FC2ブログ

文章の長さの基準

昨日は昨日でバタバタしてしまい、結局こちらには戻ってこれませんでした^_^;

サイトのメンテナンスもほぼ終わり、レイアウト上のおかしさは無くなったかなぁと。誤字脱字はまだあると思いますので、見かけられましたらこっそりお教え下さるととても助かります。

脱字はわかり易いんですが、誤字の場合が判断しにくいかな?
文字そのものの意味を重視して、辞書通りの使い方をして無い場合も結構ありますし、造語もありますから(汗)
まぁそこの所は、ファジーで(^^)

ついでに、スタイルシートの方もちょこっと弄りまして、テキストの文字の大きさを、ブラウザの表示の文字サイズで変更出来るようにしました。サイトにUPしている文字の大きさは標準より少し小さめの14pxなのですが、読まれる方にとっては小さかったり大きかったりするのかと思いまして。

私自身12pxより小さな文字は読みにくいですし、その12pxでも文字間や行間が詰まっている場合、はっきりいってその文章の書き方によってはもうパスする場合もあります。

行頭の一文字下げがないのはまぁ許せるとして(本当はお約束違反なのですが)、改行と段落分けのない文章。文字がガチガチのコンクリートのような一塊に見えて、途端に読む気が失せてしまいます。

それでも読んでみようかなぁ… と言う時に、この文字の表示ポイントを12px、もしくは10pxで固定されていたら、速攻で回れ右!! です。

ついでのついでに、やはり作品リストを作る事にしました。
作品の内容の傾向を把握するのにも役立つかな?
似たような話ばかり書いて無いかとか、書こうと思って忘れているプロットとか。遊びに来てくださったお客様の目安になるように文章量の表示も入れて。ただ、この目安をどうしようかなぁ…、と。

ネットで「文章の長さの基準」と言う言葉で検索ををかけたら、具体的な数字を出されて説明されているサイト様に出会いましたv

具体的には原稿用紙換算で

掌編(SS)は、10枚~30枚くらいまで。短編は、30~100枚。中篇が100枚~300枚で、長編となると300枚以上。

こちらは、本格的な小説創作のサイト様。なので、「二次創作」基準から見れば、若干ハードルが高いかなとは思うのですが、そちらの記事の中に、WEBノベルのサイトで原稿用紙3~4枚でも短編、40~50枚で長編と紹介される事がある。もともと短編と長編では書き方そのものが違うので、WEB上と紙との媒体の違いでそんなにも差異が出るのはおかしいと思う、と言う意見にうんうんと頷いた私なのです。


遅くなってしまった拍手コメント・レスです(^^♪

12月1日・2日・3日・4日、拍手サーバー不調の折でしたが沢山の拍手をありがとうございましたv

12月2日 KARINさん。初めまして(^^) そう48巻の発売が楽しみですよねv 我が家の殺ファミリー物がお気に召して頂けたようでうれしいです。この話と関連性のあるSSをお友達のサイトの開設記念でお贈りしました(邪笑) こーゆーコミカルさもありですよね♪♪

12月3日 こんにちは、恵美さん。ふふふっ、嵌められちゃいましたよ、殺母の企みに。なんだかんだ言っても、妖犬一族は「女」には勝てない一族なのでしょうね。お題の残り2話もこの路線で行きますねv




2006年12月05日 近況報告 トラックバック:0 コメント:0

<< 思ったより… | 気分は日曜日TOP | バタバタと… >>












管理者にだけ公開する