事か深く考えずに、「君がそう思うのなら、別に構わないよ」と。
結果、上のお嬢さんが生まれるに当たって、東京でクリエイティブなそれなりに部下も使ってこなしていた仕事を退職し、専業主夫の道を歩む事になったのです。

面白いエピソードはまだまだ続くのですが、この中でダンナさんが繰り返し言われていたのは、「主夫とか主婦によらず、出来る時に出来る事を出来る方がやればいい」「相手の事を尊重し、どうすれば良いかを考えた結果です」

そして、なによりも強調されたのが、「どちらがより相手に惚れているか、でしょうねv 夫婦間のジャンダーフリーはこれに尽きますね」「ダンナさんが奥さんに惚れている度合いが高いほど、そのスタートラインは高いし、その逆だと低くなります」
「奥さんが強い場合も、そうですね(笑)」

なんて伸びやかで、楽しそうに日々を暮らしてあるのかなぁと、聞いているこちらもすっかり楽しくなりました。
朝、5時にお嬢さん達のお弁当を作り、髪を結んでやる日々。最近、ヘアースタイルのリクエストが増えて、目下三編みで挫折している、などなど。

当たり前の日常に、視点を変えるだけで見えてくる色々な事。
一緒に「子育てをしている仲間」と言う意識で、お互いにエールを送りたくなるような講演でした。

惚れさせたもん勝ち、かぁ…
我が家の場合はどうだろう…???

似た者夫婦なのは確かなんですけどね^^;

2006年05月20日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

<< 書きたいものがまた増えたv | 気分は日曜日TOP | シャットダウン… (>_ >>












管理者にだけ公開する