FC2ブログ

1日遅れの「8月9日」

…先ほどまで、「8月9日」と言う事で「長崎原爆忌」の記事を書いていたのですが、些細な事であっと言う間に消してしまいました。

これはまた改めて、私が今 オフで携わっている人権がらみの記事として、いずれ書き落としますね。


で、話はやはりここは曲がりなりにも「犬夜叉ファンサイト」な訳ですので、ますます盛り上がってきた「殺りん祭り」の話を書かねばなりませんね(^^♪

ふと、偶然と言えば偶然なのですがちょうど2年前のこの日、TV放送枠も残り少ない中であの殺りんSP「殺生丸さまと永遠に一緒」が放映されたんですよね。
そして、本誌でのこの展開v
殺りん好きでもある(…私の場合、二股どころではなく犬キャラ全般に愛情を抱いてます♪)私には、ホクホクの展開。
って言うか、どこまで私が妄想した世界に近くてどこで気持ち良く驚かせてくれるか、つまりプロの腕による相違を見せてくれるかと楽しくて仕方がないのです。うう~ん、こう来たかっっ!! て膝を叩きたいv
素人の妄想範囲での決着は…、ね^^;

昨年・一昨年とこの時期には、この殺りんSPを題材にお話を書き落としていたんですが、今年はちょっと方向性が変わりますね。
書こうと思っているお話は、以前の日記で触れていたのと変わりないです。

でも、今週号を読んだら「う~ん、なんだかこれ仕組まれているみたいだなぁ…?」と思えて仕方がない。
ここで、あの冥界の主が実は犬父だったりしたら… (笑)

いやいや、あの殺母一人でも仕組むかもとv
本当にあれは本物の冥道なのかしらん?
りんちゃんの危機も殺母が何か妖術を使って、仮死状態にして息子の本心を炙り出そうとしているとか、ね(^_^.)

なあ~んとなく、殺母の手のひらで弄ばれているような気がするんですよ。そう丁度、お釈迦様と孫悟空との関係みたいな。
あのご母堂様のお屋敷の陰から、妖霊大聖や刀々斎なんかが様子を伺っていたら…、とかつい下衆の勘繰りをしてしまいそうです。

嬉しい事は嬉しいのに、あまりにも二次創作的(それもかなり出遅れ気味?)な展開なので、私自身戸惑っています(大汗)
るーみっくらしく、やられたっっ!! って裏切り方をして欲しいなぁと、胸をワクワクさせてこの2週間を過ごしましょう。

原作的にここでりんちゃんが、殺一行から離れる事になっても私としてはなんら問題はなし!!
原作は原作。
自分の書きたい殺りんは殺りん。
そう、もしこうなったら… って所から話を綴って行くのが二次創作の醍醐味なのですからv

あっ、だからと言って大幅に原作を無視する事はしませんけどね。
私のモットーが原作の雰囲気を残した上での二次創作v
自分の中で、無理のある設定ではお話は書けません。

9月になったら程ほどにかつ、このひと夏思ったように書けなかった分、思いっきり書いてゆきたいなと今から意欲満々なのです。

2006年08月10日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

<< 完全、リセット | 気分は日曜日TOP | 過ぎたるは… >>












管理者にだけ公開する