FC2ブログ

サンデー14号感想v

ふふふ~(^^♪ 今週からこちらもリアルタイムでの書き込みが出来るようになりました! 
とは言え、流石に末っ子君を園に送りに行った帰り道にGETしたサンデーの感想を書き込むのは早すぎるのかなと、時間を調整してみたり(笑)

今まではそんな事を考えずに済んだのですが、よくよく考えてみれば感想もどきは書いてもあまりネタバレらしき文章は書いてないみたいなので、そこまで気にしなくても良いかと。

あ~、まぁ 犬夜叉サイトを始めてからまたサンデー愛読者に舞い戻った私の「あれ? いつの間に木曜日発売に??」との不満がようやく解消されて、ちょっと舞い上がり気味だったりします。

ダンナの目さえ気にしなければ、朝一GetもOKですから!!
徒歩1分圏内にコンビニがある事に、ものすご~く感謝ですv

では、今週の犬夜叉感想。
見る方向性によっては「肩透かし~~~っっ!!」との声が聞こえそうですが、ここはやはり留美子先生の方が一枚上手ですね。この展開もものすごく今の原作の流れから行けば納得の展開です。何より回想シーンであっても、桔梗さんに再会出来たのが嬉しい♪

…この作品もカウントダウンに入っているんだろうなと思います。思うのですが、グダグダした部分を残したまま終わって欲しくないので今度は奈落サイドの描き込みを今度こそして欲しいなと。

もう鬼蜘蛛は出てこないのでしょうか?
奈落の目的は? 奈落の手駒は白夜しかいないみたいですが、それで犬兄弟に太刀打ち出来るのかな? とか。

もう何度か日記にも書き込んでいる事なんですが、まだですよね?
もう少し原作の展開の方はそんな疑問を抱きつつ、静観していようと思います。

ただちょっと妄想交じりの先読み展開をすれば…v
やっぱりりんちゃんは奈落にさらわれちゃうかな~とか(^^)
白夜に足止めされた犬君たち。琥珀の首を狙っての攻撃を繰り返す奈落。そこに間一髪で駆けつける殺兄。体勢を崩され、行きがけに駄賃とばかりにりんちゃんをさらってゆく奈落。
りんちゃんを返して欲しければ、琥珀の首と引き換えとかなんか言っちゃって~~、みたいなv

と言う事で来週も楽しみです♪

それと「ハヤテのごとく」の放送日が発表されましたね。
4月1日の日曜日。このサイトの開設日の1日前、長女にとっては1日早いバースディープレゼント
…それにしても、現放映中の「メルヘブン」のアニメオリジナル展開はすさましいものがありますね。最後の最後で「復活呪文」のような物があれば良いんですが、それにしても、ねぇ……。
あそこまで死亡フラッグが立ちまくる展開って、寝覚めが悪いような気がします。アラン・ナナシ・アルヴィスとこれでもかってくらいに。

ああ、そう言えば作品的に最終フラッグが立っているのが原作・アニメともに「妖逆門」。昨年のWHFでは小学館のメディアミックス戦略としてかなり力を入れていたのに、正直コケましたよね、これは^_^;
同じくこちらは時間的に裏番組の「メジャー」を見ていたので、見ていなかったのですが「天保異聞 妖奇士」も半年で打ち切り。ここはゴールデンの土6・1年枠なのですが。面白そうだなと思っても、我が家のチャンネル権はダンナ>子ども達>私、なので子ども達が食いついてくれないと見られないんですよ。

でも、その後番が物凄く見てみたい!!
本当の事を言うと、ちょっとイメージを壊されるかもという気もしてちょっと怖くもあるのですが…。原作は30年前のSFマンガでその後映画化もされた「地球へ」。アニメ・マンガと並んでSFも大好き、その中でもエスパー物はまた特に。エスパー物に限らず、「種」の違いに纏わる物語はどれも私の好みのツボに嵌まりやすいのです。

…やっぱり4月の新番組の為に、もうCMカットはいいとしてDVDのハードディスクを空けよう!!
それとDVD-RWも買っておかなくちゃ! 直接こちらに入れて、後でCMカットしよう。

そんな感じでこの春はワクワクの多い春ですvvv


PS.この日記の中で「地球へ」のキーワードで記事を検索してみたら、05.7.15日付けのオタヨタ日記で記述していました。
「どろろ」などもそうなのですが、初回の作品を見て影響を受けた世代が、今製作現場のTOPに立つような年代になったんだろうなと思います。




2007年03月07日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:2

<< 3月なのに~ | 気分は日曜日TOP | 明日の準備、終わりましたv >>

こんにちは、流羽さんv
PCが不調だったとの事。私も去年の夏に体験して、我慢できずに今使っているPCを買ってしまうほど、PC依存度が高いので、落ち着かない気持ちが良く判るような気がします。

でも、身内にPCに詳しい方がいるのは心強いですね!

そうそうv そうなんですよ!!
4月7日からの放映開始なんです、「地球へ」。2月頃からちらちら情報は出てきていたのですが、こうして公式のサイトも立ち上がったのを見ると、なんだかワクワクしてきます。掲示板などを見てみると、年代を超えた交流がもう始まっていて、なんだかそれだけでも嬉しいんですね。

最近のアニメが何となく『萌』重視で、作品の質そのものをあまり問わないものに偏って来ているように感じていたんですね。キャラ的に見分けがつかないような作風なものや、低年齢的な絵柄など^_^;(…正直しばらくお姉ちゃん達が見ていた☆りん・リボの絵柄はダメでした~)

そんな見たいなと思うものが激減していた時なので、これがまた新しい動きを作り出してくれるといいなぁと思います。

私も歌えますよ。ダ・カーポが歌った「地球へ」のテーマソングv 本当にドラマテックな曲と歌詞なので、イメージが広がるんですよね。希望としてはそのまま使って欲しいですね。

ではでは、この辺りは語り始めると長くなるので、この辺りで。機会があれば、じっくりお話したいですね♪

2007年03月10日 杜 URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007年03月08日 編集












管理者にだけ公開する