FC2ブログ

本日は晴天なり(^^)

で、朝の9時から長女の体験学習・稲作りでの稲刈りの取材に行ってきましたv

子ども達メインの画像は校長先生や学年で出されるお便りに乗るだろうから、もっぱら私はお手伝いに来てくださった保護者の方や全面的にこの体験学習をバックアップしてくださっている田んぼの地主さんやその息子さんでPTA会長でもあるO氏のコンバインに乗っている勇姿などを撮影。それから子ども達も交えた構図で、何枚も撮りました。

…そのうち使えるのはほんの1~2枚なんですけどね。
紙面の関係で^^;

記念に落穂も拾ってきました。
秋の刈り入れの終った田んぼの風景。
掛け干ししている、あの情景ってすごく郷愁をそそって良いものなのですが、昨今のお米作りでは、刈り入れと同時に脱穀まで済ませるんですよね。

取材の後半は、そのコンバインの後ろで切り刻まれたイネの茎(…乾燥してないので藁ではない)をせっせと掃き取る作業に従事していました。予定外の行動だったので軍手を用意していなかった私。軍手じゃデジカメの撮影は出来ないので、と。

お陰で右手の親指と人差し指の間に水ぶくれが出来てしまいました。
普段、働いていない手ですね。
11時にはあらかた終わり、子ども達も撤収作業に入ったので私も引き上げてきました。

今が一番過ごしやすい季節ですね♪


さてと…、う~ん 今週のサンデー感想は、と…

あんまり言う事はないかなぁ? と言う感じですね。
平均的と言うか、ある程度こちらの読みどおりと言うか… ^^;

面白さが増してきたのは先週から引き続きの「ハルノクニ」・「レンジマン」・「ダレン・シャン」。
キープ組みは「結界師」・「ケンイチ」・「金色のガッシュ」
後はね、まぁ こんなものかしらv と。

ちょっとした事なんですが、「あおい坂ー」の相手チームのピッチャー。キタローに逆転されてベンチで顔をくしゃくしゃにして泣いているコマに胸がきゅうと来た私です。ああ、そうなんだよね。結果が全てだからこそ、頑張っても報われない、良い悪いじゃなく、それでも溢れる想いがあるんだよね、と。


「犬夜叉」は、なんて言うのかな? 以前、私がこう思った事柄を少し表現を変えて、今 描かれているような感じを受けるので、しばらくは何も言わずにそのまま素直に見ていようかなv って感じなのです。

犬夜叉二次創作の2作目のゲストキャラに言わせた言葉。

「―――人である分と妖である分と、そのどちらともに修行を積まねばモノにはなりませんからな」

まんまな展開ですよね。
前回までの花皇編が人間的な『心』の部分での試練なら、今回は犬夜叉の『妖』としての試練。

来週あたりで、神無が散るのかどうか。
そのあたりも気にはなる所です。そう思わせておいて、小気味良く読者の裏をかいて欲しいものです。見た目小さな女の子が、犬夜叉の攻撃で酷い目に合うって構図は、どうにも頂けませんので^^;

神無が見た目は童女でも、その実とんでもない悪女とか言うのならまた印象も変わるのですが。今風に言えばゴスロリっぽい雰囲気が漂うだけの女の子ですからね。そこの所、よろしくお願いしたいなぁ、と。

外れを確信して書けば、今にも砕けそうな『神無』の身体から、神楽も真っ青なナイスバディの妖女、それも奈落に良く似た分身が、神無の本性として現れる、って言うのはどうでしょう?

奈落が言った「鏡を開放しろ」って言葉は、神無自身を解放しろって意味じゃないのかな? ってね^^;

と言う事で、今週のサンデー感想はここまで♪


2006年10月13日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

<< お知らせですv | 気分は日曜日TOP | 午後から、ちょっとバタバタ==33 >>












管理者にだけ公開する