FC2ブログ

2007 Yahooドーム in WHFレポ

昨日は、バタバタで画像の準備などがまだでした。
気を取り直して、早速レポートです。

ただ…、会場内の映像はまぁ著作権法とか(どうしても印刷物やゲーム画面などが写り込みそうだったので^_^;)色々考えると、今年はパスしてしまいました。
昨年このプログの記事にあげたのもかなり画像をぼかして何が何か判らないような写し方をしてましたし…。

さて、この春のWHFもこの福岡会場が最後。
オープニングは9時からと、普通のイベントに較べれば早いスタートです。それでも、レアなグッズを求めて長蛇の列が出来ていたのはその名残を見て想像できます。

今回、あまりグッズ系には興味がなかった我が家の子ども達。
なにせ一番の目玉は、「ハヤテのごとく」のあの6分間のCMアニメが目的だったんですね。
なので、丁度人波が入れ替わるお昼前を狙って会場に入りました。

2007YahooドームinWHF1


こんな感じで、程ほどの人出具合v
あまり待たずに、目的のサンデーブースに到着です。

あまりにも記述が長いので、追記にて(大汗)


今一番サンデー編集部が力を入れているのが良く判る、「結界師」コーナー。ステージと特設ブースと関連グッズブースが3ヵ所。
ここ福岡会場には良守君役の声優さんもゲストで来られていたので、なおの盛り上がり。

で、まぁコスプレでも結界師コスはかなりイケテル感じ。いえ、その良守君役の声優さんがしているコスよりも、グッズ売り場のボーイッシュなお姉さんがやっているコスの方がすごく様になっていて♪
去年・一昨年にはなかった現象ですね。

しかし! 需要の波は確実に「ハヤテ」に来ているのを実感したのが、グッズブースのハヤテ関連のサンプルに貼られたSoleOutの札の山。
これがまだ12時前の事。もともと搬入していた数も少なかったのかもしれません。結界師関連はまだ、かなり山積み状態でした。

午後からのタイムスケジュールを確認すると、お姉ちゃん二人と私と末っ子君の二手に分かれて、会場めぐり。
去年はウルトラマン・マックスが会場に来ていて一緒に記念撮影できたので、今年も出来るかなv と期待していたのですがステージを取るスペースがなかったみたいで、この春販売予定の新商品紹介のコーナーだけでした。

ウルトラマン関係はフィギアのコレクション数点、仮面ライダー電王(これ、かなり面白いですっ!!)と新作の戦隊シリーズ撃レンジャーはどちらもスーツだけの展示。
はやり、こーゆーのは中身がないとですね^_^;

最近お姉ちゃん達は「サンデー」だけではなく、「ちゃお」にも興味を持ち始めていまして、それぞれに御贔屓少女マンガもあるようです。

…うっ、だけどなぜか最近の絵柄はどれも同じように見えてしまう私は、もう完全に「オバさん」なんでしょうね(大汗)
お姉ちゃんたちの好きな絵柄は、確かに可愛いのです。ですがあのキラキラしたそれこそ零れ落ちそうな大きな瞳と華奢すぎる首や手足、それに対してウエストよりかなり大きめな頭と言う可愛い系ディフォルメが目に痛くて、何時の間にか根っからの少年漫画ファンになってしまっているなと、しみじみ感じてしまいました。

お姉ちゃん達がちゃおのブースに行っている間に、私と末っ子君は特撮コーナーから移動して、またサンデーブースに戻ってきました。
(注:ここが待ち合わせ場所~)
そうしたら、ゲームの係りのお兄さんが「良かったらしてみない?」と末っ子君に声をかけてくれました。
声をかけてくれたゲームは「史上最強の弟子ケンイチ」
末っ子君もケンイチキャラは判りますから、「うんv」と良いお返事をして列に並びました。

ところで我が家にはPC以外にゲームが出来るような文明の利器はございません。はい、声を大にして言えますが、末っ子君どころかこの私もプレステなんてハイスペックなゲーム機とは無縁な生活。

だから…、あ~ん!!
コントローラーの使い方なんて判らないんですっってばっっ!!!

でも、こう言う親子連れの対応にもちゃんと慣れているんですね、係りのお兄さん。何も判らないおサルさんような末っ子君に手取り指とり基本操作やちょっとした技なども教えてました。

ソフトの方はプレステだけあって綺麗ですねぇ~v
動きや音響もいいし、あの手のシューティングゲームはストレスが溜まった時などにはいいかなぁと思いました。
でも、我が家にそれらが来る事はまずない。

私もそうなんですが、私以上ダンナがゲームそのものを認めていない所がありますから。
お姉ちゃん達はそれでも良かったけど、男の子の場合は年齢が上がるにつれゲームを介してのお友達の付き合いと言うのがあるからですね。
もう1~2年もすれば、そう言う問題が我が家にも浮上して来ることでしょう。

最後の楽しみ、「ハヤテ」のCMDVD鑑賞。
原作のイメージは損なわれてはいなかったですv 声のイメージは好みが在ると思いますので、この際は不問として。動きがある分、楽しめますね(^^♪ 横でおねえちゃんがこのシーンは第~話のあのシーン、とか
このCMに入っている話(?)は~話目までだね、とか(汗)語ってくれて…

…はは、やはりこの母にしてこの娘あり、でしょうか?

まだ放送予定日や放送キー局の情報はもらえませんでした。
サンデーでの誌上発表が先行ですね。

あとサンデー編集部がバックアップしている作品の紹介、と言う事で上がっていたのが、紹介順に「ハヤテのごとく」・「結界師」・「イフリート」・「金色のガッシュベル」…、もう2作品ほどあったはずなのですが、バスの時間もあり途中で会場を後にしました。

去年ここで紹介されていたのは、「ワイルドライフ」・「絶対可憐チルドレン」・「ハヤテのごとく」・「結界師」、だったかな? 忘れているのもありますが。こうして見ると、読者の傾向の一端が見えるようですね。

「イフリート」は割りと最近の連載なのですが、反応が早いようです。「必殺仕事人」のノリの話で、ダークなイメージがあるんですけど、そこがまた魅力。この作家の前の連載だった「グランドライナー」も気に入っていたので、ちょっと嬉しいです♪

サンデーと言う雑誌は、少年誌の中でかなり良心的な編集をしていると思うので、あまりにも暴力的なシーンや病的なシーン・残酷(この場合グロ系な)シーンは載せないで欲しいな、と言う親心もあったりします。「イフリート」も要は殺人請負の話。それだけに安易な理由での殺人請負をしない事と、実際に手を汚している事に対しての罪の意識は忘れないでいて欲しいと思います。

理由にもならない殺人が現実でもフィクションでも多すぎる現代なので。

とまぁ、そんなこんなの1日でした。


週末に頂いたコメントのお返事は次のスレッドにて致しますねv



2007年02月05日 オタヨタ日記 トラックバック:0 コメント:0

<< 明日の更新分とオフとお返事と | 気分は日曜日TOP | WHFに行って来ましたv >>












管理者にだけ公開する