FC2ブログ

秋の大宰府へ

はは、予感は的中!

ブログ連載を昨夜のうちにフライング投稿しておいて正解でした。
今日は朝の家事一段落付いた時点で、家族揃って菅原道真公縁(ゆかり)の大宰府までお出掛け。
目的は10月16日のオープンした九州国立博物館の見学。オープニングイベントで今、「美の国 日本」と言う特別展をやっています。一応それが目的だったのですが… ^_^;

まぁ、その前に移動時間の短縮と駐車場の混雑を避けるため自宅から急行の止まる駅に車で乗りつけそこから急行電車を使ったんです。大宰府駅は参道の直ぐ側にと言うより途中にあるので、下手に駐車場に止めるより歩く距離が短縮されます(^^) 片道1時間くらいで目的地へ。

特別展は、まぁ、そこそこ。と言うより会場内のナビゲートが不適だな、と感じました。すいている所から観覧下さいというのは…、ね。ぎゅうぎゅう詰めではないけどそれでもかなりの人出なので、どうにも回り難い感じ。観覧順路が指定されて無いので逆流したりしてですね、小さい子連れや車イスなどを使用される方は、見たくても展示物に近づけないように感じました。

ここでの展示物で印象に残ったのは戦国時代の兜のデザイン。思わず愛らしいウサギ耳デザインの兜や、なかなかシュールな頭の上で五鈷を握り締めた拳を乗せたデザインの兜など。後は上記のような事が気になって印象が薄いです。

その代わり、常設展示の方は流石に国立博物館と言うだけあって、それはもう素晴らしいものでした。いえ、何気に私の好奇心アンテナにビビッと来るものばかりでv 土着愛の強い性格なので♪
ただ…、あまりにも展示物が素晴らしくて二手に分かれて鑑賞していたら、お互い会場内ではぐれてしまいまして… (困)
なんせ私たち夫婦は携帯も持ってないもので、こんな時が大変なんですが大抵はお互い、行動パターンを読んで遭遇しそうな場所をウロウロしてれば合えるのですけど、今回はそうは行きませんでした。

近い線は入っていたんですが、私たち女の子組が4階の常設展示場の出入り口で張っている間に、いつの間にかすり抜けて2階のフロアに降りていたんですね、うちのダンナと末っ子君。そこでお互い居ない、居ないと捜して待つ事、1時間半。私がこれはもう下に降りたのかも知れないと降りてみたら、案内係の人がダンナさんなら先ほどお帰りになりましたよと言われて、慌てて駅まで追いかけた次第です。
さっさと下に降りてれば良かったんですが、もし下に降りても居なくてまた上に戻らないといけないなら、それがまた大変そうだったので降りるに降りられなかったんです。

帰ってきたら、もう夕方。
くたびれた体で夕食の準備をして食事を済ませ、一息ついたので今、この日記を書いてます。
それなりに良かったので、まぁ良しとしましょう。

下の日記で書いていたバトンの答えは明日に持ち越しますね、しのさんv

2005年11月23日 ひとりごと トラックバック:0 コメント:0

<< お絵描きバトンv | 気分は日曜日TOP | 凄いぞ! ソー○ネクスト!! >>












管理者にだけ公開する