FC2ブログ

犬夜叉感想520話

サンデー感想そのものは明日、2週分記事にしますね。

で、早速今週の犬夜叉感想。
先週書いた雑考での予想が的中し、今週はかごちゃんの高校受験の話。少し前に感想でも書いたのですが、このテンポ雰囲気って「犬夜叉」連載当初のような感じで何だか嬉しい私です。
今まで一生懸命がんばって来たかごちゃんだから、たとえギリギリの成績でもいいから高校に合格して欲しいとなっと。
私も幾つか未来設定の犬かご物を書いてますが、その中の一つにかごちゃんが中学を卒業する話を書いてます。もちろん、高校に合格した形で。もう4~5年前、犬夜叉関係の掲示板か何かで「あんなに戦後時代に行って学校も欠席がちなのに、高校を受験しても合格するはずない。高校に落ちてそのまま戦国時代で犬夜叉と一緒になればいい」みたいな意見を見てそれ以来、自分の書くかごちゃんはどんなに大変でもちゃんと自分が「受験生である」と言う自覚を忘れない子であるように書いてきました。

好きな相手がいる=自分の避難場所・安易な逃げ場所、みたいにしたくなくて高校に合格して、それからさらにかごちゃんの『選択』があるんじゃないかと。

今週の展開での萌えツボ・受けツボは、駅のフォームで犬耳の犬夜叉を見た周りのお客の反応。
「コスプレ」・「柄の悪いコスプレーヤー」…、はは、まったくその通り!! 今じゃ、あの姿で街中を闊歩しても変な奴とは思われても、異形だと怖れることはないんでしょうね。
それからかごちゃんの行方不明になったリュックを探してくれた犬夜叉に飛びついて(涙を浮かべて)感謝するかごちゃんの可愛さvvv そして満更でもなさそうな犬夜叉の顔。15歳の少年・少女らしい純な感じが萌え~♪
最後は、最終ページのかごママと犬君の一コマ(^^)
「耳、隠そう」「いまさらか?」のあの流れ! あの物事に動じないかごママが好きだぁっっ!! 裏設定は何もないかもしれませんが、かごママは只者じゃないと信じている私なのです。

私の勝手な憶測ですが、留美子先生はもう最終回までのビジョンがはっきり確定したんだと思います。だからこそ、途中でぐだぐだになった物語全体の流れをここ一年くらいで、つまり桔梗さん昇天前後からかごちゃんの今週の受験のシーンまでで一旦リセットかけたのだろうなぁと。
おでんを食べているような季節から受験生という設定&15歳の誕生日を迎えた日から始まったかごちゃんの冒険譚。
多分に読者の中にはかごちゃんの受験&中学卒業=旅の終焉、のようなイメージがあったんじゃないかと思うんです。しかし、それはかなり無理な設定。ならば時間を流し戻せる状況は戻して、物語を修正しつつぐだぐだの部分をバックボーンにこの物語を再構築し始めたんだなと。

物語の初めの方には、桔梗さんの存在はあってもその実像はありませんでした。死人として蘇るまでは。一旦退場した鋼牙も、何を考えているかも判らない奈落の動向も。

来週はどんな感じで、この物語は始まるのでしょう。
受験を終えその結果が出るまでの間、かごちゃんはやはり犬夜叉と共に戦国時代に行き、そこで自分が何が出来るか考える。どちらの割合が高いか判りませんが殺兄視点も奈落視点も交差しそうだし、物語として立体的な進み方をしそな気がします。平坦なストーリーより一枚も二枚も奥のあるストーリーになりそうな予感がします♪


2007年09月05日 サンデー感想 トラックバック:0 コメント:0

<< サンデー感想39号・40号 | 気分は日曜日TOP | 2学期ですね >>












管理者にだけ公開する